光回線事業者とIPv6 IPoE接続のまとめ

光回線事業者とIPv6 IPoE接続のまとめ
記事のポイント
  • IPv6 IPoE接続事情を調べてみた!
  • NTT系光回線以外は気にしなくてもOK!
  • NTT系光回線はVNEに要注意!

いろんなIPv6があります。

現代の光回線には必須の『IPv6 IPoE』接続。これを、光回線事業者トンネリング技術プロバイダーの3つの視点から表にまとめてみました。そこで分かったことは…ややこしいってこと!

さたえり

確かにややこしい感じしかしないやんね。

まの

固定回線は混沌としてますものね。

二条ねこ

簡単に言っちゃうと、“罠”ばっかりだねー。

はじめに

■登場するネットワーク用語

  • IPv6 IPoE
  • IPv4 PPPoE
  • IPv4 over IPv6
  • MAP-E
  • DS-Lite
  • 4rd/SAM
  • VNE
  • ISP

本記事には、上記のネットワーク用語が出てきます。
これらを説明すると、とーっても長くなる。ということで、今回はその説明は割愛します。ん?説明が面倒だからなんて思ってないからね!?

二条ねこ

気になる人は、各自調べてどぞー!

『v6プラス』が遅い?—3つの原因&知っておきたいIPアドレス基礎知識

『v6プラス』が遅い?—3つの原因&知っておきたいIPアドレス基礎知識

2019年11月5日

IPv6 IPoE接続のまとめ

IPv6 IPoE接続の簡単な図。

IPv6 IPoE接続の簡単な図。

この手の情報は長々と書くより、結果だけ書くのがベストなはず。
なので、まずはIPv6 IPoE接続のイメージを、上画像のようなイメージ図にしてみました。

二条ねこ

それじゃ…

  • 【A】光回線事業者
  • 【B】トンネリング技術
  • 【C】プロバイダー

の3つでIPv6 IPoE接続を見ていくぞー!

【A】光回線事業者で見るIPv6 IPoE接続

  NTT KDDI OPTAGE¹ Sony²
サービス名 フレッツ光
光コラボ
auひかり eo光 NURO光
v4/v6共存技術 トンネリング デュアルスタック デュアルスタック デュアルスタック
IPv6対応サイト接続方式 IPv6(IPoE) IPv6 IPv6 IPv6
IPv6非対応サイト接続方式 IPv4 over IPv6(IPoE) IPv4 IPv4 IPv4

光回線事業者で見るIPv6 IPoE接続表。
¹元『ケイ・オプティコム』。
²正確には『Sony Network Communications』。

ここで理解しておきたいのは、IPv4とIPv6を共存させる技術の方式。

■IPv4/IPv6共存技術

  • NTT系回線:IPv4/IPv6トンネリング
  • NTT系以外の回線:IPv4/IPv6デュアルスタック

IPv4 PPPoEは遅いというのは、NTT系の光回線の場合での話。実は、NURO光だと、IPv4接続でも遅くはない。auひかりもeo光も同じことが言えます。

追記

NUROに技術担当に伺ったところ、IPv6・IPv4において詳しい技術仕様は回答できないと前置きした上で、IPoE・PPPoEは用いていないと回答をいただけましたので、一部訂正いたします。データリンク層のIPoE・PPPoE方式は、ADSLやフレッツ網での話のようです。

とどのつまり、NTT系の光回線以外なら、そもそもこんな問題は気にしなくてもよいということ。

【B】トンネリング技術で見るIPv6 IPoE接続

  MAP-E DS-Lite 4rd/SAM
提供事業者(VNE) JPNE¹
OCN
BIGLOBE
FreeBit
MFEED¹
ASAHIネット
BBIX
サービス名称 v6プラス
v6アルファ
IPv6オプション
ISPプレミアム(IPoE)
transix
v6コネクト
IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッドサービス

トンネリング技術で見るIPv6 IPoE接続表。
¹日本ネットワークイネイブラー株式会社の略。
²インターネットマルチフィードの略。

■IPv6移行技術(トンネリング技術)

  • MAP-E
  • DS-lite
  • 4rd/SAM

NTT系の光回線が利用しているトンネリングについては、上記のようなトンネリング技術の違いがあります。これこそ、諸悪の根源。ほかにも種類はあるけど、あまり使われないので割愛。

なお、VNE提供事業者の大手は、

  • JPNE
  • MFEED
  • BBIX

の3社です。
なので、ここからトンネリング技術が提供されていると楽。

あとは、基本的に後発で、独自でVNEとISPを紐付け的に運営しているイメージ。なので、上記3社以外のVNEの場合、ルーター選びは慎重に。でないと事故ります(私は事故った)。

【C】プロバイダーで見るIPv6 IPoE接続

プロバイダーとIPv6 IPoE接続については、

  • MAP-E
  • DS-Lite
  • 4rd/SAM

という、トンネリング技術別に分けています。

MAP-E

  JPNE OCN BIGLOBE FreeBit
名称 v6プラス v6アルファ IPv6オプション ISPプレミアム(IPoE)
IPv4 over IPv6 MAP-E MAP-E MAP-E MAP-E
採用プロバイダー So-net
GMOとくとくBB
@nifty
DMM光
ドコモ光
OCN BIGLOBE DTI

トンネリング技術がMAP-Eの場合。

『v6プラス』というのは、あくまでJPNEがVNEの場合のこと。
あとは独自なので、v6プラスとは呼びません。そして、無線LANルーターによってはドボンもあり得る。

二条ねこ

Yamaha RTX830で、BIGLOBEのIPv6オプションを設定するのが大変だったんだよねー。(RTX830はv6プラスのみネイティブ対応)

DS-Lite

  MFEED ASAHIネット
名称 transix v6コネクト
IPv4 over IPv6技術 DS-Lite DS-Lite
採用プロバイダー IIJmio
INTERLINK
enひかり(縁人)
?

トンネリング技術がDS-Liteの場合。

DS-Liteの場合は、ほぼほぼMFEEDがVNEとなっている『transix』なはず。ASAHIネットの『v6コネクト』は、どこで採用されているか分かりませんでした。

4rd/SAM

  BBIX
名称 IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッドサービス
IPv4 over IPv6技術 4rd/SAM
採用プロバイダー ソフトバンク光

トンネリング技術が4rd/SAMの場合。

MAP-EやDS-Liteに比べるとマイナーな『4rd/SAM』。
採用している主要なプロバイダーに関しても、ソフトバンク光ぐらいでした。

まとめ「NTT回線のIPv6 IPoEはややこしい」

まとめ「NTT回線のIPv6 IPoEはややこしい」

こうやって見てみると、NTT系の光回線(フレッツ光・光コラボ)だけ飛び抜けてややこしい…。NURO光 eo光は楽ですね。しかも、デフォルト速いですし。

実は、無線LANルーターを選ぶために作った記事なのですが、調べるのも大変ですし、NTTってなんだかなぁってなってしまいましたとさ。

二条ねこ

NTT系回線のメリットって…なんだろう!?

ネットワーク網年表—通信自由化〜光回線とインフラ〜楽天参入〜新時代へ

ネットワーク網年表—通信自由化〜光回線とインフラ〜楽天参入〜新時代へ

2019年10月17日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

もっともっと、NURO光導入マンション増えてくださいオナシャスだー。

さたえり

地域も物件も限定されちゃうのがネックやんね。

まの

そもそもですが、NTTが回線増強の設備投資をもっとすべきですわね。

おわり

Source:
ASAHIネット(12), FreeBit(1), BBIX(1), NTT東日本(1