新旧Apple Pencil・Crayon対応機種まとめ。それぞれにオススメな人も考えた!

新旧Apple Pencil・Crayon対応機種まとめ。それぞれにオススメな人も考えた!

記事のポイント

  • iPadによって使えるペンが違う!
  • 新型iPad Air/miniは旧型Apple Pencil!
  • Crayonの対応機種は全iPadにアプデ!

iPadなペンの対応機種を整理だ!

新型iPad Air・新型iPad miniの発表で、すべてのiPadで『Apple Pencil』が使えるように。ただ、使える機種がややこしいので、対応機種や機能を今一度おさらいしてみます。

四条ねこ
それと、Logicool『Crayon』もねっ!
さたえり
あ、そんなんあったね。
まの
アップデートで対応機種が増えたのですよね!?

各iPadとApple Pencil・Crayon対応状況

各iPadとApple Pencil・Crayon対応状況

新型iPad Air・新型iPad miniがそれぞれ発表されたことにより、現行のiPadシリーズ(iPad Pro・iPad Air・iPad・iPad mini)は、すべて『Apple Pencil』に対応しました。

新型『iPad mini』発売&購入!—スペック・変更点・mini 4と比較をするっ!

新型『iPad mini』発売&購入!—スペック・変更点・mini 4と比較をするっ!

2019年3月19日

しかし、Apple Pencilに旧型と新型が存在すること、LogicoolのCrayonの存在、これがちょっとややこしい。なので、どのiPadがどのペンに対応して使えるかを、以下の表にまとめてみました。

  旧型Apple Pencil 新型Apple Pencil Crayon
iPad Pro
iPad Air
iPad
iPad mini

Apple Pencil・Crayon対応機種表。

四条ねこ
iPadシリーズは、すべて最新モデルを基準にしているよー!

それでは、各ペンがどのiPadに使えるかを、もう少し解説しておきます。

旧型Apple PencilはPro以外対応

旧型Apple PencilはPro以外対応

Apple Pencil(第1世代)』、つまり“旧型”のApple Pencilは、

  • iPad Air(第3世代):2019年発売
  • iPad mini(第5世代):2019年発売
  • iPad(第6世代):2018年発売
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代):2017年発売
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代):2015年発売
  • 10.5インチiPad Pro::2017年発売
  • 9.7インチiPad Pro:2016年発売

にそれぞれ対応しています。

先日発表された、新型iPad mini(2019)や、新型iPad Air(2019)が、この旧型Apple Pencilで使える機種です。

新型Apple PencilはProのみ対応

新型Apple PencilはProのみ対応

Apple Pencil(第2世代)』、つまり“新型”のApple Pencilは、

にそれぞれ対応しています。

昨年発売された、Face IDに対応した現行のiPad Pro(2018)が、この新型Apple Pencilで使える機種です。

Logicool Crayonは全iPadで対応

Logicool Crayonは全iPadで対応

Logicoolから発売されている『Crayon』は、Appleが“公式で”iPad対応を謳っているおそらく唯一のサードパーティー製品です。

このCrayonは、最新のiOSにアップデートすることにより、“すべてのApple Pencil対応の”iPadで使えるようになります。つまり、対応機種は“現行の全iPad”となります。

四条ねこ
以前は、2018年発売の『iPad(第6世代)』にのみ対応だったんだよねー。
まの
Appleが去年3月に、教育を謳ったイベントで発表したモデルですね!

各ペンのスペック比較・違い

各ペンのスペック比較・違い

どのペンがどのiPadに対応しているか整理できたところで、次は各ペン(新旧Apple Pencil・Crayon)のスペックや機能の比較と違いを解説していきます。

  Apple Pencil Apple Pencil(第2世代) Crayon
充電方式 Lightning接続 マグネット式 Lightning接続
筆圧感知
傾き検知
サイドタップ
税別価格 10,800円 14,500円 7,880円

iPad対応ペンの違い。

各iPad対応のペンの違いは、こんな感じです。

スペック的に優れているのは、間違いなく新型『Apple Pencil(第2世代)』です。マグネットによる非接触充電で、現行のペンの中では唯一、サイドタップによる消しゴムなどの呼び出し(ショートカット)に対応しています。

Logicoolの『Crayon』は、筆圧感知に対応していない“廉価版Apple Pencil”のような位置づけ。ただ、傾き検知には対応しているので、絵を描かない人なら、こちらでもよいと思います。

さたえり
『Crayon』と『Apple Pencil(第2世代)』って、価格差“約2倍”やん…。
四条ねこ
Apple Pencil(第2世代)って、高いよねー。

それぞれにオススメな人

それぞれにオススメな人

それでは最後に、

  • 旧型『Apple Pencil』
  • 新型『Apple Pencil(第2世代)』
  • Logicool『Crayon』

各ペンにオススメな人を考えていきます。

旧型『Apple Pencil』がオススメな人

旧型『Apple Pencil』がオススメな人
旧型『Apple Pencil』がオススメな人

  • iPad Pro以外でお絵かきしたい人。
  • すでにiPad Proを持っている人。

正直、旧型『Apple Pencil』は、新型Apple Pencilの“下位互換”でしかないです。Appleが中途半端(ヒエラルキーを持たすためにわざと?)に新型iPad Airと新型iPad miniを対応させてしまっているので、こういうことになっています。

ただ、iPad Proは価格がちょっとお高めなので、お絵かきするけど予算が出せない人新型iPad miniで簡単なお絵かきをする人にはオススメだと思います。

新型『Apple Pencil(第2世代)』がオススメな人

新型『Apple Pencil(第2世代)』がオススメな人
新型『Apple Pencil(第2世代)』がオススメな人

  • iPad Proでお絵かきをする人。
  • 液タブのようなスペックを求めている人。
  • イラストやデザインを仕事にしている人。

新型『Apple Pencil(第2世代)』は、iPad Proにしか対応していません。なので、iPad Proでお絵かきする人は“必然的に”このモデルになります。

私も所有していますが、旧型よりかなり使い勝手が向上したので、お絵かきを真剣にしたい人イラストレーターデザイナー向きモデルだと思います。私は、新型Apple PencilとiPad Pro 11インチで、液タブの代替として使っています。

Logicool『Crayon』がオススメな人

Logicool『Crayon』がオススメな人
Logicool『Crayon』がオススメな人

  • 絵を描かない人。
  • 旧型Apple Pencilの充電がダサいと思う人。
  • 筆圧感知が逆に邪魔だと思う人。

Logicool『Crayon』は、筆圧感知に非対応(傾き検知は対応)なので、お絵かきをしない人・メモ書きする人に向けたモデルになります。もちろん、ラフスケッチ程度のお絵かきは、これでもいいとは思います。

このLogicool『Crayon』は筆圧感知非対応なので、逆に筆圧感知が邪魔だと感じる人なら買いだと思います。EvernoteやBearで筆圧感知すると、メモ書きするときに“ちょっとウザい”って思っちゃいますしね…。

総評:目的にあったペンを選ぼうぞ!

総評:目的にあったペンを選ぼうぞ!

iPadシリーズで使える各ペンは、ちょっとややこしいですが、対応機種や利用用途に応じて選べばバッチリ…なはず!

今まで微妙な立ち位置だったLogicool『Crayon』も、全iPadで使えるようになったので、かなり利用価値は上がったはず。絵を描かないなら、これで充分なはずですしね。

四条ねこ
だから…

  • 旧型Apple Pencil:新型iPad Air/miniユーザー
  • 新型Apple Pencil:新型iPad Proユーザー
  • Crayon:絵を描かないユーザー

って、感じがオススメな使い分けかなー!?

まの
iPadなペンだらけになりますね。
四条ねこ
それは、新型iPad Air・新型iPad miniを『Apple Pencil(第2世代)』に対応させないAppleのせいだっ!

今更、初代Apple Pencil買うって…複雑ですよね。

おまけ

四条ねこ
連日の新型iPadフィーバーっ!
さたえり
Apple信者のから騒ぎやね。
四条ねこ
むっ!
まの
対応機種まとめだけで、これだけ語れるのですものね。
四条ねこ
むっ!(2回目)

おわり