《完全版》USBのすべて—規格・歴史・速度・形状…総まとめだっ!

《完全版》USBのすべて—規格・歴史・速度・形状…総まとめだっ!

完全なるマニア向け記事。

今や見る日がないことのない『USB』。でも、実は多くの種類があって、歴史があって、速度もあって…USBもいろいろ!それを完全解説しますぞ!

四条ねこ
USBの端子のイラストを、なんと作っちゃったっ!(作るの疲れたー)
さたえり
ガ…ガチやね。
まの
その情熱をほかにも向けて欲しいですわ…。

USBとは?

そもそも『USB』とは、何なのか?

そもそも『USB』とは、何なのか?

この項目では、『USB』というものそのものについて解説していきます。

四条ねこ
まずは、USBが何かを知るべしっ!

USBは、Universal Serial Busユニバーサル・シリアル・バスの略で、コンピューター(PC・スマホ・ゲーム機など)と周辺機器をつなぐためのシリアルバス規格のひとつです。

バスには『シリアルバス』と『パラレルバス』がある。

バスには『シリアルバス』と『パラレルバス』がある。

この『バス』と呼ばれるものには、

  • シリアルバス
  • パラレルバス

があります。

四条ねこ
シリアルっていっても、コーンフレークじゃないぞよっ!
さたえり
0点やね。

前述の通り、USBはシリアルバス(名前に“シリアル”ってあるしね)です。

シリアルバスは、データを1bitずつ順番に転送するものを指します。
対して、パラレルバスは、データを複数bitの塊にして、まとめて転送するものを指します。

理論上は、まとめて転送できるパラレルバスのほうが高速なのですが、現在ではシリアルバスのほうが理論値でも高速になっています。

四条ねこ
このへんが気になる人は、ITパスポートを受験してみてもいいかもだねっ!

USBの歴史

USBの歴史を知っていく。

USBの歴史を知っていく。

この項目では、USBの規格の歴史を見ていきます。

USBは2019年2月現在、『USB 3.2』まである。

USBは2019年2月現在、『USB 3.2』まである。

USBの規格は、最大転送速度の向上などの理由により、何回か規格の変更が行われている。

USBの規格制定日

  • USB 1.0:1996年1月
  • USB 1.1:1998年9月
  • USB 2.0:2000年4月
  • USB 3.0:2008年11月
  • USB 3.1:2013年8月
  • USB 3.2:2017年9月

2019年2月現在、USBは『USB 3.2』まで存在しており、転送速度は最大で20Gbpsまで向上しています。

四条ねこ
この規格によって、速度が違ってくるのであーるっ!

USBの形状

USBは形状の違いも存在する。

USBは形状の違いも存在する。

この項目では、USB端子自体の形状について解説していきます。

現時点でUSB端子の形状は、

  • USB
  • Mini USB
  • Micro USB

の3つが存在しています。

四条ねこ
最近流行りの『USB Type-C』は、USBに属するよー!

それでは、USB・Mini USB・Micro USBそれぞれを詳しく見ていくことにしましょう。

USB

USBは、A・B・Cがある。

USBは、A・B・Cがある。

USB(いわゆる、フルサイズUSB)には、

  • USB Type-A
  • USB Type-A SuperSpeed
  • USB Type-B
  • USB Type-B SuperSpeed
  • USB Type-C

が存在します。

四条ねこ
このSuperSpeedは、USB 3.0以上の“高速なUSBの規格”のことだよー!

最近見る機会が多い『USB Type-C』は、リバーシブルな形状で、表裏の概念がありません。AppleのLightningのようなものですね。

『USB Type-A』と『USB Type-B』は、従来のタイプとSuperSpeedとで、形状が異なります。USB Type-Bは端子の形状すら違うので、ケーブルを購入する際は注意が必要です。

四条ねこ
USB Type-Aは、端子の形状は一緒だけど、ピンの数がSuperSpeedのほうが5本多いよー!

Mini USB

Mini USBは、A・B・ABがある。

Mini USBは、A・B・ABがある。

Mini USBには、

  • Mini USB Mini-A
  • Mini USB Mini-B
  • Mini USB Mini-AB

が存在します。

おそらく、この中で一番普及しているのが『Mini USB Mini-B』でしょう。とはいっても、すっかり見なくなったUSBの形状だと思います。

四条ねこ
ちょっと前のデジカメは、Mini USB Mini-Bが多かったよねっ!
まの
PlayStation 3のコントローラーも、Mini USB Mini-Bですよね。

Micro USB

Micro USBには、A・B・ABがある。

Micro USBには、A・B・ABがある。

Micro USBには、

  • Micro USB Micro-A
  • Micro USB Micro-B
  • Micro USB Micro-B SuperSpeed
  • Micro USB Micro-AB

が存在します。

おそらく、この中で一番普及しているのは『Micro USB Micro-B』でしょう。スマートフォンで採用されているUSBの大半が、Micro USB Micro-B(もしくは、USB Type-C)です。

『Micro USB Micro-B SuperSpeed』は、名前も長ければ端子も横長。全然、“Microじゃない”端子です。少し前までは普及しそうな雰囲気でしたが、上位互換なUSB Type-Cの台頭で、すっかり無用の長物化してしまった感がある悲しい子です。

さたえり
Micro USB Micro-ABとか、見たことすら怪しいんやけど…。
四条ねこ
Micro USB Micro-Aは、『dynapocket T-01B』で使われていたような…!?あれって、『Micro USB-18芯』って記載だったけど、結局は何なんだろうー!?

USBの転送速度

USBの規格による速度の違いがある。

USBの規格による速度の違いがある。

この項目では、前述したUSBの規格の違いによる、転送速度の違いを解説していきます。

四条ねこ
ねこちゃんは、USB 4.0っ!!!
さたえり
どこかで聞いたことあるような!?
USBの転送速度のグラフ。

USBの転送速度のグラフ。

USBの転送速度

  • USB 1.0:12Mbps
  • USB 1.1:12Mbps
  • USB 2.0:480Mbps
  • USB 3.0:5Gbps
  • USB 3.1:10Gbps
  • USB 3.2:20Gbps

最も新しい『USB 3.2』では、最大転送速度が20Gbpsになっています。初期の『USB 1.0』と比べると、なんと転送速度は“約1,666倍”です!びっくりするくらい速くなりました。

四条ねこ
回線速度も転送速度もはやーいっ!

総評:USBは“速度”と“形状”だ!

総評:USBは“速度”と“形状”だ!

実は、今回の記事だけでは言及できなかったUSBの要素があります。
それらに関しては、こちらの記事を読んでもらえればと思います。完全版と言いつつ、上下巻セットのようになってしまいました…。

完全解説!『USB Type-C』と『Thunderbolt 3』の違いとは?

2018.07.16
まの
何だか、腑に落ちないですね。
四条ねこ
まーまー、大目に見てねっ!

今回のUSBについてを要約すると、USBというのは“速度”と“形状”に大きな違いがあるということです。

速度というのが、“USB X.X”に該当するもの。
形状というのが、“USB Type-X”に該当するもの。

とりあえずのUSB論としては、その2つが理解できれば万事OKな気がします。

おまけ

四条ねこ
まぁ、ややこしいってことだね〜。
さたえり
ユニバーサルなのに、そのへんが“不親切”っていうかね…。
まの
形状の差異による名前の乱立が凄いですよね。
四条ねこ
なんだかなーって感じだよねっ。

おわり