『どこでも My Mac』廃止による代替アプリはコレ! –by macOS Mojave–

嘘だと言ってよ、バーニィ…。

次期OS『macOS Mojave』では、リモートデスクトップ機能『どこでも My Mac』が“廃止”されます。なので、『どこでも My Mac』にある3つの機能の代替サービスを探してみました。

四条ねこ
ふぇええええ…。
まの
Apple特有の“突然の終了”が発動しましたね。
四条ねこ
嘘だと言ってよ、バーニィイイイイイっ!

macOS Mojaveで『どこでも My Mac』廃止

macOS Mojaveで『どこでも My Mac』廃止

この秋に正式リリースされる『macOS Mojaveモハベ』で、純正リモートデスクトップ機能である『どこでも My Mac』が廃止されるそうです。

四条ねこ
なっ…ええーーー!?

この『どこでも My Mac』廃止により、Appleは代替サービスの提案を『「どこでも My Mac」の変更点に備える』ページにて紹介しています。

『Mac OS X 10.5 Leopard』のパッケージ。

『Mac OS X 10.5 Leopard』のパッケージ。

今回の廃止決定により、『Mac OS X 10.5 Leopard』から11年に渡ってサポートされてきた『どこでも My Mac』の歴史が、『macOS High Sierra』にて幕を閉じます。

まの
Appleらしい決断ですよね…。
利用していたユーザーは大丈夫なのでしょうか?
四条ねこ
私も『どこでも My Mac』利用ユーザーだから、代替アプリをちゃんと調べてみるよっ!

『どこでも My Mac』3つの機能

『どこでも My Mac』3つの機能

まもなく廃止される『どこでも My Mac』には、主に“3つの機能”が集約されています。

『どこでも My Mac』3つの機能

  • ファイル共有
  • 画面共有
  • リモートマネージメント

機能1.ファイル共有

『どこでも My Mac』の“ファイル共有”機能は、ファイルやフォルダーをiCloudで紐づけている他のMacと共有できるものです。

機能2.画面共有

『どこでも My Mac』の“画面共有”機能は、1台のMacからもう1台のMacをリモート表示&コントロールするものです。

機能3.リモートマネージメント

『どこでも My Mac』の“リモートマネージメント”機能は、いわゆるリモートデスクトップです。

“画面共有”と“リモートマネージメント”の違い

“画面共有”と“リモートマネージメント”の違い

Macにはリモート機能が2つあります。
それが、“画面共有”と“リモートマネジメント”です。

■画面共有

  • 1台のMacを複数のMac“から”操作を想定。
  • 主たるMacは受け身。
  • よりライトにリモートできる。
■リモートマネジメント

  • 1台のMacで複数のMac“を”操作を想定。
  • 主たるMacは積極的。
  • より機密的にリモートできる。
四条ねこ
違いは“能動的か受動的か”な感じかなー?
どっちもONにすると“リモートマネジメント”が優先されるよっ!

Appleが機能を廃止する理由

Appleが機能を廃止する理由

さて、そんな便利な『どこでも My Mac』が、どうして廃止されるのでしょうか。その理由を考えた結果、以下の2つの理由がありそうです。

『どこでも My Mac』廃止理由

  • 『AirMac』の生産終了。
  • OSのセキュリティ強化。

理由1.『AirMac』の生産終了

理由1.『AirMac』の生産終了

おそらく最大の理由は、Appleが長年製造していたWi-Fiルーター『AirMac』が、すでに開発と生産を終了したからでしょう。

さよならAirMac。Time Machine難民にはNASを捧げる

2018.05.30
四条ねこ
Appleからすると、ネットワーク系製品(Wi-Fiルーター)から撤退したから、関連する当該機能を消したってことだろうね〜。
まの
『AirMac』自体がディコンになったから、関連機能の『どこでも My Mac』をサポート終了させるということですね。

理由2.OSのセキュリティ強化

理由2.OSのセキュリティ強化

また、『macOS Mojave』は、かなりセキュリティ強化しているOSです。
そして、最近発売された『iMac Pro』や『MacBook Pro』は、セキュリティ関連のチップ『Apple T2』を搭載させています。

ひょっとすると、セキュリティ絡みの関係から『どこでも My Mac』を終了させるのかも知れません。

四条ねこ
うーん…分かるような、分からないような…!?

廃止される『どこでも My Mac』の代替アプリ

廃止される『どこでも My Mac』の代替アプリ

まもなく廃止される『どこでも My Mac』の代替機能やアプリは、Appleから提案されています。

ファイルアクセス → iCloud Drive

ファイルアクセス機能は、Appleユーザーお馴染みの『iCloud Drive』への移行を促しています。

画面共有 → 画面共有機能

画面共有機能は、同じ名前で『画面共有機能』という代替機能がAppleから紹介(『画面共有を設定して使用する』)されています。

リモートマネジメント → Apple Remote Desktop

リモートマネジメント機能は、Apple純正の“有料”アプリ『Apple Remote Desktop』が代替アプリとして提案されています。

四条ねこ
『Apple Remote Desktop』が、9,800円するのには触れてはいけない…かなー。

総評:『どこでも My Mac』ユーザーは、今すぐ移行を!

総評:『どこでも My Mac』ユーザーは、今すぐ移行を!

今回紹介したように『どこでも My Mac』は、次期macOSである『macOS Mojave』で“消滅”します。

ですので、どうしても利用したい場合は、現行のOS以前で止めておく必要があります。ただ、セキュリティ的にはオススメしませんが…。

四条ねこ
だから、紹介した代替アプリを使うのをオススメするよー!
さたえり
一部“有料”アプリが混じっているんが、ネックやけどね…。
四条ねこ
それはAppleに言ってよー!

画面共有とリモートマネジメントは、若干違いがあります。利用用途によって分けることも可能ですが、多くのユーザーなら画面共有だけでもよいかも知れません。それなら、有料アプリを購入する必要性もなさそうです。

四条ねこ
画面共有とリモートマネジメントとの違いを理解した上で、『Apple Remote Desktop』を購入するといいかもだねっ!

『どこでも My Mac』は“砂漠”に沈みましたとさ。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

四条ねこ
モハーヴェ砂漠だけに“砂漠に沈んだ”ってねー!
さたえり
誰がうまいこと言えって言ったっけ!?
まの
スキあらば“ボケる”のが、ねこさんですからね。
四条ねこ
ふっふっふー!どやぁ!
さたえり
はいはい。おとなしくしようね。

おわり