iPhone使いの変態サブスマホ探しの旅+おすすめっぽい4機種

iPhone使いの変態サブスマホ探しの旅+おすすめっぽい4機種
記事のポイント
  • 新しく仕事用のサブスマホを探した!
  • サブだからこそ変態スマホを選びたい!
  • iPhoneにはない斜め上な発想を!

サブには変態スマホのすゝめ。

メインはiPhone、サブはAndroid。そんな人も少なくないはず。例に漏れず、私もそんな1人。ちょうどお仕事用のサブスマホを用意する必要が出た…ならば、せっかくだし変態スマホから選ぼう!ということで、2020年のサブスマホ探しの旅に少し出ました。

二条ねこ

そして旅から帰還したあーるっ!

さたえり

めっちゃ早い旅やね…。

まの

ざっと3時間ぐらいですわね…。

サブだからこそ変態スマホ

今回、メインスマホ…ではなく、サブスマホを探すわけですが、サブだからこそできる“思い切り”ってあるわけなのです。

私的メインスマホとサブスマホの使い分けは、王道か変態か。

私的メインスマホとサブスマホの使い分けは、王道か変態か。

そう、それが、メインではちょーっと選ぶのに躊躇してしまう攻めたスマホ。いわゆる『変態スマホ』という、変わり種な斜め上を向いたいかにもギーク好みなスマホ様を選べるという権利を得られるわけなのです。
自分でも何を言ってるか分からないですが、要するにサブスマホというポジショニングに、変態スマホをチョイスするというのはジャストフィットな感じがするのです。

二条ねこ

サブだからこそできる“飛び道具感”あーるっ!

まの

確かに、同じようなスマホを何台も持っていても、代わり映えしないですからね。

二条ねこ

そゆことあーる。
変態スマホはサブ端末としてベストなんだよね〜!

おすすめ変態サブスマホ候補

そういうわけで、2020年に選びたいおすすめ(というか狙っている)なサブ端末向け変態スマホの候補を4つまで絞ってみました。

変態スマホといってもいろいろあると思いますが、私はお仕事で使うことを想定しています。なので、ビジネスで使えそうな変態サブスマホという趣で考えています。そういうわけで、ゲーミングスマホは今回は候補から外しています。

変態にして頂点。愛すべきAndroidホーム画面を眺めるびぃ

変態にして頂点。愛すべきAndroidホーム画面を眺めるびぃ

2019年3月12日

【候補1】Planet Computers『Cosmo Communicator』

【候補1】Planet Computers『Cosmo Communicator』

SoC Mediatek Helio P70(2100MHz・8コア)
RAM 6GB
ROM 128GB
画面サイズ メイン:5.99″
サブ:1.91″
画面解像度 メイン:2,160×1,080
サブ:不明
カメラ フロント:5MP
リア:24MP
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
バッテリー ?時間(4,220mAh)
インターフェース USB Type-C ×2
nanoSIM ×2
microSD ×1
3.5mmステレオミニ ×1
サイズ 171.4×79.3×17.3mm
質量 326g
備考 指紋認証センサー搭載
QWERTYキーボード搭載

Cosmo Communicatorのスペック。

1つめのサブスマホ候補は、Planet Computers『Cosmo Communicator』というPDAライクなスマホ。

Windows CEを彷彿とさせるPDAライクなデザイン。

Windows CEを彷彿とさせるPDAライクなデザイン。

Cosmo Communicatorの変態スマホたるゆえんは、PDAライクなQWERTYキーボードを搭載していること。おそらく、CASIOのCassiopeiaやNECのモバイルギアのようなWindows CE端末を使っていた人なら、この変態性にが惹かれるものがあるはず。まさに2020年のPDA。

前モデルとしてGemini PDAという同様のモデルがあったのですが、そこから上手にブラッシュアップした印象です。癖がありすぎるスマホですが、お仕事に使えそうな変態スマホと考えると、かなり有力な候補になってきます。今のところの本命候補。

【候補2】BlackBerry『BlackBerry KEY2』

【候補2】BlackBerry『BlackBerry KEY2』

SoC Qualcomm Snapdragon 660(1.95GHz・8コア)
RAM 6GB
ROM 64GB
128GB
画面サイズ 4.5″
画面解像度 1,620×1,080
カメラ フロント:8MP(f/2.2)
リア(超広角):12MP(f/1.8)
リア(広角):12MP(f/2.6)
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
バッテリー ?時間(3,500mAH)
インターフェース USB Type-C ×1
nanoSIM
microSD ×1
3.5mmステレオミニ ×1
サイズ 151.4×71.8×8.5mm
質量 160g
備考 BBF-1008:デュアルSIM
BBF-1009:シングルSM
NFC搭載
FMラジオ搭載

BlackBerry KEY2のスペック。

2つめのサブスマホ候補は、BlackBerryの『BlackBerry KEY2』という、こちらもQWERTYキーボードを搭載したスレート型PDAライクなスマホ。

BlackBerry=ビジネススマホ という図式なので、まさに仕事用のサブスマホにはピッタリ。機能自体もセキュリティーを意識している感じで、DTEK by BlackBerryという専用アプリでコントロール可能だそう。しかも、地味にQuick Charge 3.0に対応しているので急速充電も可能。作り込みはTCLになってもしっかりしている印象を受けました、

変態スマホの宿命か、発売からかなり時間が経っているにもかかわらず、値段がそこまで落ちていないのが最大のネック。価格とスペックのバランスが微妙になってきている感もあるので、そこを考えつつ…。今のところは対抗ぐらいの候補。

【候補3】Palm『Palm Phone』

【候補3】Palm『Palm Phone』

SoC Qualcomm Snapdragon 435(1.4GHz・8コア)
RAM 3GB
ROM 32GB
画面サイズ 3.3″
画面解像度 1,280×720
カメラ フロント:8MP
リア:12MP
無線LAN IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.2
バッテリー ?時間(800mAh)
インターフェース USB Type-C ×1
nanoSIM ×1
サイズ 50.6×96.6×7.4mm
質量 62.5g
備考 顔認証搭載
IP68規格防水・防塵

Palm Phoneのスペック。

3つめのサブスマホ候補は、Palm『Palm Phone』という超ミニマムな小型端末。

iPhone X風だけども、本体のサイズがかなり小さい。

iPhone X風だけども、本体のサイズがかなり小さい。

どこかiPhone Xライクなデザインな本機。しかし、サイズが縦幅で10cm以下というミニマリズムを体現したスマホ。なので、スペックも使いやすさも割り切った印象で、ガシガシ使うサブスマホというよりは、通話専用スマホという感じになってきそうです。対応バンドがSoftbank寄りで、docomoやau回線では電波の掴みが弱いのがネック。

お仕事用のサブスマホと考えると、この小ささは魅力的。常時複数のデバイスを持ち歩いている私的には、本機のような小型軽量スマホはありがたい存在だったりします。今のところは連下候補。

【候補4】Caterpillar『CAT S60』

【候補4】Caterpillar『CAT S60』

SoC Qualcomm Snapdragon 617(1.5GHz・8コア)
RAM 3GB
ROM 32GB
画面サイズ 4.7″
画面解像度 1,280×720
カメラ フロント:5MP
リア:13MP
無線LAN IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1
バッテリー ?時間(3,800mAh)
インターフェース Micro USB ×1
nanoSIM ×2
microSD ×1
3.5mmステレオミニ ×1
サイズ 147.9×73.4×12.66mm
質量 223g
備考 IP68規格防水・防塵
MIL SPEC 810G準拠
FLIRサーマルカメラ搭載

CAT S60のスペック。

最後のサブスマホ候補は、Caterpillar『CAT S60』という、超タフネスなMILスペック対応のミリタリースマホ。

変態スマホたるゆえんは、このタフネスさ。そして、タフゆえの重さ。レンガ。
この手のスマホのデザインはかなり好みが分かれそうですが、G’zOneやTORQUEのようなタフネススマホ好きには超ストライクという感じ。個人的には超好み…とまではいかないけど、お仕事ならばタフネススマホという謎の思考ルーチンが働いて欲しくなっています。

日本での代理店はONKYOなのですが、公式サイトを見ると“生産完了品”との記載が。なので、ネット上を漁ると、5万円台で買えるショップもあるのでそれならアリかも。大穴っぽいけど、面白いので候補。

まとめ「変態スマホ…魅力的で悩みますなぁ」

まとめ「変態スマホ…魅力的で悩みますなぁ」

そういうわけで、お仕事スマホとして使いたい変態さんなサブスマホを探してみました。

個人的にはどれも面白いスマホなのですが、

  • 本命:Cosmo Communicator
  • 対抗:BlackBerry KEY2
  • 連下:Palm Phone
  • 大穴:CAT S60

という感じです。

Cosmo Communicatorは超欲しいスマホの1つなのですが、価格帯だけで見ると高級スマホレベルなのがネック。ただ、この手のスマホは値段が下がる前に、市場から消えちゃうので、買うなら…発売ホヤホヤな今かも!?

二条ねこ

iPhone 11 Proと同等ぐらいの価格のサブスマホ…あれれー!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

サブスマホって言っているわりには、めっちゃ高価やね。

まの

サブとして待機させておくのは、少々もったいない気がしますわ。

二条ねこ

じゃあ、メインスマホにするのー?

さたえり

それはそれで困るかも…。

おわり