Surface Duo発売。スペック・対応バンドを日本上陸前に予習するぞ!

Surface Duo発売。スペック・対応バンドを日本上陸前に予習するぞ!
記事のポイント
  • ついにSurface Duoが予約&発売へ!
  • まずは米国で発売なので日本発売はまだ先!
  • 買うか買わないかはSurface Pen次第!

日本にも…こいこい!?

Microsoftが2020年8月12日(米国時間)に、折りたたみ型Androidスマートフォン『Surface Duo』を同年9月10日から出荷開始されることが発表されました。なお、価格は1,399.99ドル(約15万円)から。日本での発売は言及されてませんが、すでに技適通過済なので、発売はされるはず。なので、一足先にスペックを見ていきます。

二条ねこ

正式なスペックを見たけど…

  • ○:デジタイザーペン(Surface Pen)対応
  • ○:eSIM対応
  • ×:SoC古い
  • ×:5G非対応
  • ×:価格が微妙に高い

って、感想かなー。

さたえり

あれ…あまり食いついていない?

まの

Galaxy Z Fold2と比べると…ですからね。

Surface Duo概要

Surface Duo

Surface Duo

  • 発売日:2020年9月10日(出荷開始)
  • 価格:1,399.99ドル(128GB)・1,499.99ドル(256GB)
  • 主要スペック
    • OS:Android 10
    • SoC:Qualcomm Snapdragon 855
    • RAM:6GB
    • ROM:128/256GB(UFS)
    • ディスプレイ:5.6″ ×2
    • SIM:nanoSIM・eSIM

2019年10月3日(日本時間)に、ニューヨークで開催されたMicrosoft Event 2019にて発表されていた折りたたみ型スマートフォン、『Surface Duo』が予約開始されました。主な概要は上記のとおり。

新型Surfaceシリーズスペック表—Surface Pro 7/X・Surface Neo・Surface Duo・Surface Laptop 3をMicrosoftが発表

新型Surfaceシリーズスペック表—Surface Pro 7/X・Surface Neo・Surface Duo・Surface Laptop 3をMicrosoftが発表

2019年10月3日

なお、2020年8月13日時点では、日本市場への投入時期は不明。ただ、技適は通過しているので、発売はされるはず。個人的な予想では、日本での発売はキャリアとの兼ね合い次第と見ており、コンシューマー市場に投入される確率は70%ぐらいと予想。米国のMicrosoft StoreではSIMフリーでの販売を行っているので、出るとすればSIMフリーモデルとして米国と同様の形式で出るのでは、とは予想しています。

まの

フタを開けてみないと…ですわね。

二条ねこ

そうだよねー。
日本でも発売されたけど、法人にしか卸さないってオチだけはやめてほしいなー。ありそうで怖いけど……。

デザイン

閉じた状態

閉じた状態

Surface Duoは“折りたたみ”スマートフォンなので、画像のように閉じることが可能。折りたたみであって、折り曲がりではないので、フォルダブルスマートフォンではありません。

コンバーチブル状態

コンバーチブル状態

SamsungやHuaweiのフォルダブルスマートフォンとの決定的な違いは、画像のように360°コンバーチブルタイプという点。いわゆる“Yogaる”ということ。

ヒンジ感は丸出しで、人によっては前時代的と思ってしまう人もいるかもしれません。ただ、ビジネス寄りな製品であることや、堅牢性という面では、Surface Duoのベーシックなスタイルもありだと言えるはずです。

Surface Duoベクター図

Surface Duoベクター図

米国のMicrosoftのスペックシートに寸法の仕様が出ていたので、それを基にしてベクター図として作ってみたのが上画像。

スペック

OS Android 10
SoC Qualcomm Snapdragon 855
CPU Kryo 485
GPU Adreno 640
RAM 6GB
ROM UFS 128GB
256GB
ディスプレイ 画面サイズ
(開いた状態)
8.1インチ(3:2)
画面サイズ
(閉じた状態)
5.6インチ(4:3) ×2
画面解像度
(開いた状態)
2,700×1,800
画面解像度
(閉じた状態)
1,800×1,350
カメラ フロント 11MP(f/2.0)
ネットワーク 無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5)
Bluetooth Bluetooth 5.0
バッテリー 3,577mAh(最大15.5時間)*1
インターフェース USB 3.1 Type-C ×1
nanoSIMスロット ×1
サイズ 開いた状態 186.9×145.2×4.8mm
閉じた状態 93.3×145.2×9.9mm
質量 250g
備考 eSIM対応
Qualcomm aptX Adaptive対応
加速度センサー
ジャイロセンサー
磁力計
環境光センサー
近接センサー
ホールセンサー
指紋センサー
DP Alt Mode対応
Surface Pen(Surface Slim Pen・Surface Hub 2 Pen)対応

Surface Duoスペック表
*1ローカルビデオ再生時。

対応バンド

  • FDD-LTE:1・2・3・4・5・7・8・12・13・14・19・20・25・26・28・29・30・66
  • TD-LTE:38・39・40・41・46
  • WCDMA:1・2・5・8

Surface Duoが対応しているバンドは上記のとおり。

  docomo au SoftBank Rakuten
対応具合
対応バンド 1・3・19・28 1・3・26・28・41 1・3・8・28・41 3

日本国内MNOとSurface Duoバンド対応表

上表は、日本国内の大手キャリア(MNO)の4社が取り扱っているバンドと、Surface Duoの対応バンドを照らし合わせた結果です。

完全ではないものの、日本のキャリア(MNO・MVNO)で使うのに問題ないバンドの仕様。海外スマートフォンで悩まされるau系バンドについても、Band 26に対応している点から問題なさそう。このあたりは、すでに日本でLTEモデルの販売実績があるMicrosoftならでは。

バンドの仕様については、米Microsoftを参照しているので、絶対このバンドで出るとは明言できませんが、仮に日本のコンシューマー市場で発売された場合には、キャリアを選ばずに運用ができそうです。あ、楽天モバイルはauローミング回線が拾えないのでちょっと微妙ですが……。

まとめ「書けるスマートフォン目的ならアリ」

まとめ「書けるスマートフォン目的ならアリ」

ついに発表された、Microsoftの折りたたみスマートフォン『Surface Duo』。

最後にSurface Duoについて要約すると、

  • 2020年9月10日発売だけど日本ではまだ先
  • 価格は約15万円〜と若干高価
  • SoCの古さや5G非対応がネック
  • Surface Pen利用可能

という感じです。

正直、イノベーティブな折りたたみやフォルダブルなスマートフォン狙いなら、Samsung『Galaxy Z Fold2』を買うほうが懸命。ただ、Surface Duoの面白いところは、デジタイザーペンである『Surface Pen』が使えるところ。なので、Surface Penに興味がない人ならばスルー。Surface Pen最高と思えるなら、購入検討の余地あり…でしょう。

二条ねこ

思っていたよりも高い…うーむ、うーむ……。

Surface Duo/Neoは似ているけど全く別物。私的な使い方の未来“妄想”図

Surface Duo/Neoは似ているけど全く別物。私的な使い方の未来“妄想”図

2020年3月17日
この記事で紹介したガジェット
  • Microsoft|Surface Duo

おまけ

まの

買うと意気込んでいたのに、ここにきて悩んでいますわね。

二条ねこ

だって、15万円!…高いんだよー。

さたえり

でも、Surface Penは捨てがたいやんね?ねこさん、デジタイザーペンヲタだし。

二条ねこ

そうなんだよねー。
Galaxy Z Fold2がS Pen対応だったら、そっち一択だったんだけど…悩ましいぞー!

おわり