新型WALKMAN『NW-ZX707』の気になる点を整理

気になるのでソニーストアに行ってきます
新型WALKMAN『NW-ZX707』の気になる点を整理
記事のポイント
  • 新型WALKMAN『NW-ZX707』が“2023年1月27日”に発売
  • SoCが『NXP i.MX 8M Family』から刷新されたのは良アップデート
  • 上位機種(NW-WM1xM2)を超えた部分もあり“完成系”な気もする

NW-ZX507』の後継機種として、新型WALKMAN『NW-ZX707』が2023年1月27日に発売されるので、今のうちに気になる点を技術仕様から整理しておきます。

さたえり

ちなみに、ソニーストア価格は104,500円やね。

二条ねこ

随分と高くなりましたなー。

まの

というか、『Bluetooth 5.0』なのですね。

製品概要

WALKMAN NW-ZX707

タイトル
Sony NW-ZX707
発売日
  • 2023年1月27日
価格
  • 104,500円(ソニーストア価格)
特長
  • アルミ切削筐体・無酸素銅切削ブロックを採用
    • 大幅な低インピーダンス化
    • クリアで力強い低域を実現
    • 静寂から立ち上がるクリアな音質
  • 大容量固体高分子コンデンサーを搭載
  • 『FTCAP3』をバイパスコンデンサーに採用
  • 基板レイアウトの最適化によるS/N感の向上
  • ハイレゾ対応フルデジタルアンプ『S-Master HX』を搭載
    • DSDネイティブ再生対応(最大11.2MHz)
    • リニアPCM再生対応(最大384kHz/32bit)
  • 『DSDリマスタリングエンジン』を搭載
    • すべてのPCM音源を11.2MHz相当のDSD信号に変換
  • 『DSEE Ultimate』を搭載
    • ハイレゾ級音質にアップスケーリング(192kHz/32bit相当)
  • バッテリー持続時間の向上

発売日は2023年1月27日ですが、すでに全国のソニーストアでは先行展示が開始されております。先行展示については、公式サイトを参照。

技術仕様

Sony NW-ZX707のスペックについては以下のとおり。

OS Android 12
ストレージ 64GB
(実使用可能領域は約47GB)
ディスプレイ 5.0インチ
(タッチパネル)
HD
└ 1,280×720
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Ver. 5.0
A2DP
AVRCP
DID
OPP
SPP
SBC
AAC
LDAC
aptX
aptX HD
デジタルアンプ S-Master HX
DSEE DSEE Ultimate
充電時間 約3.5時間
駆動時間
(W.ミュージック)
MP3 128kbps
├ アンバランス出力:約25時間
└ バランス出力:約24時間
FLAC 96kHz/24bit
├ アンバランス出力:約23時間
└ バランス出力:約23時間
FLAC 192kHz/24bit
├ アンバランス出力:約21時間
└ バランス出力:約21時間
DSD 2.8224MHz/1bit
├ アンバランス出力:約21時間
└ バランス出力:約21時間
DSD 5.6448MHz/1bit
├ アンバランス出力:約18時間
└ バランス出力:約18時間
DSD 11.2896MHz/1bit
├ アンバランス出力:約13時間
└ バランス出力:約11時間
オーディオ出力端子 φ3.5mmステレオミニ
└ 50mW + 50mW
φ4.4mmバランス標準
└ 230mW + 230mW
データ転送 USB 3.2 Gen 1 Type-C
└ 5Gbps
外部ストレージ microSDXC
本体サイズ 約72.5×132.3×16.9mm
本体質量 約227g
その他
  • USB DAC機能搭載
  • 加速度センサー搭載
  • 内蔵モノラルマイク搭載
  • ハイレゾ音源対応
  • ソースダイレクト対応
  • ダイナミックノーマライザ対応
  • バイナルプロセッサー対応
  • いたわり充電機能搭載

気になる点

タイトル
  1. 採用されているプロセッサ
  2. Bluetooth LE Audioへの対応

前モデルである『NW-ZX507』を使っていた(HiBy R5 Saberに乗り換えたけど)ということもあり、今回の新型WALKMAN『NW-ZX707』には、かなり注目しています。

ただ、前モデル(NW-ZX507)にはイマイチな点も多く、同じ轍を踏むのも嫌なので、NW-ZX707における気になる点を、事前に確認しておくことにしました。

採用されているプロセッサ

気になる点①、採用されているプロセッサ。

WALKMANに搭載されているプロセッサについては非公開なのですが、ベンチマーク結果から、NW-ZX507では『NXP i.MX 8M Mini』、NW-WM1ZM2やNW-WM1AM2では『NXP i.MX 8M Plus』、というのが判明しています。

推察するに、音質低下の懸念からWWANモデム非集積のプロセッサを選定した結果、このNXP製プロセッサが採用されたのでしょう。ただ、このプロセッサ、とにかくバッテリー消費量が多く、かつ性能自体も高くなく、ユーザーから評判もあまり良いものではありませんでした。

新型WALKMAN NW-ZX707ではプロセッサが刷新されている
Image:Sony

そこで情報を漁っていくと、開発者インタビューに「低消費電力なSoCに差し替えている」との文言が。つまり、この時点で『i.MX 8M Family』ではないことが確定しました。

さらに調べていくと、The Walkman Blogに、NW-ZX707で採用されているプロセッサが『Qualcomm QCS4290』であることが書かれておりました。

Qualcomm QCS4290は、IoTエッジ機器向け向けのプロセッサ。そして、このQCS4290には、WWANモデムが集積されておりません。しかも、コア数も8コアと増加(i.MX 8Mは4コア)。だとすると、同プロセッサが採用されているとすれば、合点もいきます。

Bluetooth LE Audioへの対応

気になる点②、Bluetooth LE Audioへの対応。

2023年以降の“モダン”なワイヤレスオーディオの鍵となるのが、Bluetooth audioにおける『LE Audio』への対応。

従来のBluetooth audioである『Classic Audio』では、A2DP標準コーデックである『SBC(Sub Band Codec)』の音質がイマイチだったり、さまざまなコーデックが乱立する状況に陥っています。

そこで登場したのが、まったく新しい『LE Audio』という規格。なお、LE Audioでは、標準コーデックはSBCではなく『LC3(Low Complexity Communication Codec)』に置換されています。そして、このLC3こそ、低ビットレート転送でありながら、SBCよりも高音質である、次世代のコーデックというわけです。

新型WALKMAN NW-ZX707は『Bluetooth 5.0』対応
Image:Sony

そこで翻って、新型WALKMAN NW-ZX707の技術仕様を見てみると、Bluetooth Ver.が『Bluetooth 5.0』となっております。

前述したLE Audioを動作させるには、Bluetooth 5.2以降であることが必須要件となっており、当然ながら、NW-ZX707ではLE Audioを動作させることができません。もちろん、LC3コーデックも使えません。

NW-ZX707に搭載されているであろう『Qualcomm QCS4290』プロセッサですが、モデムは外付けする仕様となっています。なので、何かしらの理由があるにせよ、腑に落ちない感じは残ってしまいます。

関連リンク

まとめ「LE Audioだけが懸念材料」

新型WALKMAN『NW-ZX707』、プロセッサも刷新されており、かなり期待したいDAPだったりします。それゆえに、Bluetooth 5.0なのは引っかかるところ。

もちろん、ハイエンドDAPを求めていながら、Bluetooth接続をしようとするほうが野暮なのかもしれませんが…ね。

さたえり

とりあえず、ソニーストアで確認かな!?

記事に登場したガジェット

おまけ

二条ねこ

アップデートで対応は…難しいよねー。

まの

BluetoothモデムのSKUを調べるべきでしたね。

さたえり

あー、それもやっておくべきやね。

おわり