Anker製『USB搭載電源タップ』の種類を一覧にまとめた

“日本未発売”も含めて全部調べてみた
Anker製『USB搭載電源タップ』の種類を一覧にまとめた
記事のポイント
  • Anker製の電源タップは合計4シリーズから構成されている
  • Anker製品にある“3桁の数字”を理解するとカテゴライズが容易
  • 実はすべてのAnker製品が日本で発売されているわけではない

Anker製『USB搭載電源タップ』の種類が増えてきているので、まとめて比較してみることにします。購入時の参考にどうぞ。

二条ねこ

これがまた、種類が多いのであーる。

まの

目にする機会も増えてますものね。

さたえり

製品名を“数字3桁”で表すようになったから、余計に分かりづらい感じもあるやんね。

Anker製品“3桁の数字”の意味

本題に入る前に、Anker製品に付けられている“3桁の数字”の意味について、先におさらいしておきます。

『Anker 335 Power Strip』のように“3桁の数字”が製品名に存在
Image:Anker

2021年末ごろから、Anker製品には『Anker 335 Power Strip(旧:Anker PowerPort Strip PD 6)』のように、“3桁の数字”が製品名に組み込まれるようになりました。

Image:Anker

タイトル
“3桁の数字”の見方
1桁目

製品のシリーズを識別。
シリーズには『Series 7』『Series 6』『Series 5』『Series 3』が存在。

2桁目

出力ポート数や対応デバイス数などを識別。

3桁目

製品の技術的なパフォーマンスを識別。
モバイルバッテリーの場合、バッテリー容量が多いほど数字が上がる。ハブやドッキングステーションの場合、転送速度に応じて数字が変化。

製品名に付けられた“3桁の数字”の意味は、それぞれ上記のとおり。

はっきり言って、2桁目と3桁目の規則性が、電源タップにおいてはイマイチ分からない。なので、“そういうもの”ぐらいで、捉えておくのがよいかもしれません。

Image:Anker

タイトル
“1桁目の数字”の見方
Series 7

『Embrace Future Technology』。
イノベーティブで高性能なハイエンドクラスの製品シリーズ。

Series 6

『Discover Unique Experiences』。
ユニークで新しい革新的な製品シリーズ。

Series 5

『Enjoy Higher Quality』。
Ankerの高品質な定番製品シリーズ。

Series 3

『Keep it Simple』。
シンプルでベーシックな、エントリークラスの製品シリーズ。

この3桁の数字の中で、特に注目しておきたいのが“1桁目の数字”。

1桁目の数字は製品シリーズを表しており、端的に言うと、数字が大きくなるほどハイエンドモデルになります。ただ、電源タップの場合は、『Series 7(= 最上位シリーズ)』だからといって、使い勝手が良いとは限りません。このあたりは、よく他製品と比較して吟味する必要があるでしょう。

Anker製『USB搭載電源タップ』の一覧表

Anker製『USB搭載電源タップ』を、以下に一覧表にしてみました。

前述した、Anker製品にある“3桁の数字”が上位なものから順に 左 → 右 へと並べております。このことを頭に入れて、比較しながら眺めてみてください。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W) Anker 647 Conference Charging Station Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) Anker 623 Power Strip Anker 615 USB Power Strip (GaNPrime 65W) Anker 525 Charging Station Anker 524 Power Strip Anker 521 Power Strip Anker 511 USB Power Strip Anker PowerPort Strip PD 2 Mini Anker 351 Power Strip Anker 332 USB Power Strip Anker 321 Power Strip Anker PowerPort Strip PD 6 Anker PowerPort Strip PD 3 Anker PowerExtend USB 2 mini
製品シリーズ Series 7 Series 6 Series 6 Series 6 Series 6 Series 5 Series 5 Series 5 Series 5 Series 5 Series 3 Series 3 Series 3 Series 3 Series 3 Series 3
製品価格 12,990円 発売前 9,990円 日本未発売 6,990円 6,990円 日本未発売 3,990円 4,990円 2,990円 日本未発売 日本未発売 日本未発売 4,290円 3,590円 2,190円
AC out
USB-A
最大12W ×2

最大12W ×2

最大15W ×2

最大12W ×1

最大12W ×2

最大12W ×2

最大12W ×2

最大12W ×2

最大12W ×2

最大12W ×2

最大18W ×2

最大12W ×2

最大12W ×2

最大12W ×2

最大12W ×2
USB-C
最大100W ×2

最大45W ×2

最大45W ×1

最大65W ×2

最大67W ×2

最大30W ×1

最大30W ×1

最大30W ×1

最大18W ×1

最大20W ×1

最大20W ×1

最大20W ×1

最大18W ×1

最大18W ×1
その他 - USB-Cケーブル ×2 MagSafe互換 ×1 - - - - - - - - - - - - -
Amazonで購入 - Amazonで購入 - Amazonで購入 Amazonで購入 - Amazonで購入 Amazonで購入 Amazonで購入 - - - Amazonで購入 Amazonで購入 Amazonで購入

【レビュー】Anker『PowerPort Strip PD 3』:机固定に最適なUSB-C搭載マルチ電源タップ

【レビュー】Anker『PowerPort Strip PD 3』:机固定に最適なUSB-C搭載マルチ電源タップ

2020年11月18日

【レビュー】Anker『PowerPort Strip PD 6』:USB-C・アース・雷サージの電源タップ全部盛り

【レビュー】Anker『PowerPort Strip PD 6』:USB-C・アース・雷サージの電源タップ全部盛り

2020年11月15日

まとめ「Anker製の電源タップは豊富」

新しい“3桁の数字”による、Anker製品のネーミングルールは何とも…な感じですが、『USB搭載電源タップ』のバリエーションが豊富なことは分かりました。

二条ねこ

以前のネーミングルールのほうが、可愛げがあったよねー。

多ポートUSB PD充電器『再ネゴシエーション』の厄介な仕様

多ポートUSB PD充電器『再ネゴシエーション』の厄介な仕様

2022年11月21日

『USB PD - DCプラグ変換アダプタ』でType-C電源共通化

『USB PD - DCプラグ変換アダプタ』でType-C電源共通化

2021年5月12日

『L字USBケーブル』の素晴らしさを布教する

『L字USBケーブル』の素晴らしさを布教する

2023年2月24日
記事に登場したガジェット

-

おまけ

二条ねこ

USBポート搭載の電源タップだから、やっぱりデスク上に設置すべきかなー!?

まの

でしょうね。
フローリングにベタ置きですと、埃がポートに入り込みそうですし。

さたえり

設置場所によっては、ケーブルボックスが必須かもやね。

おわり