新旧比較!2018年『iPad Pro』をぜーったい買うべき○○な理由とは?

Proは2018年で完成した。

まもなく発売のiPad Pro 2018年モデル。徹底比較するから…みんなに買ってもらいますぞ!!

さたえり
なんと強引な…。
四条ねこ
私は買った。みんなも買おうずっ!(記事はちゃんと書くからね)
まの
無茶苦茶な理論ですね…。

新旧iPad Proスペック比較

新旧iPad Proスペック比較

早速、比較表!

…と、言いたいところですが、比較表にすると、ややこしくなる懸念があるので却下。今回は、スペックアップしたところを“箇条書き”にしました。

まの
比較表をわざわざ作らなくとも、Apple公式サイトで比較できますもんね。
四条ねこ
ちなみに、発表会の超簡単なまとめを記事にしてあるよ〜!

サイズ—より大きく・より小さく

サイズ—より大きく・より小さく

2018年モデルのiPad Proは、

  • 11インチ
  • 12.9インチ

の2ラインナップです。

もともと10.5インチだったものは、本体サイズ据え置き(ほぼ)で、0.5インチの大型化
もともと12.9インチだったものは、画面サイズ据え置きで、本体のサイズを小型化しています。

四条ねこ
特に12.9インチモデルは、かなり小さくなったよ〜!

プロセッサ—『A12X Bionic』は化け物級

プロセッサ—『A12X Bionic』は化け物級

SoC(プロセッサー)は、『Apple A10X Fusion』から、『Apple A12X Bionic』に進化しています。

四条ねこ
ベンチマークでお馴染みのGeekbench Browserを見てみよ〜!

ご覧の通り、たった1年でCPUスコアがここまで伸びました。
ちなみに、『iPad8,3』『iPad8,8』ですが、あくまで2018年モデル“らしき”もの。そして、RAM違い(4GBと6GB)でスコアが違います。そこはご留意を。

iPad Pro 2018年モデルは、MacBook Pro 2018年モデルに肉薄。

iPad Pro 2018年モデルは、MacBook Pro 2018年モデルに肉薄。

これを見ると、もう“化け物”なのがお分かりいただけたと思います。

まの
MacBookは余裕で超えて、MacBook Proに迫るとは…。
さたえり
しかも“15インチ”のほうやし…。

Appleの謳っている、小さなスーパーコンピューターになりつつありますね。

Mac搭載『T2チップ』—自社製CPUとApple新時代の幕開けへ

2018.07.17

周辺機器—ペンもキーボードも使いやすく

周辺機器—ペンもキーボードも使いやすく

今回のProシリーズから、周辺機器が一新されました。

変更された周辺機器

  • 『Smart Keyboard』 → 『Smart Keyboard Folio』
  • 『Apple Pencil』 → 『Apple Pencil(第2世代)』

簡単に言ってしまえば、“真のクリエイティビティに近づいた”といったところでしょうか。

描画性能は良かったが、取り回しに難があった『Apple Pencil』が一新。
スタンドの角度が変えられず、変な形状だった『Smart Keyboard』は、『Smart Keyboard Folio』でフルリニューアル。

四条ねこ
そして…『USB Type-C』だー!

おまけに、『USB Type-C』搭載で『Lightning』は廃止に。

まさに、タブレット以上のタブレットになったわけです。

買うべき理由はコレだ!

買うべき理由はコレだ!

そんな2018年モデルのiPad Proですが、私が思う買うべき理由は以下の3つだと思います。

買うべき理由

  • 『Apple Pencil(第2世代)』が最高すぎる。
  • 『USB-C』搭載で広がる活躍の幅。
  • タブレットの域を超えた化け物スペック。

理由1.『Apple Pencil(第2世代)』が最高すぎる

理由1.『Apple Pencil(第2世代)』が最高すぎる

1つ目の理由は、『Apple Pencil(第2世代)』の登場です。

四条ねこ
第2世代になって、林檎ペンは完成形になったのであーるっ!

待望の改善!『Apple Pencil(第2世代)』のココが…エモいぞ! #AppleEvent

2018.10.31

あの失くすで不評だったキャップの廃止。充電方式のダサさ。コロコロ転がってしまう本体。

そんなウィークポイントが解消されたのが、今回登場した『Apple Pencil(第2世代)』です。

この『Apple Pencil(第2世代)』は、現状で2018年モデルのiPad Proでしか使えません。なので、このセットで買うなら、新型iPad Proは買うべきですし、買わないと使えないのです。

理由2.『USB-C』搭載で広がる活躍の幅

理由2.『USB-C』搭載で広がる活躍の幅

2つ目の理由は、拡張性と速度が速い『USB Type-C(USB-C)』の採用です。

四条ねこ
これでカメラやディプレイに繋げて、いろいろできるようになったぞー!

これは言わずもがな。
『Lightning』よりも『USB Type-C』のほうが、拡張性は圧倒的に当然高いです。

ですので、カメラやDTM、そして映像制作しているなら、より一層2018年モデルを買うべきでしょう。

理由3.タブレットの域を超えた化け物スペック

理由3.タブレットの域を超えた化け物スペック

最後の理由は、先程紹介したようにスペックの高さです。

四条ねこ
タブレットに高スペックは不要なんて、今は昔だと思うっ!
今こそタブレットだからこその活躍ができるんだよ〜!

今まではタブレットがいくら高スペックでも、それをフル活用するアプリがありませんでした。

しかし、今は違う。

Adobeが『Photoshop』の完全版をiPadでリリース(予定)したり、ドローイングソフト『CLIP STUDIO PAINT』の完全版もiPadである
つまり、ほぼほぼPCとの垣根がなくなったきた。

だからこそ、ハイスペックでハイエンドでないといけないのである。

アナタは買うべき人かも?

こういう人は特に買うべき

  • デザイナー
  • イラストレーター
  • 3DCGクリエイター
四条ねこ
iPadの中でも“Pro”って名前が付くくらいだから、やっぱりクリエイターにオススメだねっ!
まの
ねこさんもデザインが本業ですもんね。

▼これを使えば、iPhoneを接続可能に。当然、Macでも使える。

11インチと12.9インチのどちらがオススメ?

■11インチがオススメな人

  • 持ち運びが多い人。
  • オールマイティーに使いたい人。
  • ノートPCと2台持ちする人。
■12.9インチがオススメな人

  • 絵を描く人。
  • 特化した使い方をする人。
  • iPadしか持ち運ばない人。
四条ねこ
要するに…

  • いろんな使い方をする人は11インチ
  • 専門的な使い方をする人は12.9インチ

がベストだと思うよ〜!

まの
既にMacBook ProやMacBook Airを使っていて、それも持ち運ぶなら11インチですよね。
さたえり
ノートPCを持っていかずに、iPad単体で完結できるなら、12.9インチやんね!
四条ねこ
そゆことだね〜♪

▼変換アダプターもこれから必須になりそう。

あえて…ダメなとこも

あえて…ダメなとこも
新型iPad Proのダメなところ

  • ヘッドホンジャックの廃止。
  • 指紋認証『Touch ID』の廃止。

今回の2018年モデルになって、iPad Proから“失くなってしまったもの”があります。それが上記の2つ。

Appleのホームボタン廃止の賛否—UI/UXは誰のため?今は過渡期なのか?

2018.11.03
四条ねこ
指紋認証はともかく、ヘッドホンジャックが失くなったから、変換アダプターが別途必要になるよ〜!

▼充電しながらヘッドホンを使うには、これが必須になる。

総評:買うべき理由は…やはりスペック!

総評:買うべき理由は…やはりスペック!

いろいろ書いていきましたが、やはりiPad Pro 2018年モデルの最大の買い理由は“スペックの高さ”でしょう。

四条ねこ
そのスペックの高さを享受できるアプリが増えたからこそ、今が買いだと思うよー!
まの
Proの名に恥じないタブレットになったわけですね!
四条ねこ
うぬっ!
他のタブレットよりも、何手先も進んでいると思うっ!

高いけど、その価値はあるぞ!

おまけ

四条ねこ
全然関係ないけど、Appleで注文したけど、注文が通ってないんだよねー。
さたえり
え?何でなんよ!?
四条ねこ
んー、クレカの認証が通ってないんだよね〜。
まの
それは素直に、カード会社に聞くべきですね。

おわり

Source:Geekbench Browser