現行BOOXスペック総ざらい!画面サイズを並べて・重ねてみたぞー!

現行BOOXスペック総ざらい!画面サイズを並べて・重ねてみたぞー!
記事のポイント
  • 現行BOOXシリーズを一挙に総ざらい!
  • 画面サイズを分かりやすい重ねて比較!
  • 電子ペーパー界最強は『BOOX Max3』だ!

電子ペーパーっていいよね!

久しぶりにE Ink界の雄(と思っている)Onyx international『BOOX』を覗いてみると…ラインナップが増えてる!しかも、すっごい増えてる!ってことで、現行で入手できそうなBOOXシリーズのスペックと画面サイズを比較してみることにしましたとさ。

二条ねこ

そろそろ1つは欲しいところ…。(悩み中)

さたえり

E Inkを語るなら、そろそろ買っておいたら?

二条ねこ

うむー、悩ましいぞー!

現行BOOXシリーズ一覧

現行BOOXシリーズ一覧

■現行BOOXシリーズ

  • BOOX Max3
  • BOOX Note Pro
  • BOOX Nova Pro
  • BOOX Max2 Pro
  • BOOX Note S
  • BOOX Poke Pro

現行のOnyx international『BOOX』シリーズのラインナップは、上記のような感じ。

製品サイクルがE Ink端末の中では恐ろしいくらいに早く、すでに入手困難になっている製品もあるので注意が必要です。

BOOXシリーズ各種スペック

BOOX Max3

BOOX Max3
OS Android 9
CPU Qualcomm 8コア 2.0GHz
RAM 4GB
ROM 64GB
Wi-Fi ○(2.4GHz・5GHz)
Bluetooth 4.1
画面サイズ 13.3″
画面解像度 2,200×1,650
インターフェース USB Type-C
Micro HDMI
筆圧感知 4,096段階
バッテリー 4,300mAh(最大4週間)
サイズ 309.8×227.8×6.8 mm
質量 490g
備考 画面分割ビュー
OTG
指紋認証
セカンダリーモニターモード

BOOX Max3のスペック表。

A glimpse at BOOX Max3 Appearance and New Features – YouTube

『BOOX Max3』は、待望のA4サイズ級のハイエンドE Inkタブレット。
デジタイザーペンも4,096段階とペンタブぐらいのレベル。機能はてんこ盛りなのでここでは語りきれないが、それよりも白色ってことがいい!2019年最強のE Inkタブレットはこの子。

BOOX Note Pro

BOOX Note Pro
OS Android 6
CPU Cortex-A17 4コア 1.6GHz
RAM 4GB
ROM 64GB
Wi-Fi
Bluetooth 4.1
画面サイズ 10.3″
画面解像度 1,872×1,404
インターフェース USB Type-C
筆圧感知 4,096段階
バッテリー 4,100mAh(最大4週間)
サイズ 249.5×178.8×6.8 mm
質量 390g
備考 画面段差ナシ
フロントライト
色温度調整可能

BOOX Note Proのスペック表。

『BOOX Note Pro』は、10インチクラスでは最強クラスのE Inkタブレット。
待望のフロントライトと画面色温度調整機能が搭載されて、電子ペーパー界隈ではニュースになったことをまだ覚えている。I/OもUSB Type-Cで価格とスペックのバランスが一番良いモデルと思う。

BOOX Nova Pro

BOOX Nova Pro
OS Android 6
CPU Cortex-A17 4コア 1.6GHz
RAM 2GB
ROM 32GB
Wi-Fi
Bluetooth 4.1
画面サイズ 7.8″
画面解像度 1,872×1,404
インターフェース USB Type-C
筆圧感知 4,096段階
バッテリー 2,800mAh(最大4週間)
サイズ 196.3×137×7.7 mm
質量 275g
備考 フロントライト
MTPサポート
色温度調整可能

BOOX Nova Proのスペック表。

『BOOX Nova Pro』は、BOOX Note Proの8インチ版のような感じ。
スペック的には、RAMが2GBしかないことが懸念材料になりそう。いくら電子ペーパー端末といっても、このRAMの非力さは割り切って使うほうが良さそう。ガシガシ書くよりも、リーダーやメモ端末としてかな。そして、とにかく…安い!

BOOX Max2 Pro

BOOX Max2 Pro
OS Android 6
CPU Cortex-A17 4コア 1.6GHz
RAM 4GB
ROM 64GB
Wi-Fi
Bluetooth 4.1
画面サイズ 13.3″
画面解像度 2,200×1,650
インターフェース Micro USB
Micro HDMI
3.5mmステレオミニ
筆圧感知 4,096段階
バッテリー 4,100mAh(最大4週間)
サイズ 325×237×7.5 mm
質量 550g
備考 画面分割ビュー
セカンダリーモニターモード

BOOX Max2 Proのスペック表。

『BOOX Max2 Pro』は、BOOXフラグシップシリーズの前モデル。
基本的には新型のBOOX Max3を買うべき。BOOX Max2との違いは、RAMとROMの容量。そして、筆圧感知レベル。

BOOX Note S

BOOX Note S
OS Android 6
CPU Cortex-A17 4コア 1.6GHz
RAM 1GB
ROM 16GB
Wi-Fi
Bluetooth 4.1
画面サイズ 9.7″
画面解像度 1,200×825
インターフェース USB Type-C
筆圧感知 1,024段階
バッテリー 3,000mAh
サイズ 249×177×8.2 mm
質量 400g
備考 Hanvonデジタイザーペン

BOOX Note Sのスペック表。

『BOOX Note S』は、BOOXのE Ink端末でも廉価モデルに属する。
スペック的に見ても、かなり割り切った使い方が必要なのが分かる。RAMが1GBとかなり少ないので、電子ペーパーを読むことに徹したほうが良さそう。また、このモデルのみデジタイザーペンが『Hanvon』となっている模様。

BOOX Poke Pro

BOOX Poke Pro
OS Android 6
CPU Cortex-A17 4コア 1.6GHz
RAM 2GB
ROM 16GB
Wi-Fi
Bluetooth 4.1
画面サイズ 6.0″
画面解像度 1,448×1,072
インターフェース Micro USB
筆圧感知
バッテリー ?mAh
サイズ 160×114×7.8 mm
質量 170g
備考 フロントライト

BOOX Poke Proのスペック表。

『BOOX Poke Pro』は、BOOXシリーズにしては珍しくリーダー専用E Ink端末。つまり、デジタイザーペンは使えないモデル。

BOOX並べて重ねてみた

BOOX並べてみた。

BOOX並べてみた。

  • 13.3″:BOOX Max3・BOOX Max2 Pro
  • 10.3″:BOOX Note Pro
  • 9.7″:BOOX Note S
  • 7.8″:BOOX Nova Pro
  • 6.0″:BOOX Poke Pro

インチ数のイメージを相対的に並べてみました。

A4サイズに近いのが、13.3″のモデル。
A5サイズに近いのが、10.3″9.7″のモデル。

正確にはピッタリではないのですが、イメージとしてはそんな感じで思っておけば購入しやすいはずです。参考にどうぞ。

BOOX重ねてみた。

BOOX重ねてみた。

今度はBOOXちゃん、重ねてみました。

二条ねこ

参考にどぞどぞー!

まとめ「BOOXシリーズが増えてサイズもいろいろだ!」

まとめ「BOOXシリーズが増えてサイズもいろいろだ!」

こういう感じで、Onyx internationalのBOOXシリーズを並べてみました。うーん…凄いラインナップが豊富になってる!

数年前までは、
E Ink = 高い・法人向け・マニア端末
という構図だったはず。

でも今では、
E Ink = お手頃(な製品もある)・個人向けも・マニア端末
という感じになってるような気がする…よね!?

二条ねこ

ペンガジェットが入手しやすい時代になったってことですな〜♪

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

今も昔もマニア端末なんやね…。

二条ねこ

そこは変わらない良さってことでー!

さたえり

まぁ、一般層まで普及するかって言われると難しいジャンルだし、やっぱニッチ製品やもんね。

おわり