参考書用Kindleは『BOOX Note Plus』が最適解かも?—Developerの小話

参考書用Kindleは『BOOX Note Plus』が最適解かも?—Developerの小話

デカKindle!

分厚いコーディング関係の参考書をKindleで見たい!だけど、端末が小さすぎる…。iPadで見るのは微妙…。これこそ『BOOX Note Plus』の出番かも?

四条ねこ
みんなどうしてるんだろー?
まの
確かに、参考書・リファレンス本関係こそKindleを使いたいですよね。
四条ねこ
そうなんだよー。
持ち歩くと重くて大変だし…。

私がKindleでやりたいコト

私がKindleでやりたいコト

Amazonの電子書籍サービス『Kindle』を使っている人は、非常に多いと思います。皆さんは、どういう本を購入して読んでいますか?

まの
小説…ですかね。
さたえり
うちは、マンガやね!

多くの人は、小説やマンガ、そして雑誌をKindleで読まれていると思います。特に、小説を読むのには最適なサービス・端末ですよね。

四条ねこ
でも、私は“分厚い参考書”をKindleで読みたーーーいっ!

そうなんです。私はKindleで読みたい本は、コーディング関係(Python・JavaScriptなど)のリファレンス本なんです。言い換えるなら、参考書です。

ページ数も多く、分厚い参考書を、常に携帯しておきたい。そして、“紙のように”使いたい。そう考えると、Kindleが良さそうなのですが…。

四条ねこ
現行のKindle…画面小さいっ。

現行Kindleのサイズ比較

現行Kindleのサイズ比較

まずは、現行のKindleシリーズをサイズ比較してみます。

一番大きい『Kindle Oasis』でも、7インチ。

一番大きい『Kindle Oasis』でも、7インチ。

四条ねこ
Kindleで参考書の文字は小さすぎて、読めなーーいっ!(某CM風)

現行のKindleシリーズで一番ディスプレイが大きい『Kindle Oasis』でも、わずか7インチ。小説やマンガなら大丈夫ですが、このインチ数で参考書を見るのは、かなり厳しい感じです。

7インチは、新書判より小さい。

7インチは、新書判より小さい。

実寸に基づいて、簡単なサイズ比較をしてみます。

四条ねこ
うーん…やっぱ小さいっ!

新書判(『ちはやふる』など)のサイズやA5判(『寄生獣』など)のサイズよりも、7インチの『Kindle Oasis』は表示領域が小さいのです。

当然ですが、参考書類はA5判よりも大きいA4判であることが多いので、7インチのディスプレイで参考書を見ることは、かなり厳しそうです。

本とデバイスの関係

本とデバイスの関係

Kindleのサイズ感が分かってもらえたところで、本とそれを読むためのデバイスの関係を考えていきます。

Kindleは小説・マンガ

前述の通り、6〜7インチのKindleに最適なのは、小説やマンガでしょう。

マンガを読むことを考えると、このサイズでも小さいと感じるかも知れません。
ただ、電子ペーパー(E Ink)のディスプレイは、長時間読むのに向いているので、それらを読み続けるのにはベストな選択だとは思います。

iPadは雑誌

iPadとひとくちに言ってもサイズはさまざまですが、10インチクラスと考えると、雑誌を読むのに最適です。

iPadは当然ですが、液晶ディスプレイです。なので、フルカラーで閲覧できるのは大きなメリットですが、長時間読むのには目が疲れるので向いていません。
だから、カラーありきの雑誌を読むのにベストな選択だと思います。

○○は論文・参考書

そして、論文・参考書ですが…これがない!

まの
iPadではダメなのですか?
四条ねこ
ずっと見てると疲れちゃうし、常時表示するとバッテリーも減っちゃうから、あーんまりなんだよね〜。

設定で画面を常時表示にはできますが、画面ヤケやバッテリー消費を考えると、あまり進んでしたいものではありません。

そうなんです。大きいお兄さんKindleが欲しい…

デカKindle = 『BOOX Note Plus』

デカKindle = 『BOOX Note Plus』
四条ねこ
そこで…ONYXの『BOOX Note Plus』を“デカ”Kindleなお兄さんとして、使うのを提案するあ〜るっ!
さたえり
その手があったんやね!

E Ink端末大好きっ子ならご存知、ONYXの『BOOX Note Plus』。これをKindle専用端末として使うことを考えました。

ほぼA5サイズの画面を持つ『BOOX Note Plus』。

ほぼA5サイズの画面を持つ『BOOX Note Plus』。

『BOOX Note Plus』は、10.3インチのE Inkディスプレイ搭載。これは、ほぼA5サイズなので、参考書を読むのにも大丈夫そうな感じです。

しかも、『BOOX Note Plus』は、Kindleと同じ電子ペーパーなので、長時間読むのにも向いています。おそらく、ディスプレイの常時表示もできるはず。というよりは、中身がAndroidなので、何とでもなりますな。

四条ねこ
できれば、本体色に“白”が欲しいけどね〜。

論文や参考書を読む(しかも書く)人なら、『BOOX Note Plus』は超良さげです。Android搭載なので、Kindleも使えますしね。

Sonyのデジタルペーパーも候補

Sonyのデジタルペーパーも候補

ちなみに、Sonyのデジタルペーパーこと『DPT-RP1』や『DPT-CP1』も、非常に良さげです。デザインもこちらのほうが洗練されています。

ただ、Android非搭載なので、Kindleが使えない…

総評:書ける大きいKindle欲しい!

総評:書ける大きいKindle欲しい!

大変便利な電子書籍サービス『Kindle』、そしてハードウェア。
しかし、参考書を見るのには、適していない部分があるような気がします。

四条ねこ
10インチクラスのKindle欲しいな〜。

私みたいに参考書をKindleで読みたい人は、『BOOX Note Plus』がベストな選択肢だと思います。Kindle上では無理ですが、手書きもできる端末ですからね。

まの
では、購入するのですか?
四条ねこ
お金が溜まったら買うと思うっ!
仕事でリファレンス本をよく持ち歩くしねー!

でも、純正で欲しいな。

おまけ

四条ねこ
私のような人は、少なからずいると思うんだけどねー。
さたえり
みんなどうしてるんだろうね?
まの
参考書やリファレンス本こそ、電子書籍で欲しくなりますよね。
四条ねこ
うーむ…難しいっ!

おわり