MacBook Pro 2020は大幅刷新?—シザーキーボード・Touch Bar・5Gセルラー版・ARM…嘘か真かの噂集

MacBook Pro 2020は大幅刷新?—シザーキーボード・Touch Bar・5Gセルラー版・ARM…嘘か真かの噂集
記事のポイント
  • MacBook Pro 2020はキーボード改善・16インチ版に注目!
  • CPUの脱Intelと5Gセルラー版の可能性も!
  • Surface Laptop 3という選択肢もアリ!

2019年モデルか、2020年モデルか。

バタフライキーボード欠陥問題を引きずりながらも、『MacBook Pro』は刷新ナシ。今年はマイナーチェンジ止まりでしたが、2020年モデルは…真の“新型”と言えるか?なので、『MacBook Pro 2020』の噂・情報を海外サイトで調べてみました

二条ねこ

この記事にはサブタイトルがあるのであーるっ!

さたえり

それって何なん?

二条ねこ

それは…

  • MacBook Pro 2019は買ってもいいの?
  • Surface Laptop 3に乗り換えはアリ?

ということなのだっ!

新型MacBook Pro 2020の噂集

そういうわけで、まずは『MacBook Pro 2020』の噂・情報を、おなじみのAppleInsider9to5MacMacRumorsで調べてみました。

■MacBook Pro 2020にまつわる噂

  • キーボード
    • バタフライ構造キーボード:廃止
    • シザー式キーボード:採用
  • 発売日
    • 2020年内だが正確な次期は不明
  • スペック
    • 5G:MacBook初のセルラーモデル
    • CPU:IntelからARM

▼MacBook Pro 16″は2019年11月に発売された

『MacBook Pro 16インチ』発表&発売。価格・変更点・スペック・旧機種との詳細比較

『MacBook Pro 16インチ』発表&発売。価格・変更点・スペック・旧機種との詳細比較

2019年11月14日

キーボード:シザー式キーボードに回帰

新型MacBook Proの噂で真っ先に気になるのが、あのキーボードの不具合問題。

We Found the “New Material” in Apple’s Fourth Butterfly Keyboard – YouTube

『MacBook Pro 2020』では、現行のMacBookシリーズすべてに採用されている『バタフライ構造キーボード』を廃止し、新たに『シザー式キーボード』を採用するとの専らの噂。

一応、“噂”…としているが、おそらくこれは確定に近い情報だと思える。
というのも、すでに事実上、Appleはバタフライ構造キーボードの欠陥を認める形になっているから。バタフライ構造キーボード自体、Appleが改善したと毎回言うのですが、そのたびにリコールや集団訴訟に発展していました。要するに直ってないということです。なので、至極当然の流れでしょう。

二条ねこ

まぁ、バタフライ構造キーボードを廃止してくれるのは助かるっ!

365日使った私が『バタフライ構造キーボード』レビュー—故障・耐久性を考えても“失敗作”では!?

365日使った私が『バタフライ構造キーボード』レビュー—故障・耐久性を考えても“失敗作”では!?

2019年1月23日
勝手に作ってみた『MacBook Pro 2020』のキーボードイメージ。

勝手に作ってみた『MacBook Pro 2020』のキーボードイメージ。

キーボード関係の噂でいうと、なんとescキーがTouch Barから独立するとの情報もあります。

これはMacBook Pro 16″とmacOS Catalinaのソースコード関係から出た情報だそうですが、2019年モデルからはTouch Barの横幅が狭くなり、両端にescキーとTouch ID(電源)ボタンが物理的に配置されるデザインに変更されるのだとか。

二条ねこ

頻繁に使うキーなのに、画面埋め込みっていうのは賛否あったからねー。

さたえり

ちょっと“否”多めな感じやったもんね。

発売日:2020年内だが正確な次期は不明

macOS Catalinaになっているのに…。

macOS Catalinaになっているのに…。

これだけ噂が飛び交っているのに、なぜか発売日に関しては“2020年”とだけ。

当初はMacBook Proのフルモデルチェンジは今年、つまり2019年だと言われていました。しかし、蓋を開けてみれば普通のマイナーチェンジ。そう、この時点で予想がズレているというわけ。なので、現時点ではどのリークサイトの情報も2020年とだけしているのでしょう。

個人的な予想としては、Mac Proの兼ね合いもあるので、発売日は2020年の半ば(5月〜6月)ではないかと予想しています。

まの

まぁ、そもそもフルモデルチェンジ自体も噂ですがね…。

スペック:セルラーモデルと自社製ARM CPU

『MacBook Pro 2020』のスペックの噂で興味深いのは、5G通信が可能なセルラーモデルの登場と、ついに“脱Intel”をするということ。

なんと5Gセルラー版MacBook Proが出る?

なんと5Gセルラー版MacBook Proが出る?

まず、5G通信可能なセルラーモデルの話から。

噂によると、2020年後半にMacBookシリーズ初となるセルラー通信が可能なモデルが出るそう。そして、このセルラー通信こそ次世代の通信『5G』を採用するらしい。また、その5G通信を実現するために、受信感度を上げるセラミックモジュールをコンポーネントとして組み込むとか…。

時期的にはありえるARM版MacBook。

時期的にはありえるARM版MacBook。

そして、CPUがIntelからARMに置き換わる話。

Appleは2006年からIntel製CPUを採用しています。それまでは“半”自社製のPowerPCでした。それが、ARM製CPUに置き換わるそう。つまり、脱Intelということ。

二条ねこ

RISC(PowerPC) → CISC(Intel) → RISC(ARM) ってなってますな〜。

この噂は以前からありますが、5Gの通信モジュールを入れたいというAppleの目論見。そして、Microsoftが自社のSurfaceにARM CPUを採用した『Surface Pro X』をローンチすること。これらを考えると、あながち絵空事ではないと予想します。

iPadからMacへの移植を可能にする『Project Catalyst』。

iPadからMacへの移植を可能にする『Project Catalyst』。

もちろん、アーキテクチャがARMとIntelでは異なるので、アプリケーションの互換性問題が出てくる。
しかし、Appleは『Project Catalyst』というmacOSとiPadOSの開発環境を統合しようとしている側面も同時にあります。そう考えると、2020年とは言い切れなくても、いずれはApple製CPUがMacBookに搭載されることも可能性としては多いにある気がします。

二条ねこ

x86互換チップを、いつRISC系チップにアプリケーションごと乗り換えるか…だよねー。

Surface Pro X vs Pro 7—比較の構図はx86 vs ARMであり、問題はアプリの互換性である

Surface Pro X vs Pro 7—比較の構図はx86 vs ARMであり、問題はアプリの互換性である

2019年10月24日

MacBook Pro 2019は買うべき?

MacBook Pro 2019は買うべき?

新型MacBook Pro 2019の情報が出てくると気になるのが、現行の『MacBook Pro 2019』を買うべきかという話。

私はMacBook Pro 2019を現在使っているのですが、懸念されていたキーボード不具合も今のところは出ていません。なので、もしキーボードの不具合を気にして購入を避けているなら、そこまで神経質になる可能性はないでしょう。MacBook Pro 2020だってキーボード問題が出てくるかもしれませんからね。

スペック的にも不満が出るようなものではないので、MacBook Pro 2019を“2019年内”なら買ってもよいと思います。2020年になると…要検討ですね。

Surface Laptop 3に乗り換えは?

Surface Laptop 3に乗り換えは?

MacBook Proがこんな状態なので、『Surface Laptop 3』に乗り換え検討している人もいるはず。

Microsoft Event 2019で発表された当機は、13.5インチモデルはIntel製CPUを搭載、15インチモデルはAMD製CPUをそれぞれ搭載している。特に、15インチモデルのGPU性能の高さから注目度は高い。

今までは、Surface BookがMacBook Proと同クラス…というイメージだった。しかし、今回の『Surface Laptop 3 15インチ』の登場で、MacBook Pro 15インチと戦えるモデルがコッチに移り変わった感じ。しかも、Surface Laptop 3はMacBook Proにはない『タッチパネル』と『Surface Pen』のコンビネーションも使えるというメリットもある。(しかし、Thunderbolt 3はない)

IllustratorやPhotoshopの使い勝手が、Windows 10では微妙というのが気になるが、OS自体もアップデートで安定・成熟してきており、Surface Laptop 3への乗り換えも大いにアリだと思います。

まとめ「キーボード改善は確実か。問題はその他の機能的大幅刷新」

まとめ「キーボード改善は確実か。問題はその他の機能的大幅刷新」

新型MacBook Pro 2020の噂がぼちぼち出てきていますが、個人的にはキーボードの刷新は確実だと踏んでいます。だって、バタフライ構造キーボードは……ですからね。

問題は、それ以外の機能がどこまで刷新されるのか
2020年モデルがキーボードだけの刷新だった場合、ユーザーとしては少し肩透かしを食らうことになるでしょう。なので、5GやARM CPUはともかくとして、バッテリー改善などの基礎スペックは上げてきてほしいものです。

二条ねこ

現行のMacBook Proになってから、バッテリー持ち悪いんだよねー。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

てか、なんだかんだ言って、MacBook Proを毎年買っているんやね…。

二条ねこ

一部は交換してもらったやつだけど、2016年モデルから2019年モデルまで毎年手元にあることになるね〜。

まの

そんなのだから不具合に当たるのですよ。おとなしくキーボード改善されるまで、待ってみてはどうですか?

二条ねこ

うぐぐ…物欲センサーが疼く……。

おわり