マイクロフォーサーズは消えゆく運命…ではない!…ある?

マイクロフォーサーズは消えゆく運命…ではない!…ある?

m4/3大好きっ子!

カメラメーカーの多くが“フルサイズミラーレス一眼”に参入している昨今。気になるのが、マイクロフォーサーズがどうなるか問題。このまま消えてしまうのでしょうか…。

四条ねこ
Panasonicがフルサイズに参入したから、同社のマウントが2つになったからねー。
まの
こうなると気になるのが、OLYMPUSの行方…
さたえり
フルサイズって言われるだけで、購買意欲が出ちゃうもんねぇ。

フォーサーズ・マイクロフォーサーズのおさらい

フォーサーズ・マイクロフォーサーズのおさらい

本題に入る前に、私が愛するフォーサーズ・マイクロフォーサーズの各規格について、簡単におさらいしていきます。

システムの規格制定日

システムの規格制定日

各システムはそれぞれ

  • フォーサーズシステム:2002年
  • マイクロフォーサーズシステム:2008年

に制定されています。

フォーサーズシステムは、OLYMPUSとKodakにより規格の提唱がされています。
マイクロフォーサーズシステムは、OLYMPUSとPanasonicにより策定されています。

同規格には、OLYMPUSやPanasonicは当然、それ以外にもSIGMAや富士フイルムも協賛しているようです。ただ、メインはやはりOLYMPUSとPanasonicですね。

四条ねこ
最初は、富士フイルムもマイクロフォーサーズに参入するかも的な話があったな〜。
まの
結果、富士フイルムは、Xマウントになりましたがね。

▼個人的には、Panasonicの『DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060』が神レンズ。

センサーサイズの比較

センサーサイズの比較

センサーサイズの話をすると長くなるので、簡単に図だけ作ってみました。
デジタルでのAPS-Cサイズは各社バラバラなので、便宜的にAPSカメラシステムのサイズで表記してみました。

話は脱線しますが、フォーサーズやマイクロフォーサーズ(以下、マイクロフォーサーズ)のセンサーサイズは“絶妙”だと思います。焦点距離も35mm換算で2倍と計算しやすいですし、レンズもちょうどいい。…この辺りは、後ほど。

マイクロフォーサーズのメリット・デメリット

■メリット

  • レンズがコンパクト。
  • 望遠に強い。
  • レンズが比較的安価。
■デメリット

  • 広角に弱い。
  • ボケ味が少ない。
  • 暗所に弱い。

よく言われているマイクロフォーサーズのメリット・デメリットを挙げてみました。このメリット・デメリットの比較対象は、すべて“フルサイズ比”です。

四条ねこ
まー、一般論だから気にしないでいいと思うけどねー。

メリット・デメリットを挙げといてアレですが、結局はレンズに依るのがカメラです。なので、細かいことは気にしなくてもよいと思いますし、写真は“スペックで撮るものではない”とも思っています。

要するに、マイクロフォーサーズが劣っているなんて、決して無いということです。(私はそう思っている)

四条ねこ
私にとって、マイクロフォーサーズは“神”だぞよっ!

各社フルサイズに移行中?

各社フルサイズに移行中?

フルサイズの優劣とかよりも、マイクロフォーサーズユーザー的に気になるのが、規格自体が消えてしまうという懸念

『LUMIX LIVE@Photokina 2018』の映像。

というのも、マイクロフォーサーズ陣営のPanasonicが、フォトキナ2018で『LUMIX S1』と『LUMIX S1R』という“フルサイズ”なミラーレス一眼を発表したことが発端です。ちなみに、まもなく発売なのだそう。

Panasonicもフルサイズ参戦!—LUMIX S1/S1Rは化物・3社協業・キャノニコは眼中にない?

2018.09.26
ミラーレス一眼のフルサイズ参入年表。

ミラーレス一眼のフルサイズ参入年表。

フルサイズミラーレス一眼といえば、Sonyの独擅場でした。しかし、2018年にCanon・Nikonの2大巨塔が参入。そして、マイクロフォーサーズでミラーレス一眼市場を戦っていたPanasonicも、2019年にフルサイズミラーレス一眼を発売します。

そうなってくると気になるのが、“OLYMPUSの行方”だと思います。

さたえり
Panasonicの後追い…はしなさそうやもんね。
四条ねこ
OLYMPUS自体が、フルサイズへの参入をインタビューで否定しているからねー。

OLYMPUSのインタビューが、マイクロフォーサーズ大好きっ子としては、非常に賛同できる部分が多いです。
マイクロフォーサーズの最大の魅力は“機動性”だと思いますし、画質もドンデモなシチュエーションでない限り、フルサイズのそれとは見分けがつかないと思います。技術は日々進歩しているのですな。

私が思うことと望むこと

私が思うことと望むこと

マイクロフォーサーズ大好きっ子として思うのは、
「マイクロフォーサーズらしさがあればよい!」
というものです。

四条ねこ
画質やマーケティングどうこうは置いておいて、選択肢を残す意味でも大切だと思うっ!

どれもこれもフルサイズよりは、用途に応じてフルサイズと“別腹で”マイクロフォーサーズなどを使い分けたほうがよいと思っています。なので、個人的には各社がフルサイズミラーレス一眼“だけ”に注力されるよりも、マイクロフォーサーズに本気で力を入れてくれるOLYMPUSみたいな会社があるほうが、いちユーザー的には助かります。

個人的には、もう少しマイクロフォーサーズらしいボディーがあれば、もっと喜ばしいのですが…。

総評:マイクロフォーサーズは消えないはず!

総評:マイクロフォーサーズは消えないはず!

結論としては、フルサイズ信仰があったとしても、マイクロフォーサーズは消えないと思います。(願望込み)

四条ねこ
未来のことは分からないけど、棲み分けはできると思うしねー!
まの
ベストはそれぞれの長所を活かした“共存”ですよね。
四条ねこ
うぬっ!

フルサイズにはフルサイズのメリット・デメリットがあり、マイクロフォーサーズも同じく。ならば、共存してくれたほうがユーザー的にはよきですからね。

おまけ

四条ねこ
とにかく、マイクロフォーサーズはいいのであーるっ!
まの
でも、風の便りだと『α7 III』が気になっているそうですね?
さたえり
わっ、浮気じゃんか!?
四条ねこ
え…そ…それは、別腹だぞよっ!
さたえり
ほう…。
まの
あやしい…。

おわり