黒船対決!初上陸SharkNinja vs 王者dysonの比較で○○に期待!?

黒船対決!初上陸SharkNinja vs 王者dysonの比較で○○に期待!?

ダイソンキラー…上陸!

米国でダイソンキラーと呼ばれているSharkNinja社が、日本に初上陸するそうです。私はdysonユーザーですけど、比較すると”買い”なのでしょうか?

さたえり
掃除機界の”黒船”が、日本にやってくるんやって!
四条ねこ
黒船…dysonにElectrolux、iRobot…黒船だらけじゃんっ!?
まの
日本メーカーの掃除機でのシェアが心配になりますね(汗)
さたえり
と、とりあえず見てみよう?ね?

シャークニンジャが日本市場に参入

シャークニンジャが日本市場に参入

サメ…忍者…どういうこと?

米国の掃除機メーカーであるSharkNinja(シャークニンジャ)が、まもなく日本市場に参入するそうです。

四条ねこ
全然知らないメーカーだけど…何これー?
さたえり
日本では馴染みがないけど、米国ではかなり有名みたいやよ!2014年には、アメリカで最も急速に成長する5,000社にも選ばれているみたいやし!

詳しくは、SharkNinja社の公式サイトを見てもらうとして、個人的に気になるには『Ninja Coffee Bar』なるもの。コーヒーバーを掃除機メーカーが!?なかなかに面白そうなメーカーです。

まの
それって…褒めてます?
さたえり
チャレンジ精神…的な?

Ninja Coffee Bar

同社の『Ninja Coffee Bar』の公式YouTubeです。どうやら、カフェバー的なものではなく、コーヒーサーバーのようですね。

日本市場はdyson一強

日本市場はdyson一強

日本市場に参入している主な掃除機メーカーはかなりの数がありますが、中でもdyson(ダイソン)がダントツのシェアを誇っているそうです。

そのシェア…なんと、50%以上。

個人的には、SHARPの掃除機は性能も良くてオススメなのですが、プロモーション上手なdysonが、半数のシェアを誇っています。そうはいっても、かくいう私も”dysonユーザー”なんですけどね…。

四条ねこ
むむっ!?
結局、さたえりもdyson使ってるんだっ!?
さたえり
不満点もあるけど、やっぱ吸引力とデザインが…良くて(笑)

掃除機出荷台数では、東芝ライフスタイル、Panasonic、日立アプライアンスが3強のようです。しかし、売り場で華やかに売られているのはdysonの掃除機。それが、掃除機市場の現状のようです。

米国市場はShark優勢

米国市場はShark優勢

日本ではdyson優勢、Shark無名。そんな感じだと思います。

ところが、米国市場ではSharkNinjaが優勢のようです。さすがは本国と言ったところでしょうか。

まの
つまり、SharkNinjaは米国では人気の掃除機ブランドということですね?
さたえり
使い勝手が良くて、dysonより安いから人気みたいやよ!

日本でSharkNinjaを知っている人は、スチームモップ”しか”知らないと思います。ただ、米国では2014年までは同シェアでしたが、その2年後にはSharkNinjaの圧勝のようです。

四条ねこ
それが満を持して日本上陸ってことだねー?
さたえり
そういうことやね!

SharkNinja vs dyson

SharkNinja vs dyson

私はdysonユーザーなので使っていての不満点と、SharkNinjaのウリをそれぞれまとめてみました。

dysonの不満

  • 壁掛けで充電が困難。
  • バッテリー取り外し不可。
  • 自立してくれない。
  • ソファー下の掃除が大変。

SharkNinjaのウリ

  • 吸引力が高い。
  • スティックタイプだが自立する。
  • バッテリー取り外し可能。
  • ソファー下の掃除もラク。
さたえり
今回、日本に投入するSharkNinjaの掃除機のウリをまとめたんやけど、dysonの不満を払拭した感じやね!

dysonを使ってて分かる不満

dysonを使ってて分かる不満
さたえり
全体的には良いんやけど、細かいところが”大雑把”なんよね(汗)

もちろん、dysonの掃除機はトップクラスの性能だと思います。ただ、いわゆる日本市場にマッチしていない部分も多々あります。

その1つが、壁掛け必須だけど、その壁掛けアタッチメントが壁に穴に開けるものとかですね。あとは、バッテリーが取り外し不可なのも地味に使っていて不便です。バッテリーがはめ殺しということは、”バッテリー死亡=修理”ですからね。

さたえり
もうちょい…というか、もっと改良点はあるんよねぇ。

SharkNinjaのココが良さそう

SharkNinjaのココが良さそう

当たり前ですけど、後発で投入するからには性能を上げてきているのが、SharkNinjaです。

吸引力が高い

吸引力といえばdysonですが、SharkNinja曰く、それに匹敵するほどの吸引力を持ち合わせているそうです。

バッテリー取り外し可能

dysonのバッテリーははめ殺しですが、こちらはバッテリー取り外し可能。なので、予備バッテリーで掃除時間を延長できるようになっています。

ソファー下も簡単に掃除

スティック型掃除機の宿命である、ソファー下のような”隙間”の掃除のしにくさ。しかし、SharkNinjaの掃除機は、柄の部分が”折れる”ようになっていて、動画のように簡単に掃除ができるようです。

総評:比較すればするほど…買いでは?

総評:比較すればするほど…買いでは?

そんなこんなでSharkNinjaが、まもなく日本市場に参入するわけですが、ハッキリ言って結構期待できそうです。

さたえり
ちなみに、日本法人のCEOであるゴードン・トム氏は、Electroluxの日本法人CEOやdyson日本法人CEOを歴任してきたそうやよ!
まの
dyson日本法人の初代CEOだそうですね。

SharkNinja製品を使ったことがないので、正式な比較はできないですが、技術仕様やウリ文句を見ていると、dysonを研究し尽くされている分、期待できそうです。

四条ねこ
うちの事務所もコレにしようよ〜!
さたえり
え、dysonあるから壊れてからで…。

まずは、上陸したら即チェックですね!

おまけ

さたえり
WBSで見たんやけど、思ってたよりも良さそうなんよ!
まの
6月26日放送分ですね。私も見ました。
四条ねこ
私は…寝てた〜(笑)
さたえり
正直、製品としては良さそうだけど、プロモーション次第かな?売れるんは。
四条ねこ
それは言えてるねー。
まの
dysonとAppleはプロモーション上手で売れていますからね。

おわり

Source:Business Journal