【レビュー】CIO CIO-PD20W2C:小型USB PD充電器のマストバイ[PR]

【レビュー】CIO CIO-PD20W2C:小型USB PD充電器のマストバイ[PR]

この記事はCIO様よりレビュー用サンプルを頂いて記事を書いております。

記事のポイント
  • サイコロキャラメルなUSB PD充電器だ!
  • 最大20Wという控えめ出力なのが実は良い!
  • “デバイスに合わせた充電器”こそ解である!

“大艦巨砲主義に一石を投じる逸品”

最大20W出力・USB-C 2ポート搭載のUSB PD充電器、CIO『CIO-PD20W2C』をレビュー。「え?イマドキ20W出力しかないの!?」と思いがちですが、これぞ本当に欲しかった製品なのです。

二条ねこ

むしろ、今までなかったのが不思議なくらい!

まの

小型で USB-C ×2 、これが意外とないのですよね。

さたえり

“待望の”なわけやね!

本日のレビュー:CIO-PD20W2C

CIO-PD20W2C - CIO

CIO-PD20W2C – CIO

CIO-PD20W2Cってなに?

クラウドファンディング発の超小型サイズのUSB PD充電器。最大20W出力。USB Type-Cポート2基搭載。

9
  • 超小型&超軽量な筐体
  • USB-Cを2ポート搭載
  • 着脱しやすい筐体形状
  • ACプラグキャップ同梱
  • 非スイングプラグ
CIO-PD20W2C
型番 CIO-PD20W2C
メーカー CIO
合計最大出力 20W
インターフェース USB Type-C ×2
急速充電
USB Type-C USB PD 3.0
USB Type-C出力
USB PD[1]
(PDO)
5V・3A
9V・2.22A
12V・1.67A
USB PD[2]
(PDO)
5V・3A
9V・2.22A
12V・1.67A
ボディ
サイズ 28×28×30mm
質量 45g

CIO-PD20W2Cのスペック

二条ねこ

iPhoneやiPadを充電するのに、100Wの超弩級充電器はデカ重すぎる!
だからこそ、本機の小型なサイズ感と絶妙な出力が素晴らしきあーる!!

デザイン

本体

CIO-PD20W2C
サイズ 約28×28×30mm
質量 約45g

CIO-PD20W2Cのサイズと質量

ファーストインプレッションは…小さい!小さすぎる!!

本機は“指乗りサイズの最小級充電器”という触れ込みなのですが、その言葉に嘘偽りナシ。本当に指の上に乗せることができるのです。なんというか、サイコロキャラメル感がある可愛らしいサイズ感よ。

二条ねこ

サイコロキャラメルって、現在は北海道限定販売になってるんですな。

さたえり

その情報…充電器と関係なくない!?

本体前面には、

  • USB Type-C(×2)

本体後面には、

  • ACプラグ

をそれぞれ搭載。

超小型筐体ながら、USB Type-Cポートを2つも搭載しています。なお、いずれのType-Cポートも、しっかりと『USB PD 3.0』に対応しています。

ACプラグはストレート形状になっており、いわゆるスイングプラグではありません。

筐体のフィニッシュはサラりとした非光沢加工で、傷が付いても目立ちにくそうなのが好印象。また、両側面にあるデボス加工された「CIO」のロゴ。これがデザインのワンポイントアクセントになっています。

これは狙ってなのか分かりませんが、このロゴの部分がちょうど良い指の引っ掛かりになっており、充電器を抜き挿しする際のホールド感向上につながっています。

USBポート

CIO-PD20W2C
USB Type-C
合計最大出力 20W
最大出力 20W
ポート数 2

CIO-PD20W2CのUSBポート仕様

CIO-PD20W2Cに搭載されている、USBポートの仕様は上表のとおり。

充電器自体の合計最大出力は20Wとなっていますが、USB Type-Cポートを2つとも使用すると、合計最大出力が15Wに下がる点には注意が必要です。

なお、単ポートでの使用であれば20W出力されるので、このあたりはうまく工夫したいところ。

付属品

CIO-PD20W2C
同梱物
  • 取扱説明書
  • ACプラグキャップ

取扱説明書

CIO-PD20W2C

日本企業だけあって、日本語にフル対応した取扱説明書が同梱されています。

ACプラグキャップ

CIO-PD20W2C

これは付属品にカウントしないかもしれませんが、充電器本体にはACプラグキャップが取り付けられていました。

二条ねこ

うーむ、この芸の細かさよっ!

測ってみた

二条ねこ

USB PD充電器の選び方については、こちらの記事からどぞー。

Vbus Hot

テスターで確認したところ、シンク(デバイス)未接続時には、ソース(CIO-PD20W2C)から電圧がかかっていないことが確認できました。なので、こちらはVbus Hotではありません。

Bridged CCs

USB-IF認証済でE-Markerチップ搭載の5Aケーブル(Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル)を接続したところ、CIO-PD20W2Cで接続が検出され、充電が開始されていました。

二条ねこ

CIOから『CIO-SL30000-CC』っていう、超しなやかな5A対応USB-Cケーブルが発売されたから、そちらもぜぴ!!

さたえり

ちゃっかりしてるなぁ……。

【レビュー】CIO CIO-SL30000-CC:柔らかUSB-Cケーブルは革命である

【レビュー】CIO CIO-SL30000-CC:柔らかUSB-Cケーブルは革命である

2021年11月25日

PDO

Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・2.22A
12V・1.67A

CIO-PD20W2C(USB Type-C[1])のPDO

こちらは、本体上側に搭載されているUSB Type-CポートのPDO。

Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・2.22A
12V・1.67A

CIO-PD20W2C(USB Type-C[2])のPDO

こちらは、本体下側に搭載されているUSB Type-CポートのPDO。

いずれのUSB Type-Cポートにおいても、筐体や説明書に記載されている内容と同じPDOが検出されました。また、5V出力時に3A出力が行えることも確認できました。

したがって、特にPDOに関して問題がある部分はないと言えるでしょう。

まの

さすがCIO、安定した作りですわ。

二条ねこ

まさに質実剛健ですな!

急速充電規格

USB Type-C[1] USB Type-C[2]
USB PD 3.0 USB PD 3.0

CIO-PD20W2Cに搭載の急速充電規格

CIO-PD20W2Cに搭載されている急速充電規格は上表のとおり。

そうです、『USB PD 3.0』のみ。Quick Charge等のベンダー独自の急速充電規格には(良い意味で)対応しておりません。

二条ねこ

おおおー!すばらすっ!!

使ってみた

MagSafe充電器の良き相棒

CIO-PD20W2C

このCIO-PD20W2Cの最大出力は20W。

…そう、この出力にピッタリなアイテムがある。それこそ、Apple純正の『MagSafe充電器

CIO-PD20W2C

Apple純正のMagSafe充電器では、20WのUSB PD出力に対応した充電器が推奨されています(厳密には、推奨している20W充電器はApple純正品。充電条件としては9V・2.22A以上が求められる)。

CIO-PD20W2C

仕様的にも、MagSafe充電器に最適。まさに誂えたかのような相棒感。

カラーがホワイト同士なので、コーディネート的にもピッタリ。そして、何よりMagSafe充電器を使いつつ、他のデバイスをもう一方のUSB Type-Cポートで同時充電できるのが心強いのです。

二条ねこ

2台同時充電したいときは、MagSafe充電器側に割り当てられる電力量を気にしたいところっ!

【レビュー】Apple『MagSafeデュアル充電パッド』:AirPower終幕の形

【レビュー】Apple『MagSafeデュアル充電パッド』:AirPower終幕の形

2020年12月5日

Apple純正からリプレース推奨

CIO-PD20W2C

もし、Apple純正のUSB充電器を使っているのであれば、すぐにでもCIO-PD20W2Cに乗り換えてしまうのがおすすめ。それくらい、圧倒的な差があるのです。

CIO-PD20W2C
CIO-PD20W2C 20W USB-C Power Adapter
約28×28×30mm 約42×42×27mm*1
約45g 約58g*1

CIO-PD20W2C vs 20W USB-C Power Adapter
*1実測値

Appleには『20W USB-C電源アダプタ(20W USB-C Power Adapter)』という、最大20W出力のUSB PD充電器が純正品として用意されています。

そう、今回のCIO-PD20W2Cと同じ最大20W出力。ただ、Appleの20W USB-C電源アダプタのほうには、USB Type-Cポートは1基しかありません。しかも、本機のほうがコンパクト。もはや、リプレースしない理由はないでしょう。

【レビュー】Apple『20W USB-C電源アダプタ』:MagSafe充電器のお供な純正USB PD充電器

【レビュー】Apple『20W USB-C電源アダプタ』:MagSafe充電器のお供な純正USB PD充電器

2020年11月17日
CIO-PD20W2C
CIO-PD20W2C 5W USB Power Adapter
約28×28×30mm 約26×26×28mm*1
約45g 約23g*1

CIO-PD20W2C vs Apple 5W USB Power Adapter
*1実測値

同じく、Appleには『Apple 5W USB電源アダプタ(Apple 5W USB Power Adapter)』という、最大5W出力のUSB充電器があります。以前、iPhoneに付属していたおなじみの充電器です。

そもそも、Apple 5W USB電源アダプタは、USB PD非対応で5V・1Aでしか出力できないものです。そんな低出力な充電器と、ほぼほぼ同じサイズなのが凄いところ。これぞ、隔世の感というものなのです。

二条ねこ

かがくのちからってすげー!

非スイングプラグの賛否

CIO-PD20W2C

ちょっと残念なのが、スイングプラグではないところ。

CIO-PD20W2C

ただ、前述したように、律儀にACプラグキャップが付属しているので、一応ではありますが端子の保護は完璧。

とはいえ、やっぱりスイングプラグだったら…と思うわけでして。もしスイングプラグが搭載されていたならば、100点が120点になっていたはずです。

二条ねこ

ほんの少し大きくなってもいいから、次回作ではぜひスイングプラグの実装をお願いしたいっ!

規格違反のないピュア充電器

CIO-PD20W2C

気になる人は異常に気になってしまう、USB PD 3.0プロトコルを遵守しているかというあれ。

CIO-PD20W2Cでは、バッチリ規格違反なく作られています。良きです。

二条ねこ

CIO製のUSB PD充電器は“当たり”が多くて、非常にありがたいのであーる。

まとめ「小型USB PD充電器の最適解」

CIO-PD20W2C
レビュー総括
  • サイコロキャラメルサイズなのに2ポート搭載は凄い。
  • 最大20Wという絶妙な出力が最高すぎる。
  • MagSafe充電器を使ってるなら100%買い。
  • 100W充電器のサブとして併用するのもあり。
  • ACプラグは同梱のキャップで保護すればセーフ。

今回レビューした、CIOのUSB PD充電器『CIO-PD20W2C』。ひとことでまとめると、「小型USB PD充電器を探してるのならマストバイ」という感じ。

ウィークポイントは、ACプラグが非スイングプラグという一点のみ。そのほかは、お世辞でもおべっかでもなく、追い求めていた理想の逸品そのもの。

意外と 控えめな出力 × コンパクト × USB-C 2ポート という、USB PD充電器ってなかったりするので、きっと欲しいと思っていたユーザーは多いはず。とにかく、おすすめのおすすめ。

二条ねこ

1ポートじゃなくて、2ポートっていうのが良きあーる!

【レビュー】CIO CIO-G65W1C:GaN採用・65W出力の超小型軽量USB PD充電器[PR]

【レビュー】CIO CIO-G65W1C:GaN採用・65W出力の超小型軽量USB PD充電器[PR]

2021年4月25日

【レビュー】CIO LilNob 3C1A《CIO-G100W3C1A》:USB PD充電器の到達点[PR]

【レビュー】CIO LilNob 3C1A《CIO-G100W3C1A》:USB PD充電器の到達点[PR]

2021年5月14日

【レビュー】CIO SMARTCOBY Pro 30W:パススルー対応で“見れる”小型モバブ[PR]

【レビュー】CIO SMARTCOBY Pro 30W:パススルー対応で“見れる”小型モバブ[PR]

2021年6月1日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

いつの間にか、USB PD充電器メーカーの雄となっていたCIOさん!

まの

彗星の如く現れて、他者をごぼう抜きしていきましたよね。

さたえり

それが日本企業っていうのが嬉しいやんね!

二条ねこ

ほんとそれ!そこ重要っ!!

おわり