1ヶ月使って感じた絵を描く人の『Smart Keyboard Folio』3大欠点

1ヶ月使って感じた絵を描く人の『Smart Keyboard Folio』3大欠点

うーん、うーん。

発売と同時に“脊髄反射”の如く購入した『Smart Keyboard Folio』ですが、1ヶ月使ってみて…どんどん欠点が浮き彫りに。安易にオススメできないかも

四条ねこ
唯一無二だけど、ベストバイ…ではないかなー?
まの
「女子の片手持ちはしんどい」って言ってましたもんね。
四条ねこ
それもそうだけど、絵を描く私にとっては“致命的”な部分がねー

『Smart Keyboard Folio』の3大欠点

『Smart Keyboard Folio』の3大欠点

私は、2018年モデルのiPad Pro 11インチを購入しました。

目的は、主にイラストを描いたり、メモを取ったり、Webサイトのワイヤーフレームを作るのに使っています。つまり、Apple Pencil“ありき”な使い方です。
なので、ペンを使うことが専らですが、メール応対などのテキスト打ちもするので、『Smart Keyboard Folio』を同時に購入した感じですな。

四条ねこ
そーんな私が思った『Smart Keyboard Folio』の欠点を“3つ”を書いていくよー!

欠点1.側面保護できない

欠点1.側面保護できない

1つ目の欠点は、iPad Proの“側面”保護ができないことです。

ガックシ…『iPad Pro 2018』は側面“ノーガード戦法”がほぼ確定?

2018.11.07

この記事を読んでいる人なら周知の事実ですが、『Smart Keyboard Folio』はiPad Proにマグネットで装着する仕組みです。

確かに装着するイメージはスマートなのですが、やはり側面保護がされないことが気になってしまいました。そして、マグネットは強力ですが、やっぱり装着感に心許なさがある気もしてしまいます…。

欠点2.絵を描くとき用の角度がない

欠点2.絵を描くとき用の角度がない

2つ目の欠点は、イラストなどを描くときにちょうどいい角度がないことです。

四条ねこ
前のSmart Keyboardにはあったのにー。
旧モデル『Smart Keyboard』と新モデル『Smart Keyboard Folio』の比較。

旧モデル『Smart Keyboard』と新モデル『Smart Keyboard Folio』の比較。

以前の『Smart Keyboard』とは異なり、タイピング時に使える角度調整は2段階にグレードアップしました。
しかし、いわゆる“お風呂のふた”的ではない『Smart Keyboard Folio』は、キーボードを収納した状態のスタンドがなくなりました

要するに、この角度がなくなった。

要するに、この角度がなくなった。

今回のカバーの仕組み上、仕方のないことではあるんですが、絵を描く私からすると非常に困ったことに…

まの
では、どうしてるのですか?
四条ねこ
えーと…こーんな感じっ!
超アクロバティックな方法で使ってます。

超アクロバティックな方法で使ってます。

さたえり
え…。
まの
使えなくはないですが…という感じですね。

おそらく正規な使い方ではないですが、とりあえず使えてはいます。
見た目ですか?お察しの通りで、外で使うとチラ見からの2度見されること必至です…。

欠点3.女性には重たい

欠点3.女性には重たい

最後の欠点は、女性が持って使うには重たいことです。

四条ねこ
『Smart Keyboard Folio』は、11インチ用ので292g(実測値)だよー!

11インチですと、本体+カバーの使い方だと、総重量が760gになります。これが意外と“腕にくる”重さだったりします。

今回の『Smart Keyboard Folio』は、iPad Proの背面も保護してくれる仕組み(側面保護もして欲しかった)なので、そのぶん重たくなるわけですね。

私の代替案はこれ!

私の代替案はこれ!

以前に、本当に『Smart Keyboard Folio』を使うのが正解か考える記事を書いたのですが、あれからずっとケースを考えていました。

iPadキーボード論—新型iPad Proで『Smart Keyboard Folio』は正解?Bluetoothな子と比較して思うコト

2018.12.20
四条ねこ
そして見つけたこのケィースっううう!
まの
はいはい、落ち着きましょうね。

カバーは『VersaCover for iPad 11inch』だっ!

カバーは『VersaCover for iPad 11inch』だっ!

私の主観100%ですが、2018年モデルのiPad Proで“最強”のケースは、Moshiの『VersaCover for iPad 11inchだと思います!

iPad Pro 9.7用のVersaCover。

日本ではまだ発売されていませんが(まもなく発売予定だそう)、出たらすぐ買う予定です。いや、間違いなく買います!

四条ねこ
Apple Pencilも守れるし、横置き・縦置きできるし、これが最強でしょー!?

個人的にはイラストを描く際の角度さえつけられればよかったのですが、この『VersaCover for iPad 11inch』は、なんと“縦置き”もできるのです。いわゆる“折り紙”なスタンド機構ですね。

『OtterBox Symmetry Series 360 Case』は重たくてスルー。

『OtterBox Symmetry Series 360 Case』は重たくてスルー。

Apple Storeで売られている『OtterBox Symmetry Series 360 Case』も迷ったのですが、11インチ用で295g(Smart Keyboard Folioとほぼ同じ重さ)と重くて断念しました。

四条ねこ
実際に触ってみて頑丈な感じは良かったんだけど、ちょっと重たいのがしんどかったなー。

キーボードは『TOR-BT03』だっ!

キーボードは『TOR-BT03』だっ!

キーボードはミヨシの『TOR-BT03』にすることにしました!

さたえり
Bluetoothキーボードやんね?
四条ねこ
そうっ!
でも、有線でも使えるみたいだから、信頼性は高いかなーって!

Bluetoothキーボードはチャタリングも気になったりしますが、『TOR-BT03』は有線でも使えるので、信頼性の高さが魅力だと思います。

あとは、最大4台の“マルチペアリング”にも対応しているので、スマホ用のキーボードとしても使いまわせそうなので、これにしたのもあります。

四条ねこ
見た目はAppleに合わないけど、使い勝手的にこれかな〜♪

▼最後までLogicoolの『Keys-To-Go』と迷いました。

総評:『Smart Keyboard Folio』は人を選ぶキーボード

総評:『Smart Keyboard Folio』は人を選ぶキーボード

おそらく、2018年モデルのiPad Proと同時に購入することが多い『Smart Keyboard Folio』ですが、使ってみた感想は“万人受けしない”ということです。

側面保護もそうなのですが、やはり絵を描くときのちょうどいい角度がないのが個人的にはキツいですね。そして、やっぱり重たい気がします。

四条ねこ
だから、不本意ながら諦めーたあ〜るっ
まの
逆にどういう人にはオススメだと思いますか?
四条ねこ
うーん、ノートPCを一切持ち運ばない人とかかなー?

『Smart Keyboard Folio』自体は、非常に打ちやすいキーボードなので、タイピングが主でノートPCを持ち運ばない人なら、オススメだと思います。
反対に、私のようなノートPCを常に持っていたり、イラスト中心で使う人は勇んで買う必要性は薄いと感じました。

四条ねこ
価格も安くはない(というか高い)もんねー。

よーく考えて買おうず。

おまけ

四条ねこ
せめて、前の『Smart Keyboard』みたいに“お風呂のふた”みたいになればなー。
まの
イラストを描くための角度がないのは、ちょっと辛いですね。
四条ねこ
ちょっとじゃないよー。だいぶだよー…。
さたえり
メルカリで売っちゃえば?
四条ねこ
うう…コレクション用に持っておく…。(やばい人)

おわり