新型Sony『デジタルペーパー』の予習——USB-C・Wacom AESで2021年8月登場

新型Sony『デジタルペーパー』の予習——USB-C・Wacom AESで2021年8月登場
記事のポイント
  • Sony『デジタルペーパー』の後継機種が2021年8月発売の可能性大!
  • 待望のUSB Type-CとWacom EMR採用なんで間違いなく買う!
  • PDFベースで論文・手書きメモを管理するならデジタルペーパーが一番!

復活のデジタルペーパー。

先日、Sonyの『デジタルペーパー』(DPT-RP1DPT-CP1)の生産終了がアナウンスされましたが、なんと新型デジタルペーパーが2021年8月発売のようです。私は100%買うので、その進化ポイントを事前予習しました。

二条ねこ

Sonyさん、買います!買わせてください!!

まの

盛り上がっていますわね……。

さたえり

電子ペーパー病患者やね。

新型デジタルペーパーが8月登場

デジタルペーパー

Good e-Readerによると、Sonyの新型『デジタルペーパー』(3rd Gen)が、すでに開発されており、2021年8月にリリース予定とのこと。

先日、現行のデジタルペーパー(2nd Gen)である『DPT-RP1』と『DPT-CP1』が生産終了となり、その後継機種の有無が個人的に気になっていたので、これは朗報中の朗報。この新型デジタルペーパーが、Sony販売となるのか、富士通(FCCL)販売となるのか、それは分かりませんがE Ink沼に堕ちてしまった私としては、絶対に手に入れたいデバイスだったりします。

まの

そうなると、富士通のQUADERNOも生産終了でしょうね。

二条ねこ

QUADERNOはデジタルペーパーありきだったから、そろそろ生産終了のアナウンスがありそうだよねー。

Sony『デジタルペーパー』の生産終了と兄弟機とE Ink小噺

Sony『デジタルペーパー』の生産終了と兄弟機とE Ink小噺

2021年2月18日

新型デジタルペーパーの変更点

Sony Releases 2021 All-New DPT DIGITAL PAPER 3rd Generation – YouTube

新型デジタルペーパー(3rd Gen)では、USBポートが『USB Type-C』になり、デジタイザーペンが独自のものから『Wacom EMR』に変更されています。また、ストレージ容量も32GBになっているそう。

デジタルペーパー専用ペン(DPTA-RS1)

生産終了となったデジタルペーパー(2nd Gen)は、発売年が古いこともあり、お世辞にも専用デジタイザーペンの描画性能が高いものとは言えませんでした。おそらく、先にBOOXSupernoteを触ってしまうと、そのジッター(斜めにペンを入れると描画がガタガタする現象)の多さに辟易としてしまうはず。それが晴れてWacom EMR対応となり、ジッターの心配も減ったという感じ。

私はBOOX、reMarkable、Galaxy Note/Tab/Bookを所有しているのですが、これらはすべてWacom EMRのデジタイザーペンに対応しています。なので、ペンの使い回しが効くという点でも、この新型デジタルペーパー(3rd Gen)のWacom EMR対応というトピックはかなり期待しているところ。

さらに、USBポートも現在主流のUSB Type-Cになってくれました。デジタルペーパー(2nd Gen)は、発売年が2017年ということもあって、USB Type-CではなくMicro USB。なので、このUSBポートの刷新についても大きく歓迎すべきポイント。

BOOX Note Airハンズオン:紙<ガジェットなE Inkタブレット

BOOX Note Airハンズオン:紙<ガジェットなE Inkタブレット

2020年10月21日

新旧デジタルペーパー比較

  デジタルペーパー 13.3″
(3rd Gen)
デジタルペーパー 13.3″
(2nd Gen)
SoC ? Marvell IAP140
CPU Cortex-A53(1.8Ghz) Cortex-A53(1.2GHz)
RAM ? 1GB
ROM 32GB 16GB(eMMC)
画面パネル E Ink E Ink
画面サイズ 13.3インチ 13.3インチ
画面解像度 1,650×2,200 1,650×2,200
タッチパネル 対応 対応
デジタイザーペン Wacom EMR
(バッテリー不要)
Wacom Active Digitizer
(バッテリー必要)
無線LAN Wi-Fi 5
(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
Wi-Fi 5
(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
Bluetooth Ver. 5.0 Ver. 4.2
インターフェース USB Type-C Micro USB 2.0
サイズ ?×?×5.7mm 224×302.6×5.9mm
質量 368g 349g

デジタルペーパー:3rd Gen vs 2nd Gen

生産終了の現行デジタルペーパー(2nd Gen)の発売年が2017年。さすがに4年の歳月が経過すると、基本的なスペックも順当に進化しています。おそらく、搭載されるE Inkパネルも新しい世代のものが採用されていることでしょう。

二条ねこ

それにしても、ちゃんと開発を続けていたことに驚きあーる。

まの

法人用途ですが、さすがのSonyもバッサリと切り捨てはできないのでしょうね。

デジタルペーパーの歴史

先程から、このSonyのデジタルペーパーに“○○ Gen”と併記しているとおり、デジタルペーパーはシリーズ製品。後継機種は第3世代デジタルペーパーとなります。

デジタルペーパー(1st Gen)

デジタルペーパー(1st Gen)

デジタルペーパー(1st Gen)は、13.3インチの『DPT-S1』のみ。発売日は2013年12月3日でした。

今でこそ、各社からデジタイザーペンによる描画に対応したE Inkタブレットがリリースされていますが、まさにこのDPT-S1はパイオニア的存在でしょう。まだこの頃は、どことなく『Reader』感がありました。

二条ねこ

Wacomの特許切れもあって、ペンデバイスが加速度的に普及した感じがするよねー。

まの

Wacomは偉大ですよね。

デジタルペーパー(2nd Gen)

デジタルペーパー(2nd Gen)

デジタルペーパー(2nd Gen)は、13.3インチの『DPT-RP1』が先発して発売(発売日:2017年6月5日)し、そこから1年遅れで10.3インチの『DPT-CP1』が発売(発売日:2018年6月5日)されました。

DPT-S1に比べて、デザイン自体やUI設計が紙に近くなり、よりコンセプトが明示化。機能をPDF編集と閲覧に絞り、ガジェット感を廃した潔さが他のE Inkタブレットにはない魅力でもあります。このあたりの余計なことができない感は、セキュアを意識したB2B製品らしいところでしょう。

二条ねこ

そして、ここからQUADERNOとかが生まれたんだよねっ!

まとめ「新型デジタルペーパーは絶対買います」

まとめ「新型デジタルペーパーは絶対買います」

Sonyの新型『デジタルペーパー』(3rd Gen)が、2021年8月リリース予定。まだ半年ぐらいありますが、今から発売が待ち遠しい私。

きっと価格も10万円前後になりそうですが、それでも絶対に買います。電子ペーパー自体が好きですし、Sonyも好き、Wacomも好き…もはや、買わない理由はないのです。

余談ですが、ちゃんとデジタルペーパーの後継機種を出すのであれば、新アプリもちゃんと開発してほしいところ。どうやら現行のアプリ(Digital Paper App for mobile)の最終アップデートが完了をしてサポート終了方向なので、ここだけはしっかりとサポートしてもらえると……。あと、ちゃんとiPadOSにも対応させてください、Sonyさん!

二条ねこ

電子ペーパー集めに勤しまねば…うぬっ。

BOOX用ノートテンプレートを自作してみた(作り方解説あり)

BOOX用ノートテンプレートを自作してみた(作り方解説あり)

2020年8月21日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

enchantMOONの懐かしさにしみじみ……。

まの

あれは未来ですわ。
手書き端末というよりも、OS自体と設計思想が面白いのでして。
開発機としての側面もあり、尊敬している人が関わっていますので。

二条ねこ

…なんかスイッチ入れてしまったあーるか!?

さたえり

…やね。

おわり