非au回線でも『ウォッチナンバー』契約可能(Apple Watch)

非au回線でも『ウォッチナンバー』契約可能(Apple Watch)
記事のポイント
  • au『ウォッチナンバー』は他社回線でも契約可能!
  • 格安SIM + Apple Watchセルラー版 が実現できる!
  • 他社回線だと契約にはau直営店に行く必要がある!

“実は単体申し込み可能”

KDDIが2021年10月18日から、セルラー版Apple Watch向けの新しい『ウォッチナンバープラン』を提供開始しているのですが、なんと他社回線ユーザー(UQ mobile・povoも含む)でも、ウォッチナンバープラン単体で契約できるようになっていました。

二条ねこ

こ…これはっ!?

さたえり

他社回線でもウォッチナンバー使えるんやね!

まの

地味に大きな一歩では!?

他社回線でも『ウォッチナンバー』契約可能

他社回線でも『ウォッチナンバー』契約可能

2021年現在、Apple Watch(GPS + Cellularモデル)で利用できるeSIMプランというのは、docomo・au・SoftBankの3キャリアのみでしか提供されておりません。

ですので、Apple Watch単体でセルラー通信を行いたい場合は、おのずと3大キャリアの携帯回線プランとセットで契約する必要があります。

ところが、2021年10月18日から提供開始となった、auの『ウォッチナンバープラン』では、なんと他社回線を契約している場合(= au回線未契約)においても、当該プランだけ単体で契約できるようになっています。なお、当然ですが、auにて携帯回線を契約中のユーザーもウォッチナンバープランを利用できます。

二条ねこ

うーむ、素晴らしきっ!

他社回線でも『ウォッチナンバー』契約可能

このことが意味するのは、

  • ahamo + ウォッチナンバープラン
  • povo + ウォッチナンバープラン
  • UQ mobile+ ウォッチナンバープラン
  • IIJmio + ウォッチナンバープラン

…という組み合わせが実現可能ということになります。

さたえり

じゃあ、iPhoneにかかってきた電話をApple Watchで受けることができるんやね?

二条ねこ

あー、それは『ナンバーシェア』ですな!
この『ウォッチナンバー』は、それとはまた違うサービスなんだよねー。

ナンバーシェアとウォッチナンバーの比較

ナンバーシェア ウォッチナンバー
月額利用料金 385円/月 385円/月
電話番号 親回線と一緒 親回線と別
契約回線 au回線
他社回線 ×
契約申込 オンライン
(Watchアプリ)
au契約中:○
au未契約:×
auショップ au契約中:○
au未契約:×
KDDI直営店 au契約中:○
au未契約:○

ナンバーシェアとウォッチナンバーの比較
※ユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料が別途発生

auが提供している、Apple Watch(GPS + Cellularモデル)向けのeSIMプランには、『ナンバーシェア』と『ウォッチナンバー』があり、他社回線ユーザーが契約可能なのは『ウォッチナンバー』のみとなります。

ナンバーシェア

Image:au

『ナンバーシェア』プランとは、親回線であるiPhoneと電話番号を紐付けるもの。

同一ユーザーのiPhoneとApple Watchを連携させて、1つの電話番号を共有し、音声通話やデータ通信を行えるようにするためのものです。他キャリアだと、docomoの『ワンナンバーサービス』、SoftBankの『Apple Watch モバイル通信サービス』、が同様のサービスとして展開されています。

ウォッチナンバー

Image:au

『ウォッチナンバー』プランとは、Apple Watchに独立した電話番号を付与するというもの。

基本的には、Appleの『ファミリー共有設定』を利用する前提で展開されています。使い方としては、iPhoneを持っていないユーザー(例:子ども)にApple Watchを持たせて、キッズケータイにするという感じ。こちらは、日本ではauでしか展開されていません。

二条ねこ

この『ウォッチナンバー』が、親回線がauじゃなくても契約できるってことあーる。

まの

…なるほど。

他社回線ユーザーが契約する場合の注意点

KDDI直営店のみ受付

au回線を契約している場合は、オンライン上(Watchアプリ)やauショップからも申し込みが可能なのですが、他社回線ユーザーの場合は、ウォッチナンバーを契約するためにKDDI直営店に行く必要があります。

契約時にApple WatchのEID情報が必要

ウォッチナンバー契約時には、Apple WatchのEID情報(eSIMの識別番号)が必要となるため、Apple Watch本体やApple Watchとペアリング済みのiPhoneを忘れずに持参する必要があります。

SIMロック解除済のiPhoneが必要

他社回線ユーザーがウォッチナンバーを契約するためには、SIMロック解除済みiPhone、もしくはSIMフリー版iPhoneを用意する必要があります。

まとめ「MVNO × Apple Watch が実現」

MVNO × Apple Watch が実現

そういうわけで、ちょっとトリッキーな感じはしますが、ようやく3大携帯キャリア“じゃない”ユーザーでも、Apple Watch(GPS + Cellularモデル)のeSIM契約ができる時代になりました。

ただし、ナンバーシェアではないため、新たに携帯電話番号が発行されることには注意が必要です。

二条ねこ

ひとりで使う場合には、ゴニョゴニョする必要がありそうですなー。

【検証】“自分用に設定”のApple Watchで『ウォッチナンバー』単体契約できるか?(au回線未契約の場合)

【検証】“自分用に設定”のApple Watchで『ウォッチナンバー』単体契約できるか?(au回線未契約の場合)

2021年11月10日

MVNO契約者がApple Watchセルラー版を使うハック(ウォッチナンバー)

MVNO契約者がApple Watchセルラー版を使うハック(ウォッチナンバー)

2021年11月3日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

実は『ファミリー共有設定』が厄介だったんだよねー。

まの

子どもの見守りデバイス化する設定ですよね?

二条ねこ

そうそう!
ただ、ファミリー共有設定にしちゃうと、それ用にApple IDを新規発行する必要があるんだよね。ここがややこしくって…ねー。

さたえり

うーん、大変そうやね……。

おわり