ねこ的Kyashハック術—QUICPay&NFC Payフル活用な損しない使い方と歩き方

ねこ的Kyashハック術—QUICPay&NFC Payフル活用な損しない使い方と歩き方
記事のポイント
  • Kyashのスペック・対抗決済方法・使い方を一挙公開!
  • おすすめの使い方はApple Pay with Apple Watch!
  • 鉄の掟を網羅して損をしない使い方をすべし!

私的“Kyashハック術”を大公開。

VISAプリペイドカード『Kyash』。その使い勝手の良さから、ユーザーも増えつつあります。…そこで本記事では、私が実際に活用しているKyashの使い方とハック術について語ります。

さたえり

Kyash信者なねこちゃんらしいネタやね!

まの

FinTechなライフハックですわね。

二条ねこ

うぬっ!
Kyash記事、これにて完結!…かもっ!?

Kyashの基本的知識

Kyashの基本的知識

Kyashハック術について語る前に、簡単にKyashのスペック対応している決済方法について解説していきます。

二条ねこ

分かってる人は、飛ばしてくださり〜!

Kyashカードのスペック

  Kyash Card Kyash Card Lite Kyash Card Virtual
国際ブランド VISA VISA VISA
非接触型決済 Visaタッチ
(NFC Pay)
Apple Pay
(QUICPay+)
Google Pay
(QUICPay+)
暗証番号決済
(ICチップ・PIN)
3Dセキュア
利用可能範囲 国内利用 △¹
海外利用 △¹ △¹
利用上限 1回 30万円 5万円 3万円²
1か月 100万円 12万円 12万円³
ポイント還元率 付与率 1% 0.5% 0.5%
還元上限 12万円 12万円 12万円
発行手数料 900円 300円 0円
年会費 0円 0円 0円
本人確認書類 必要 不要 不要

各Kyashカードのスペック。
¹オンライン決済のみ。
²本人認証なし:5千円。
³本人認証なし:2万円。

現在、Kyash Cardには、

  • Kyash Card:本人確認必要なメイン版
  • Kyash Card Lite:本人確認不要なライト版
  • Kyash Card Virtual:オンライン決済専用のバーチャル版

の3種類が存在しており、それぞれ上記のようなスペックとなっています。

二条ねこ

リアルカードって呼ばれるのが、『Kyash Card』と『Kyash Card Lite』の2つ。バーチャルカードって呼ばれるのが、『Kyash Card Virtual』だぞっ!

Kyashの対応決済方法・非対応決済方法

Kyashの対応決済方法・非対応決済方法

■対応している決済方法

  • サインによるクレジットカード決済。
  • 暗証番号によるクレジットカード決済。
  • Apple Pay(QUICPay+)決済。
  • Google Pay(QUICPay+)決済。
  • NFC Pay(Visaタッチ)決済。

■対応していない決済方法

  • 3Dセキュアが必要な決済。
  • Apple Pay(オンライン)決済。

Kyash Cardの種類によって異なってくるので、ここでは『Kyash Card(リアルカード)』を軸にして話していきます。

現在、Kyash Cardで対応していない決済方法は『3Dセキュア』を必要とする決済方法(楽天ペイの登録など)と、オンライン上でのApple Payによる決済。
以前は非対応だった、店舗での暗証番号(PINコード)による決済やApple Payによる決済、NFC Payについては、すべてアップデートされて現在では利用可能となっております。

二条ねこ

普通のクレジットカードと同様に使えると思っていればおけおーだねっ!

Kyashのおすすめな使い方

Kyash Cardがどういうものかを復習したところで、私が普段活用しているおすすめのKyashの使い方を紹介します。

二条ねこ

全部『Kyash Card』(リアルカード)前提にしてるからねっ!

実店舗決済での使い方

実店舗決済での使い方

■実店舗での使い方

  • QUICPay+対応の場合:Apple Pay
  • VISAタッチ対応の場合:NFC Pay
  • それ以外の場合:通常のクレジットカード決済

実店舗での決済の場合の使い方は、
QUICPay+(Apple Pay・Google Pay) → NFC Pay → クレジットカード決済
という優先順位で使っています。

できるだけお財布やクレジットカードを会計時に出したくない(手間だから)ので、QUICPay+が使えるお店ならば、積極的にApple PayやGoogle Payで決済しています。次点で同じく非接触型決済のNFC Payを利用。それもダメなお店ならば、通常のクレジットカードでの決済という方法にしています。

Kyash Cardを積極的にApple Payで使う!

Kyash Cardを積極的にApple Payで使う!

とにかくおすすめの使い方は、積極的にApple Payを使っていくこと。

特にApple WatchにKyash Cardを登録しておくと、iPhoneやAndroidスマホを出す手間すらなくなるので、かなーり便利。個人的にKyash CardとApple Watchのコンビネーションは大変便利で、おかげでQRコード決済をほぼ使わなくなりました。

KyashがApple Pay対応に!登録方法と注意点を2つ解説

KyashがApple Pay対応に!登録方法と注意点を2つ解説

2020年4月7日

オンライン決済での使い方

オンライン決済での使い方

■オンラインでの使い方

  • 全場合:通常のクレジットカード決済

ネット通販などのオンライン決済の場合は、普通にクレジットカードで決済するだけ。いたってシンプルです。

Kyash Cardの国際ブランドは『VISA』なので、おそらく大半のネット通販で使えるはずです。当然、Amazonも楽天市場もKyash Cardで決済できます。

Kyashハックの掟

Kyashハックの掟

そういうわけで、ここまででKyash Cardのスペック・種類・おすすめの使い方と見ていきました。

実は、ここからがKyash Cardのキモ。私が実践しているもっとおすすめの使い方、つまり“Kyashハック”とその掟について紹介します。

■Kyashハック鉄の掟

  • 『Kyash Card』を発行すべし!
  • 『Booking.comカード』からチャージすべし!
  • 100円未満の決済には使わない!
  • 12万円以上の決済には使わない!
二条ねこ

これらがKyashハック鉄の掟あーるっ!

【掟1】『Kyash Card』を発行すべし!

【掟1】『Kyash Card』を発行すべし!

まず1つめ、『Kyash Card』を発行すること。これは絶対条件です。

最初のKyash Cardのスペックと比較表のとおり、多機能・高機能・高還元率な『Kyash Card』(リアルカード)を発行しない手はありません。Kyash Card LiteやKyash Card Virtualで留めておかず、本人確認書類を提出してKyash Cardにしておきましょう。

【掟2】『Booking.comカード』からチャージすべし!

【掟2】『Booking.comカード』からチャージすべし!

次に2つめ、『Booking.comカード』や『楽天カード』のクレジットカードからチャージすること。要するに、ポイントの二重取りです。

クレジットカードはお好みのカードでOKですが、個人的にはキャッシュバック型のクレジットカードがおすすめ。なので、『Booking.comカード』からKyash Card(リアルカード)へチャージをしています。(楽天カードも『ポイントで支払いサービス』利用で、事実上キャッシュバック可能)

こうすることで、

  • Booking.comカード:1%還元
  • Kyash Card:1%還元

となり、合計2%のキャッシュバック型の還元が得られるというわけです。

二条ねこ

ミソは“キャッシュバック”なことっ!

【掟3】100円未満の決済には使わない!

【掟3】100円未満の決済には使わない!

最後に3つめ、100円未満の決済にKyash Cardは使わないということ。100円未満の決済は、前述のBooking.comカードや楽天カードを使います。

  • Kyash Card(1%還元):100円以上の決済
  • Booking.comカード(1%還元):100円未満の決済

要するに、上記のようになるのですが、それにはちょっとした理由があります。

実はKyash Cardの1%ポイント還元というのは、1ポイント未満の決済については“切り捨て”となるのです。
例えば、200円の買い物なら2ポイント還元。199円の買い物なら1ポイント還元。そして、99円の買い物なら0ポイント還元。という感じ。要するに、下二桁円はスルーされるということ。

なので、100円未満の買い物にはKyash Cardは使わず、キャッシュバックが月の利用額の合計で行われるBooking.comカードなどを利用するというわけなのです。(Booking.comカードの国際ブランドも『VISA』なので、ここを『Mastercard』の楽天カードにして汎用性を高めるのもアリ)

さたえり

こ…細かいんやね。

二条ねこ

ハックだから当然あーるっ!

【掟4】12万円以上の決済には使わない!

あ、最後じゃなかった…な4つめ。それは、12万円以上の決済には使わないということ。

前掲したように、Kyash Card(リアルカード)の上限額は、100万円/月に引き上げられています。これは嬉しいことなのですが、利用上限額が100万円/月だけど、ポイント還元上限額は12万円/月なのです。つまり、12万円以上使ったところで、ポイントはつかないということ。

なので、Kyashアプリから利用上限額の設定を12万円にしておき、高額決済については他のクレジットカードを使うようにしましょう。

Kyash Cardの欠点

Kyash Cardの欠点

良いことばかり言ってもアレなので、最後に…ここだけは「うーん」なKyash Cardの欠点を駆け足でお伝えしておきます。

【欠点1】『3Dセキュア』非対応

Kyash Cardユーザーには周知の事実なのですが、まさかの『3Dセキュア』に非対応ということ。

3Dセキュア非対応ということは、後述するQRコード決済での認証やその他の認証が通らないということになります。なので、一部サービスでは制約がかかるということは頭に入れておくべきでしょう。

【欠点2】QRコード決済との相性が最悪

3Dセキュア非対応つながりで言うと、QRコード決済との相性がKyash Cardは良くない…というか、最悪ということ。

  • 楽天ペイ:3Dセキュア非対応なので登録不可
  • PayPay:3Dセキュア非対応なので決済上限が5,000円/月
  • Origami Pay:まもなくサービス提供終了

Kyash Cardで登録可能なQRコード決済は、『楽天ペイ』・『PayPay』・『Origami Pay』の3つが主にあったのですが、ご覧のとおり壊滅状態……。

これらは、ほぼKyash Cardが3Dセキュア非対応なのが原因。頼みの綱だったOrigami PayはQRコード決済から撤退(メルペイに吸収)されるので、Kyash CardをQRコード決済と組み合わせて使う意味は皆無でしょう。ここは素直にQUICPay+を使っていく形で。

【欠点3】オンラインのApple Pay非対応

ちょっと落とし穴なのが、Apple PayとKyash Cardの扱い

晴れてApple Payでも利用可能になったKyash Cardですが、国際ブランドが『VISA』という部分が起因して、オンライン決済Apple Payでは使えません。なので、QUICPay+専用と思っておきましょう。(これはKyashのせいではないです)

まとめ「Kyash Cardは魔法のカード」

まとめ「Kyash Cardは魔法のカード」

ユーザー数も増えつつある『Kyash Card』。

一時期改悪がありましたが、改めて俯瞰で見ると、一番使いやすくて高還元率なキャッシュレス決済なのが、この『Kyash Card』なはず。特にリアルカード(Kyash Card)を発行しておくと、かなーり便利に使えるので、ぜひ他のクレジットカード(Booking.comカードなど)と組み合わせて、自分なりのHackをしてみてください。

二条ねこ

Kyash Cardは、日本版Apple Cardだったっ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

語りましたわね。

さたえり

ほんと、Kyash Card信者になってるやんね。

二条ねこ

ふっふっふー。
キャッシュレス時代だけど、Kyash(キャッシュ)時代に突入あーるっ!

おわり