徹底解説!iCloudに保存された画像ってどうなるの?—『iCloud写真』と『マイフォトストリーム』と正しい使い方

徹底解説!iCloudに保存された画像ってどうなるの?—『iCloud写真』と『マイフォトストリーム』と正しい使い方

使いこなせれば便利だぞ!

Appleには、『iCloud写真』『マイフォトストリーム』というサービスがあります。どちらもiCloudに画像を同期するサービスなのですが、その仕組みがややこしい。なので、解説していきます。

四条ねこ
そもそも、これらのサービスを使ってるー!?
さたえり
ちょっとややこしいから、うちはパスしてるかな。
まの
iCloudに保存された画像が、どこに格納されているのか“不透明”ですもんね…。

iCloudに保存される画像の仕組み

iCloudに保存される画像の仕組み

まずは、『iCloud写真』と『マイフォトストリーム』の違いや仕組みを解説する前に、iCloudに画像が保存されていく仕組みを簡単に解説します。

iCloudに画像を保存すると、どのAppleデバイスでも画像が閲覧可能になる。

iCloudに画像を保存すると、どのAppleデバイスでも画像が閲覧可能になる。

iCloudに画像が保存される仕組みは、上画像のようなイメージです。

当該サービスをオンにすると、iPhoneやiPadなどで撮影した画像や写真が、自分のiCloudにアップロードされます。すると、他の自分のAppleデバイスで閲覧・編集できるのです。これが、大まかなイメージ。

四条ねこ
いわゆる、クラウドストレージを使った“画像同期”システムだよー!

ここでは重要なのは、
○ 画像同期
× 画像バックアップ
ということ。

さたえり
ん?画像同期と画像バックアップは、どう違うん!?
四条ねこ
簡単に言っちゃうと、iPhoneに入っている画像を消すと、iCloud上からも消えるってことだよっ!
ここは後で詳しく話すね〜。

iCloudに同期される画像には“2種類”ある

iCloudに同期される画像には“2種類”ある

そんなiCloudにおける画像の同期ですが、実は方法が“2種類”存在します。

iCloudの写真同期方法

  • iCloud写真
  • マイフォトストリーム
四条ねこ
『iCloud写真』と『マイフォトストリーム』については後で詳しく説明するから、まずは下の比較表を見てね〜!
  iCloud写真 マイフォトストリーム
容量制限 契約しているiCloudの容量に依存 1,000枚
保存期間 なし 30日間

『iCloud写真』と『マイフォトストリーム』の比較表。

四条ねこ
ちなみに、この『iCloud写真』は、以前は『フォトライブラリ』って呼ばれていたよー!

『iCloud写真』とは

『iCloud写真』とは

『iCloud写真』は上画像のようなイメージ。

つまり、iPhoneやiPadなどで撮影した画像がiCloudを介して、その他のAppleデバイスのストレージに保存されるというものです。

四条ねこ
画像はAppleデバイスだけじゃなくて、iCloudにも保存されているよー!
でも、バックアップにはならないからねっ!

要するに、iCloudに画像をバックアップするのではなく、iCloudを“媒介”として、その他のAppleデバイスと画像を同期するということです。ここは前述の通り。
なので、画像をiPhoneで消去すれば、他のiPadやMacからも消去されます。

『マイフォトストリーム』とは

『マイフォトストリーム』とは

『マイフォトストリーム』は上画像のようなイメージ。

つまり、iPhoneなどで撮影した画像をiCloudにアップロードし、その他のAppleデバイスで表示可能になるというものです。

四条ねこ
これも画像はiCloudに保存されているけど、そこからは『iCloud写真』とは違うんだよー!

『iCloud写真』との差異は、
その他のAppleデバイスには画像は保存されていない
ということ。

撮影していないAppleデバイスでは、『マイフォトストリーム』上で画像を閲覧は可能ですが、あくまで“表示”しているだけ。デバイスのライブラリには自動的に画像は保存されません。保存したい場合は、適宜ダウンロードする必要があります。

四条ねこ
それと、『マイフォトストリーム』にはさっき話したように、1,000枚まで30日間保存の制約があるからねー!

設定方法

それでは、『iCloud写真』と『マイフォトストリーム』の違いと仕組みが理解できたと思いますので、設定方法を紹介します。

macOSの場合

macOSの場合

MacBookやiMacなどの、macOSデバイスについては以下の方法です。

  1. 『システム環境設定』を起動。
  2. iCloudを選択。
  3. 『写真』項目にチェックを入れ、オプションを選択。
  4. iCloud写真マイフォトストリームにチェックを入れる。

iOSの場合

iOSの場合

iPhoneやiPadなどの、iOSデバイスについては以下の方法です。

  1. 『設定』Appを起動。
  2. 写真を選択。
  3. iCloud写真マイフォトストリームにチェックを入れる。

iCloudに保存された画像を見る方法4つ

さて、iCloudに保存された画像はどうやって見るのでしょうか?

四条ねこ
方法は4つあるよー!
iCloudに保存された画像を見る方法

  • iOSデバイス(iPhone・iPad)で見る。
  • macOSデバイス(MacBook・iMac)で見る。
  • Windowsで見る。
  • ブラウザー(iCloud.com)で見る。

それでは、各方法を見ていきましょう。

方法1.iOSデバイス(iPhone・iPad)で見る

方法1.iOSデバイス(iPhone・iPad)で見る

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスでは、プリインストールされている『写真』Appを使います。

四条ねこ
当たり前だけど、さっき紹介した方法で設定しておいてねー!

方法2.macOSデバイス(MacBook・iMac)で見る

方法2.macOSデバイス(MacBook・iMac)で見る

MacBookやiMacなどのmacOSデバイスでは、プリインストールされている『写真』Appを使います。要するに、iOSデバイスと同様です。

四条ねこ
当たり前だけど、さっき紹介した方法で設定しておいてねー!(2回目)

方法3.Windowsで見る

方法3.Windowsで見る

WindowsでiCloudに保存された画像を見るのは、少々ややこしい手順を踏む必要があります。

四条ねこ
まずは、Appleの公式サイトで、Windows版のiCloudをダウンロードする必要があるよー!
Windowsの『iCloud』設定画面。

Windowsの『iCloud』設定画面。

Windows版iCloudの設定手順

  1. Windows版『iCloud』をダウンロード。
  2. IDとパスワードを入力してサインイン。
  3. 『写真』にチェックを入れ、オプションを選択。
  4. iCloud写真マイフォトストリームにチェックを入れる。
  5. 適用を選択し、画面を閉じる。

これで、iCloudと画像の同期設定が完了したので、次はダウンロードする作業に入ります。

マイコンピューターに『iCloud フォト』が出現。

マイコンピューターに『iCloud フォト』が出現。

先程の設定が完了すると、Windowsのマイコンピューター上に『iCloud フォト』というフォルダーが出現します。

WindowsでiCloudに保存された画像を見る手順

  1. マイコンピューターでiCloud フォトを選択。
  2. 『iCloud フォト』上のダウンロードを選択。
  3. 画像がダウンロードされて、表示可能になる。
四条ねこ
えーと…Windows版の『iCloud写真(iCloud フォト)』は、iCloudからダウンロードするだけで、同期はされないから注意だよっ!

要するに、WindowsではiCloudの画像をダウンロードするのも、アップロードするのも“手動”ということです。

方法4.ブラウザー(iCloud.com)で見る

方法4.ブラウザー(iCloud.com)で見る
ブラウザーでiCloudに保存された画像を見る手順

  1. iCloud.com』にアクセス。
  2. IDとパスワードを入力してサインイン。
  3. iCloud.com上の写真を選択。
iCloud.comの『写真』は、macOSの同アプリに似たUI。

iCloud.comの『写真』は、macOSの同アプリに似たUI。

こちらが、iCloud.com上の『写真』です。
操作に関しては、macOSをお使いの人なら簡単に使えると思います。

また、『マイフォトストリーム』の画像は、iCloud.com上からは閲覧できないので、他の方法を使うようにしてください。

本体に保存されている画像の容量を圧縮する方法

ここまでの説明の通り、『iCloud写真』ではiCloudと各デバイスの“両方に画像が保存される”ことが、お分かりいただけたと思います。

さたえり
それやったら、iPhoneの容量がなくなっちゃうやん!
四条ねこ
大丈夫っ!
デバイス本体に保存されている画像の容量を、小さくする方法があるんだよ〜!

macOSの場合

macOSの場合

MacBookやiMacなどの、macOSデバイスについては以下の方法です。

  1. 『写真』を起動。
  2. 左上の写真タブの環境設定を選択。
  3. iCloudタブを選択。
  4. Macストレージを最適化にチェックを入れる。

iOSの場合

iOSの場合

iPhoneやiPadなどの、iOSデバイスについては以下の方法です。

  1. 『設定』Appを起動。
  2. 写真を選択。
  3. iPhoneのストレージを最適化にチェックを入れる。

これらの方法を使えば、iCloud上に元の画像データが保存され、iOSデバイス・macOSデバイス上には“圧縮された画像”データが保存されます。編集をするときは、元のサイズのデータを触る模様。

しかし、どの画像を圧縮するかは“iCloud任せ”です。そのデバイスの容量や利用状況を見て、自動的に判断するようです。

四条ねこ
ただ、すっごい容量を圧縮できるよ〜!

iCloudに保存された画像はどこにある?

ここからは“ボーナストラック”です。

そんな、iCloudと写真の関係。
ひとつ気になることが…。

まの
何でしょう、ねこさん?
四条ねこ
このiCloudに保存された画像データは、iCloud Driveの“どこに格納されている”んだろーって!
さたえり
た…確かに。
ライブラリの場所は分かるが…。

ライブラリの場所は分かるが…。

いろいろと調べてみて、分かったことがあります。

それは、
『iCloud写真』のフォルダーはブラックボックス
ということです。

実にAppleらしいのですが、『iCloud写真』や『マイフォトストリーム』のフォルダーは、ユーザーからは見られない“ブラックボックス”となっている模様。なので、私たちは感覚的に使っていく必要があります。

四条ねこ
PCに不慣れな人ならいいけど、慣れている人はちょっと“気持ちが悪い”かもだね〜。

総評:iCloudの写真は…ややこしい!?

総評:iCloudの写真は…ややこしい!?

非常に長い解説記事になってしまったので、簡単に要約します。

iCloudと画像管理について

  • 画像をiCloud上に保存できる。
  • 『iCloud写真』と『マイフォトストリーム』がある。
  • 『iCloud写真』はバックアップではない。
  • どのデバイスからも閲覧可能。
  • Windows版は同期ではない。
  • デバイスに保存された画像は圧縮可能。
  • フォルダー構成はブラックボックス。
四条ねこ
はぁ…ややこしいっ!
まの
今回の記事で使いこなせればいいですがね…。

使いこなせれば便利!でも、ややこしい!

おまけ

四条ねこ
“画像”と“写真”の表記がブレてるっぽいけど、気にしないでねー。
まの
基本は“画像”ですけど、『iCloud写真』は“写真”ですもんね。
さたえり
まぁ、そこは読者さんにニュアンスで見てもらうことにしようやんね!
四条ねこ
おお!さたえり〜!
味方になってくれたっ!?
さたえり
たまには…ね!

おわり