★図解★メッシュWi-Fiとは?—中継機との違い・仕組みを徹底解説だ(`・ω・´)

★図解★メッシュWi-Fiとは?—中継機との違い・仕組みを徹底解説だ(`・ω・´)

記事のポイント

  • メッシュWi-Fiと中継機の違いが分かる!
  • メッシュWi-Fiとは何かを図解で解説!
  • オススメのメッシュWi-Fiは…これ!

で、どれがオススメ?

最近、よく耳にする『メッシュWi-Fi』という言葉。でも、メッシュとは何だろう?中継機と違いは?メリット・デメリットは?それらを一挙解説していきますぞっ!

四条ねこ
図を描いたから、かなーり分かりやすいはずっ!
まの
それで、『メッシュWi-Fi』とは?
四条ねこ
えーと…“複数のWi-Fiルーターが相互通信して、Wi-Fiの範囲を広げる”やつっ!

『メッシュWi-Fi』とは?

『メッシュWi-Fi』とは?

『メッシュWi-Fi』とは、メッシュ機能に対応した複数のWi-Fiルーターが相互通信をして、1つのWi-Fiネットワークの範囲を広げるシステムのことです。

このメッシュWi-Fiは『メッシュネットワーク』とも呼ばれています。(ここでは『メッシュWi-Fi』という呼び名で統一します)

四条ねこ
これにより、Wi-Fi電波届かない事件がなくなるのであーるっ!
メッシュWi-Fiで、広範囲にWi-Fiエリアを広げられる!

メッシュWi-Fiで、広範囲にWi-Fiエリアを広げられる!

後ほど図解で解説しますが、従来のWi-Fiルーターでは、Wi-Fiルーターから距離が遠くなると、電波が届かないことが多々ありました。しかし、メッシュWi-Fiはメッシュ、つまり“網目状”にネットワークが張り巡らされているので、電波が届かないことが格段に減りました

『メッシュWi-Fi』と『中継機』は、ちゃんと違いがある。

『メッシュWi-Fi』と『中継機』は、ちゃんと違いがある。

また、こちらも後ほど図解しますが、従来の『中継機』と呼ばれるものとは違い、速度低下も非常に少なく、『ハンドオーバー』(的な機能)のようにメッシュWi-Fi同士の接続の切り替えがスムーズなのも大きな特徴です。

四条ねこ
ハンドオーバーは、通信する基地局やアクセスポイントを移動中に切り替えることだよーっ!
さたえり
で、メッシュWi-Fiの概要は分かったんやけど、従来型Wi-Fiルーターや中継機とどう違うん?
四条ねこ
ちょっと待たれ〜いっ!
それをこれから図解で説明していくぞなもしっ!

各Wi-Fiルーターの仕組みの違い

メッシュWi-Fiとは何かをちょっぴり理解したところで、

  • 一般的なWi-Fiルーター
  • メッシュWi-Fiルーター
  • Wi-Fiルーターと中継機

の3つの仕組みの違いについて、図解で説明していきます。

四条ねこ
サクッと見てみよ〜♪

一般的なWi-Fiルーターの仕組み

一般的なWi-Fiルーターの仕組みの図解。

一般的なWi-Fiルーターの仕組みの図解。

こちらが、一般的なWi-Fiルーターとデバイスを接続したイメージ図です。

Wi-Fi対応機器(スマホ・パソコンなど)が、1つのWi-Fiルーターに無線で接続されます。なので、当然ですが、すべてのWi-Fi処理を1つのルーターが処理することになります。

要するに、従来のWi-Fiルーターは図のようにシンプルで分かりやすいのですが、1つのルーターに処理を任せてしまうことから、接続台数が増えると、どうしても速度が遅くなることがあります。

そして、Wi-Fiルーターが1つしかないので、ルーターから離れている機器に接続ができなかったり、電波が非常に弱くなってしまうことがあります。特に、戸建てや鉄筋だと電波が隅々まで届かないことがあるはずです。

メッシュWi-Fiルーターの仕組み

メッシュWi-Fiルーターの仕組みの図解。

メッシュWi-Fiルーターの仕組みの図解。

そしてこちらが、メッシュWi-Fiルーターとデバイスを接続したイメージ図です。

通常、メッシュWi-Fiは複数台で使用し、モデムと接続する『メッシュルーター』とそれ以外の『メッシュサテライト』が相互通信・相互接続をします。これが、『メッシュネットワーク』を構築するというものです。

四条ねこ
この『メッシュルーター』と『メッシュサテライト』の関係は、パーマンでいうと『須羽ミツ夫(パーマン1号)』と『コピーロボット』のような感じだよー!
まの
ふ…古い……。

パーマン…はさておき、メッシュネットワークのおかげで、家の隅々までWi-Fiが届き、かつ、ネットワーク速度の低下が少なくなるのです。やったね!

Wi-Fiルーターと中継機の仕組み

Wi-Fiルーターと中継機の組み合わせによる仕組みの図解。

Wi-Fiルーターと中継機の組み合わせによる仕組みの図解。

こちらは、Wi-Fiルーターと中継機を接続させ、さらにデバイスを接続したイメージ図です。

中継機の役割は、Wi-Fiルーター(親機)では届かないエリアまで、Wi-Fiの電波を飛ばすことです。要するに、コンセントの延長コードみたいな感じ

つまり、ただ電波を“延長しているだけ”なので、中継機自体にはルーター機能(処理機能)はなく、処理を行うのはすべてWi-Fiルーター(親機)側です。

四条ねこ
だから、中継機をまたいで接続すると、速度が遅くなっちゃうのであーる…
さたえり
そこが、メッシュWi-Fiと中継機の違いになってくるんやね?
四条ねこ
そうそうー!
その違いをこれから見ていくよっ!

メッシュWi-Fiと中継機の違い

それでは、似ているようで似ていない、『メッシュWi-Fi』と『中継機』の違いを、こちらも図解で解説していきます!

メッシュWi-Fiと中継機の違い

■メッシュWi-Fi

  • SSID・パスフレーズが同一。
  • 一番電波の強いメッシュWi-Fiに自動接続。
  • 各自で処理ができるので速度が落ちにくい。
■中継機

  • SSIDに中継機専用のものがある。
  • 親機と子機で接続に迷うことがある。
  • 親機に処理が集中して速度が落ちやすい。
四条ねこ
ちなみに、先に結論を言っちゃうとこんな感じだよー!
メッシュWi-Fiと中継機は、接続“ルート”が違う。

メッシュWi-Fiと中継機は、接続“ルート”が違う。

Wi-Fi対応表機器の接続ルート

  • メッシュWi-Fi:インターネット → メッシュWi-Fi → デバイス
  • 親機と中継機:インターネット → 親機 → 中継機 → デバイス

このように、メッシュWi-Fiと中継機では、デバイスへの接続ルートが異なります

ここまでの説明を踏まえて、簡単に説明すると、メッシュWi-Fiでの接続は速度低下が非常に少なく、親機&中継機では中継機経由のものが、特にネットの速度が低下するということです。

メッシュWi-Fiは“横のつながり”で、中継機は“縦のつながり”だ!

メッシュWi-Fiは“横のつながり”で、中継機は“縦のつながり”だ!

そして、メッシュWi-Fiは各自で処理ができますが、中継機は親機に処理を一任するという、決定的な違いがあります。

なので、

  • メッシュWi-Fiはコピー関係(横のつながり)
  • 中継機は親子関係(縦のつながり)

という感じになります。

四条ねこ
これで説明はおしまーいっ!
次は、メッシュWi-Fiのメリット・デメリットを見ていくよー!

メッシュWi-Fiのメリット・デメリット

メッシュWi-Fiのメリット・デメリット
■メリット

  • IoT化と親和性が良い。
  • Wi-Fi電波の死角が減る。
  • 簡単にQoS機能が活用できる。
■デメリット

  • ブリッジモードの機能制限。
  • ゲストWi-Fiモードの制約。
  • IPv6対応ルーターが少ない。

これが一般的なメッシュWi-Fiルーターのメリットとデメリットです。

まの
何だか、急に難しくなりましたね…。
四条ねこ
これはサラッと聞き流していいよー!
肝心なのは…IPv6ルーターの少なさだけっ!

メッシュWi-Fiのメリットは、ここまで読んでくださっているなら、バッチリ理解できていると思います。

メッシュWi-Fiの大きなデメリットは、次世代の通信規格である『IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)』に“非対応”な製品が多いことです。あとは、超高性能な単体ルーター(一般的なルーター)に速度で負けるくらいです。

メッシュWi-Fiをオススメできる人

メッシュWi-Fiをオススメできる人

ここまで来ると、ダレてきて読むのも億劫になると思うので、ここはスーパー簡潔に話します!

さたえり
この前フリが長くなる原因やねんけどね…。
メッシュWi-Fiをオススメできる人

  • 戸建て・鉄筋コンクリートの住居に住んでる人。
  • 速度よりも通信・接続の安定性重視な人。
  • Wi-Fi対応機器を多く持っている人。

要するに…速度よりも“安定性”で、家の隅々までWi-Fiを飛ばしたい人に、メッシュWi-Fi対応ルーターはオススメです。

Wi-Fi 6対応ルーターがオススメな人

  • 最高速度9.6Gbpsを体感したい人。
  • 超高機能・超高性能を求める人。
  • MU-MIMOの上り通信が欲しい人。
さたえり
ちょ…突然『Wi-Fi 6』って、何やねんよ!?
四条ねこ
『Wi-Fi 6』対応ルーターに関しては、Wi-Fi論を読んでねっ!
Wi-Fi論。メッシュWi-Fi vs Wi-Fi 6—2019年最強のルーターを考えたぞ!

Wi-Fi論。メッシュWi-Fi vs Wi-Fi 6—2019年最強のルーターを考えたぞ!

2019年4月8日

メッシュWi-Fiをオススメできない人は、安定性よりも“速度”を求める人です。もちろん、メッシュWi-Fiルーターが遅いわけではありません。とにかく速度重視な人は、メッシュWi-Fiよりも『Wi-Fi 6』対応ルーターを買うほうが幸せかもって感じです。

メッシュWi-Fiルーターのオススメ

メッシュWi-Fiルーターのオススメ

メッシュWi-Fi対応ルーターなら、誰がなんと言おうと、BUFFALO『WTR-M2133HP/E2S』がオススメです。

四条ねこ
さっき言った『IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)』にメーカーが“公式で対応”している、数少ないルーターだからねっ!事実上の一択だーーーっ!!

IPv6に加えて、ビームフォーミング・MU-MIMO・4K通信にも対応してるので、“最強の”メッシュWi-Fi対応ルーターを探しているなら、『WTR-M2133HP/E2S』が断トツでオススメですな。

ほかのメッシュWi-Fi対応ルーターは、以下のような感じです。

▼デザインと使い勝手に定評があるGoogle Wifi。

▼知る人ぞ知る、懐かしのLinksys!

▼最近、一気にシェアを拡大しているTP-Link製。

▼Wi-Fiルーター界のドン、NETGEAR製。

総評「メッシュWi-Fiは超オススメ!」

総評「メッシュWi-Fiは超オススメ!」

長くなってしまったので要約すると、

  • メッシュWi-Fiと中継機とは別物
  • メッシュWi-Fiはかなり有能
  • 超速度重視な人以外はオススメ

という感じです。

四条ねこ
詳しいWi-Fi用語も、興味があったら見てねー!
まの
まさに“次世代の”Wi-Fiですね。
さたえり
メッシュWi-Fiは、パーマンとコピーロボットやね!
メッシュWi-Fi必須の『トライバンド』とは?—デュアルとの違い・メリットを簡単に解説

メッシュWi-Fi必須の『トライバンド』とは?—デュアルとの違い・メリットを簡単に解説

2019年8月4日

おまけ

四条ねこ
今回はドット絵少なめにしたあーるよっ。
さたえり
そういえば!
まの
でも、どうしてですか?
四条ねこ
説明するのにドット絵は、ちょっと見づらかったからねー。

おわり