HISモバイルが『eSIM(docomo回線)』の提供開始

docomo回線のeSIMでは最安
HISモバイルが『eSIM(docomo回線)』の提供開始
記事のポイント
  • HISモバイルが『eSIM』提供開始(2022年8月24日〜)
  • 音声通話対応eSIM(docomo回線)290円/月〜で運用可能
  • APN構成プロファイル必要 + docomo回線eSIMのデュアル不可

2022年8月24日より、旅行代理店大手H.I.S傘下のHISモバイル(HIS Mobile)』が、docomo回線のeSIMを提供開始しました。最大のウリは、音声通話対応eSIMが“月額290円”から運用できること、だそうです。

二条ねこ

『自由自在290プラン』が、eSIM対応になったそうで!

さたえり
  • 『APN構成プロファイル』要インストール(iPhone/iPad)
  • docomo系eSIMとのデュアル構成は不可

この2つが要注意やんね。

まの

(いろんな意味で)話題のH.I.Sですね。

HISモバイルがeSIM提供開始

Image:HIS

冒頭で触れたとおり、旅行代理店大手H.I.S傘下のHISモバイル(HIS Mobile)が、『自由自在290プラン』にて、eSIMの提供を2022年8月24日より開始しております

なお、HISモバイル『自由自在290プラン』の物理SIM/eSIMについては、docomo回線の音声通話対応SIMにて提供されます。

MVNO系のdocomo回線eSIMとしては、すでに『IIJmio』『LinksMate』『日本通信SIM』が参入済み。また、MVNO系のau回線eSIMでは、HISモバイルと同日(2022年8月24日)に『mineo』が参入しております。

二条ねこ

残すところは、MVNO系のSoftBank回線eSIMだけですな。

HISモバイルのeSIM概要

Image:HIS Mobile

対応回線 docomo回線
対応プラン 自由自在290プラン
(音声通話対応SIM)
月額基本料金
  • 50GB:5,990円/月
  • 20GB:2,190円/月
  • 7GB:990円/月
  • 3GB:770円/月
  • 1GB:290円/月 〜 550円/月
    • 100MB以上:550円/月
    • 100MB未満:290円/月
契約事務手数料 3,300円
再発行事務手数料 1,100円
SIM切替手数料 1,100円

HISモバイルeSIMは、『自由自在290プラン』のみ対応。

この『自由自在290プラン』では、音声通話対応SIMしか提供されておりません。同じページ内に『データ定額440プラン』というデータ通信専用SIMの料金案内がありますが、こちらはeSIMに対応していないので注意が必要です。

なお、自由自在290プランのデータ容量を“1GB”で契約した場合、1か月のデータ通信量が100MB未満であった場合は290円/月となります。100MB以上の場合は550円/月。1GB契約のみ、2段階の料金体系になっております。

iPhone
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone XSシリーズ
  • iPhone XR
  • iPhone SE (第3世代)
  • iPhone SE (第2世代)
iPad
  • iPad Pro 12.9″
    • 第3世代
    • 第4世代
    • 第5世代
  • iPad Pro 11″
    • 第1世代
    • 第2世代
    • 第3世代
  • iPad Air
    • 第3世代
    • 第4世代
    • 第5世代
  • iPad
    • 第7世代
    • 第8世代
    • 第9世代
  • iPad mini
    • 第5世代
    • 第6世代
Android 下記のEIDで始まるeSIM対応端末

  • 89049032
  • 89033023
  • 89033024
  • 89043051
  • 89043052

HISモバイルが発表している動作確認済み端末は上表のとおり。

なお、楽天モバイル『Rakuten Hand 5G』については、仮にEIDの条件を満たしていても、HISモバイルeSIMが利用できないことが公表されております。

Android端末を、eSIMを含むデュアルSIM構成で運用する場合においては、機種による差が大きく生じるため、一部端末を除いて動作確認を実施していないとのこと。また、EIDの条件を満たしていても利用できない場合があるため、公式サイトに記載されているeSIMカンタン設定ガイドにて事前の確認を推奨しております。

二条ねこ
  • eSIM対応のiPhone
  • eSIM対応のiPad
  • 一部のAndroid

これらの端末が動作確認済みということですな。

iPhone・iPadのeSIM/デュアルSIM対応機種を整理

iPhone・iPadのeSIM/デュアルSIM対応機種を整理

2022年6月24日

HISモバイルのeSIMにおける注意点

『APN構成プロファイル』要インストール

HISモバイルeSIMをiPhone/iPadで利用する場合、『APN構成プロファイル(apn.mobileconfig)』のインストールが必要です。

iPhone/iPadはOSの仕様により、同時に1つまでしか『APN構成プロファイル』を保持することができません。

したがって、HISモバイル(eSIM)と他社回線を組み合わせてデュアルSIM運用する場合、他社回線側はAPN構成プロファイルのインストールを必要としないものではないといけません。端的に言えば、 HISモバイル(eSIM) + 大手キャリア という組み合わせしか、原則としてできないわけです。

iPadでのデュアルSIM運用の注意点:APN構成プロファイル必須だと切替時に再設定必要

iPadでのデュアルSIM運用の注意点:APN構成プロファイル必須だと切替時に再設定必要

2022年6月26日

docomo回線とのデュアルeSIM不可

HISモバイルeSIM + docomo系eSIM という、デュアルeSIM構成は利用することができません。

理由については、公式記載がないので定かではありませんが、docomo回線におけるeSIMのEIDが被ってしまうからだと考えられます。日本通信eSIMがこのパータンに該当しており、同じく利用することができません。

なお、 HISモバイルeSIM + au系eSIM/SoftBank系eSIM/楽天モバイルeSIM という組み合わせのデュアルeSIMであれば利用可能です。

『IIJmio eSIM』は『APN構成プロファイル』不要 → iPhone/iPad用のベストバイ

『IIJmio eSIM』は『APN構成プロファイル』不要 → iPhone/iPad用のベストバイ

2022年6月23日

まとめ「月額290円からeSIM運用可能」

まとめ
  • HISモバイルがeSIMの提供開始
  • HISモバイルeSIMはdocomo回線
  • HISモバイルeSIMは音声通話対応SIMのみ
  • HISモバイルeSIMは290円/月から運用可能
  • 『APN構成プロファイル』要インストール
  • docomo回線とのデュアルeSIM不可

HISモバイルでも『eSIM』の提供が開始されました。データ通信専用SIMの提供はありませんが、290円/月から運用できるランニングコストの安さは魅力となります。

ただし、iPhone/iPadでは『APN構成プロファイル』のインストールが必須ということ、他のdocomo回線とデュアルeSIMを構築できないこと、という2点は注意が必要です。

二条ねこ

『APN構成プロファイル』不要がいいなら、やっぱり『IIJmio』になりますな。(データ通信専用SIMしかないけど)

mineoが『eSIM(au回線)』の提供開始

mineoが『eSIM(au回線)』の提供開始

2022年8月30日

eSIM対応キャリアまとめ + プラン比較表

eSIM対応キャリアまとめ + プラン比較表

2022年6月5日
記事に登場したガジェット

おまけ

二条ねこ

そんなことより、ハウステンボスよ!ハウステンボス!!

さたえり

しのびねぇな?

二条ねこ

それは、トータルテンボスあーる。

さたえり

あ、『全力少年』の人?

二条ねこ

それも、トータルテンボス!
……じゃなくて、スキマスイッチあーる!!

まの

ハウステンボスを買収したのは、香港系投資会社『PAG』ですね。
ハウステンボスの運営やブランディングは、USJやネスタリゾート神戸を再建した、森岡毅氏が代表を務めるマーケティング会社『刀』が支援するとのことですわ。

おわり