悩む…『Wacom Cintiq 16』のOKとNGまとめ—価格は良いが色域が気になるかな?

悩む…『Wacom Cintiq 16』のOKとNGまとめ—価格は良いが色域が気になるかな?

エントリーにしては…高い?

イラストを描く人にとって、Wacomの液タブを持つことは一種の“ステータス”なはず。そんな折、『Wacom Cintiq 16』という激安液タブが出たわけだが…!?

四条ねこ
うーん、絶妙な価格(良くも悪くも)だー。
まの
約7万円ですか…。
さたえり
今までWacom液タブと比べれば、スペックを考えても“バーゲンプライス”やとは思うけどね…。

『Wacom Cintiq 16』と『Wacom Cintiq Pro 16』の違い

『Wacom Cintiq 16』と『Wacom Cintiq Pro 16』の違い

おそらく、この記事を見ているということは、すでに『Wacom Cintiq 16』のことをご存知な人だと思います。

▼『Wacom Cintiq 16』は、Wacomのエントリー液タブ。

▼『Wacom Cintiq Pro 16』は、4K搭載のハイエンド液タブ。

そこで気になるのが、上位機種である『Wacom Cintiq Pro 16』との違いだと思います。そう、私もそこが気になっていました。

四条ねこ
そういうわけで、簡単な表にまとめてみたよ〜!
製品名 Wacom Cintiq 16 Wacom Cintiq Pro 16
解像度
FHD 4K
色域 72% NTSC(CIE 1931) 90% Adobe RGB(CIE 1976)
85% Adobe RGB(CIE 1931)
筆圧感知 8,192段階 8,192段階
タッチパネル
非搭載
搭載(マルチタッチ)

無印16とPro16の比較表。

詳しくは公式サイト(Wacom Cintiq 16Wacom Cintiq Pro 16)を見てもらうとして、ざっくりとした比較はこんな感じです。

個人的に気になるところだけをピックアップしたのですが、

  • 解像度
  • 色域
  • タッチパネル

が、この2機種では、大きく異なってくる印象です。

四条ねこ
タッチパネルは使わないと思うけど、色域はちょっと気になるかなー?

色域の規格と広さについて

sRGB・Adobe RGB・NTSCの色域と違い

sRGB・Adobe RGB・NTSCの色域と違い

制作と色域を語る上で、おそらく必ずといっていいほど出てくるのが

  • sRGB
  • Adobe RGB
  • NTSC

という言葉ですよね。

プロのデザイナーとして普段は働いている私としては、仕事で使うのであればAdobe RGBカバー率が90%はあって欲しい感じ。特に液タブは仕事に直結するので、よりシビアな判定になるかも知れません。

四条ねこ
I-O DATAの『LCD-HC241XDB』とか、3万円弱でAdobe RGBカバー率が90%だからねー。(これは凄い)

話がそれてしまいましたが、NTSCはさておき(映像制作はしてないので言及できない)、この『Wacom Cintiq 16』のカバー率72%をどう捉えるかです。

Adobe RGBとNTSCは、上画像を見てもらえれば分かるように、そこまでの色域の差異はないようです。もちろん、仕事で使うのであれば、ここもシビアな判定になるので、もっと気にしないといけないのですが、『Wacom Cintiq 16』はエントリーモデルですからね。

四条ねこ
72%を広いか狭いかで聞かれたら、狭いよねー。

解像度について

両者の解像度の違いは、さして気にしなくてもよい?

両者の解像度の違いは、さして気にしなくてもよい?

ディスプレイ関係の違いでいうと、もうひとつ。それが解像度の違い

まの
ねこさんは、FHDと4Kをどう思うのですか?
四条ねこ
うーむ…別にFHDでもいいと思うんだよね〜。

両方とも16インチなので、4Kだとしても、ドットバイドット表示はキツいです。エントリーモデルを差し引いても、『Wacom Cintiq 16』の解像度(FHD)は妥当ですし、気にしなくてもいいかなと思います。

四条ねこ
ソフトウェアが高DPIに対応しているかも出てくるしねー。

4K/5Kモニターが実はダメな3つの理由&WQHDモニターがベストな3つの理由

2018.08.14

Wacom Cintiq 16のポイント

Wacom Cintiq 16のポイント

簡単な比較と感想を述べたところで、『Wacom Cintiq 16』の良さそうな点・気になる点をまとめてみました。

■良さそうな点

  • そこそこ安い。
  • ペンがかなり良い。
■気になる点

  • 視差が気になる。
  • 色域が気になる。

実際に『Wacom Cintiq 16』をお願いして触らせてもらったのですが、ペンは「さすがWacom!」という感じで良好。エントリーといっても、そこは同社の液タブらしいペンのクオリティーでした。

反対に気になったのが、“視差”です。
おそらく、ディスプレイ層とカバー層のギャップがあるのか、『Wacom Cintiq Pro 16』を触ったあとに、『Wacom Cintiq 16』を触ると、ちょっと気になる感じはありました。ただ、『Wacom Cintiq 16』だけ触ったとすると、気にならないレベルですけどね…。

四条ねこ
イメージは、4Kテレビの上位モデルを見た後に、廉価モデルを見ちゃった感じっ!
まの
なるほど…。

価格は、最近だとこういうのがあるので、凄い安い感じではないですね。もちろん、あの“憧れ”のWacomブランドがこの価格と考えたら、バーゲンプライスですがね。

Wacom Cintiq 16が“買い”な人

Wacom Cintiq 16が“買い”な人

今回の『Wacom Cintiq 16』を買うべき人は、

  • ペンタブから移行する人
  • Wacomブランドが欲しい人
  • 仕事で使わない人
  • 価格に許容できる人

だと思いました。

四条ねこ
価格は今までのWacom液タブから考えたら安いと思うっ!
だけど、色域が気になるから、デザイナーやカメラマンとかだと要再考かもー!?

私はあくまで仕事で使うからですが、趣味用途なら、この上ないバランス機だと感じました。ただ、できれば、この販売価格は5万円台が理想だったり…。

四条ねこ
待って安くなるような製品じゃないしなー。
さたえり
冒頭の「良くも悪くも微妙な価格」って、言っていたやつやね。
四条ねこ
そうなんだよー。
Amazonなら、6万円台中盤で買えるけど…うーむ!?

総評:ハイアマチュア向けかもだね!?

総評:ハイアマチュア向けかもだね!?

『Wacom Cintiq 16』は、この価格でWacomの技術が詰まった液タブが手に入ると思えば、納得いく価格ではあると思います。

ただ、どうしても色域の狭さが、個人的には気になってしまうのも事実。

四条ねこ
ハイアマチュア向けって感じだけど、それだと『Wacom Cintiq Pro 16』を一足飛びで購入しても、いい気がしたりしなかったりー!?
まの
これから価格がこなれてくればよいのですがね。
四条ねこ
そう考えると、iPad Proの2018年モデルは“絶妙”な感じなんだよねー。

Macなユーザーは、iPad ProとAstropadという手段もありますし、デスクトップのWindows PCユーザーに『Wacom Cintiq 16』はオススメかもですね。

要検討…ですな。

おまけ

四条ねこ
10万円以内だから、経費としては落としやすいって考え方もあるけどね〜。
まの
た、確かに…。
さたえり
でも、プロ用途やと色域が気になるんよね?
四条ねこ
そうなんだよー。

おわり