究極の“デジアナ文具”—『カクミル』がMakuakeに登場!これはイイ!

究極の“デジアナ文具”—『カクミル』がMakuakeに登場!これはイイ!

ついに真打ち登場!

あのキングジムから電子ペーパー搭載の“デジタルメモ”が、クラウドファンディングで登場。その名も『カクミル』というようです。これは…デジアナ文具の完成形かも?

四条ねこ
こっ…これは!?
さたえり
ポメラやテプラのキングジムらしい、エポックメイキング感満載のガジェット文具やんね!
まの
ねこさんは出資するのですか?
四条ねこ
うーむ…しちゃうかもっ!?

キングジムの“気づかせメモ”—『カクミル』

文具メーカーの大手キングジムが、クラウドファンディングサイトMakuakeにて、電子ペーパー技術E Inkを採用したデジタルメモ『カクミル』の出資受付を開始しました。

支援金額は7月26日現在、13,000円から。目標金額は1000万円で、方式は“All or Nothing”だそうです。ちなみに、期限は10月30日まで

四条ねこ
同じくキングジムの『マメモ』のときから夢を見ていたけど、ついにE Ink採用が来たよ〜!やったー!
まの
従来のディスプレイから、電子ペーパーであるE Inkに変わったことで、どのへんが改良されたのですか?
四条ねこ
いろいろっ!…って言いたいけど、ちゃーんと『カクミル』の特徴をまとめていくよー!

『カクミル』のポイント

  • E Ink搭載により常時メモを表示可能。
  • リマインダー機能搭載。
  • 合計5つの機能を搭載。

最大のトピックは、電子ペーパー技術である『E Ink』を搭載したことにより、省電力化と常時表示可能にしたことでしょう。

しかも、メモ以外にも4つ機能があり、合計5機能を搭載しているとのこと。これは期待するしかないですぞい!

電子ペーパー技術『E Ink』搭載で低消費電力

電子ペーパー技術『E Ink』搭載で低消費電力

電子ペーパー技術である『E Ink』を搭載することによって、低消費電力とメモの常時表示を可能にしています。

四条ねこ
電子ペーパーについて詳しく知りたい人は、過去のエントリーで“ねっとり”語っているから、そっちをよろしくねー!
さたえり
ねっとりって…(笑)

手書きの”デジタルメモ”、紙になる夢を見るか

2018.06.03

第2の紙。E Inkの手書き端末“全5機種”比較したぞー!

2018.07.06

書いた内容をアラームで教えてくれる

書いた内容をアラームで教えてくれる

この『カクミル』は、単なる電子ペーパーメモではなく、書いた内容をアラーム通知してくれる“リマインダー”が搭載されているようです。

四条ねこ
これこそデジタルの意味があるよねー!
アナログだとできないもんっ!

合計5つの機能が搭載

合計5つの機能が搭載

メモ以外にも、ToDoリスト、カレンダー、時計、電卓の機能が搭載されているようです。時計は意外と使えそうな機能ですね。

四条ねこ
カレンダーにも、アラート機能があるのかなー?

デジアナ文具の究極系!?

デジアナ文具の究極系!?

今までの“デジアナ文具”は、いまいちデジタルの強みを活かしきれなかったプロダクトが多かったです。

しかし、この『カクメモ』は、かなりいい線な気がします。

四条ねこ
デジタルメモは電源のON/OFFが足を引っ張ってたけど、E Inkで常時表示可能なら、バッチリだよねー!
まの
やはり、電子ペーパーの威力は凄いですよね。

デジタルで書いたメモは、とにかく視認性が悪かった。見たいときに見られないのです。なにせ、画面が消えているのですから。

しかし、E Inkは全てを変えた

常時表示可能になり、即メモを見られるように。しかも、今回の『カクメモ』は、変に余計な機能が付いていないので、“メモに徹する”ことができる

四条ねこ
これぞ、デジアナ文具だよねっ!
デジタルに寄りすぎていないところがいいっ!

流行のE Inkデバイス

流行のE Inkデバイス

昨年ぐらいから、E Ink技術を使って電子ペーパーデバイスが、密かなブームになりつつあります。

Sonyの『DPT-RP1』や『DPT-CP1』のような“デジタルペーパー”や、Android搭載の電子ペーパー端末『BOOX Note』や『BOOX Note S』も、E Inkデバイスです。

四条ねこ
液晶や有機ELで手書きするよりも、電子ペーパーで手書きするほうが、ぜーーったいしっくりくるもんねっ!

『BOOX Note』vs『DPT-CP1』比較!…で、どっちが買いだ!?

2018.05.13

電子ペーパーの手書きメモ端末が熾烈な争いをしている中、どう『カクメモ』が食い込むかも、見どころの1つですね。

これは出資しなければ!

これは出資しなければ!

大手なのに、エポックメイキングなプロダクトを生み出すことで有名なキングジムらしいプロダクト。それは『カクメモ』です。

四条ねこ
正直、これは資金集め成功すると思うんだよね〜。
さたえり
ねこさんも出資する予定なんやね?
四条ねこ
うぬっ!これは出資したいよねー!
待ち望んでいた製品だしっ!

お届けは2019年4月とのこと。待ち遠しいですね。

おまけ

四条ねこ
今回の結果次第で製品化するみたいだから、資金集めが成功するといいな〜。
まの
電子ペーパー端末は海外勢ばかり目立っていますし、ここはキングジムさんに頑張って欲しいですよね。
さたえり
まさかの『BOOX Note S』とニュースが被っちゃうんやしね(汗)
四条ねこ
ほんとねー(汗)
図ったかのようにバッティング…。
まの
キングジムさんは『ポメラDM30』でもE Ink使っていますし、この『カクメモ』も期待したいですよね。

おわり