スマートスピーカー主要4社(Amazon・Apple・Google・LINE)比較まとめ

スマートスピーカー主要4社(Amazon・Apple・Google・LINE)比較まとめ
記事のポイント
  • スマートスピーカー主要4社を比較した!
  • できることに大きな差異はない!
  • 選ぶときのポイントが“好み”になってくる!

主要4社のAIを覗く!

『スマートスピーカー』と呼ばれる、声リモコン的なスピーカー。ただ、種類も多く、何ができるかも意外と知らないもの。なので、Amazon・Apple・Google・LINEのAIさんを比較しました。

まの

かなり種類が多くなりましたからね。

さたえり

ディスプレイがあるモデルもあるやんね!

二条ねこ

そうなのであーるっ。
簡潔にサクッと見ていこー!

スマートスピーカーの基本

スマートスピーカーは主要4社がベース

まず、スマートスピーカーを選ぶ上で知っておきたいのは、各社から発売されてますが、“基本は4社”ということ。

スマートスピーカー主要4社と各AIアシスタント。

スマートスピーカー主要4社と各AIアシスタント。

スマートスピーカー主要4社

  • Amazon(AIアシスタント:Alexa)
  • Apple(AIアシスタント:Siri)
  • Google(AIアシスタント:Google Assistant)
  • LINE(AIアシスタント:Clova)

このスマートスピーカーの主要4社というのは、AIアシスタントを自社で持っていて他社にも提供しているAmazonAppleGoogleLINEのことです。

さたえり

でも、BoseやSonyだってスマートスピーカーを出してるやんね?

二条ねこ

出してるけど、主要メーカーじゃないって感じかなー。それは次で説明することにするよー。

ガワは『スピーカー』・アンコは『AI』

スマートスピーカーは、『スピーカー』と『AI』2大要素から成り立つ。

スマートスピーカーは、『スピーカー』と『AI』2大要素から成り立つ。

なぜ各社から出ているスマートスピーカーが、まとめるとたった4社になるのか。それは、スマートスピーカーが『スピーカー』と『AI』という2大要素からできているからです。

二条ねこ

かーんたんにまとめちゃうと…
スマートスピーカー = スピーカー + AI
ってことですな〜。

Bose Home Speaker 500のAI部分はAmazon製のAlexa。

Bose Home Speaker 500のAI部分はAmazon製のAlexa。

例えば、BoseのBose Home Speaker 500はAlexaを、SonyのLF-S50GはGoogle AssistantをAI部分に使っています。つまり、アンコ(AI)部分はAmazonやGoogleのものを使っているのです。自社部分はハード部のみ(一部はソフトも自社だが)ということ。

EchoはハードもソフトもAmazon製。

EchoはハードもソフトもAmazon製。

対して、Amazonが自社販売しているEchoシリーズは、ガワ(スピーカー)部分がAmazon製で、アンコ(AI)部分もAmazon製。つまり、オール自社製なスマートスピーカーを作っているのが、前述の主要4社ということになります。要するに、ハードもソフトも“純正”ということです。

二条ねこ

だから、最初は主要4社のものを買えばいいと思うよー!

スマートスピーカー比較表

スマートスピーカー比較表

Amazon:Echo

  Echo Dot(3Gen.)Echo Dot(3Gen.) Echo(2Gen.)Echo(2Gen.) Echo Plus(2Gen.)Echo Plus(2Gen.) Echo Show 5Echo Show 5 Echo SpotEcho Spot Echo ShowEcho Show
AI Alexa
ディスプレイ 5.5インチ(960×480) 2.5インチ(480×480) 10.1インチ(1,280×800)
スピーカー フルレンジ ×1 ツイーター ×1
ウーファー ×1
ツイーター ×1
ウーファー ×1
フルレンジ ×1 ツイーター ×1
ウーファー ×1
フルレンジ ×2
パッシブラジエーター
カメラ 1MP 0.3MP 5MP
インターフェース ステレオミニプラグ ステレオミニプラグ ステレオミニプラグ ステレオミニプラグ ステレオミニプラグ ステレオミニプラグ

Amazon Echoシリーズのスペック比較表。

Apple:Siri

  HomePodHomePod
AI Siri
ディスプレイ
スピーカー ツイーター ×7
ウーファー ×1
カメラ
インターフェース

Apple HomePodのスペック表。

 Google:Google Assistant

  Google Home MiniGoogle Home Mini Google HomeGoogle Home Google Nest HubGoogle Nest Hub
AI Google Assistant
ディスプレイ 7インチ(1,024×600)
スピーカー フルレンジ ×1 フルレンジ ×2
パッシブラジエーター
フルレンジ ×1
カメラ
インターフェース

Google Google Homeシリーズのスペック比較表。

LINE:Clova

  Clova Friends miniClova Friends mini Clova FriendsClova Friends Clova WAVEClova WAVE Clova DeskClova Desk
AI Clova
ディスプレイ 7インチ(1,024×600)
スピーカー フルレンジ ×1 フルレンジ ×1
パッシブラジエーター
ツイーター ×2
ウーファー ×1
フルレンジ ×2
カメラ 5MP
インターフェース ステレオミニプラグ

LINE Clovaシリーズのスペック比較表。

スマートスピーカーができること

スマートスピーカーはハブ的に使える。

スマートスピーカーはハブ的に使える。

スマートスピーカーができることを簡単にまとめてしまうと、

  • 音楽の再生
  • 動画の視聴(ディスプレイがある機種のみ)
  • 家電の操作
  • ニュースの読み上げ
  • 天気予報の読み上げ
  • メッセージの返信

といった感じです。
本当はもっと細かく機能としてはあるのですが、おそらく一般的な使い方をするなら、上記の項目をよく使うはず。

IoT/スマート家電が変える10の魔法—おすすめ家電一覧・変わる生活を伝える

IoT/スマート家電が変える10の魔法—おすすめ家電一覧・変わる生活を伝える

2019年4月12日

ニュースや天気予報の読み上げに関しては、特に設定も不要で各社機能としては差異がありません。しかし、音楽再生や動画視聴に関しては、搭載されているAIアシスタントによって、対応してたりしてなかったりなので、購入前にチェックが必要です。

各AIアシスタントができることについては、上記の各社公式サイトを見るのがベター。AIアシスタントのスキルは日々更新されているので、下手にまとめられたサイトを見るよりも、公式サイトを見るのが一番無難だったりします。

二条ねこ

正直なところ、できることの差異が少ないから、選ぶときは好みってなりそうだけどねー。

あると便利なもの

スマートスピーカーと抱き合わせで買ってもよいくらいなのが、『スマート電球』と呼ばれるジャンル。その中でもphilips『Hue』がオススメ。

最強のスマート電球『Hue』を完全解説! –3つのオススメ理由とラインナップ大全–

2018年9月6日

個人的にかなり便利で未来を感じるからオススメなのが、既存のエアコンをスマート家電化できる『Ambi Climate 2』というグッズ。

【#レビュー】Ambi Labs『Ambi Climate 2』—IoT家電が普通のエアコンに訪れる日[PR]

【#レビュー】Ambi Labs『Ambi Climate 2』—IoT家電が普通のエアコンに訪れる日[PR]

2019年6月15日

まとめ「主要4社のスマートスピーカーに大きな差異はない」

まとめ「主要4社のスマートスピーカーに大きな差異はない」

Amazon・Apple・Google・LINEの主要4社のスマートスピーカーについて比較してきたが、ハッキリ言って「どれも似たり寄ったり」だったりします。なので、現状は好みで選ぶという感じになりそうです。

一応の結論づけとすれば、

  • Amazon:安くて汎用的でプライム会員なら
  • Apple:オーディオ特化で高級志向
  • Google:安くて汎用的でスマホの延長
  • LINE:スキルの多さを求めなければ

という感じになりそうです。AmazonとGoogleの立ち位置が似すぎててもう…。

二条ねこ

そう考えると、ディスプレイがついてて安いのを選べばよかったり…!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

細かく見れば違いはあるけど、大枠でまとめちゃうと“ほぼ一緒”ってなるんだよねー。

まの

なんだかスマホに似ていますね。ニュアンスとしては。

二条ねこ

そうかもだねー。
この手のジャンルの製品は、他社と差別化しづらい面が大きいってのもあるよね。音声アシスタントに関しても、どこも完全体って感じじゃないし…。

おわり