Surface Book 3は2020年春のMicrosoft Eventで登場?噂と希望と勝手予想

Surface Book 3は2020年春のMicrosoft Eventで登場?噂と希望と勝手予想
記事のポイント
  • Surface Book 3を情報を元に勝手に予想した!
  • 発売は2020年春のMicrosoft Eventが濃厚!
  • フルモデルチェンジとThunderbolt 3搭載が望まれる!

今度こそ、Thunderbolt 3を。

現行のSurface Book 2は2017年11月発売。Book 2は当ブログでもレビューをしているが、そろそろ欲しいのが新型『Surface Book 3』の情報。そういうわけで、Book 3の予想とBook 2ユーザー的に望むことを語っていきます。

まの

新型が出ないまま1年が過ぎましたわね。

さたえり

2019年10月のMicrosoft Event 2019でもスルーやったもんね。

二条ねこ

そうなのであーる。
早く新型が出てほしいあーるあーる…。

Microsoft、Surface Go 2/Book 3/Headphones 2/Earbudsを発表

Microsoft、Surface Go 2/Book 3/Headphones 2/Earbudsを発表

2020年5月7日

Surface Book 3の勝手予想

Surface Book 3の勝手予想

現行のSurface Book 2が発売されてから約2年強。そうなってくると、そろそろSurface Book 3が出てきてもおかしくないタイミングになってきました。

去年の3月にもSurface Book 3の勝手予想をしていますが、あれから音沙汰なし…。ということで、今年こそ発表してくれることを祈りつつ、また勝手予想をしていきます。

二条ねこ

MacBook Proとガチで戦うなら、やっぱSurface Laptop 3じゃなくてSurface Book 3だよねー!

『Surface Book 3』に望むもの—Thunderbolt 3・USB-C 3.1 Gen2・発売日を噂から考える

『Surface Book 3』に望むもの—Thunderbolt 3・USB-C 3.1 Gen2・発売日を噂から考える

2019年3月8日

発売日:2020年春に登場かも

歴代Surface Bookシリーズの発売日は、

  • Surface Book:2015年10月
  • Surface Book 2:2017年11月

という感じで、約2年のスパンで登場している。

なので、歴代発売日から推測すると、いつ出てもおかしくない状況になっています。

Microsoft系TechサイトNeowinによると、春のMicrosoftハードウェアイベントでSurface Book 3が登場する予定と記載されています。なので、おそらく5月頃に開催されるMicrosoft Event 2020でお披露目となるかもしれません。

二条ねこ

予想が当たるとすると、あと数か月で登場することになるわけだっ!?

スペック:CPUはIntelでGPUはAMDか

先に言っておくと、スペックに関する明確な情報は、海外メディアから入手することはできなかった。つまり、まだまだ“未知数”ということ。

ただ、個人的に引っかかっている…というか、思っているのはCPUとdGPUのサプライヤー(供給元)問題。もっと具体的に言うと、CPUはIntelなのかAMDなのか、dGPUはNVIDIAなのかAMDなのか、ということなのです。

Surface Bookシリーズは、Intel・NVIDIAという組み合わせ。

Surface Bookシリーズは、Intel・NVIDIAという組み合わせ。

Surface Bookシリーズは今まで、

  • CPU:Intel製Coreプロセッサー
  • dGPU:NVIDIA製GeForceプロセッサー

というサプライヤーの構成でした。

さたえり

だから、どういうことなん?

二条ねこ

とりあえず、次の表にまとめてみたぞー!それを見たれりっ!

  Surface Laptop 2 Surface Book 2 Surface Laptop 3¹ Surface Book 3
CPU Intel Core Intel Core AMD Ryzen
GPU Intel UHD NVIDIA GeForce AMD Radeon RX Vega

Surface BookとSurface Laptop 3のCPUとGPU。
¹15インチモデル。

そう、Surface Laptopが2から3になったとき、最上位の15インチモデルでは、CPUに従来のIntel製からAMD製のRyzenに鞍替えしているのです。
そうなってくると、Surface Book 2のCPUにIntel、GPUにNVIDIAを採用しているからといって、Surface Book 3がIntelとNVIDIAという組み合わせになるのかは微妙というわけです。Microsoftの考え方や方針次第では、Surface Laptop 3のようにAMDになるかもしれません。

Surface Book 3のCPUは、IntelかAMDか。

Surface Book 3のCPUは、IntelかAMDか。

ただ、個人的な予想だと、Surface Book 3には従来どおりのIntel製CPUを採用してきそうな気がしています。GPUもひょっとすると、AMDではなくこちらも従来と同じNVIDIAになるのではと予想しています。
Surface Laptop 3ではAMDのフラグシップを。Surface Book 3ではIntelのフラグシップを。そういう感じでMicrosoft的に棲み分けたいような気がしているので。CPUがIntelなら、自動的にGPUはNVIDIAだと思っています。ここはMacBook Proとの棲み分け的な感じです。

二条ねこ

できれば、Core i9を搭載してきてほしいところですなー。

まの

MacBook Pro 16″がCore i9搭載ですものね。

Surface Book 3に望むモノ・コト

さて、ここからは来るSurface Book 3に搭載してほしいスペックについて、Surface Book 2ユーザー(だった)的に語ります。

さたえり

「だった」!?

二条ねこ

すでに手放したんだよねー。

【レビュー】Microsoft『Surface Book 2 15インチ』—GPU搭載2in1の最高峰が降臨

【レビュー】Microsoft『Surface Book 2 15インチ』—GPU搭載2in1の最高峰が降臨

2019年7月28日

Thunderbolt 3の搭載

絶対搭載してほしいもの、それが『Thunderbolt 3』。必須の必須です。

AppleユーザーならおなじみのThunderbolt 3。

AppleユーザーならおなじみのThunderbolt 3。

MacではおなじみのThunderbolt 3。MacBook Proはもちろん、iMac、はたまたMacBook Airにだって搭載されています。そう、Appleユーザー的に考えると、Thunderbolt 3は“あって当たり前”なポートになっているわけです。

現行のSurface Book 2には『USB Type-C』は搭載されていますが、Thunderbolt系は非搭載。正直、Surface Bookユーザーはフォトグラファーやデザイナーなどのプロだと思うので、Surface Book 3ではThunderbolt 3を搭載してこないと、そもそもお話にならない気がします。

もちろんUSB Type-Cでも拡張性は豊かですが、Thunderbolt 3のほうが転送速度も高速ですし、ユーザー的にも分かりやすいはず。USB Type-Cは非常にややこしい仕様なので、おそらくAppleも、混乱を避けるために現行Mac系のUSB Type-C形状のポートはThunderbolt 3に統一させているはず。なので、Microsoftには英断を望みたいところ。

本体質量の軽量化

そして、実際に思ったのが、Surface Book 2は重たいということ。なので、Surface Book 3では100gでもいいので軽量化を図ってほしいところ。

私が以前使っていたSurface Book 2 15インチは、なんと1.9kgという重さ。最近MacBook Pro 16インチも使い始めたので、この重さには慣れている感があるのですが、やっぱり軽いに越したことはないと思うわけです。

MPPのジッター減少

Surfaceシリーズのデジタイザーペンには、『MPP(Microsoft Pen Protocol)』というプロトコルが採用されています。個人的に、このMPPはジッターが気になるのです。

使っていて気になったのが、このMPPのジッター問題。

使っていて気になったのが、このMPPのジッター問題。

ジッターというのは、ゆっくり描画したときに線がガタガタになってしまう現象。他のデジタイザーペンのプロトコル(AESやEMR)だと発生しづらい現象なので、本体側のキャリブレートなどを細かくチューニングして、ジッターが出にくくなると嬉しいと思うわけです。

二条ねこ

実際に使っていての最大のネックが、このジッターだったんだよねー。

お絵かきペンは“Wacom>N-trig>Synaptic”だと思う!—デジタイザーとWindowsタブについて想うコト

お絵かきペンは“Wacom>N-trig>Synaptic”だと思う!—デジタイザーとWindowsタブについて想うコト

2019年2月3日

まとめ「次回のMicrosoft Eventに注目」

まとめ「次回のMicrosoft Eventに注目」

Surfaceシリーズの中では、比較的モデルチェンジの遅いSurface Book。すでに現行モデルの登場から2年以上経過しているので、そろそろ新型が出てきてほしいところ。

個人的には、CPUやGPUといった基礎スペックはもちろんですが、MPPのジッター改善や軽量化も新型では図ってほしいところ。おそらく、流れ的にはThunderbolt 3は搭載してくると思うのですが、意外とMicrosoftってそこに関しては慎重ですからね…。果たして!?

二条ねこ

どっちにしても、次に買うなら13インチモデルかなー?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

ジッターさえ改善されれば、お絵描きタブの理想形になるんだけどねー。画面も大きくて高解像度だし…。

まの

私はですが、タブレット側にはUSBポートが欲しいところですわね。でないと、タブレットだけでの利用は現実的ではなくなりますので。

二条ねこ

確かにそうなんだよねー。タブレット側にもUSB Type-Cポートが1つは欲しいところですな〜。

おわり

Source:
Microsoft has some exciting Xbox and Surface hardware coming in 2020 – Neowin