今さら聞けない『Wi-Fi』事情と新名称 –規格一覧表&用語集–

今さら聞けない『Wi-Fi』事情と新名称 – 規格一覧表&用語集–

次世代の到来!?

2018年10月初頭に、無線LAN技術の業界団体『Wi-Fi Alliance』が、Wi-Fiの名称を変更することを発表しました。なので、今一度Wi-Fiについて、おさらいしていきます

四条ねこ
せっかくだから、Wi-Fiの規格をまとめた表と、さまざまな用語の解説をするよー!
まの
みんな使ってますけど、意外と知らないことが多いですもんね!
さたえり
昔、“うぃーふぃー”って読んでたなぁ…。

Wi-Fiは無線LANの“国際標準規格”のこと

Wi-Fiは無線LANの“国際標準規格”のこと

Wi-Fiの規格表を後で紹介するのですが、まずは『Wi-Fi』についてを少しおさらいします。

四条ねこ
分かる人や興味ない人は、飛ばしておっけ〜♪
Wi-Fiについて

  • 無線LANの国際標準規格。
  • 『Wi-Fi Alliance』が策定。
  • 正確には“Wi-Fi≠無線LAN”。
  • 一般的な規格は7種類。
  • 2.4/5/60GHzの周波数帯を使用。
  • 通信速度は規格によって変動。

『Wi-Fi』について簡単に紹介すると、上記のような感じになります。

無線LANとWi-Fiの関係性。

無線LANとWi-Fiの関係性。

凄く簡単にまとめてしまうと、Wi-Fiは無線LANの国際規格で、それぞれ“a”・“b”・“g”などの名前が付いており、その名前に応じて速度が異なっているということです。

四条ねこ
もし初心者がWi-Fiルーターを買うときは、“a”・“ac”・“ax”に対応しているものを買うといいよー!

図解で簡単!無線LANルーター(Wi-Fiルーター)の買い方・選び方!

2018.06.12

Wi-Fiの規格表

それでは、2018年現在における、Wi-Fiの規格対応表をご覧ください。

規格名称 ナンバリング規格 周波数帯 最大通信速度 特徴
IEEE 802.11a 5GHz 54Mbps 電波干渉:○
障害物:×
IEEE 802.11b 2.4GHz 11Mbps 電波干渉:×
障害物:○
IEEE 802.11g 2.4GHz 54Mbps 電波干渉:×
障害物:○
IEEE 802.11n Wi-Fi CERTIFIED 4 2.4GHz 600Mbps 電波干渉:×
障害物:○
5GHz 600Mbps 電波干渉:○
障害物:×
IEEE 802.11ac Wi-Fi CERTIFIED 5 5GHz 6.9Gbps 電波干渉:○
障害物:×
IEEE 802.11ad 60GHz 6.8Gbps 障害物:×
普及せず
WiGigに使用
IEEE 802.11ax Wi-Fi CERTIFIED 6 2.4GHz 9.6Gbps 電波干渉:×
障害物:○
5GHz 9.6Gbps 電波干渉:○
障害物:×

Wi-Fi各種の規格表。

四条ねこ
『IEEE 802.11ac』が、通信速度が高速な規格では普及している感じかなー!
『IEEE 802.11ax』は、速いけど普及はこれからって感じだねっ!
まの
理論値とはいえ、9.6Gbpsも出るのですね…。有線LANは、過去のものになりつつありますね。
四条ねこ
だねー!
もち、安定性や信頼性は、有線LANの勝ちだけどねっ!
さたえり
Wi-Fiは有線LANに比べて遅いって言われてたのは、過去の出来事になりつつあるんやね!

▼今や、GoogleもWi-Fiルーターに参入する時代です。

Wi-Fi関連の用語集

Wi-Fi関連の用語集

最後に、Wi-Fi(無線LAN)関連の用語を、簡単に説明していきます。規格や専門用語の乱立が凄いので、用語を知っておくだけでも便利です。

Wi-Fiと無線LAN

Wi-Fiと無線LAN

Wi-Fiと無線LANは混同しやすいですが、無線LANが必ずしもWi-Fiではありません
無線LANの中でも、『Wi-Fi CERTIFIED』の認証を受けたものだけが、晴れて『Wi-Fi』を名乗ることが可能なのです。要するに、“ほぼ”一緒です。

四条ねこ
数学的にいうと、“Wi-Fi⊂無線LAN”だねっ!
まの
要するに、無線LANの中にWi-Fiが存在するということですね。

周波数帯とは

周波数帯とは

Wi-Fiにおける周波数帯とは、通信に利用する電波の帯域のことです。
2018年現在、周波数帯には2.4GHz・5GHz・60GHzの3つが存在します。

2.4GHzは、壁などの障害物には強いのですが、電子レンジやBluetoothと干渉しやすい周波数帯です。
5GHzは、壁などの障害物に弱い代わりに、電子レンジやBluetoothなどの電波干渉には強い周波数帯です。

四条ねこ
基本的には、2.4GHzと5GHzが使われているよー!

最大通信速度とは

最大通信速度とは

最大通信速度とは、その規格(IEEE 802.11aなど)が出せる“理論上の”最大通信速度のことです。

四条ねこ
あくまで理論値だから、絶対に出るわけじゃないよー!
さたえり
通信速度には、さまざまな決定要因があるんやもんね!

ナンバリング規格とは

ナンバリング規格とは

ナンバリング規格とは、Wi-Fiの各名称をより分かりやすく表したもののことです。

従来はIEEEの技術規格(例:IEEE 802.11n)に則って記載していたものを、新たにナンバリング規格(例:Wi-Fi 4)にて記載していくそうです。これにより、より一般層に理解してもらいやすくなる狙いがあります。

四条ねこ
要するに、呼び名が増えたってことだねー!

MU-MIMOとは

MU-MIMOとは MU-MIMOエムユーマイモ(マルチユーザーMIMO)とは、Wi-FiルーターにスマホやPCを複数接続したときに、速度低下を防ぐ機能です。

今までは、“1対1”の通信しかできなかったのですが、MU-MIMOに対応していると“1対多”の同時通信が可能になります。このMU-MIMOの同時通信台数は、Wi-Fiルーターによって異なります。

四条ねこ
今の時代、MU-MIMO対応は必須だねー!

▼MU-MIMO(最大3台)対応のNECのルーター。後述のビームフォーミングにも対応。

ビームフォーミングとは

ビームフォーミングとは

ビームフォーミングとは、Wi-Fiルーターがスマホなどを狙って電波を飛ばす技術のことです。

従来のWi-Fiルーターは、電波を全方位へ均等に放射します。
しかし、ビームフォーミング対応のWi-Fiは、同機能に対応した端末に向けて電波を放射するのです。これにより、速度が向上する仕組みになっております。

四条ねこ
MI-MIMOと同じで、これも必須だねっ!

▼TP-Link『Deco M5』は、MI-MIMOとビームフォーミングに対応。

メッシュネットワークとは

メッシュネットワークとは

メッシュネットワークとは、複数のWi-Fiルーターが1つのWi-Fiネットワークとして振る舞うことが可能なシステムです。

メッシュネットワークに対応していると、ルーター同士の相互通信により、今までよりも広い範囲にWi-Fiを飛ばすことが可能です。
なので、例えば一軒家の1階と3階でも、同じWi-Fiのネットワークに接続ができるようになります。

四条ねこ
メッシュネットワークは、2018年のWi-Fiルーターの“トレンド”だねっ!

▼メッシュネットワーク対応Wi-Fiルーターの中でも、高機能なのがNETGEARのOrbiシリーズです。

WiGigとは

WiGigとは WiGigワイギグとは、IEEE 802.11adの60GHzの周波数帯を用いる、近距離で最高8Gbpsの速度で通信できる“無線通信規格”のことです。

WiGigはインターネット通信ではなく、PCと周辺機器(ドッキングステーションなど)を無線接続するのに用いています。しかし、2017年でWiGig対応製品の出荷は終了している模様

四条ねこ
今後は、WiGigを技術をVR方面に使うみたいだよー!

総評:Wi-Fiルーターも日々進化してる!

総評:Wi-Fiルーターも日々進化してる!

今回は、Wi-Fiの各種規格についての対応表と、Wi-Fiに付随する関連用語の解説をしていきました。

四条ねこ
これで、Wi-Fiが身近になったら嬉しいな〜。

規格が次々と登場しているので、付いていくのが大変ではあります。ただ、それらの用語を少しでも知っておくと、Wi-Fiルーターや端末を買うときに参考になると思います。

まの
まぁ、知っていて損はないですよね?
四条ねこ
そうそうっ!
別に、完全に理解なんてしなくていいと思うっ!

Wi-Fiは…“わいふぁい”ですぞ!

おまけ

四条ねこ
Wi-Fiルーターも、数年に一度は買い替えたほうがいいよねー。
さたえり
これだけ新技術が投入されるなら、Wi-Fiルーターにも気を使ったほうが良さそうやもんね。
まの
せっかくの最新スマホも、古いWi-Fiルーターだと速度が出ませんものね。
四条ねこ
うぬっ!
Wi-Fiルーターにも気を使おうぞー!

おわり