【レビュー】Code 10 Backpack—完全防水&防犯で旅行もOK

【レビュー】Code 10 Backpack—完全防水&防犯で旅行もOK

完全無欠の防犯防水バックパック。

クラウドファンディング発の防水&防犯バックパック『Code 10 Backpack』をレビュー。これは万人にオススメできる。

さたえり
クラウドファンディング発は『TYPE-II』に続いて2回目やよ!
まの
アウトドアな見た目で、都会派な人には向かなさそうですが…。
さたえり
それが“万人に”勧められる気がするんよ!

『Code 10 Backpack』とは

Code 10—Code 10 Backpack。

Code 10—Code 10 Backpack。

今回レビューするのは、アウトドア好きなスイス人とイギリス人が生み出した、クラウドファンディング発のバッグ『Code 10 Backpack』です。

この『Code 10 Backpack』は、“完全防水”と“防犯性の高さ”がウリのバックパック。そして、2way仕様ショルダーバッグにもなるのも魅力のひとつ。

■良いトコ

  • 気密性の高い完全防水設計。
  • 盗難防止機能付き。
  • スーツケースにドッキング可能。
  • 背面ポケットが便利。
  • 20Lという大容量。
  • 防水バッグの割にポケットが豊富。
■悪いトコ

  • 『ラップトップスリーブ』は使いにくい。
  • 内部ポケットをもう少し欲しい。
  • 日本での入手性が悪い。
さたえり
重箱の隅をつつくと悪い部分も出てくるけど、全体的に満足度の高いバックパックやよ!

以前レビューした『TYPE-II』よりもデザインは普通ですが、デイリーユースならこちらがオススメ。問題は日本のAmazonや楽天での入手性が悪いこと。

▼似たようなバックパックだと『Chrome Industries』が人気。カッコいいですもんね。

アウトドアとアーバンの融合

防水バックパックにしては落ち着いたデザイン。

防水バックパックにしては落ち着いたデザイン。

『Code 10 Backpack』の外観は、一見“よくある”防水バックパックのように見えます。しかし、このバッグの真価は見た目ではありません。使い勝手が“段違い”なのです。

さたえり
見た目はクラウドファンディング発の中では、ノーマルに近い見た目やよ!
四条ねこ
これくらいシンプルなほうが、普段遣いに合うかもだよね〜!
まの
奇抜なデザインだと、TPOを選びますもんね。

大きいポケットは、防水バックパックによくある“ロールトップ”です。ここに大きなミソがあるので、後ほどしっかり紹介します。

鍵を掛けられるので防犯性が高い

専用の鍵がバッグの背面に隠れている。

専用の鍵がバッグの背面に隠れている。

この『Code 10 Backpack』の最大の特徴は、メインポケットに“ロック”を掛けられること。

鍵はダイヤルロック式。

鍵はダイヤルロック式。

専用の鍵がショルダーベルト部分に隠れており、それを引き出すことによって、バッグのメインポケットにロックが掛けられます。ちなみに、ロックは“ダイヤルロック式”です。

さたえり
これでカフェなどで席を離れても安心やよ!

使い勝手の良いポケット

背面ポケットは長財布が入るサイズ。

背面ポケットは長財布が入るサイズ。

防水バックパックは、基本的に防水性能を重視する結果、外ポケットが少なかったり使いにくいのが非常に多いです。

さたえり
ところが『Code 10 Backpack』は、かなり使い勝手がいいんよ!

背面には長財布が入る大きさのポケットがあり、ここに鍵や財布を入れています。外からアクセスしづらい部分なので、貴重品はここに入れるのが良さげ。

サイドにはペットボトルが入るポケットがある。

サイドにはペットボトルが入るポケットがある。

そしてサイドには、ペットボトルや水筒が入るポケットがあります。

一見、入らなさそうに見えますが、ポケット自体が伸縮性があるので、意外とペットボトルもすんなり入ります。

さたえり
ペットボトルをバッグの中に入れたくない人には、こういう機能がいいやんね。

珍しい2way仕様

普段はバックパックとして使える。

普段はバックパックとして使える。

この『Code 10 Backpack』は、バックパックです。

四条ねこ
何を今さら言ってるのー?
さたえり
そうなんやけど、バックパックだけじゃないんよ!
リュックベルトとチェストベルトをしまえる。

リュックベルトとチェストベルトをしまえる。

バックパック…ですが、リュックベルトとチェストベルトをしまうことができるのです。

そして、ちょうどバッグ上部の取っ手部分。その近くにある“隠しポケット”に、ショルダーベルトが入っているので…。

バックパックがショルダーバッグに変形。

バックパックがショルダーバッグに変形。

ご覧の通り、ショルダーバッグに変形するのです。まさに2way。

四条ねこ
おおー!
まの
これはポイント高いですね!

簡易的にショルダーバッグにするのではなく、リュックベルトなどを収納できるので、ショルダーバッグとしての利用もしっかり考えられています。

ですので、バックパックでありながら、最初からショルダーバッグとして使ってもよいのです。これ、凄くないですか?

さたえり
Code 10の気の利かし方が…エモくない?

取り外し可能なコンパートメント

内部のポケットは取り外し可能。

内部のポケットは取り外し可能。

この『Code 10 Backpack』の内部には、上画像のようなコンパートメントが入っています。

このコンパートメントは、ベルクロでバッグ本体と着脱できるようになっています。Code 10的には、バッグインバッグのように使うように提案されています。

バッグインバッグとしての完成度は…?

バッグインバッグとしての完成度は…?

実際に物を入れてみました。
画像には写っていませんが、上部の一番大きいポケットには、13インチのMacBook Proが入っています。それくらいの収納力があるということです。

さたえり
ただ、うちはこれを使ってないんやけどね…。
まの
それはどうしてですか?

このバッグインバッグ、正直言って“微妙”です。

バッグインバッグを数個使ってきた私からすると、あまり使い勝手の良いものだとは感じませんでした。

ベルクロ部分は上部のみ。

ベルクロ部分は上部のみ。

ベルクロで装着するタイプなので、いちいち外すのが面倒であったり、ポケットのサイズが中途半端。なので、私は“付けっぱなし”です。

さたえり
だから、うちは『リヒトラブ』のバッグインバッグを使っているんよ。

▼普段はリヒトラブのバッグインバッグを使っています。

こんな人にオススメ!

チェストベルトは非常に便利。

チェストベルトは非常に便利。

  • 便利な完全防水バックパックを探している人。
  • 2wayバックパックが好きな人。
  • 海外旅行によく行く人。
  • カフェ作業が多いノマドワーカー。
さたえり
防水と防犯にピンときたらオススメやね!
まの
全体的な使い勝手は良さそうですもんね。

まとめ:アウトドア派でなくてもオススメなバックパック

タウンユースでも合う素敵なデザイン。

タウンユースでも合う素敵なデザイン。

どうしてもアウトドアなイメージの多い防水バックパックですが、『Code 10 Backpack』はタウンユースにも合うデザイン性だと思います。

さたえり
問題は…Amazonや楽天で買えないことやね…。
四条ねこ
前もそんなのだったじゃんかー。
さたえり
一応、Amazonでは買えるんやけど…割高なんよね。
まの
それでもいいという人なら、ですね。

かなりオススメなのですが、入手性が良くないのが玉に瑕。米国のAmazonなら買えますし、日本への発送もしてくれるので、一度覗いてみるとよいかも知れません。

おまけ

四条ねこ
もう少し入手性が良かったらねー。
さたえり
ほんとそうなんよねぇ。
まの
逆に人と被りにくいと思うしかないですね。
さたえり
やね!
四条ねこ
私は東京で2人使っている人見たけどね〜。
さたえり
こらっ!水をささないの!

おわり