MacBook“キーボードテカリ対策”としての『尊師スタイル』

ケチ臭いけどリセールバリューを考えた結果なのです
MacBook“キーボードテカリ対策”としての『尊師スタイル』
記事のポイント
  • MacBookのキーボードはすぐにテカリ始めるのが弱点
  • 『尊師スタイル』こそがキーボードテカリ対策の救世主
  • 『キーボードブリッジ』と『L字USBケーブル』は必須

MacBookのキーボード、すぐにテカリ始めるのがネック。そこで、そのテカリ対策として、かの『尊師スタイル』の導入を決意。早速、キーボードとアクセサリの選定をしてみます。

二条ねこ
  • キーボードカバー → 打ちづらくてタイポが増えた
  • スキンシール → 剥がしたときの糊跡が心配

MacBookのキーボードテカリ対策として定番の『キーボードカバー』と『スキンシール』だけど、どっちもわたしには合わなかったのであーる。

まの

閉じたときに、ディスプレイ側に圧着痕が残ることもありますよね。

さたえり

そこで登場するのが、『尊師スタイル』ってこと!?

MacBookとキーボードのテカリ

MacBookに限ったことではありませんが、長期間キーボードを使用していると、表面のコーティングが摩耗して、キートップがテカリ始めてしまいます。いわゆる、経年劣化の一種。

とりわけ、MacBook AirやMacBook Proでは黒いキーボードが採用されているため、キーボードがテカリ始めると、どうしても白いものよりも目立ってしまいます。なので、MacBookユーザーとしては、このキーボードのテカリが悩みの種に。

このキーボードのテカリ、単なる皮脂によるものであれば、クリーニングクロスで拭けば簡単に解決します。ただ、大半のテカリはコーティングが摩耗した結果なので、なってしまった以上は諦めるしかありません。ですので、中古市場に流通しているノートPCのキーボードの大半は、テカテカのツルツルになっております。特に、酷使されがちなリース落ちについては、その傾向が顕著でしょう。

「キーボードのテカリこそ勲章」とも言えるわけですが、どうしてもリセールバリューが下がってしまうことは否めません。

したがって、リセールのことを考えるのあれば、キーボードのテカリ対策というのは必至。そこで、まだキーボードが綺麗な状態のときから、テカリ対策について考えておこうというわけなのです。ですなの。

二条ねこ

MacBookのキーボード、ThinkPadのそれみたいに簡単に個人で交換できたらいいのにねー。

まの

VAIOだと、3年に一度キーボード交換をしてくれる有償オプションが用意されてますよね。

二条ねこ

『AppleCare+ for Mac』で、キーボードのリフレッシュをやってほしいあーる。

キーボードテカリ対策と『尊師スタイル』

そんな、MacBookとキーボードのテカリの問題。その対策として、筆者が採用したアイデアが、Richard M. Stallman氏の『尊師スタイル』。尊師スタイル:ノートPCのキーボードの上に外付けキーボードを置いてタイピングする方式)

この尊師スタイル、ノートPCに搭載されているストロークの浅いキーボードが苦手なソフトウェアエンジニア界隈ではおなじみですが、キーボードのテカリ対策としても、非常に有用ではないかと感じ始めたのです。

“どうせ”と言ってしまうと語弊がありますが、部室ではMacBookを外部モニターに接続してクラムシェルモードで利用することが多く、ちょうど良い塩梅のキーボードを探していた最中。ならば、尊師スタイルと相性の良さそうなキーボードを探してみようと、相成りました。

そうすれば、MacBook側のキーボードを使う機会がかなり減るため、キーのテカリや劣化も抑えられる。したがって、高いリセールが期待できるというわけなのです。ちょっと貧乏臭いかもしれませんが、物を大切に使うという観点では、そこまで間違ったことをしてない…はず。

二条ねこ

MacBookのキーボードを打ちづらいと思ったことはないんだけどねー。

まの

バタフライ構造キーボード“以外”は、ですが。

二条ねこ

そもそも、あれは打鍵感以前に欠陥が多すぎるあーる。

尊師スタイル用キーボードの候補(for Mac)

それでは、尊師スタイルと相性が良さそうな小型のキーボードを選定していきます。

なお、『MacBook Pro 14インチ』で使うことを想定しているため、フットプリントも同機種にフィットするものを探しています。当然、Macに最適化されたキーボードなのが絶対条件です。あと、クリック音の大きいメカニカル軸(青軸など)は、外で使うことから選定対象から外しています。

Apple Magic Keyboard with Touch ID

候補①は、Apple『Magic Keyboard with Touch ID for Mac models with Apple silicon

言わずと知れた、Apple純正品。原型となるMacのキー配列を1mmも崩したくないと考えるならば、やはり純正品が最適か。指紋認証であるTouch IDも搭載されているため、MacBook Proのキーボードが尊師スタイルで覆い隠されてしまっても、UXが低下しないのも魅力。

キーの打鍵感向上目的と考えると、元となるMacBook Proのキーボードと変化がないため、尊師スタイル崇拝者からするとちょっと邪道な気も。あと、今どきのBluetoothキーボードのわりに、マルチペアリングに非対応なのがギーク的には解せぬ(ユニバーサルコントロールがあるからかも)。

PFU HHKB Professional HYBRID Type-S

候補②は、PFU『Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S

HHKBと言えば、尊師スタイルにおける定番中の定番キーボード。なんと、PFUのサイトを拝見すると、公式画像に尊師スタイルを実践しているものが掲載されている。それくらい、自他共に認める尊師スタイルの決定版。打ち心地、耐久性、カスタマイズ性、これらは語るまでもありません。

ちょっと懸念しているのは、キーボード自体の高さが結構あるため、リストレストを併用しないと打ちづらそうなこと。そして、重くて嵩張ること。とはいえ、HHKBの雪モデルはいずれ買おうと思っていたのえ、尊師スタイル関係なく確保しようとは考えています。

Logicool MX Keys Mini for Mac

候補③は、Logicool『MX Keys Mini for Mac

Apple純正品に近いデザインとキー配列。しかも、Bluetooth LE接続に加えて、2.4GHz接続であるLogi Boltにも対応。さらに、キーボードはバックライト搭載。マルチペアリング対応。Touch IDが不要ならば、Apple純正品よりもこちらのほうがベストバイなのではと思うレベル。

コンパクトで尊師スタイルとも相性が良さそうで「理想を見つけた」と思ったのですが、ControlキーとCapsLockキーの位置がMacBook Proと異なるのが残念すぎる。あと、左側のFnキーと半角/全角キーが邪魔。キーバインドをアサインし直す、純正とキー配列に遜色がない英語配列版を買う、など対策はあるのですが…悩むところ。

一緒に買っておきたいアクセサリ

キーボードブリッジ

尊師スタイルの必須アクセサリと言えば、『キーボードブリッジ』。

キーボードの種類によっては、ノートPC側のキーボードと干渉しないものもありますが、基本的にはキーボードブリッジを用いたほうが安全。MacBook AirやMacBook Proで尊師スタイルをするのであれば、バード電子の『キーボードブリッジ』一択。

L字USB-Cケーブル

最近のキーボードの多くはBluetooth接続できますが、チャタリングリスクを減らす観点から、USBでの有線接続がベター。なので、『L字USB-Cケーブル』もマスト。

なぜ、“L字”なのかというと、キーボード側のUSBポートとディスプレイが干渉しないようにするため。大半のキーボードに搭載されているUSBポートは筐体背面にあるため、L字USBケーブルでないと、うまく取り回せないわけです。

そういったことから、尊師スタイル界隈では、キーボードブリッジと並んでマストなアクセサリとなっています。

【レビュー】ELECOM U2C-CCLNBK:待望のL字USB-Cケーブル

【レビュー】ELECOM U2C-CCLNBK:待望のL字USB-Cケーブル

2021年5月28日

キャリングケース

これはマストではないですが、キーボードを安全に持ち運ぶために、別途『キャリングケース』を用意しておくのが理想。

ここが、前述の『尊師スタイル用キーボードの候補』で挙げた製品と関わってくるのですが、実は紹介したキーボードはすべて、(社外品もあるが)専用のキャリングケースが販売されているのです。言い換えれば、専用キャリングケースがあったからこそ、候補を絞れたということ。

まとめ「私も“尊師デビュー”しちゃうぞ!」

Apple Magic Keyboard with Touch ID』か『PFU HHKB Professional HYBRID Type-S』か『Logicool MX Keys Mini for Mac』か。

……まだ決めかねているのですが、念願の尊師スタイルデビューすることにしました。

二条ねこ

左手デバイスをたんまり買ってるから、これで外出時の作業環境も万全なのであーるっ!勝ったぜ!!

デザイナーの左手デバイス探索 –お絵描きツール編–

デザイナーの左手デバイス探索 –お絵描きツール編–

2022年5月2日

デザイナーの左手デバイス探索 –片手キーボード編–

デザイナーの左手デバイス探索 –片手キーボード編–

2022年4月28日

デザイナーの左手デバイス探索 –ジョグダイヤル編–

デザイナーの左手デバイス探索 –ジョグダイヤル編–

2022年4月19日

デザイナーの左手デバイス探索 –ゲーミングマウス編–

デザイナーの左手デバイス探索 –ゲーミングマウス編–

2022年4月18日
記事に登場したガジェット

おまけ

二条ねこ

“跡”と“痕”の使い分けが難しいのであーる。

まの

遺跡や行跡などは“跡”。
爪痕や血痕などは“痕”。
…ニュアンスとしての違いは分かりますが、判断しかねる場合も出てきますよね。

さたえり

“跡”はイベントに対して、“痕”はアクシデントに対して、って感じかなぁ。

二条ねこ

ニホンゴ、ムズカシイデスネ。

さたえり

何で、急にカタコトに……。

おわり