バッテリー充電の最適化“閾値固定”アプリ『battery』が素敵

MacBookに『いたわり充電』の力を!!
バッテリー充電の最適化“閾値固定”アプリ『battery』が素敵
記事のポイント
  • 『battery』アプリとは? → Apple標準の『バッテリー充電の最適化』強化版
  • batteryを利用すればバッテリー充電の閾値を“強制的”に80%で止めることが可能
  • 導入には『Homebrew』が必要 + 『Z shell』が分かるなら閾値カスタムも可能

「Apple Silicon MacBookにも、VAIOのような『いたわり充電』機能が欲しい!」……そんな夢を叶えてくれる無料アプリ『battery』を紹介します。

二条ねこ

控えめに言って、“最高”あーるっ!

まの

VAIOやThinkPadに搭載されている、バッテリー充電の閾値を決められる機能ですね。

さたえり

でも、Apple Silicon MacBookには、最初から『バッテリー充電の最適化』が実装されてるやんね!?

はじめに

『バッテリー充電の最適化』の概要

Image:Apple

Q
『バッテリー充電の最適化』とは?
A

『バッテリー充電の最適化』とは、Appleデバイスに搭載されている過充電防止機能。
バッテリー充電の最適化は、オンデバイスで機械学習機能を用いて、特定の条件下になると、バッテリー充電の閾値を 100% → 80% に変更し、バッテリーを保護してくれる。

この『バッテリー充電の最適化(Optimised Battery Charging)』なのですが、今回お話しするMacBookだけではなく、iPhone・Apple Watch・AirPodsにも実装されております。ただし、理由は分かりませんが、iPadのみ、バッテリー充電の最適化は実装されておりません。

『バッテリー充電の最適化』と『iPad』の謎

『バッテリー充電の最適化』と『iPad』の謎

2022年3月4日

なお、『バッテリー充電の最適化』を有効化すると、バッテリー充電の閾値が 100% → 80% に変更されるわけですが、80%で充電が止まるかは完全にデバイス任せ、となっております。つまり、有効化していたとしても、常にバッテリー充電が80%で止まるわけではありません。普通に、100%まで充電される場合もあります。

二条ねこ

“デバイス任せのいたわり充電”、という感じあーる。

さたえり

うーん、ちょっと癖アリな感じやね。

『battery』アプリの概要

Image:GitHub

Q
『battery』とは?
A

バッテリー充電の閾値を“強制的”に80%で固定してくれる、Apple Silicon MacBook専用アプリ。
『バッテリー充電の最適化』とは異なり、ユーザーが任意でバッテリー充電の閾値を設定し、常時固定することができる。

この『battery』アプリを用いれば、“強制的”にバッテリー充電の閾値を80%で固定してくれます。

MacBookに標準で実装されている『バッテリー充電の最適化』との決定的な違いは、80%で充電が止まるかはデバイス任せということではなく、ユーザーが任意でバッテリー充電の閾値を固定することができる、というところにあります。

まの

完全にVAIOの『いたわり充電』ですわね。

二条ねこ

そういうことあーるっ!

『battery』アプリを使ってみた

『バッテリー充電の最適化』と『battery』アプリの概要や違いについて分かったところで、いよいよ実際に、batteryアプリを使っていきます。

インストール方法

1

Image:GitHub

タイトル
インストール方法の選択肢
  1. Homebrewでbrew install --cask batteryと入力してインストール
  2. GitHubからDMGファイルをダウンロードしてインストール
  3. コマンドラインのみでインストール

作者であるMentor Palokaj氏は、batteryアプリのインストール方法として、上記の ① 〜 ③ を用意してくれております。なので、この中から好きな方法でインストールします。

②の方法が初心者向けです。
ただし、①と同じく、こちらもmacOS用のパッケージマネージャー『Homebrew』を、あらかじめインストールしておく必要があります。

③が、もっとも高度なインストール方法。
Z shellやCLIが何かを理解しており、閾値やその他のカスタムを行いたい場合は、この方法でインストールするのが一番手っ取り早いです。

2

今回は②の方法でインストールしてみたのですが、ウィザードに従っていくだけで簡単にインストールできます。

3

インストールが完了すれば、Macのメニューバーにbatteryアプリのアイコンが表示されます。

アプリの基本操作

タイトル
アプリメニューの概要
Enable 80% battery limit

バッテリー充電の閾値を80%に変更する。

Disable 80% battery limit

バッテリー充電の閾値を100%に変更する。

Check for updates

アップデートを確認する。

User manual

使い方を確認する。
GitHubのREADME.mdにジャンプ。

Command-line usage

batteryアプリの『Command-line version』の使い方を確認する。
GitHubのCommand-line versionにジャンプ。

Help and feature requests

ヘルプページと機能リクエスト。

Quit

batteryアプリを終了する。

batteryコマンド以外の基本的な使い方は上記のとおり。

コマンドを用いて細かく閾値を設定したい場合は、Command-line versionに記載されているパラメータを参考にして書き換えます。

まとめ「こんなアプリを待っていた」

まとめ
『バッテリー充電の最適化』とは?

『バッテリー充電の最適化』とは、Appleデバイスに搭載されている過充電防止機能。
バッテリー充電の最適化を有効化すると、バッテリー充電の閾値が 100% → 80% に変更されるが、80%で充電が止まるかは完全にデバイス任せ。

『battery』とは?

『battery』とは、バッテリー充電の閾値を“強制的”に80%で固定してくれる、Apple Silicon MacBook専用アプリ。

batteryアプリの主要機能
  • バッテリー充電の閾値を80%で強制的に固定
  • 専用コマンドから閾値を自由に変更も可能

『battery』アプリ、「こんなアプリを待っていた」と言わんばかりの素晴らしさ。

デフォルトで実装されている『バッテリー充電の最適化』が使いづらいと感じているのであれば、ぜひ導入することをおすすめします。

二条ねこ

うーん、良きですぞ!

記事に登場したガジェット

-

おまけ

二条ねこ

『いたわり充電』っぽい機能、VAIOやThinkPad以外にも実装されているのであーる。

まの

Let's noteやdynabookにも実装されていますよね。

さたえり

ほかには、Microsoft SurfaceやDell XPSにもあるやんね!

二条ねこ

ま、“あって当然”というわけですな。

おわり