EMRペン対応『ConceptD 7 Ezel』こそVAIO Z Flip改かも!?

EMRペン対応『ConceptD 7 Ezel』こそVAIO Z Flip改かも!?
記事のポイント
  • Acer『ConceptD 7 Ezel』はペンヲタ理想のPCだ!
  • 広色域・低ΔE・低色差・EMRペン対応が良すぎる!
  • VAIO Z Flip待ちの行き着く先はコレかもしれない!

“希少なWacom EMR機”

Web制作/開発、写真編集、お絵描き。これらを1台のノートパソコンで完結できないものか…と探していたら、Acer『ConceptD』を見つけた。その中でもConceptD 7 Ezel』が凄く良さげなのです、という話。

二条ねこ

日本語サイトあるのに買えない…だとっ!?

まの

惜しいですわね。

さたえり

今後リリース予定…とか!?

Acer『ConceptD』とは?

Acer『ConceptD』とは?

Image:Acer

そもそも『ConceptD』とは、Acerが展開するクリエイター向けのパソコンや周辺機器のブランドだそう。

このConceptDがターゲット層としているのは、ハイパフォーマンスなパソコンを必要とする3DCGクリエイターや、高い色再現性を必要とするデザイナー・フォトグラファーなどなど。

ですので、ハイパフォーマンスと言っても、ゲーム用途やホビーユースの方向性ではなく、あくまでクリエティブな現場で使うことを目的としたシリーズとして展開されているようです。

二条ねこ

ConceptDと競合するのは、ASUS ProArtとかHP Workstation Zになるかなー!?

ConceptDファミリー

ConceptDファミリー

Acer ConceptDファミリーは、

  • Laptops(ノートブック)
  • Desktops(デスクトップ)
  • Monitors(モニター)

という、3つの基軸で製品展開がなされています。

本稿では、このAcer ConceptDファミリーのうち、『Laptops』しか触れませんが、ConceptD公式サイトには多数の製品が掲載されています。それくらいに、同社はConceptDに力を入れているということでしょう。

ConceptDファミリー
二条ねこ

『ConceptD CP7』っていうモニターがあるんだけど、

  • ΔE < 1
  • Adobe RGB比99%
  • DCI-P3 93%
  • DisplayHDR 1000
  • リフレッシュレート144Hz
  • G-SYNC ULTIMATE

…だとかっ!

まの

広色域もそうですが、ΔE 1未満でDisplayHDR 1000対応とは相当ですわね。

二条ねこ

DisplayHDR 400は安いモニターでも対応している製品が多いけど、DisplayHDR 1000は直下型LEDを採用しないと厳しいから、このあたりはさすがプロ向けって感じだよねー。

ConceptD Laptopsの種類

ConceptD Laptopsの種類
Normal Pro Ezel Ezel Pro
ConceptD 9
(ConceptD 9)

(ConceptD 9 Pro)
ConceptD 7
(ConceptD 7)

(ConceptD 7 Pro)

(ConceptD 7 Ezel)

(ConceptD 7 Ezel Pro)
ConceptD 5
(ConceptD 5)

(ConceptD 5 Pro)
ConceptD 3
(ConceptD 3)

(ConceptD 3 Pro)

(ConceptD 3 Ezel)

(ConceptD 3 Ezel Pro)

ConceptD Laptopsのラインナップ

ConceptD Laptopsのラインナップは、

  • 製品グレード(9・7・5・3)
  • 製品タイプ(Normal・Pro・Ezel・Ezel Pro)

という、2つの組み合わせによって大枠の仕様が決まってきます。

そんなConceptD Laptopsですが、今回注目しているのは2-in-1タイプの『ConceptD Ezel』シリーズなので、その部分だけさらに抽出して見ていきます。

ConceptD Laptopsの種類
ConceptD 3 EzelConceptD 3 ConceptD 7 EzelConceptD 7
ConceptD 3 Ezel ConceptD 3 Ezel Pro ConceptD 7 Ezel ConceptD 7 Ezel Pro
CPU IntelCore i5
Intel Core i7
Intel Core i7 Intel Core i7 Intel Core i7
Intel Xeon W
GPU Intel UHD
NVIDIA GeForce GTX
NVIDIA Quadro T NVIDIA GeForce RTX NVIDIA Quadro RTX
画面サイズ 14インチ
15.6インチ
14インチ
15.6インチ
15.6インチ 15.6インチ
画面解像度 1,920×1,080 1,920×1,080 3,840×2,160 3,840×2,160
色域 sRGB比100% sRGB比100% Adobe RGB比100% Adobe RGB比100%
PANTONE認証
ΔE ΔE < 2 ΔE < 2 ΔE < 2 ΔE < 2
デジタイザーペン Wacom AES Wacom AES Wacom EMR Wacom EMR

ConceptD Ezelシリーズのラインナップ

ConceptD Ezelシリーズとしてリリースされているのは上表の4製品で、グレード違いで『Ezel』『Ezel Pro』が1つずつ用意されているようです。

まずは、ConceptD 3とConceptD 7の違いを見てみると、搭載されているCPUやディスプレイのグレードが異なり、ConceptD 7のほうがより高解像度で高色域な画面パネルを採用しています。

つぎに、EzelとEzel Proの違いを見てみると、ConceptD 3とConceptD 7のいずれの場合においても、搭載されているGPUのグレードが変化します。Ezel ProのほうにはNVIDIA Quadroが採用されており、よりモバイルワークステーションとしての色が濃くなっています。

総じて言えることは、ConceptD Ezelシリーズに搭載されているディスプレイは、広色域で色精度の高いパネルが採用されているという点。また、モデルによってプロトコルは異なりますが、デジタイザーペンによる描画に対応している点が挙げられます。

二条ねこ
  • ConceptD 3 Ezel:AESペン・FHDのハイエンドノート
  • ConceptD 3 Ezel Pro:AESペン・FHDのモバイルワークステーション
  • ConceptD 7 Ezel:EMRペン・4K UHDのハイエンドノート
  • ConceptD 7 Ezel Pro:EMRペン・4K UHDのモバイルワークステーション

…って感じですなっ!

まの

しっかりと上位と下位の差があるわけですね。

狙いは『ConceptD 7 Ezel』

狙いは『ConceptD 7 Ezel』

そんなConceptD Ezelシリーズの中でも、私が特に狙っているのがConceptD 7 Ezelという製品。

最新モデルのConceptD 7 Ezelは、2021年5月に発表されたモデルになるのですが、グローバルでの発売は同年10月だそう。なお、販売価格は$2,499からとなっています。

現時点では、日本で予約購入をすることはできないのですが、日本のAcer公式サイトにも掲載はされているので、日本での展開に期待したいところ。

狙いは『ConceptD 7 Ezel』

Image:Acer

■ConceptD 7 Ezelが欲しい理由

  • Adobe RGBをカバーする広色域
  • ΔE 2未満という少ない色差
  • 希少なWacom EMRデジタイザーペン対応
  • まだ手が届く$2,500という価格設定

この手のクリエイター向け2-in-1ノートパソコンは他社からも複数リリースされていますが、とりわけこのConceptD 7 Ezelが良さげだと感じたのが、広色域ディスプレイを搭載しており、なおかつWacom EMRデジタイザーペンに対応しているということ。

狙いは『ConceptD 7 Ezel』

Image:Acer

デジタイザーペン対応の2-in-1ノートパソコンは多いのですが、その多くはバッテリーが必要なAESやMPPと呼ばれるプロトコルを採用したもの。

当然ながら、デバイスによって性能差があるので一概には言えないのですが、AESやMPPよりも、EMR方式のデジタイザーペンのほうが描画性能が高く、バッテリーも不要なので使い勝手も良いと個人的には思っています。

狙いは『ConceptD 7 Ezel』

Image:Acer

しかも、このConceptD 7 Ezelは、広色域・低色差のディスプレイを採用している。

なので、デジタイザーペンが活きてくる場面が非常に増え、これ一台で写真のレタッチやデザインの入稿までできるわけです。

狙いは『ConceptD 7 Ezel』

Image:Acer

こういったいわゆる“プロ機”は価格が高いのが常ですが、海外では25万円前後で販売されております。これでも決して安くはないのですが、頑張れば買える価格設定になっているのも嬉しいところ。

これが30万円オーバーなら見送りなのですが、20万円台半ばならばアリだというわけなのです。ですなの。

二条ねこ

そもそもなんだけど、VAIO Z Flipのようなフリップヒンジ型の2-in-1機が好きなのであーる!

まの

分かりますわ。
タブレット時に、キーボード面が地面や手に触れることがないですものね。

まとめ「ConceptD 7 Ezel = VAIO Z Flip改!?」

ConceptD 7 Ezel = VAIO Z Flip改!?

広色域・低色差・Wacom EMRデジタイザーペン対応・フリップヒンジ型2-in-1…そんなAcer『ConceptD 7 Ezel』こそ、後継機が出ないVAIO Z Flip改だと勝手に思っています。それくらいに、VAIO Z Flip好きには刺さるものがありまして……。

個人的には理想に近いクリエイター向けノートパソコンなのですが、約2.5kgとヘビーで、かつ230Wの電力を要するため、ほぼ据え置き利用になってしまうのがネック。とはいえ、これぐらいのスペックを搭載しているので、妥当と言えば妥当ではあります。

グローバルではまもなく発売となるわけですが、肝心の日本市場投入が気になるところ。日本のAcer公式サイトにも掲載されているので、ここはぜひ発売してほしいところなのです。ですなの。

二条ねこ

前回はクラウドファンディングで出資受付してたけど、今回も同じ方式で行くのかなー!?

お絵描き用に2-in-1 PC(Wacom AES/EMRペン対応)を探した話

お絵描き用に2-in-1 PC(Wacom AES/EMRペン対応)を探した話

2021年7月20日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

デジタイザーペン対応の2-in-1パソコンの多くが、『AES』か『MPP』ということを考えると、『EMR』であるConceptD 7 Ezelの希少性は高いですよね。

二条ねこ

そうなのであーる。
EMRペン対応って、ほかにはGalaxy Book系があるけど、こっちは日本で発売される可能性が限りなく低いから…うむむ。

さたえり

素直に 液晶タブレット + ノートパソコン で行くのはダメなん?

二条ねこ

それでもいいけど、最低限のモビリティーは確保したいんだよねー。

おわり