【レビュー】Apple『iPhone 11 Proシリコーンケース』—純正ケースは工作精度も美しい

【レビュー】Apple『iPhone 11 Proシリコーンケース』—純正ケースは工作精度も美しい
記事のポイント
  • iPhoneケースはやっぱり純正が一番だった!
  • シリコンケースなのにホコリが付きづらいのも良き!
  • iPhoneの下側面も保護してくれればもっと良かった!

今さらだけど、純正ケース。

iPhone 11 Pro用の純正シリコンケース、Apple『iPhone 11 Proシリコーンケース』をレビュー。…実は、ホコリの付きやすさから、シリコンケースが苦手な私。ただ、そこはさすが純正。シリコンケースなのに、ホコリが付きにくい…だと!?

二条ねこ

背面の“Appleマーク”がたまらないっ!

さたえり

やっぱ、そこなんやね……。

まの

信者のシンボルですからね……。

【レビュー】Apple『iPhone 11 Pro』—タピオカの実力!これはスマホ…いや、カメラだ!

【レビュー】Apple『iPhone 11 Pro』—タピオカの実力!これはスマホ…いや、カメラだ!

2019年10月10日

Apple『iPhone 11 Proシリコーンケース』って?

Apple『iPhone 11 Proシリコーンケース』全体画像。

Apple『iPhone 11 Proシリコーンケース』全体画像。

iPhone 11 Proシリコーンケースってなに?

説明不要。iPhone 11 Pro専用の純正シリコンケース。

8
  • シリコンなのにホコリが付きにくい。
  • 純正ならではの高い工作精度。
  • 薄型軽量な装着感。
  • 美しきAppleマーク。
  • ボタンの押し心地が硬い。
  • 下側面は保護できない。
二条ねこ

iPhoneケースは純正一択!
…そーんな人は、やっぱり純正のシリコンケースだよねっ!

スペック表
製品名 iPhone 11 Proシリコーンケース
iPhone 11 Pro Silicone Case
型番 MY1C2FE/A(カクタス)
MY1E2FE/A(グレープフルーツ)
MY1J2FE/A(サーフブルー)
MXM82FE/A(ポメグラネット)
MXM72FE(ベリル)
MWYQ2FE/A(クレメンタイン)
MWYP2FE/A(パイングリーン)
MWYR2FE/A(アラスカンブルー)
MWYM2FE/A(ピンクサンド)
MWYJ2FE/A(ミッドナイトブルー)
MWYL2FE/A(ホワイト)
MWYN2FE/A(ブラック)
MWYH2FE/A(レッド)
メーカー Apple
サイズ 75×147×11mm¹
質量 22g¹
備考

¹実測値。

本体チェック

iPhone 11 Proシリコーンケース表面。

iPhone 11 Proシリコーンケース表面。

純正ケースの証、“Appleマーク”が。

iPhone 11 Proシリコーンケースのカラーバリエーションはかなり多く、全部で13色(カクタス・グレープフルーツ・サーフブルー・ポメグラネット・ベリル・クレメンタイン・パイングリーン・アラスカンブルー・ピンクサンド・ミッドナイトブルー・ホワイト・ブラック・レッド)展開。

二条ねこ

iPhone 11 Proがシルバーだから、『ホワイト』にしてカラーを合わせてみたあーるっ!

iPhone 11 Proシリコーンケース裏面。

iPhone 11 Proシリコーンケース裏面。

裏面…というか、iPhoneと接する面には、iPhone自体が傷つかないようにスエード調の素材が貼られています。さすが、芸が細かい。

iPhone 11 Proシリコーンケース上側面。

iPhone 11 Proシリコーンケース上側面。

iPhone 11 Proシリコーンケース下側面。

iPhone 11 Proシリコーンケース下側面。

好みが出るところですが、iPhone 11 Proシリコーンケースの下側面はパックリ空いているタイプ

iPhone 11 Proシリコーンケース左側面。

iPhone 11 Proシリコーンケース左側面。

iPhone 11 Proシリコーンケース右側面。

iPhone 11 Proシリコーンケース右側面。

サウンドオン/オフスイッチ(マナースイッチ)の部分だけ空いており、ボタン類はシリコンで皮膜されています。しかも、ボタン部のシリコンだけカラーが異なっているというこだわりよう。やりすぎなくらいの芸の細かさ、Appleよ。

【レビュー】MYNUS『MYNUS iPhone 11 Pro CASE』—ミニマル、純正より純正

【レビュー】MYNUS『MYNUS iPhone 11 Pro CASE』—ミニマル、純正より純正

2020年3月12日

使ってみた

二条ねこ

いざ実食…じゃなかった、装着っ!

純正が純正たるゆえんの工作精度

装着感はさすがApple純正ケース。

装着感はさすがApple純正ケース。

純正ケースなので、当然といえば当然なのですが、装着感は最高のひとこと。きつくもなく、ゆるくもなく。本当にジャストフィットとはこのこと。

美しいAppleマーク。

美しいAppleマーク。

クリアケースでもない限り、ケースを装着してしまうと、せっかくの本体にある神々しいAppleマークが見えなくなってしまう。

でも、ご覧のとおり、そこは純正。本来iPhoneにある場所のちょうど真上に、Appleマークが別色のシリコンが流し込まれている。ここに純正シリコンケースを買う意義が注ぎ込まれていると言っても過言ではないほど。

切り欠きの工作精度も素晴らしい。

切り欠きの工作精度も素晴らしい。

ケースの種類によっては、使いづらくなるのがサウンドオン/オフスイッチ(マナースイッチ)の処理。ここの部分の工作精度も純正シリコンケースらしい絶妙な使いやすさ。

スイッチを切り替えようとするときには使いやすく、かといって、不用意にスイッチに触れて勝手に切り替わることもない。この浅くもなく深くもない。そして、切り欠きが広くもなく狭くもない。この感じこそ純正らしさを感じる部分。

ボタン部だけシリコンの色を変える細かさ。

ボタン部だけシリコンの色を変える細かさ。

ボタン部のところだけ別色のシリコンを使うところも芸が細かい。

個人的には、もうちょっと押し心地がソフトなほうが好みなのですが、間違って押す心配が減るという意味では、これくらいの硬さでもアリなのかも。

ホコリが付着しにくいシリコン素材

上質なシリコン素材なので、ベタつきが少ない。

上質なシリコン素材なので、ベタつきが少ない。

シリコンケースといえば、ホコリが付きやすいのが常。なので、私はあまりシリコンケースが好きじゃなかったのですが、このApple純正のシリコンケースは別。

内側が起毛素材になっていて、端末への配慮も。

内側が起毛素材になっていて、端末への配慮も。

素材が少しハードなシリコンケースなせいなのか、この手のシリコンケースの中では、かなりホコリが付きにくい。もちろん、素材がシリコンという面では他製品と変わらないので、ホコリがまったく付着しないわけではないのですが、他製品に比べると圧倒的にホコリが付きにくいのは間違いないでしょう。

淡いカラーを選ぶと、ホコリの存在感ゼロ。

淡いカラーを選ぶと、ホコリの存在感ゼロ。

もし、Apple純正のシリコンケースを選ぶのであれば、色の淡いカラーを選ぶと、ホコリが目立ちにくくなるのでおすすめ。

ついつい、ブラックやネイビーを選んでしまうユーザーも、ここはその気持ちをグッと我慢して、淡いパステルカラーを選んでみてください。そうすれば、きっとホコリはほとんど目立たなくなるはず。

下側面がノーガードなのは微妙

iPhoneの下側面が守れないのはマイナス。

iPhoneの下側面が守れないのはマイナス。

ほぼほぼ満足なiPhone 11 Proシリコーンケースですが、唯一マイナスだと思うのが、iPhoneの下側面がガッツリ空いているので保護できていないこと。

コーナー自体はシリコンケースで守られているので、落下耐性が著しくないということはないはずなのですが、擦り傷は守ってくれません。なので、iPhone 11 Proのステンレス部分は傷が付きやすいので、そこだけちょっと不安かと。

落下は大丈夫っぽいけど、擦り傷には無防備。

落下は大丈夫っぽいけど、擦り傷には無防備。

余談ですが、iPhoneのステンレス部分の擦り傷は、高陽社ポリマール』というステンレス用の磨きクロスで優しく磨いてあげると擦り傷が目立たなくなります。なので、iPhone X/XS/11 Proユーザーは、ポリマールを1つは持っておくと便利。

まとめ「iPhoneには“純正”のシリコンケースが一番」

やっぱり、純正ケースが一番しっくりくる。

やっぱり、純正ケースが一番しっくりくる。

今回のApple『iPhone 11 Proシリコーンケース』のレビューを総括すると…

  • ホコリが付着しづらい上質なシリコン素材
  • 純正らしく工作精度は抜群
  • 神々しいAppleマーク
  • 下側面が保護できないのが残念

という感じ。

価格がシリコンケースとしては高価な約5,000円。そこだけがネックなのですが、ケース自体はさすが純正といえるクオリティー。なので、価格に見合った価値はあるはず。純正志向なユーザーはぜひ。

二条ねこ

信者ならアクセサリーも純正で揃える…はずっ!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

問題は、純正ケースで落ち着いちゃうと、ほかのケースを探す楽しみがなくなることなんだよねー。

さたえり

せっかく、iPhoneはケースが豊富やのにね。

まの

難しい悩みですわね。
Apple純正ケース自体も、数種類展開されていますし、そこから選ぶ悩みもありますわね。

二条ねこ

そうなんだよー。

おわり