キター!Peak Design『Travel Backpack 45L』をポチります!私が買う理由は○○だと思うから!?

キター!Peak Design『Travel Backpack 45L』をポチります!私が買う理由は○○だと思うから!?

カメラバッグの域を超えた。

一眼ユーザーならお馴染みのPeak Designから、新たなバッグが発売された。その名も、『Travel Backpack 45L』という旅行用カメラバッグ。これ、カメラユーザー以外も“買い”な気がするぞ。

さたえり
今までのカメラバッグよりも、マルチに使えそうで買いやね!
四条ねこ
おおー!
さたえり買っちゃうの〜!?
まの
確かに、公式プロモーション動画を見ると、欲しくなってしまうバックパックですね。

Peak Design『Travel Backpack 45L』とは

Travel Backpack 45L – Setup & Use

まずは、Peak Design『Travel Backpack 45L』を知らない人のために、簡単な製品説明をします。

さたえり
うちは…ポチるやよ!!

Peak Design『Travel Backpack 45L』は、カメラグッズでお馴染みのPeak Designの新シリーズ『Travel Line』のバックパック。容量はかなり大きな45L。特徴は後述するが、いわゆる“モジュラー型”であることです。

さたえり
モジュラー型だから、小分けポーチが同時にたくさん発表されたんよ!

▼すでに販売されているPeak Designのカメラバッグ。

▼今回発売される45Lのトラベルバックパック。

多種多様な『Travel Line』での展開

多種多様な『Travel Line』での展開
さたえり
モジュラー型だから、中に入れるポーチを自分で選べる構造なんよ!
『Travel Line』のラインナップ

  • Travel Backpack 45L
  • Tech Pouch
  • Wash Pouch
  • Packing Cube Small
  • Packing Cube Medium
  • Camera Cube Small
  • Camera Cube Medium
  • Camera Cube Large
  • Shoe Pouch
  • Rain Fly

『Travel Backpack 45L』自体は“中は空洞”のバックパックです。なので、別途、中に入れるポーチ(Pouch)やキューブ(Cube)を購入する必要があります。

従来の同社のカメラバッグは、いかにもカメラバッグといった感じでした。なので、仕切りもしっかりありましたし、デイリーユースにはいささか厳しい側面も無きにしもあらずでした。

パッキングが楽しいシステマティックなスタイルに。

パッキングが楽しいシステマティックなスタイルに。

それが、今回の『Travel Backpack 45L』で解消されています。どちらかと言えば、“普通の”バックパックに近づいたスタイル。よりオールマイティーに使えるようになった感じです。

ただのモジュラー型ではないロック機構

ただのモジュラー型ではないロック機構
さたえり
ちゃんとパッキングした“ポーチが固定される”仕組みなんよ!

個人的にこの『Travel Backpack 45L』のポイントは、インナーポーチがしっかり固定されることです。

インナーポーチをしっかり固定できる仕組みがエモい。

インナーポーチをしっかり固定できる仕組みがエモい。

少し分かりにくいですが、バックパックの内部にインナーポーチをしっかり“ロック”できるラッチのようなものがあります。これは非常に意味のある機構。これにより、バッグ内でインナーポーチが暴れないようになっています。

私の気に入ったポイント

さたえり
ここからは、うちがポチるに至った購入ポイントを書いていくやよ!

スタイリッシュなデザイン

スタイリッシュなデザイン

すでにPeak Designユーザーの人なら分かってくれると思いますが、同メーカーの製品はスタイリッシュなデザインが特徴です。

しかも、ただオシャレなだけではなく、“実”を伴ったデザインであることが魅力。
使いやすさと美しさの両方を兼ね備えたバックパックなので、ここでまずグッと来ました。

容量が30L・35L・45Lの可変式

容量が30L・35L・45Lの可変式

個人的にかなりポイントが高かったのが、容量が30L・35L・45Lの“可変式”であるということ。

さたえり
こういうとこに、ギーク心がくすぐられるやんね!
機内持ち込みサイズを基準に、小さくも大きくもなる。

機内持ち込みサイズを基準に、小さくも大きくもなる。

名前に“Travel”が入っていることからも分かるように、この『Travel Backpack 45L』は、旅行での利用を想定しています。つまり、容量も大きいぶん、大きさもデカい。ここまでは普通のバックパックです。

しかし、『Travel Backpack 45L』は、容量を小さくも大きくもできる仕様

これで普段使いも大丈夫ですし、旅行時に荷物が増えてしまった場合でも、このバックパックひとつで済むわけです。要するに、“フレキシブル”なバックパックなのです。

同社の『Capture』が装着可能

同社の『Capture』が装着可能

Peak Designといえば…そう、大人気『Capture』
当然、『Travel Backpack 45L』も上画像のようにCaptureを装着可能になっています。

チェストベルトにもCaptureを装着可能。

チェストベルトにもCaptureを装着可能。

さらに、チェストベルトにもCaptureが装着可能になっています。ここまでくると、もはや“ガンダム”ですね!

ちなみに、Captureの左に装着されているのは、同じくPeak Designの『Range Pouch』です。一眼のレンズを収納するポーチですね。

『Camera Cube』単体でもバッグになる

『Camera Cube』単体でもバッグになる

そして、インナーポーチである『Camera Cube』ですが、これ単体でもバッグとして利用可能です。

バッグ単体利用は、同社の『Anchor Links』を組み合わせる。

バッグ単体利用は、同社の『Anchor Links』を組み合わせる。

『Camera Cube』単体でバッグとして利用するには、同社の『Anchor Links』と対応のカメラストラップを用いる。もはや、どこまでも自社のシステムを使えるのです。

さたえり
こうやって、Peak Design沼にハマるんよねぇ。
四条ねこ
(´^ω^`)ワロチ

私のバックパック遍歴

どうしてここまで『Travel Backpack 45L』が欲しくなったかというと、“これ以上納得するバックパックがない”と思うからです。

さたえり
とりあえず、うちが特に今まで使ってきた3つのバックパックを、紹介しておくやよ!

最初は、ずっと『Isar Rucksack M』を使っていました。

容量は多いのですが、とにかく使い勝手が微妙でした。しかも、重たい。デザイン性は良いと思うのですが、デジタルガジェットを持ち運ぶには、難がある感じでした。

次に、以前にレビュー記事を書いた『Code 10 Backpack』を使っていました。

防水なのはかなり満足。しかし、こちらもガジェットを持ち運ぶには向いていない感じ。“ロールトップ”バックパックだったので、アクセス難は改善されず。

『26L Seon Transporter』を今のところのメインで使用中。

多少の撥水性もあり、アクセス性も考えられているので、かなり使いやすいです。当面はこれと『Travel Backpack 45L』の2つ使いにしたいと画策中です。

さたえり
どれも好きなんやけどね!
バッグはいくらあってもいいもんだし!
まの
女子あるあるですね!

注文する理由は『Peak Design』だから

注文する理由は『Peak Design』だから

すでに国内販売代理店の銀一株式会社が、『Travel Backpack 45L』の取り扱いを決定しています。ただ、私はその前にポチります!

まの
そんなに“即買い”する理由は何ですか?
さたえり
やっぱり、ギーク心をくすぐるプロダクトデザインと、安心の『Peak Design』ブランドやからやね!
当然、カメラバッグらしくサイドアクセスも可能。

当然、カメラバッグらしくサイドアクセスも可能。

デザイン性の高いカメラバッグは多いですし、使いやすいバックパックも多々存在します。それでも、やはり『Peak Design』を選ぶ理由はあります。

それは、クラウドファンディングらしい考え尽くされたデザイン性と、ギーク心をくすぐる機能性の高次元での実現です。

さたえり
こうやって、みんな『Peak Design』にハマっていくんよね!
まの
どうやら、みんなを沼に引きずり込みたいようですね…。

総評:やはりPeak Designはツボを抑えている

総評:やはりPeak Designはツボを抑えている

まもなく日本にも上陸する、Peak Designの『Travel Backpack 45L』。私は待てないので、Peak Design公式サイトからポチりました。

四条ねこ
いつも思うけど、Peak Designってツボの抑え方が半端ないよね〜!
さたえり
そうなんよ!
これでもかってぐらい、ギークの心を捉えてくるエモさね!

価格は日本だと、軽く4万円を超えてきそうなのがネック(しかも、ポーチは別売り)ですが、それでも魅力的なバックパックだと感じました!

Peak Design沼…ひゃー。

おまけ

さたえり
気づいたら、今年買ったバックパックは4つ…。
まの
で、今回の『Travel Backpack 45L』で5つ目ですか…。
四条ねこ
さたえりも買いすぎだね〜!仲間だっ!!
さたえり
一緒にされるのは腑に落ちないけど、買いすぎなのは否定できないなぁ。

おわり

Image:Peak Design Video – Travel Backpack 45L – Setup & Use, Peak Design Video – The Travel Line by Peak Design, Peak Design Video – Travel Line Kickstarter Hangout #1 – Jul. 23