変態にして頂点。愛すべきAndroidホーム画面を眺めるびぃ

変態にして頂点。愛すべきAndroidホーム画面を眺めるびぃ

カスタムこそ醍醐味。

最近のメジャーなAndroidスマホのUIは、そこまで大きな差異はない。だけど、ちょっと前のスマホや海外スマホは…エモい!そんな愛すべきホーム画面を紹介していきます。

四条ねこ
Androidだから、オマージュで自作ホームもアリだしねっ!
まの
いわゆるホームアプリランチャーですね?
四条ねこ
そうそうっ!
古き良きAndroidホーム画面カスタムを、再び始めてみてもいいかもだね〜♪

私の愛するAndroid UIを3つ紹介

私の愛するAndroid UIを3つ紹介

Androidのホーム画面は“無限”と言ってもいいくらい存在します。なので、今回は私の大好きなホーム画面のUIを3つ紹介します。

1.ギーク心をくすぐる『MAGI Home』

1.ギーク心をくすぐる『MAGI Home』

1つ目のホーム画面は、エヴァスマホとして発売された『SH-06D NERV』に採用されている『MAGI Home』です。

四条ねこ
当時、これを真似しようとしたギーク(私も)は多いと思うっ!

当時のCM。

海外の開封レビュー動画。

コラボ系のガジェットは、作りの“詰めが甘い”ことが多い印象ですが、『MAGI Home』に関しては別。

“ガワ”も“アンコ”も、ギッシリ感たっぷりなスマホだった。

“ガワ”も“アンコ”も、ギッシリ感たっぷりなスマホだった。

当時のスペック的にもモッサリ感は否めなかったのですが、全体的なイメージ・ウィジェット・フォント・カラーどれをとっても、よく作られていると思います。スペックには微妙ですが、デザインやコンセプト的には“名機”ではないでしょうか。特にファンにはね!

四条ねこ
最近は、こういう“ゴリっとした”スマホを見ないよねー。
まの
今のスペックで出して欲しいスマホのひとつですよね。

2.美しさと変態さの融合『iida HOME』

2.美しさと変態さの融合『iida HOME』

2つ目のホーム画面は、auから販売されているデザイン携帯電話ブランド『INFOBAR』に搭載されている『iida HOME』です。

四条ねこ
これも真似っこしようとしたことあるはずっ!

GIZMODO JAPANによるハンズオン。

この縦なUIがいいですよね。ここにエモさを感じる…。もっと、縦スクロールなUIが増えても良さそうなのですが。

au公式の『INFOBAR A03』紹介動画。

著名なデザイナーが手がけているだけあって、本体デザインと中のUIの一貫性が素晴らしい。ウィジェットを上手に溶け込ませるデザイン性は、個人的にはアリだと思います。

所有欲をここまで満たすスマホも、非常に珍しいのでは。

所有欲をここまで満たすスマホも、非常に珍しいのでは。

さたえり
新モデルはガラケーなんよね?
四条ねこ
そうなんだよ〜。
あれはあれでアリだけど、やっぱ新型スマホも見てみたいよねっ!

3.ミニマリズムが光る『Blloc OS』

3.ミニマリズムが光る『Blloc OS』

3つ目のホーム画面は、知る人ぞ知るスマホ『Blloc Zero 18』に採用されている『Blloc OS』です。

あの『Blloc Phone』が購入可能に!製品名も『Blloc Zero18』になったよ!

2018.08.07
四条ねこ
『Blloc OS』は、正確にはOS(Androidベース独自OS)なんだけどねー。

『Blloc Zero 18』のレビュー動画。

この『Blloc OS』は、基本モノクロ

色の“雑味”をすべて取り払ったミニマルなスマホ。

色の“雑味”をすべて取り払ったミニマルなスマホ。

TwitterもFacebookもぜーんぶモノクロです。サクッとカラーにも変更できるようですが、このモノクロな設計思想は非常に面白いです。まさに、“ミニマリズムの体現”な感じ。

四条ねこ
一瞬、日本で買える表示が公式サイトに出てたんだけど、また表示が消えてる…。
まの
手に入っても技適マークがない気が…。

発送先に日本が出れば、確保しちゃうかも?

自作も不可能ではない?

自作も不可能ではない?

紹介したこれらのホーム画面は、そのスマホ専用(独自ホーム)なものばかりです。なので、残念ながらGoogle Playにはありません。

四条ねこ
でも…それっぽいのは作れるっ!

ホーム画面アプリ『ADWLauncher』と『Glaeja』を使えば、それっぽいホーム画面は作れると思います。あくまで、“それっぽい”ですが…。

総評:Androidホームは無限大

総評:Androidホームは無限大

数年前は、日本国内でもトンデモなスマホが多かったのですが、最近は王道路線なスマホが多くなってしまったAndroidスマホ界隈。大抵、“変態”スマホと呼ばれるものは、海外でしか販売されないです。

しかし、Androidの醍醐味といえば、“カスタム”なので、そこはいろんなアプリを駆使してエモいホーム画面を作ることができます。

四条ねこ
ちょっとした改造みたいで楽しいしねー!
さたえり
こういうとこが“Androidらしさ”やんね!

久しぶりにホーム画面改造どうですか?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

四条ねこ
デフォのホーム画面だと重かったのも、今のなっては昔の話だよねー。
まの
初期のAndroidは、本当にモッサリなものが多かったですからね。
四条ねこ
最初のAndroidは、auの『IS03』だったな〜。
さたえり
わっ!懐かしい!!

おわり