新型iMac Retina 5K(2020)発表。新旧比較・変更点まとめ

新型iMac Retina 5K(2020)発表。新旧比較・変更点まとめ
記事のポイント
  • 新型iMac Retina 5K(2020)が突然発表!
  • 見た目は一緒だけど中身は結構違うぞ!
  • 2020年モデルは吊るしモデルが買いやすい!

Fusion Driveよ、さようなら。

Appleが『iMac Retina 5K(2020)』を発表&発売開始しました。そこで、2019年モデルとスペック比較をし、2020年モデルと2019年モデルの違いをまとめました。

二条ねこ

先に言うと、吊るしモデルでも全然アリになったぞー!

まの

一見マイナーチェンジですけど……。

さたえり

…見る人によっては大幅進化なわけやね!

iMac Retina 5K(2020)発売

iMac Retina 5K(2020)

iMac Retina 5K(2020)

Appleが新型iMac、『iMac Retina 5K(2020)』を発表&発売開始しました。価格は、税別で194,800円から。

詳細なスペックや2019年モデルのiMac Retina 5Kとの比較や変更点は、この下の項でまとめているので、そちらを参考にしてみてください。なお、今回モデルチェンジされたのは、あくまで“27インチモデル”のみで、21.5インチモデルのiMacについては刷新されていないので注意してください。

二条ねこ

5KモデルのiMacだけ新型になったのであーる。

さたえり

うーん、21.5インチも早く新型にしてほしいやんね。

iMac Retina 5K(2020) vs iMac Retina 5K(2019)

デザイン比較

左:iMac Retina 5K(2020) 右:iMac Retina 5K(2019)

左:iMac Retina 5K(2020) 右:iMac Retina 5K(2019)

左:iMac Retina 5K(2020) 右:iMac Retina 5K(2019)

左:iMac Retina 5K(2020) 右:iMac Retina 5K(2019)

左:iMac Retina 5K(2020) 右:iMac Retina 5K(2019)

左:iMac Retina 5K(2020) 右:iMac Retina 5K(2019)

iMac Retina 5K(2020)とiMac Retina 5K(2019)は、デザイン上の変化はありません

一部の噂では、ベゼルレスデザインになると言われていたのですが、実際はご覧のとおり、外観に関しては2019年以前のモデルを踏襲した形になっています。なお、詳細なインターフェース等の相違については、これから記載する表にまとめています。

スペック比較

iMac Retina 5K(2020)とiMac Retina 5K(2019)のスペック比較は下表のとおり。

  iMac Retina 5K(2020)iMac Retina 5K
(2020)
iMac Retina 5K(2019)iMac Retina 5K
(2019)
価格 194,800円〜 198,800円〜
CPU 第10世代Intel Core i5(3.1GHz・6コア)
第10世代Intel Core i5(3.3GHz・6コア)
第10世代Intel Core i7(3.8GHz・8コア)
第10世代Intel Core i9(3.6GHz・10コア)
第8世代Intel Core i5(3.0GHz・6コア)
第8世代Intel Core i5(3.1GHz・6コア)
第9世代Intel Core i5(3.7GHz・6コア)
第9世代Intel Core i9(3.6GHz・8コア)
GPU iGPU ? ?
dGPU AMD Radeon Pro 5300(4GB・GDDR6)
AMD Radeon Pro 5500 XT(8GB・GDDR6)
AMD Radeon Pro 5700(8GB・GDDR6)
AMD Radeon Pro 5700 XT(16GB・GDDR6)
AMD Radeon Pro 570X(4GB・GDDR5)
AMD Radeon Pro 575X(4GB・GDDR5)
AMD Radeon Pro 580X(8GB・GDDR5)
AMD Radeon Pro Vega 48(8GB・HBM2)
RAM 8GB(2,666MHz・DDR4)
16GB(2,666MHz・DDR4)
32GB(2,666MHz・DDR4)
64GB(2,666MHz・DDR4)
128GB(2,666MHz・DDR4)
8GB(2,666MHz・DDR4)
16GB(2,666MHz・DDR4)
32GB(2,666MHz・DDR4)
64GB(2,666MHz・DDR4)
ROM HDD
SSHD 1TB Fusion Drive
2TB Fusion Drive
SSD 256GB(PCIe)
512GB(PCIe)
1TB(PCIe)
2TB(PCIe)
4TB(PCIe)
8TB(PCIe)
256GB(PCIe)
512GB(PCIe)
1TB(PCIe)
2TB(PCIe)
ディスプレイ 画面サイズ 27″(16:9) 27″(16:9)
画面解像度 5,120×2,880(5K) 5,120×2,880(5K)
カメラ 1080p(2MP) 720p(0.92MP)
ネットワーク 無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac IEEE 802.11a/b/g/n/ac
有線LAN 1000BASE-T(1GbE)
10GBASE-T(10GbE)
1000BASE-T(1GbE)
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
インターフェース USB 3.0 Type-A ×4
Thunderbolt 3 ×2
RJ-45 ×1
3.5mmステレオミニジャック ×1
SDXCカードスロット ×1
IEC C13 ×1
USB 3.0 Type-A ×4
Thunderbolt 3 ×2
RJ-45 ×1
3.5mmステレオミニジャック ×1
SDXCカードスロット ×1
IEC C13 ×1
サイズ 650×203×516mm 650×203×516mm
質量 8,920g 9,420g
備考 Nano-textureガラスに変更可能
Apple T2搭載

iMac Retina 5K(2020)とiMac Retina 5K(2019)のスペック比較表

新旧iMac Retina 5Kの変更点

iMac Retina 5K(2020)の価格一覧

iMac Retina 5K(2020)の価格一覧

  • 価格:198,800円〜 → 194,800円〜
  • CPU:第8世代・第9世代 → 第10世代
  • dGPU:世代刷新
  • ROM:Fusion Drive(SSHD)廃止
  • カメラ:720p → 1080p
  • 有線LAN:10GBASE-T(10GbE)選択可能
  • Bluetooth:4.2 → 5.0
  • その他
    • Nano-textureガラスに変更可能
    • Apple T2搭載

iMac Retina 5K(2019)から、iMac Retina 5K(2020)で変更された部分をピックアップすると上記のとおり。

CPUは順当に、第10世代Intel Coreプロセッサーへと刷新。2019年モデルは、下位モデルのみ第8世代が残っている仕様でしたが、2020年モデルはすべて第10世代に統一されています。

新たに、『Apple T2 Security Chip』が搭載された。

新たに、『Apple T2 Security Chip』が搭載された。

ROM(ストレージ)は大きく変化し、今回の2020年モデルではFusion Drive(SSHD)が廃止されており、すべてSSD搭載モデルになっています。今回、『Apple T2 Security Chip』が搭載されたのですが、これはおそらく、HDDモデル廃止だからできたこと(Apple T2がHDDやSSHDをサポートしていないと言われている)でしょう。

あとは細かい点で、インカメラの画素が上がったことや、有線LANをCTOで10GBASE-T(10GbE)選択可能になったり、BluetoothのVer.が5.0になったりしています。なお、無線LANはWi-Fi 5(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)のまま。

Pro Display XDRで採用済の『Nano-textureガラス』が選択可能になった。

Pro Display XDRで採用済の『Nano-textureガラス』が選択可能になった。

そして、こちらもCTOですが、Pro Display XDRでも採用されている『Nano-textureガラス』が選択可能になりました。なお、+50,000円でNano-textureガラスに変更可能。Pro Display XDRでは+70,000円だったので、若干ですがリーズナブルになっています。

吊るしモデルが買いやすくなった

吊るしモデルが買いやすくなった

ここからは個人的な所感なので、ボーナストラックと思ってください。

私は、2019年モデルのiMac Retina 5K(レビュー)で、吊るしモデルの最上位を購入していました。すでに手放してしまったので手元にはないのですが、その手放した理由こそ、デザイナーが仕事で使うには、Fusion Driveはボトルネックになりすぎたということ。

【レビュー】Apple『iMac Retina 5K(2019)』—美しい…ただ美しい……これこそ革命機

【レビュー】Apple『iMac Retina 5K(2019)』—美しい…ただ美しい……これこそ革命機

2019年12月1日

いろいろな使い方や考え方がありますが、PhotoshopやIllustratorで数十枚のレイヤーを重ねたり、Lightroomとの同時起動が当たり前な仕事環境な私的には、Fusion DriveのSSD領域(Fusion Drive 2TBだと、128GBがSSD領域)が少なすぎた印象でした。

そういった苦い経験もあり、iMacを購入するならCTO一択と思っています。ただ、今回の2020年モデルでは、吊るしモデルでもPCIe SSDですし、CPUもCTOナシでCore i7が選択可能(2019年モデルの吊るしモデルはCore i5のみ)になってくれました。なので、個人的には2020年モデルのiMac Retina 5Kは、吊るしモデルでもアリという感じ。もちろん、SSDの容量が512GBという点を許容できれば…ですが。

二条ねこ

Mac miniと迷ってたから、またまた悩みどころであーる。

デザイナー的 iMac 5K vs Mac mini 比較—開発&写真に最適なプロマシンはどっち?

デザイナー的 iMac 5K vs Mac mini 比較—開発&写真に最適なプロマシンはどっち?

2020年7月11日

まとめ「吊るしモデル派には嬉しいマイナーチェンジ」

まとめ「吊るしモデル派には嬉しいマイナーチェンジ」

サイレントアップデートだった新型iMacこと、『iMac Retina 5K(2020)』ですが、吊るしモデルを買う派のユーザーにとっては、かなり嬉しいアップデート

今までのiMac Retina 5Kは、プロがメインで使うならCTO前提というイメージだったのですが、2020年モデルは吊るしモデルでも、かなり満足して使えるはず。特に、ボトルネックになっていたFusion Driveが廃止された点は大きい。ただ、Fusion Drive廃止のせいで、全体のベースになっているストレージ容量が減ってしまっている点は注意しておきましょう。

二条ねこ

これは、 iMac 5K vs Mac mini を、また始めないといけないのであーる。

この記事で紹介したガジェット
  • Apple|iMac Retina 5K(2020)

おまけ

二条ねこ

うーん、こうなってくると、Mac miniをカスタムするなら、iMac Retina 5Kかなー?

まの

外部GPU(eGPU)を利用すればよいわけですからね。

さたえり

でも…eGPUって、内蔵ディスプレイに出力する場合は、帯域制限でパフォーマンスが低下するんじゃなかったっけ?

二条ねこ

そうなんだよねー。
だから、あまりiMacとeGPUとの相性が良いと思えないし…うーむ……。

おわり