【レビュー】RAVPower『RP-PC112』—見つけた、MacBookに最適な61W出力USB PD充電器[PR]

【レビュー】RAVPower『RP-PC112』—見つけた、MacBookに最適な61W出力USB PD充電器[PR]
9
  • 最大出力61Wという高出力。
  • MacBook Pro 13インチに最適。
  • 窒化ガリウム採用で純正より小型軽量。
  • 安心の保護回路搭載。
  • USB Type-Cは1ポートのみ。

MacBookがGaNで変わる!

新技術『窒化ガリウム』搭載のUSB PD対応充電器、RAVPower『RP-PC112』をレビュー。最大61W対応の小型高出力、そしてUSB Type-C。これって…MacBook Proユーザーにピッタリじゃんか!?

二条ねこ

MacBook Air・MacBook Pro 13インチを使っているなら、“即乗り換え”すべきUSB PD充電器だったぞー!

まの

MacBook Pro 13インチ付属のApple純正の『USB-C Power Adapter』は……61W

さたえり

…あ、そういうことやったんやね!!

RAVPower『RP-PC112』とは?

RAVPower『RP-PC112』全体画像。

RAVPower『RP-PC112』全体画像。

■RP-PC112のポイント

  • 最大61W出力でMacBook Pro 13″に最適化。
  • 窒化ガリウム(GaN)半導体を採用。
  • USB PD 3.0急速充電対応のUSB Type-Cポート搭載。
  • 過充電防止・加熱防止・ショート防止の保護機能。

今回レビューするのは、RAVPower『RP-PC112』というUSB PD 3.0対応の小型USB充電器。

RAVPowerといえば『窒化ガリウム』ですが、こちらはそれを搭載した充電器。USB Type-Cポートは最大61W出力可能で、ちょうどApple純正『USB-C Power Adapter』と同容量です。

二条ねこ

MacBook ProユーザーにおすすめなUSB充電器、と言ってもいいかもだねー!

RP-PC112のスペック
製品名 RP-PC112
メーカー RAVPower
最大出力 61W
ポート数 USB Type-C ×1
USB PD ○(USB PD 3.0)
Quick Charge
保護回路
サイズ 49×49×32mm(W×D×H)
質量 105g

本体

RP-PC112の本体前面。

RP-PC112の本体前面。

本体前面には、

  • USB Type-C ×1 (最大61W)

が搭載されています。

このUSB Type-Cポートは、USB PD 3.0に対応しており、急速充電が可能になっている。

RP-PC112の本体後面。

RP-PC112の本体後面。

本体後面は、折りたたみ式のコンセントプラグが搭載。

RP-PC112の本体側面。

RP-PC112の本体側面。

側面には『RAVPower』のロゴがあります。

そういえば、少し前からRAVPowerのロゴって、変わったのですよね。現行のロゴのほうが一般ウケしそうな感じ。

二条ねこ

Apple純正『USB-C Power Adapter』との比較は、記事の後半でしているよー!

付属品

RP-PC112の付属品一覧。

RP-PC112の付属品一覧。

■RP-PC112の付属品

  • ユーザーガイド

RP-PC112の付属品は、日本語記載のあるユーザーガイドのみ。サポートの電話番号が書かれたカードも同梱されていました。

ココがGOOD

USB PD:最大61WでMacBookにドンピシャ

本体底面に「61W」と書かれている。

本体底面に「61W」と書かれている。

このRP-PC112は、

  • USB Type-C:最大61W

という電源供給になっています。

60Wではなく、どうして61Wなのだろう…。

その答えは、MacBook Pro 13インチの純正充電器が61W出力だからであろう。つまり、しっかりとMacBook Proに最適化された出力なUSB PD充電器ということ。

MacBook Pro 13インチに最適化。

MacBook Pro 13インチに最適化。

もちろん、MacBook Pro 13インチにしか利用できないわけではありません。MacBook Pro 15インチにも、iPad Proにも、iPhone XSにも、その他のデバイスにもしっかり対応しております。それだけ“万能”なUSB PD充電器ということ。

サイズ:61W出力とは思えない小型なできる子

iPhone XSと比べてもコンパクト。

iPhone XSと比べてもコンパクト。

RP-PC112はiPhone XSと比べても、これだけ小型でコンパクト。でも、それだと他社でも言えるよね。こんな比較では生ぬるい…。

RP-PC112はAirPodsサイズ!

RP-PC112はAirPodsサイズ!

そう、RP-PC112のサイズ感を比較するなら、AirPodsだ!

横幅はAirPodsとほぼ一緒。さすがに厚みは2倍ぐらいあるが、このRP-PC112の小型感がきっと伝わったはず。

念押しですが、RP-PC112は61Wです。そう、61W。10Wちょいとかではありません。これでMacBook Proの15インチも充電できるのです。技術の進歩って恐ろしい…。

GaN:RAVPowerお得意の窒化ガリウム半導体

RAVPowerといえば、『窒化ガリウム』(GaN)だよね。

RAVPowerといえば、『窒化ガリウム』(GaN)だよね。

RAVPowerのUSB充電器といえば、次世代の半導体『窒化ガリウム』(GaN)を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。今回のRP-PC112にも窒化ガリウムが採用されています。

この窒化ガリウム(GaN)はシリコン(Si)に代わる“次世代の半導体”といわれています。これにより、61Wの高出力ながら、AirPods並の小型なサイズ感になったというわけです。

二条ねこ

窒化ガリウムの化学構造や製造方法についてはこっちを読んでねー!

ココがBAD

ポート:USB-Cが2つなら嬉しかった

USB Type-Cがもう1ポートあれば完璧だった。

USB Type-Cがもう1ポートあれば完璧だった。

ちょっと欲張りなBad要素になってしまうけど、RP-PC112のUSBポート数はUSB Type-Cが1つだけ

同じRAVPowerには、『RP-UC11』という24W出力のUSB充電器がある。こっちはUSB PD非対応ですし、出力数も少ないのでまったく比較にならないが、ポート数が2つあれば…なんて贅沢な悩みを思ってしまう。

二条ねこ

RAVPowerさーんっ!
次はUSBポートが、もう1つあると泣いて喜ぶぞー!

補足

Apple『USB-C Power Adapter』との比較

MacBook Pro 13インチに付属している、Apple純正のUSB充電器『USB-C Power Adapter』とサイズ比較をしてみます。

二条ねこ

同じ61W同士っていうのがキモだよー!

RP-PC112とUSB-C Power Adapterの比較。

RP-PC112とUSB-C Power Adapterの比較。

■両者の本体サイズと質量

  • RP-PC112:49×49×32mm・105g(公称値)
  • USB-C Power Adapter:73×73×28mm・192g(実測値)

サイズと質量を比較すると一目瞭然。
こんなにサイズ感が違うのに、USB PDの出力数は同じ61Wで、ポート数も同じ数

だからこそ、MacBook ProユーザーにおすすめしたいUSB充電器というわけです。自宅や会社では純正のUSB-C Power Adapterを使って、ノマドや出張先にはRP-PC112…なんていうのもアリ。

まとめ「MacBook Proユーザーは即乗換OKなUSB PD充電器だ!」

MacBook Proに最適化されたUSB PD充電器の真打ち登場!

MacBook Proに最適化されたUSB PD充電器の真打ち登場!

今回レビューしたRAVPower『RP-PC112』は、

  • USB PD 3.0対応
  • 最大61W出力
  • 窒化ガリウム採用

というMacBook Proユーザーに最適なUSB PD充電器

RP-PC104との比較。

RP-PC104との比較。

同じく窒化ガリウムが使われているRAVPowerの『RP-PC104』とどっちにするべきか…なんて嬉しい悩みだ。

二条ねこ

時代は窒化ガリウムだっ!

【レビュー】RAVPower RP-PC104—極薄な次世代型充電器[PR]

【レビュー】RAVPower RP-PC104—極薄な次世代型充電器[PR]

2018年12月9日
【レビュー】Anker『Anker PowerPort Atom PD 2』—GaN×60W×USB PD充電器は技術の結晶だった!

【レビュー】Anker『Anker PowerPort Atom PD 2』—GaN×60W×USB PD充電器は技術の結晶だった!

2019年9月4日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

うーむ、窒化ガリウムはいいよねー!

まの

確かに半導体関係の面白さですね。

さたえり

61Wでもここまで小さくなるんやもんね…凄い時代やね。

おわり