ウォッチナンバーの注意点:Apple Watch『自分用に設定』では利用不可

ウォッチナンバーの注意点:Apple Watch『自分用に設定』では利用不可
記事のポイント
  • ウォッチナンバーは『自分用に設定』で使えない!
  • 自分用に設定したいならナンバーシェアにすべし!
  • UQ mobile・povoならauブランドに移る必要アリ!

“あくまで子ども用”

全国のauショップ等で『ウォッチナンバー』が、au回線未契約(UQ mobileやpovoも該当)でも契約できるようになったので、ちょっと注意喚起。このウォッチナンバー、『自分用に設定』では使えません!

二条ねこ

『ナンバーシェア』的には使えないぞ!

まの

ここ、超重要ですわね。

さたえり

実際に試して失敗したもんね。

ウォッチナンバーの仕様

ウォッチナンバー

Image:au

本題に入る前に、『ウォッチナンバー(ウォッチナンバープラン)』の仕様を簡単におさらいしておきます。

なお、『ウォッチナンバー』とは、Appleのファミリー共有設定という機能を用いて、iPhoneを持っていないユーザーでもApple Watch単体でセルラー通信が可能になるプランのことです。

ウォッチナンバー

Image:au

月額利用料金 385円/月
データ容量 250MB/月
国内通話 22円/30秒
国内SMS 送信:3.3円/通(70文字迄)
受信:無料

ウォッチナンバープランの内訳
※価格は税込表記
※ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料が別途発生

ウォッチナンバーを加入する際には、『ウォッチナンバープラン』という専用の料金プランを契約する必要があります。


ウォッチナンバー

ウォッチナンバー
適用プラン ウォッチナンバープラン ピタットプラン 4G LTE
月額利用料金 385円/月 6,150円/月(〜7GB)
4,650円/月(〜4GB)
3,150円/月(〜1GB)

新旧ウォッチナンバー比較
※価格は税込表記で各種割引非適用時
※ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料が別途発生

ウォッチナンバー自体は、2020年9月17日から提供開始しており、以前は4G LTEスマートフォン向けの『ピタットプラン 4G LTE』が適用プランになっていました。

しかし、2021年10月18日からサービスが一新され、前述の『ウォッチナンバープラン』というApple Watchのウォッチナンバー専用プランが設けられています。

ウォッチナンバー ナンバーシェア
月額利用料金 385円/月 385円/月
電話番号 親回線と別
(iPhoneと別番号)
親回線と一緒
(iPhoneと同番号)
契約可能者 auユーザー
UQ mobileユーザー ×
povoユーザー ×
それ以外 ×

ウォッチナンバーとナンバーシェアの比較
※価格は税込表記
※ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料が別途発生

auではウォッチナンバーとは別に『ナンバーシェア』というサービスが、Apple Watchセルラーモデル向けに用意されています。

これとウォッチナンバーを混同しないように注意。この2つは別物です。

ウォッチナンバー ナンバーシェア
docomo ワンナンバーサービス
SoftBank Apple Watch
モバイル通信サービス
楽天モバイル
MVNO

他キャリアでのApple Watch用eSIMプラン比較

『ナンバーシェア』と同等のサービスは、docomo・SoftBankの2社からも提供されています(いずれもメインブランドのみ提供)。

しかし、今回の『ウォッチナンバー』に相当するプランは、他キャリアからは展開されていません。2021年12月現在、日本ではau(KDDI)でのみ利用できるサービスとなっています。

二条ねこ

これで『ウォッチナンバー』のおさらいはおしまいっ!

ウォッチナンバーの注意点

ウォッチナンバーの注意点

いよいよ、本題。そして、これが最重要事項。

この『ウォッチナンバー』ですが、Apple Watchを“かならず”『ファミリーメンバー用に設定』にしてセットアップする必要があります

できないこと
  • ウォレットと連携するApple Pay
  • 親機との通知連携
  • ヘルスケアデータの共有
  • 呼吸数
  • 不規則な心拍の通知
  • 心電図
  • 周期記録
  • 睡眠
  • 血中酸素ウェルネス
  • Podcast
  • Remote
  • News
  • ホーム
  • ショートカット

Apple Watchをセットアップ時に『ファミリーメンバー用に設定』にすると、上記の事項ができなくなります。

お分かりのとおり、この状態でApple Watchを使っていくというのは相当厳しいものがあります。

しかしながら、ウォッチナンバープランを契約するには、Apple Watchをファミリーメンバー用に設定するのが必須となっているため、これらについては諦める必要があります。

『自分用に設定』でセットアップ不可

『自分用に設定』でセットアップ不可

Apple Watchを『ファミリーメンバー用に設定』でセットアップすると、前述のとおり、かなり多くの制約を課されることになります。

そうなると、「ウォッチナンバーを『自分用に設定』で契約すればよいのでは?」と思いたくなるのが心情というもの。しかしながら、これはできません。

Apple Watchを自分用に設定した状態でウォッチナンバーが契約できるかどうかは、実際に私がau直営店に行って、“システム上どうやってもできない”ということを確認済です。詳しい仕組みを知りたい方は、過去記事をご覧ください。

二条ねこ

とーにかく、ウォッチナンバーはトリッキーなのであーる。

まの

非auユーザーの場合は特にそうですよね。

【検証】“自分用に設定”のApple Watchで『ウォッチナンバー』単体契約できるか?(au回線未契約の場合)

【検証】“自分用に設定”のApple Watchで『ウォッチナンバー』単体契約できるか?(au回線未契約の場合)

2021年11月10日

ナンバーシェア的には使用不可

ウォッチナンバー ナンバーシェア
Apple Watch側の設定 ファミリーメンバー用 自分用
電話番号 親機と別 親機と一緒
Apple ID 親機と別 親機と一緒
親機のApple Watchと連携 不可

ウォッチナンバーとナンバーシェアの仕様の違い

結局のところ、ウォッチナンバーはナンバーシェア的は使うことはできません

したがって、自分のiPhoneを親機として、その親機と連携させた使い方(通常のApple Watchの使い方)をしたい場合は、素直に『ナンバーシェア』を契約する必要があります。

そして、この『ナンバーシェア』はウォッチナンバーとは異なり、auのメインブランドでしか契約することができません。残念ながら、UQ mobileもpovoも契約はできません。当然、MVNOも然り。

つまり、通常のApple Watchの使い方をしたいならば、

…の3択しかありません。

さたえり

ナンバーシェアはUQ mobileやpovoも非対応だから、これらのユーザーもauのメインブランドに移行する必要があるんやね?

二条ねこ

そういうことですなー。

まとめ「自分用なら素直にメインブランドと契約」

自分用なら素直にメインブランドと契約

同じことの繰り返しになりますが、au『ウォッチナンバー』では、Apple Watchを『自分用に設定』の状態では契約もセットアップもできません

ですので、自分のiPhoneと連携させて使いたいのであれば、諦めて3大キャリアのメインブランド(docomoauSoftBank)と契約するようにしましょう

余談ですが、「同じKDDIなのだから、UQ mobileやpovoでも『ナンバーシェア』を使わせてほしい」と、KDDI社員に伺ったことがあるのですが、現状これらとauは別体で動いているため実現は厳しいとのこと。

よくよく考えたら、アンテナピクト表示が「UQ mobile」や「povo」となっている(「au」ではない)ことが、これらを物語っているのかもしれません。

二条ねこ

そう考えるとアンテナピクトが「docomo」のままの『ahamo』は…ワンチャンあるかっ!?

この記事で紹介したガジェット
  • au|ウォッチナンバー
  • au|ナンバーシェア

おまけ

二条ねこ

Apple Watchと連携させるなら、docomoが一番おすすめなんだけどねー。

さたえり

え?こんなエントリーを書いといて!?

二条ねこ

docomoのプランのほうが魅力的ですからな。テザリング込みで無制限っていうのもあるし……。

まの

auやSoftBankも追従してほしいですよね。テザリング込みの無制限プラン。

二条ねこ

SoftBankはそれっぽいことを一応ルーター向けプランでやってるから、auもやってほしいなー。

さたえり

でも、それやと『UQ WiMAX』の存在意義がなくなるやんね。

二条ねこ

うーん、だよねー。

おわり