IIJmioでeSIMを開通した話。晴れてiPhoneがデュアルSIMに!設定も簡単だった( ˘ω˘)

IIJmioでeSIMを開通した話。晴れてiPhoneがデュアルSIMに!設定も簡単だった( ˘ω˘)
記事のポイント
  • eSIM楽しむキャンペーンで1円eSIM申し込んだ!
  • 晴れてiPhoneがデュアルSIMになった!
  • 設定方法書いたけど…解説不要なくらい簡単開通だ!

電話とネットのSIM分離!

日本国内で最初にeSIMを提供するIIJmio。そのβ版キャンペーン(eSIM楽しむキャンペーン)が、本日(28日23時59分)で早期終了とのこと。なので、急遽eSIMをIIJmioで開通しました。

二条ねこ

iPhone 11 ProをデュアルSIM体制にしたぞー!

さたえり

久しぶりのMVNOネタやね!

まの

待ち望んだ日本でのeSIMですものね。

IIJmioで『eSIMプラン(ベータ版)』を契約

IIJmioで『eSIMプラン(ベータ版)』を契約

老舗MVNOである『IIJmio』が、日本国内向けeSIM(データ通信専用)の新規契約を受け付けています。
そのeSIMのβ版早期キャンペーン(eSIM楽しむキャンペーン)が、急遽本日(28日23時59分)で終了するとのこと。なので、前倒しで駆け込みでeSIMをサクッと契約しました。eSIMなので、契約した瞬間から“即開通”ということもあり、手間も面倒な設定もなくノンストレスな開通でした。

■eSIM(ライトスタートプラン)概要

  • 初期費用:3,000円
  • eSIM発行手数料:200円
  • 月額利用料:1,520円(6GB)

上記がIIJmioが『ライトスタートプラン』という名前で行っているeSIMのプランです。
なお、本日までのキャンペーンで、初期費用が1円(通常:3,000円)月額利用料が3か月1,000円オフに割引されます。個人的には、初期費用が1円に割引されるメリットはかなり大きいと思います。さすがは老舗、太っ腹。

二条ねこ

普通に契約しても、6GBが1,520円は安いと判断したぞっ!

eSIM対応端末

  • iPhone
    • iPhone 11
    • iPhone 11 Pro
    • iPhone 11 Pro Max
    • iPhone XS
    • iPhone XS Max
    • iPhone XR
  • iPad
    • iPad mini(2019・第5世代)
    • iPad Air(2019・第3世代)
    • iPad Pro 11″/12.9″(2018)
  • Surface
    • Surface Pro LTE Advanced

IIJmioが公式でサポートしているeSIM対応端末は上記のとおり。
なお、ASUS TransBook Miniでは設定不可とのこと。また、非公式ではあるので自己責任にはなりますが、一部eSIM対応のAndroid端末でもIIJmioのeSIMが使えるそうです。

二条ねこ

私はiPhone 11 ProでeSIMを契約したよー!

紹介コード(お友達紹介キャンペーン)

IIJmioには『お友達紹介キャンペーン』というものがあり、新規契約時に下記コードを入力すると、2か月間10%データ増量という特典が得られます。

454 0027 1918 6320

iPhoneでのeSIM設定方法

最後にiPhoneでのeSIMの設定方法を書いておきます。最初だけ分かりにくいかもですが、方法自体はウィザード形式で非常に簡単でした。

【手順1】アクティベーションコードを確認

まずは、eSIMを契約したときに入力したメールアドレス宛に、アクティベーションのURLが記載されたメールがIIJmioから届くので、そちらにアクセスします。

『アクティベーションコードの確認』ページ。

『アクティベーションコードの確認』ページ。

すると『アクティベーションコードの確認』というページにジャンプするので、そこでアクティベートするサービスコード(サービスコードはメールに記載)を選択し、決定をクリックします。

すると、QRコードとアクティベーションコードが表示されると思うので、そうしたら次のステップ。

【手順2】QRコードをカメラで読み取る

手元にスマホ(今回はiPhone 11 Pro)を用意して、カメラアプリで先程のQRコードをスキャンします。

するとポップアップで上にリンクが表示されるので、そちらをタップします。

『モバイル通信プランのインストール』画面が表示される。

『モバイル通信プランのインストール』画面が表示される。

すると、『モバイル通信プランのインストール』という画面にジャンプするので、そうしたら次のステップ。

【手順3】ウィザードに沿って設定する

IIJmioのeSIMをモバイル通信プランに追加。

IIJmioのeSIMをモバイル通信プランに追加。

あとは簡単で、ウィザードに沿って設定していけば、eSIMの設定完了です。おそらく、普通のSIMより設定が簡単なはず。

物理SIM挿入済の場合は、主回線を選択する。

物理SIM挿入済の場合は、主回線を選択する。

なお、すでに物理SIMを挿入している場合は、どちらを主回線にするか聞かれます。iMessageやFaceTimeをどうするかも同時に聞かれるので、そこは好みに応じて設定するといいと思います。ちなみに私は、今回のIIJmioのeSIMは副回線にしました。

私的eSIMの使い方

私的eSIMの使い方

ちなみに、私のiPhone 11 Pro回線事情は、

となりました。

UQ mobileでau系の高速回線。IIJmioでdocomo系容量多め回線。そんな感じで脇を固めた感じです。あ、これは日本に滞在しているとき用に使っているiPhoneの話。

まとめ「eSIMは圧倒的便利なSIMだった!」

まとめ「eSIMは圧倒的便利なSIMだった!」

そういうわけで、IIJmioが提供しているeSIMを契約し、iPhone 11 Proで使うことにしました。これで、晴れて私のiPhone 11 Proは、夢のデュアルSIM仕様になりました!

キャンペーン時でなくても、IIJmioのeSIMプラン(ベータ版)は比較的安価な価格設定になっていると思います。なので、au系MVNOと組み合わせてエリア増強したり、MNOを電話専用にしたりと、いろいろ使い勝手が広がりそうです。みなさんもeSIM…どですか?

二条ねこ

eSIMは良いSIMだったっ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

最後に圧倒的つまらないオヤジギャグを入れてきたね…。

二条ねこ

ええー!?
結構イケてると思ったんだけどなー。

まの

いえ、eSIMが圏外になるレベルで寒かったですわ。

二条ねこ

んごご…。

おわり