新型iMac 2019『Fusion Drive』容量は32GBと128GBと判明…ということは?

新型iMac 2019『Fusion Drive』容量は32GBと128GBと判明…ということは?

記事のポイント

  • Fusion DriveのSSD部分は32GBと128GB!
  • Fusion Drive容量はiMac 2017から変化ナシ!
  • 吊るしモデルは購入前に要確認!

やっぱり2TBが最強!

発表されたばかりの、『iMac Retina 4K』と『iMac Retina 5K』ですが、Fusion DriveのSSD容量が32GBと128GBと判明しました。と、いうことは…!?

四条ねこ
やっぱり、『iMac Retina 4K』の“吊るしモデル”は買えないかもだー。
さたえり
2017年に引き続きやね…。
まの
素直にCTOすべきですね。

iMac 2019のFusion Drive容量

iMac 2019のFusion Drive容量

発表ホヤホヤの新型iMac 2019年モデル。今回は、すべて“Retina”なモデルのみの発表でした。つまり、21.5インチの『iMac Retina 4K』と、27インチの『iMac Retina 5K』が発表されたわけです。

そこで気になるのが、AppleのハイブリッドHDDこと『Fusion Drive』の“SSD部分の容量”です。これでどのモデルを買うかどうかが、決まってきますからね…。

四条ねこ
そこで、新型iMac 2019年モデルの『Fusion Drive』の容量を調べてみたぞー!
  iMac Retina 4K iMac Retina 5K
1TB Fusion Drive HDD:1TB
SSD:32GB
HDD:1TB
SSD:32GB
2TB Fusion Drive HDD:2TB
SSD:128GB
3TB Fusion Drive HDD:3TB
SSD:128GB

新型『iMac 2019』のFusion Drive容量比較表。

これが、今回発表された新型iMac(21.5インチ・27インチ)のFusion DriveのHDD部分とSSD部分の容量比較表です。

iMac Retina 4Kは、1TB Fusion Driveモデルのみ。
iMac Retina 5Kは、全容量(1TB〜3TB)あります。

四条ねこ
つまり、『iMac 2017』と変化ナシだねー。
新型『iPad mini』発売&購入!—スペック・変更点・mini 4と比較をするっ!

新型『iPad mini』発売&購入!—スペック・変更点・mini 4と比較をするっ!

2019年3月19日

『iMac 2017』と変化ナシ

『iMac 2017』と変化ナシ

つまり、新型『iMac 2019』と前モデル『iMac 2017』では、Fusion Driveの容量に差がないことが判明しました。

ちなみに、今までのiMacのFusion Drive容量の推移は以下の通りです。

Fusion Drive容量の推移

  • iMac 2014:すべて128GB
  • iMac 2015:24GB・128GB
  • iMac 2017:32GB・128GB
  • iMac 2019:32GB・128GB

これを見ると分かるように、2015年モデルのiMacから、1TB Fusion DriveモデルのSSD部分が大幅に削減(128GB → 32GB)されています。

なお、Fusion DriveのHDD部分とSSD部分の振り分けは“macOS任せ”です。なので、ユーザーが任意でFusion DriveのSSD部分を使うことはできません。Fusion Driveモデルを検討の際は、そこを注意して検討してください。

新型iMacの4Kと5Kの選び方

新型iMacの4Kと5Kの選び方

今回発表された新型『iMac 2019』のFusion Driveの容量を考えると、

  • iMac Retina 4K:SSDモデル推奨
  • iMac Retina 5K:Fusion DriveモデルでもOK

と言えると思います。

2019年モデル『iMac Retina 4K』は、吊るしでSSDが選べない可能性。

2019年モデル『iMac Retina 4K』は、吊るしでSSDが選べない可能性。

Appleのサイトを見ると、2019年モデルの『iMac Retina 4K』は、吊るしではSSDモデルが選べない可能性があります。つまり、『iMac Retina 4K』を購入するならCTO必須

まの
あらら…。
『iMac 5K』1TB Fusion Driveは”たった1つの理由”で地雷モデル!?

『iMac 5K』1TB Fusion Driveは”たった1つの理由”で地雷モデル!?

2018年3月24日
2019年モデル『iMac Retina 5K』も、吊るしでSSDが選べない可能性。

2019年モデル『iMac Retina 5K』も、吊るしでSSDが選べない可能性。

同じく、2019年モデルの『iMac Retina 5K』も同様の可能性があります。

しかし、『iMac Retina 5K』は、吊るしモデルで2TB Fusion Driveモデルが選択できるので、吊るしモデルも選択の余地アリと言えるかも知れません。

四条ねこ
Appleに問い合わせしてみたけど、SSDモデルの吊るしはナシっぽい…。
まの
ここは実際に出てから要確認ですね。

Fusion Driveに要注意

Fusion Driveに要注意

今回発表された、新型『iMac 2019』のFusion DriveのSSD部分の容量は、32GB(1TBモデル)と128GB(2TB/3TBモデル)でした。

四条ねこ
だから、やっぱFusion Driveを選ぶなら“2TB以上”だねっ!

まだ発売前なので断言はできないのですが、今までのAppleの慣例から考えると、吊るしモデルでSSDを選べない可能性が高いです。

なので、iMac Retina 4KはCTOがベターな気がします。iMac Retina 5Kは、吊るしで2TB Fusion Driveが選べるので、そちらでも良さそうです。無論、SSDにするに越したことはないですが…。

うん、困ったなぁ…。

おまけ

まの
それで、『iMac 2019』買うのですか?
さたえり
買って、レビューするんやんね!
四条ねこ
レビューは面倒だけど、『iMac Retina 5K』は買うかもだね〜。
さたえり
…圧倒的手抜きの極みやん!

おわり