【#レビュー】TaoTronics『TT-BH072』—QCC3034と4種のイコライザーが凄いBluetoothイヤホン[PR]

【#レビュー】TaoTronics『TT-BH072』—QCC3034と4種のイコライザーが凄いBluetoothイヤホン[PR]
8
  • SBC・AAC・aptX・aptX HD全対応。
  • イコライザー機能搭載。
  • QCC3034搭載で最大13時間使える。
  • IPX5準拠の防水性能。
  • 低音のキレが弱い。
  • ホワイトのカラバリが欲しい。

イコライザー搭載…だと?

TaoTronicsから発売されている、4コーデック対応QCC3034搭載IPX5準拠のBluetoothイヤホン『TT-BH072』をレビュー。多機能なイヤホンなので、ねっとりチェックしていきますぞ!

さたえり

しかも、まさかのイコライザー機能搭載!

四条ねこ

な…なんとっ!?

まの

かなり珍しい機能ですよね。あまり聞かないですし。

TaoTronics『TT-BH072』とは?

TaoTronics『TT-BH072』。

TaoTronics『TT-BH072』。

TaoTronics『TT-BH072』の特徴

  • 4コーデック(SBC・AAC・aptX・aptX HD)対応。
  • 最新のBluetooth 5.0対応。
  • Qualcomm『QCC3034』搭載。
  • 最大13時間連続再生可能。
  • 3種類(Normal・Bass・Treble)のイコライザー機能。

今回レビューするのは、TaoTronics『TT-BH072』というBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。

説明不要だと思いますが、こちらは完全ワイヤレスイヤホンではなく、左右がつながっているタイプ。なので、首から下げられるBluetoothイヤホンになっています。

さたえり

当然だけど、iPhone・Android・WALKMANなどに対応してるやよ!

TaoTronics『TT-BH072』の主なスペック
製品名 TT-BH072
メーカー TaoTronics
Bluetooth 5.0
再生可能時間 約13時間
防水 ○(IPX5)
サイズ 6.4×3.0×2.2cm
重量 14g

外観:フルブラックでクール

さたえり

さっそく、本体外観を見ていくやよ!

TaoTronics『TT-BH072』本体。

TaoTronics『TT-BH072』本体。

TaoTronics『TT-BH072』のイヤホン本体の外観はこんな感じ。

ごくごく一般的な首掛け式のBluetoothワイヤレスイヤホン。特別変わっているデザインでもないですし、万人がすんなり受け入れられるデザインというイメージ。個人的にはホワイトのカラバリがあると、なお嬉しかったかも。

TT-BH072のリモコン部分。

TT-BH072のリモコン部分。

再生・停止 多機能ボタン1度押し
曲送り Volume+ボタン長押し
曲戻し Volume-ボタン長押し
音量 Volume+・Volume-ボタン
電源 多機能ボタン長押し
音声コントロール 多機能ボタン2秒押し
イコライザー 多機能ボタンボタン・Volume+ボタンの同時押し

TT-BH072のリモコン機能一覧。

TT-BH072はリモコンが多機能で、音楽の再生・停止やボリュームの上げ下げはもちろん、曲送り・曲戻しも可能。さらに、Siriなどの音声アシスタントもTT-BH072側から呼び出せます。

そして、特筆すべきなのは、イコライザー機能。イコライザーをイヤホン側に備えているタイプは数少ないので、この機能についてはのちほどチェックしてみます。

四条ねこ

イコライザー機能っ!?

さたえり

なかなか面白い機能が備わっているやんね!

付属品:こっちもオールブラック

TaoTronics『TT-BH072』付属品一覧。

TaoTronics『TT-BH072』付属品一覧。

TaoTronics『TT-BH072』の付属品

  • イヤーチップ(S・M・L)
  • イヤーフック(S・M・L)
  • Micro USBケーブル
  • 収納ポーチ
  • ユーザーガイド

TT-BH072の付属品はこんな感じ。

ポーチはよくあるタイプのメッシュタイプで、使い勝手も普通といった感じ。勝手に開いてこないように、ドローコードがついているのはGood。

TT-BH072のイヤーチップ。

TT-BH072のイヤーチップ。

イヤーチップ(イヤーピース)は3種類付属。

イヤーピース自体は、芯の部分にコシがある今どきなタイプでもなく、いたってオーソドックスなタイプ。イヤホンの軸経も本当に一般的なサイズなので、ComplySpinFitも普通に使える感じです。

TT-BH072のイヤーフック。

TT-BH072のイヤーフック。

イヤーフックも3種類付属。

TT-BH072のひとつのキモと言えるのが、この耳のヘリに引っ掛けて装着感を向上させるイヤーフックの存在。かなりフィット感も絶妙に作られている印象。

さたえり

イヤーフックは面白いけど、それ以外はオーソドックスなBluetoothイヤホンって感じやね。

製品ポイント:接続安定&防水でラフに使える

音質はノリ重視のドンシャリ

音質はまずまず。ノリ重視。

音質はまずまず。ノリ重視。

気になる音質は、ドンシャリでノリ重視な感じ。

解像度や分解能は、さすがに数万円クラスのBluetoothイヤホンと比べると分が悪い感じかも。ただ、この価格帯ということを考えると、全然悪くない印象。本当に、数年前からBluetoothイヤホン全体のクオリティーが、全体的に高くなったと感心するばかり。

基本的にはドンシャリ傾向だが、エージングすると低音の抜け感も良くなり、クリア感が出てくる。すると、テクノやハウス系の音楽に合うような音質になっていきました。

さたえり

アヴィーチーにピッタリだから、『ティム』と合わせて聞いてほしいやよ!

イヤーフックでフィット感抜群

イヤーフックで絶妙な装着感を得られる。

イヤーフックで絶妙な装着感を得られる。

TT-BH072のイヤーフックは絶妙な硬さで、かなり耳にフィットする。正直、イヤーフックがあるとないとでは大違い。

TT-BH072自体、IPX5準拠の防水性能を持っているので、イヤーフックのフィット感も相まって、ワークアウトなど運動でも使いやすいようになっていると感じました。イヤーフック良き。

イコライザーで好みの音楽で聞ける

リモコンから3種類のイコライザーが選べる。

リモコンから3種類のイコライザーが選べる。

このTT-BH072を語る上で外せないのが、やはりイコライザー機能

イヤホンのリモコンのコンビネーション(多機能ボタンボタン・Volume+ボタンの同時押し)で、Normal・Bass・Trebleの3種類のイコライザーが切り替えられる。

元がドンシャリ傾向なので、Trebleにイコライザーを切り替えると、全体的に聞きやすい印象になるので、個人的にはTrebleが好み。簡単に切り替えられるので、曲によってサクサク切り替えていくのも良さそう。

マグネットのギミックが良き

左右のイヤホンがマグネットで引っ付く。

左右のイヤホンがマグネットで引っ付く。

感心したのが、左右のイヤホンのハウジング部分が、マグネットに引っ付くようになっていること。

首掛け式のBluetoothイヤホンは、未使用時にイヤホンがぶらぶらしてしまう。だから、こうやってマグネットで留めておけるので、そのぶらぶらがない。これだけで不快感がなくなるので、このギミックはかなり嬉しいところ。

さたえり

小さなことだけど、これがユーザビリティーの向上につながっているわけやね!

こんな人にオススメ!

ノリ重視で聞く人にピッタリ。

ノリ重視で聞く人にピッタリ。

TaoTronics『TT-BH072』をオススメできる人

  • 解像度よりノリ重視で音楽を聞きたい人。
  • ワークアウトをする人。
  • とにかく低音が好きな人。
さたえり

イコライザーで低音を強めて、ガンガンに聞くっていうのもアリやと思う!

四条ねこ

IPX5準拠の防水構造だし、ラフに使えるのも運動用イヤホンとして便利だよねー!

まとめ「芸も細かく楽しく使えるBluetoothイヤホン」

コーデックの多さやBluetooth 5.0対応なのも良き。

コーデックの多さやBluetooth 5.0対応なのも良き。

TaoTronics『TT-BH072』は、イコライザーという飛び道具的な機能を持っていることに目が行ってしまうが、主要4コーデックやBluetooth 5.0に対応している基本スペックの高さにも目が離せないBluetoothイヤホン。

特にQCC3034チップのおかげで、バッテリー時間も13時間とロングライフバッテリー。なので、煩わしい充電の回数が減るのも良き。ドンシャリ好きなら、5,000円クラスのBluetoothイヤホンとして、選択肢に大いに入れる価値アリな感じでした。

さたえり

良い意味で裏切られたって感じのBluetoothイヤホンやったよ!

★ブログ読者限定クーポン★
クーポンコード(20%オフ):MUPONBH072

こちらのコードをAmazonでの購入時に入力してください。なお、クーポンコードの有効期限は2019年6月25日23時59分です。

【レビュー】Samsung『Galaxy Buds』—Qi対応AKGチューニングの完全ワイヤレスイヤホン

【レビュー】Samsung『Galaxy Buds』—Qi対応AKGチューニングの完全ワイヤレスイヤホン

2019年6月3日

おまけ

さたえり

低価格帯でもこれくらいのクオリティーが出せると思うと、数年前のBluetoothイヤホンが嘘みたいに思えてくるんよね。

まの

それくらいクオリティーが上がってきているということですね。

さたえり

安かろう悪かろうの構図が、徐々に崩れつつあるって感じやと思う!

四条ねこ

面白くなってきましたな〜♪

おわり