噂と予測。MacBook Pro 13″(2020)は5月発表で1万円値下げかも…!?

噂と予測。MacBook Pro 13″(2020)は5月発表で1万円値下げかも…!?
記事のポイント
  • 新型MacBook Pro 13インチ(2020)は5月発売の可能性大!
  • 価格は据え置き予想だが、日本では値下げもあり得る!
  • 価格次第ではMacBook Airを狙うのもアリ!

13インチProにもシザー構造がやっと来る。

MacBook Pro 16インチMacBook Air(2020)と来て、ついに『MacBook Pro 13インチ(2020)』が5月に登場するとの噂が。14インチになるとの噂もある、13インチPro。そんな新型13インチProについて、海外メディアでいろいろと調べてみました。

二条ねこ

そして、MacBook Air(2020)にすべきかも考えるぞー!

さたえり

これでようやく、バタフライ構造キーボードから脱出やね!

まの

全モデルシザー構造化まで秒読みですわね。

13インチMacBook Pro(2020)発表—旧型比較&変更点を3分で総まとめ

13インチMacBook Pro(2020)発表—旧型比較&変更点を3分で総まとめ

2020年5月5日

新型MacBook Pro(2020)の噂

新型MacBook Pro(2020)の噂

発売日

2020年5月に発表される説が有力。MacBook Pro 14インチについては、6月のWWDCで登場するとの噂もあり。

この新型MacBook Pro 13インチ(2020)が、5月にリリースされるのではと言われている理由が、Jon Prosser氏のTweet。また、MacBook Pro 13インチ(2020)は本来ならば、3月31日に開催されるはずだったApple Special Event March 2020で発表されるはずだったとの噂も。

MacBook Air(2020)はすでに発売されているので、おそらくAppleとしても最終段階に入っていると個人的には予想しています。つまり、発表と発売は秒読みかと。そして、COVID-19のため、ひっそりとAppleのサイト上で発売される気がします。

価格

有力な噂はなし。ただ、他機種の価格動向を鑑みると、現行モデルと同価格な可能性大。

残念ながら、新型MacBook Pro 13インチ(2020)についての有力な噂はなかった。とはいえ、多くの海外メディアでは、価格は据え置きとの見方が大半でした。

まの

これだと意味がないですわね…。

二条ねこ

そこで注目したいのが、MacBook Airの価格あーるっ!

新型MacBook Pro 13インチ(2020)の価格は不明。ただ、MacBook Airの販売価格から、ある程度の推測ができるはずと仮説を立ててみた。

MacBook Air(2018) MacBook Air(2019) MacBook Air(2020)
134,800円〜 119,800円〜 104,800円〜

ここ数年のMacBook Airの日本での販売価格。
※価格は税別表記。

上表のとおり、日本でのMacBook Airの販売価格というのは、年々値下げ傾向を辿っている。これには為替レート(通称、Appleレート)も起因してくるのですが、どうであれ値下げをしているのは事実。

MacBook Pro(2018) MacBook Pro(2019) MacBook Pro(2020)
148,800円〜 139,800円〜

ここ数年のMacBook Proの日本での販売価格。
※価格は税別表記。

もちろん、これらはMacBook Airの価格なので、そのままMacBook Pro 13インチ(2020)に当てはめることはできないが、おそらくは2019年モデル(税別139,800円〜)より1万円程度は安くなるのではないかと、個人的には予想しています。

まの

なるほど…。

スペック

  • キーボード:バタフライ構造 → シザー構造
  • CPU:第10世代Intel Core(Ice Lake)
『シザー構造キーボード』採用は確実視。

『シザー構造キーボード』採用は確実視。

ほぼ確実なのが、キーボードの刷新

昨年のMacBook Pro 16インチ(2019)、MacBook Air(2020)、そしてiPad Pro用のMagic Keyboard…と、順番に『バタフライ構造キーボード』から『シザー構造キーボード』に変更されている。なので、MacBook Pro 13インチ(2020)にシザー構造キーボードが採用されるのは、もはや当然の流れでしょう。

【レビュー】Apple『Magic Keyboard』—iPad ProがMacBookになる“魔法”のカバー

【レビュー】Apple『Magic Keyboard』—iPad ProがMacBookになる“魔法”のカバー

2020年4月20日
CPUは第10世代Intel Coreを採用が有力。

CPUは第10世代Intel Coreを採用が有力。

また、CPUはMacBook Air(2020)の流れから、Ice Lakeを採用

第10世代のIntel Coreプロセッサーを採用するのは、もはや当然の流れ。ほかメーカーの搭載状況を見ると、Core i5-1035G4やCore i7-1065G7あたりが採用されるのかもしれません。ただ、Comet Lakeではない模様。

MacBook AirかMacBook Proか

そういうわけで、サラッと新型MacBook Pro(2020)について調べてみたわけですが、14インチ化されない限りは、マイナーチェンジモデルと捉えてよさそうです。いや、バタフライ構造キーボードがシザー構造キーボードになる時点で、ある意味メジャーアップデートかも……。

MacBook Air vs MacBook Pro。

MacBook Air vs MacBook Pro。

まもなくMacBook Pro(2020)が発表されるとなれば、MacBook Air(2020)とどちらを選ぶべきかが考えもの。そこで、最後に簡単ではありますが、この2つを比較して終わりたいと思います。

  MacBook Air(2020) MacBook Pro 13″(2020)
スペック
(Ice Lake)

(Ice Lake?)
サイズ
(304.1×212.4×4.1〜16.1mm)

(304.1×212.4×14.9mm?)
質量
(1.29kg)

(1.37kg?)
価格
(104,800円〜)

(130,800円〜?)

2020年モデルのMacBook AirとMacBook Proの比較。

MacBook Pro(2020)の部分は、勝手に予想したものを当てはめています。そこはご了承をば。

おそらく、キーボード以外はマイナーチェンジになると思われるので、MacBook Air(2020)を検討している人も、価格次第ではMacBook Pro 13インチ(2020)を選ぶのはアリ。軽さもサイズも、マイナーチェンジなら“ほぼ一緒”と捉えてもよいはずです。

MacBook Air(2020)の重さが1kg前後ならば、もう少し差別化要因になった気がするので、Airに関しては次期モデルで軽量化を図ってほしいところ。ただ、価格差が少なくとも数万円はあるはずなので、コストパフォーマンスで選ぶならMacBook Air(2020)かもしれません。

まとめ「2020年MBPは5月発表で安くなるかも?」

まとめ「2020年MBPは5月発表で安くなるかも?」

新型MacBook Pro(2020)の噂をまとめると、

  • 発売:2020年5月頃
  • 価格:現行モデルと同等(個人的には1万円値下げと予想)
  • スペック:シザー構造キーボード&第10世代Core採用

という感じになりました。

MacBook Air(2020)もiPhone SE(2020)も、おそらく前もって準備していたものが、COVID-19でこのような小出しリリースとなったのかもしれません。そう考えると、MacBook Pro(2020)もそろそろ発売してもおかしくないはずでしょう。

二条ねこ

早く、バタフライ構造キーボードなProとおさらばしたいっ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

2020年モデルが出たら、すぐに買うぞー!

まの

ねこさんは、バタフライ構造キーボードで何度も泣かされた人ですものね。

さたえり

結局、何回キーボード不具合で交換したん?

二条ねこ

えーと…4回かなっ!?

さたえり

バタフライ構造キーボードと縁がなかったんやね……。

おわり

Source:
MacBook Pro 2020: 13-inch refresh could still be coming very soon – Trusted Reviews, MacBook Pro 2020: Everything you need to know about Apple’s next laptops – Digital Trends