Mac民が選ぶサブ“モバイル”ノートPC(Windows)候補

Mac民が選ぶサブ“モバイル”ノートPC(Windows)候補
記事のポイント
  • Macの脱Intel化をしたのでWin機を探すことにした!
  • MacでのARM版Windows 11の仮想環境は諦めた!
  • 2台持ち運ぶことになるので軽量ノートPCが本命!

“両刀になるためのサブノート探し”

ARM版Windows 11のApple Siliconサポートが絶望的になったので、MacBook Proと一緒に持ち運ぶサブのモバイルノートPCを探すことに。そして、ひとまず候補を3つまで絞ってみた。…そんなお話。

二条ねこ

Parallels Desktop × Windows on ARM
…作戦は、ひとまず凍結なり!

まの

ライセンス問題がありますからね。

さたえり

だから、素直に2台持ちするんやね。

MacとWinを同時にモバイルしたい

MacとWinを同時にモバイルしたい

普段、お仕事においてはMac中心の生活なのですが、どうしてもWindows環境が必要になることが多々あります。

二条ねこ

例えば、コミPo!とかとかっ!

まの

えーと…仕事で使うのですか?それ!?

二条ねこ

社内広報の挿絵とかに使えるあーる。
商用利用可能だから、フォント等に気を付ければ使いやすいんだよねー。

MacとWinを同時にモバイルしたい

Image:Parallels

Intel Mac全盛期のときは、Parallels Desktop for Macを使って、必要に応じて仮想環境でWindowsを立ち上げるというのが、よくあるソリューションでした。そして、例に漏れず、私もParallels Desktop for Macには、とにかくお世話になっておりました。

ところが、そんな状況がApple Siliconの登場で一変します。

MacとWinを同時にモバイルしたい

Image:Apple

Appleは Intel → Apple Silicon への移行を着々と進めており、予定どおりならば、2022年中旬には Mac = Apple Silicon の構図が出来上がります(サポートを含めるともう数年あると思うが、新製品は出ないと思われる)。つまり、 CISC → RISC になるわけです。

アーキテクチャ的な話は置いておくとして、ここで困るのが仮想環境構築の問題

なんと、Microsoft曰く、ARM版Windows 11はApple Silicon搭載Macをサポートしないとのこと。しかも、ARM版Windowsのパッケージ単体販売も、今のところはありません。さらに、いろいろグレーな道をすり抜けたとしても、目的のアプリケーションがARM版Windowsで快適に動作してくれるのかも怪しい。

要するに、「危ない橋を仕事用PCで渡りたくない」と思ったので、持ち運びできるサブのWindowsノートPCを探そう、となったわけなのでした。

二条ねこ

はい、おわりっ!

さたえり

いやいやいや、まだ下にスクロールできるやん!

時が来たので Intel Mac → Apple Silicon に完全移行した

時が来たので Intel Mac → Apple Silicon に完全移行した

2021年8月14日

サブノートPCの選定条件

サブノートPCの選定条件
選定条件
  • モバイルが容易なサイズ感
  • 2台同時持ち運びが苦にならない軽さ
  • USB PDでの充電に対応
  • 豊富なインターフェース
  • 有線LAN端子(あれば嬉しい)

サブのWindowsノートPCの選定条件は…かなりゆるゆるでアバウト。

そうは言っても、MacBook Proと同時に持ち運ぶ予定なので、できるだけ軽い機種(1kg以下)を選びたいところ。あとは、仕事で使うので有線LAN端子(RJ-45)があると嬉しいかも。そして、MacBook Proと充電器を共通化したいので、USB PD充電に対応していることは絶対条件です。

さたえり

ゆるゆるとか言いつつ、結構条件あるやんか!

二条ねこ

仕事用PCとはいえ、凝り始めると…ね。

サブノートPCの暫定候補

二条ねこ

というわけで、候補を3つまで絞ったあーる!暫定で!!

【候補1】富士通『LIFEBOOK WU-X/F3』

富士通『LIFEBOOK WU-X/F3』
LIFEBOOK WU-X/F3
型番 RK_WUXF3_A009
メーカー 富士通
プラットフォーム
OS Windows 11 Home
CPU Intel Core i5-1135G7
iGPU Intel Iris Xe Graphics
dGPU
RAM 8GB
└ LPDDR4X-4266
SSD 128GB
└ PCIe
ディスプレイ
画面パネル LCD
└ IGZO
画面サイズ 13.3インチ
└ 16:9
画面解像度 1,920×1,080
└ FHD
コミュニケーション
無線LAN Wi-Fi 6
└ IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
有線LAN 1000BASE-T
100BASE-TX
10BASE-T
バッテリー
搭載容量 25Wh
駆動時間 約11時間
インターフェース
データ USB 3.2 Gen 1 Type-A ×2
USB 3.2 Gen 2 Type-C ×2
ビデオ HDMI ×1
オーディオ φ3.5mmステレオミニ ×1
ネットワーク RJ45 ×1
その他 SDカード ×1
ボディ
サイズ 307×197×15.5mm
質量 約634g

LIFEBOOK WU-X/F3《RK_WUXF3_A009》のスペック

ここがすき!
  • 13.3インチ世界最軽量634g
  • クリックボタン独立トラックパッド
  • 綺麗な配列のキーボード
  • LAN端子とSDカードスロットを搭載
  • プライバシーシャッター搭載
ここがうーん?
  • RAMを16GBにすると高価
  • 軽さと引換のバッテリー持ち11時間
  • キーボードバックライト非搭載

富士通LIFEBOOK WU-X/F3は、634gという圧倒的軽さが特徴の13.3インチWindowsノートPC。これが1つめの候補。

VAIO以外の国内メーカーには興味がない(すいません)…と思っていたが、本機は別。13.3インチで634gという、恐ろしいくらいにまで軽量な点にそそられる。なんと、12.9インチiPad Pro(Wi-Fiモデル:682g)よりも軽い。良い意味で、頭がおかしい。

I/Oも豊富で、フルサイズのSDカードスロットがあるのも高評価。バッテリー持ちは軽さと引き換えに短いが、モバイルバッテリーからUSB PD充電できるので、個人的にはそこまで気にならない。とにかく、MacBook Proと一緒に持ち歩くなら、本機が最有力候補。

二条ねこ

しかも、USB PD充電対応って言ってるけど、7.5W(5V・1.5A)から充電できるのは強い!

【候補2】ASUS『ASUS ExpertBook B9 B9450FA』

ASUS『ASUS ExpertBook B9 B9450FA』
ASUS ExpertBook B9 B9450FA
型番 B9450FA-BM0504T
メーカー ASUS
プラットフォーム
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i5-10210U
iGPU Intel UHD Graphics
dGPU
RAM 8GB
└ LPDDR3-2133
SSD 512GB
└ PCIe
ディスプレイ
画面パネル LCD
画面サイズ 14.0インチ
└ 16:9
画面解像度 1,920×1,080
└ FHD
コミュニケーション
無線LAN Wi-Fi 6
└ IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
有線LAN 1000BASE-T
100BASE-TX
10BASE-T
バッテリー
搭載容量 33Wh
駆動時間 約16時間
インターフェース
データ Thunderbolt 3 ×2
USB 3.2 Gen 2 Type-A ×1
ビデオ HDMI ×1
オーディオ φ3.5mmステレオミニ ×1
ネットワーク Micro HDMI ×1
└ Gigabit Ethernet専用
その他
ボディ
サイズ 320×203×14.9mm
質量 約870g

ASUS ExpertBook B9 B9450FA《B9450FA-BM0504T》のスペック

ここがすき!
  • アダプタ経由だが有線LAN対応
  • 14インチでは世界最軽量級870g
  • MIL規格準拠の高い堅牢性
  • プライバシーシャッター搭載
ここがうーん?
  • キー配列が一部窮屈
  • CPUが末尾Uのモデル
  • SDカードスロット非搭載

ASUSASUS ExpertBook B9 B9450FAは、870gの軽さとMIL規格の堅牢性が特徴の14.0インチWindowsノートPC。これが2つめの候補。

前述のLIFEBOOK WU-X/F3には及ばないものの、本機も870gとかなり軽量。しかも、2020年モデルということもあり、実売価格で約10万円前後まで値下がりしているのも魅力的。

有線LANはMicro HDMIから変換するというトリッキー仕様。ただ、市販のUSB to RJ-45変換アダプタとは異なり、PC本体側に内蔵したネットワークコントローラが使えるようになっている。なので、MACアドレスを厳格に管理する場面においては、トリッキーながら有用な仕組み。

惜しむらくは、キーボードの右側配列が窮屈なこと。ちなみに、2021年モデルのキー配列はもっと窮屈で変則的になっているので、個人的には2020年モデル推しです。

二条ねこ

安く買える軽量ノート筆頭格、そんな感じなのであーる。

【候補3】ASUS『ASUS ZenBook Duo 14 UX482EG』

ASUS『ASUS ZenBook Duo 14 UX482EG』
ZenBook Duo 14 UX482EG
型番 UX482EG-KA143TS
メーカー ASUS
プラットフォーム
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-1165G7
iGPU Intel Iris Xe Graphics
dGPU NVIDIA GeForce MX450
RAM 16GB
└ LPDDR4X-4266
SSD 1TB
└ PCIe
ディスプレイ
画面パネル LCD
画面サイズ メイン:14インチ
└ 16:9
サブ:12.6インチ
└ 384:103
画面解像度 メイン:1,920×1,080
└ FHD
サブ:1,920×515
└ FHD
コミュニケーション
無線LAN Wi-Fi 6
└ IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
有線LAN
バッテリー
搭載容量 70Wh
駆動時間 約10.8時間
インターフェース
データ Thunderbolt 4 ×2
USB 3.2 Gen 1 Type-A ×1
ビデオ HDMI ×1
オーディオ φ3.5mmステレオミニ ×1
ネットワーク
その他 microSDカード ×1
ボディ
サイズ 324×222×16.9–17.3mm
質量 約1,600g

ZenBook Duo 14 UX482EG《UX482EG-KA143TS》のスペック

ここがすき!
  • デジタイザーペン対応
  • 素直なキーボード配列
  • 1台だけど2画面PC
  • ハイパフォーマンス
  • Thunderbolt 4搭載
ここがうーん?
  • プライバシーシャッター非搭載
  • 2台持ちを考えるとつらい質量

ASUSZenBook Duo 14 UX482EGは、デュアルディスプレイが特徴の 14インチ + 12.6インチ WindowsノートPC。これが3つめの候補。

軽量なノートPCを中心に探しているので、本来なら先行外。なのですが、レビューでお借りして使ったときの感触が非常に良かったので、“特別枠”として候補に入れました。ちなみに、 MacBook Pro + 本機 だと、合計で約3kg。…重たい。

2画面搭載で、しかもタッチとデジタイザーペンに対応(上下両方とも)。正直、サブPCとして選ぶにしてはオーバースペックすぎるのですが、Macにはない唯一無二さに惹かれています。

二条ねこ

モバイルするにはヘビー級だけど、最初からデュアルモニター構成って考えると…これはこれで……悩ーむ。

【レビュー】ASUS ZenBook Duo 14 UX482EG:ペン対応で2画面PCの理想形[PR]

【レビュー】ASUS ZenBook Duo 14 UX482EG:ペン対応で2画面PCの理想形[PR]

2021年4月22日

まとめ「悩ましきサブノートPC選び」

悩ましきサブノートPC選び

MacがARM化するタイミングで、遅かれ早かれサブ機としてモバイルできるWindowsノートPCを導入しないといけないことは分かっていました。と言いつつも、実際にサブノートPCを選ぶのは、なかなかに悩ましいのです。

“軽量”という一点だけで考えるならば、富士通の『LIFEBOOK WU-X/F3』一択だとは思っているのですが、Thunderbolt非対応というのがネック。

“コストパフォーマンス”で考えると、ASUSの『ASUS ExpertBook B9 B9450FA』も魅力的。デザインも仕事で使えるシックな感じですし。

ASUS ExpertBook B9 B9450FA』は…“ロマン枠”です。

二条ねこ

うぐぐ…どうすべきかっ!?

CPU(種類・性能)視点のノートパソコンの選び方

CPU(種類・性能)視点のノートパソコンの選び方

2020年11月1日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

VAIO Zとかも考えたんだけど、仕事で使うには高すぎるあーる。

まの

別にフラグシップではなくても、VAIO SX14とかもありますよね?

二条ねこ

そこはフラグシップを選びたいっ!

さたえり

…いろいろごじれちゃったんやね。

おわり