2020年はi9で自作PCを作るぞー!予算35万円でパーツ選定だ!!

2020年はi9で自作PCを作るぞー!予算35万円でパーツ選定だ!!
記事のポイント
  • 2020年は“今度こそ”自作PCを作る!
  • 予算35万円でCore i9で構成を組んでみた!
  • 数年ぶりの自作er復帰は…浦島太郎だった!

自作PC…今年こそ!!

自作PCを作ると言いつつ先延ばしになっていましたが、今年こそ自作PCを作ります!ということで、今回はパーツ選定&セルフ見積もりしつつ、コンセプトやこだわりポイントについて話していきます。

二条ねこ

Windows・Macの両刀こそ真のギークっ!だから自作PCっ!

さたえり

そして、AndroidとiPhoneも持っているのがギークやね!(自作PCと関係ない)

まの

Chromebookも持っておきたいですわね。(もっと関係ない)

2020年は自作PCを始めるぞ!

2020年は自作PCを作るぞー!

2020年は自作PCを作るぞー!

そういうわけで…やっと、自作PC作ります!ほんとだよ!!

まの

2019年は結局、作らなかったですからね…。

さたえり

また宣言だけで終わるじゃ…。

二条ねこ

否っ!!!
2020年は自作PCをちゃーんと作るあーるっ!

■予算と用途

  • 予算:35万円
  • 用途:VR・3DCG・リモートデスクトップ母艦

自作PCの予算はおおよそ35万円前後を想定。
去年作ろうとしたときは25万円くらいの予算で考えていたのですが、その予算だとあとで不満がでそうなので奮発することにしました。メインのノートパソコンがMacBook Pro 16″(2019)で、こちらは約30万円。それをベースにした予算設定だったりします。

用途はVR3DCGリモートデスクトップ母艦などなど…。
取り立てて何をしたいとかはなかったり…なのですが、Macに傾倒するのも面白くないですし、Macではできないことができるパソコンにはしようと画策しています。だから、むりやり3DCGを用途に入れ込んでたりします。

二条ねこ

35万円っていう予算が高いのか安いのかも分からなくなってきたあーる…。

さたえり

金銭感覚が麻痺してる証拠やね…。

予算25万の自作PC!Mac使いの私がWindowsマシンの構成を考えたのだ!!

予算25万の自作PC!Mac使いの私がWindowsマシンの構成を考えたのだ!!

2019年1月28日

パーツ選定

■総予算

  • PCケース(The Tower 900):約32,000円
  • OS(Windows 10 Pro 日本語版):約26,000円
  • マザーボード(PRIME X299 EDITION 30):約79,000円
  • CPU(Core i9 9940X BOX):約89,000円
  • GPU(ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMING):約70,000円
  • RAM(W4U2666CX1-8G) ×2:約14,000円
  • SSD(SSD 970 EVO Plus《MZ-V7S1T0B/IT》):約28,000円
  • 電源ユニット(RM850《CP-9020196-JP》):約11,000円
  • CPUクーラー(H100i PRO RGB《CW-9060033-WW》):約15,000円

→ 合計:約364,000円

二条ねこ

そういうわけで、パーツ選定をざっくり選んでみたぞー!

PCケース:The Tower 900

PCケース:The Tower 900
ケースタイプ フルタワー
対応マザーボード E-ATX
ATX
microATX
Mini-ITX
対応グラフィックボード 最大400mm
対応CPUクーラー 全高260mm
ドライブベイ 5.25インチ(外部) ×1
3.5/2.5インチ共用(内部) ×6
内部2.5インチ(内部) ×2
インターフェース USB 3.0 Type-A ×4
マイク ×1
ヘッドフォン ×1

The Tower 900の簡易スペック表。

■選定ポイント

  • 3面ガラスパネルでパーツが魅せられる。
  • イマドキ珍しい外部5インチベイ搭載。

魅せるのメインなPCケースは、Thermaltake『The Tower 900』を検討中。

倒立型というのがあまり好みじゃなかったり…だけど、“魅せる”ということを考えると、このケースが最有力候補。ただ、かなり迷っているので、新しく良さげなPCケースが出たら、再検討するかも。やっぱりPCの“顔”なので、最後まで悩みそう…。

その他PCケース候補

▼MasterCase SL600M

Cooler Master『MasterCase SL600M』も非常に悩みどころ。
ここまで美しく、Macユーザーが嫉妬するPCケースがかつてあったであろうか。そのくらいのデザイン性の高さが魅力。エアフローは煙突構造(縦型チムニーエフェクトレイアウト)を採用していて、かなり冷えるとの評判。まだ悩んでるのですが、空冷向きなのが…うーん。

▼Crystal 680X RGB Tempered Glass

CORSAIR“海賊団”の『Crystal 680X RGB Tempered Glass』もかなーり悩みどころ。
2気室に分かれているタイプのPCケースなので、ケーブルマネジメントやエアフローの面で非常に有利かつ、美しさもキープしやすいのが特徴。グラフィックボードをライザーケーブルで垂直マウントできるのも魅力。こっちは比較的水冷向きかな!?

2019年は“魅せる”!5つの自作PCケースから候補を絞るぞ!

2019年は“魅せる”!5つの自作PCケースから候補を絞るぞ!

2019年7月18日

OS:Windows 10 Pro 日本語版

OS:Windows 10 Pro 日本語版

■選定ポイント

  • 選択肢はこれしかない!

大事なOSは『Windows 10 Pro 日本語版』。

HomeではなくProエディション。DSP版を避けて、パッケージ版を選んでいます。理由としては、Windows 10 Homeの自動更新問題があるので、必然的にProになってくるはず。パッケージ版を選んだのは、基本的には好みだったりします。

マザーボード:PRIME X299 EDITION 30

マザーボード:PRIME X299 EDITION 30
フォームファクター ATX
対応CPU Intel Socket 2066 Core X-Series Processors
チップセット Intel X299
マルチGPU NVIDIA SLI Technology(2-Way・3-Way・Quad-GPU)
AMD CrossFireX Technology(3-Way・Quad-GPU)
有線LAN Aquantia AQC111C 5G LAN
Intel I219V, 1 x Gigabit LAN
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200
Bluetooth Bluetooth 5.0
オーディオ Realtek S1220A 8-Channel High Definition Audio CODEC
背面インターフェース Thunderbolt 3 ×2
DisplayPort(In) ×2
RJ-45(LAN) ×1
USB 3.2 Gen 1 Type-A ×4
USB 2.0 Type-A ×2
S/PDIF ×1
3.5mmステレオミニ ×5
ASUS Wi-Fi Module ×1
AQC-111C 5G LAN port ×1

PRIME X299 EDITION 30の簡易スペック表。

■選定ポイント

  • プレミアムなデザイン。
  • 5Gイーサネットポート搭載。
  • Wi-Fi 6をサポート。
  • Thunderbolt 3をサポート。

マザーボード様は、ASUS『PRIME X299 EDITION 30』をチョイス。

ASUS創立30周年の記念マザーボードとして登場したのがこれ。そんなマザーボードなので、インターフェースはてんこ盛り。当然、マルチGPU対応で、なんとThunderbolt 3もサポート。Thunderbolt 3をサポートしているマザーボードはまだ多くはないので、Macユーザー的にはサポートされているポイントは高い。

その他マザーボード候補

▼ROG Rampage VI Extreme Encore

ASUSのゲーミングブランドROGの名を冠している『ROG Rampage VI Extreme Encore』も候補。相変わらずお高いマザーボードですが、ROGはやっぱりいいものなのです。うんうん。

▼PRIME X299-DELUXE II

本命と同じくPRIMEシリーズだと、『PRIME X299-DELUXE II』も予備的な候補。PRIME X299 EDITION 30が限定マザーボードっぽいので、在庫切れになってしまったらこちらも選択肢に入ってきます。

CPU:Core i9 9940X BOX

CPU:Core i9 9940X BOX
開発コードネーム Skylake-X Refresh
ソケット形状 LGA2066
クロック周波数 3.3GHz
コア数 14コア
スレッド数 28スレッド
TDP 165W

Core i9 9940Xの簡易スペック表。

■選定ポイント

  • LGA2066のCore i9の14コアで最安。
  • 今回はIntel CPUと決めていた。

みんな大好きCPUは、Intel『Core i9 9940X BOX』をチョイス。

Core i9-9900KS SPECIAL EDITION BOXでも良かったのですが、LGA2066で組みたかったので、Core i9 9940Xにしました。ちょっと中途半端な選択かもですが、これ以上の予算は厳しいので…。

GPU:ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMING

GPU:ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMING
GPU NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER
バスインターフェース PCI Express 3.0
ビデオメモリー GDDR6 8GB
コアクロック 1,605MHz〜1,800MHz
インターフェース DisplayPort ×2
HDMI ×2
USB Type-C ×1

ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMINGの簡易スペック表。

■選定ポイント

  • ROGシリーズだから。
  • クロック周波数がリファレンスよりも高い。
  • オーバークロックが容易。
  • VirtualLinkサポートのUSB Type-Cポート搭載。

抑えておきたいグラフィックボードは、ASUS『ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMING』が第一候補。

3DCGやVRを考えているのでQuadroも考えたのですが、そこまでガッツリのめり込むのか分からなかったので普通にGeForceにしました。そんなGeForceの中でも、GeForce RTX 2070 SUPERはバランスが良さげだったのでそちらで。

その他GPU候補

▼TURBO-RTX2070S-8G-EVO

基本はGeForce RTX 2070 SUPERで考えているので、同じくASUSの『TURBO-RTX2070S-8G-EVO』も考え中。
こちらはシロッコファンで背面排気のモデル。私はシロッコファン大好きっ子なので、本来は即採用したいところ。ただ、ここはPCケースのエアフローと合わせて…という感じ。

▼NE6207SS19P2-1040J

同じくGeForce RTX 2070 SUPERでは、Palit Microsystems『NE6207SS19P2-1040J』も候補のひとつ。
コスパ重視でドスパラをよく使うならおなじみのPalit Microsystems。どうやら、かなり評判が良く、かつお安い。さすがはPalit、恐るべし…。予算が足りないなら、こっちにする予定です。

RAM:W4U2666CX1-8G

RAM:W4U2666CX1-8G
クロック DDR4-2666
スピード PC4-21300

W4U2666CX1-8Gの簡易スペック表。

■選定ポイント

  • 8GB・2枚組で最安クラス。

RAMはCFDの『W4U2666CX1-8G』をチョイス。

これといった理由はなく、DDR4メモリーの中で非常に安価なことから、こちらを選択しました。特にLEDで光るメモリーとかではないですが、そこをこだわりすぎると予算オーバーになってしまうのでこのへんで。

SSD:SSD 970 EVO Plus《MZ-V7S1T0B/IT》

SSD:SSD 970 EVO Plus《MZ-V7S1T0B/IT》
インターフェース PCIe Gen 3.0×4(NVMe1.3)
フォームファクター M.2(Type 2280)
NANDフラッシュ Samsung V-NAND 3bit MLC
コントローラー Samsung Phoenix
キャッシュメモリー 1GB(LPDDR4)

MZ-V7S1T0B/ITの簡易スペック表。

■選定ポイント

  • SSDでは定番のSamsung製。
  • PCIe(NVMe)接続は必須。

SSDはSamsung『SSD 970 EVO Plus《MZ-V7S1T0B/IT》』でほぼ決定。

パソコンの高速化で最重要と言っても過言ではなくなったストレージ。そういうわけで、当然SSD、そしてPCIe接続のものを選択。基本的にはSamsung製でOKだと思ってるけど、時間があればコントローラーを調べて、さらに良さげなSSDを探したいところ。

電源ユニット:RM850《CP-9020196-JP》

電源ユニット:RM850《CP-9020196-JP》
電源容量 850W
80PLUS認証 Gold
対応規格 ATX

CP-9020196-JPの簡易スペック表。

■選定ポイント

  • 大好きなCorsairで選びたい!
  • 80PLUS認証はGold以上。
  • フルモジュラー式。

電源ユニットはCorsair『RM850《CP-9020196-JP》』と心中予定。

個人的には“電源はCorsair”と思っているので、ほかの候補に移ったとしても、おそらくCorsairにするはず。それくらいCorsair海賊団が好きなので…それだけですね。

CPUクーラー:H100i PRO RGB《CW-9060033-WW》

CPUクーラー:H100i PRO RGB《CW-9060033-WW》
対応ソケット Intel 1150/1151/1155/1156
Intel 2011/2066
AMD AM3/AM2
AMD AM4
AMD TR4

CW-9060033-WWの簡易スペック表。

CPUクーラーはPCケースが本決まりしてから考えるので、今の段階ではCorsairの『H100i PRO RGB《CW-9060033-WW》』にしようかな…ぐらいでしか決まっていません。空冷なのか、簡易水冷なのか、はたまた本格水冷にするのか。これらはPCケース次第っていう感じですな。

まとめ「毎月こつこつパーツを集めて作るぞ!」

まとめ「毎月こつこつパーツを集めて作るぞ!」

今度こそ…。
自作PCを……。

作るぞー!!それだけです!!やるぞ!!!

まの

本当ですかね?

さたえり

てか、そんな資金どこにあるん?

二条ねこ

毎月ディアゴスティーニ的に地道に集めていくのであーるっ!

ちなみに、電源ユニットのTDP計算にはここが役立ちますぞ。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

作る過程も紹介できたらいいなー。

まの

それこそ連載記事でやるべきですわね。解説を交えて。

二条ねこ

うむぅ…実はそれは検討してるんだよねっ!
ってことで、もしかしたら連載するかも!?

おわり