『Amazonブラックフライデー』実施中キャンペーンの一覧と解説

販売価格“騙し下げ”の見極めは意外と困難
『Amazonブラックフライデー』実施中キャンペーンの一覧と解説
記事のポイント
  • 『Amazonブラックフライデー』で大幅ポイント還元を狙う
  • 買い物をする前に各種キャンペーンへの参加はマスト
  • 価格チェッカー『Keepa』は対策されつつあるので過信は禁物

本稿では、2022年12月1日まで開催中の『Amazonブラックフライデー』で実施中の各種キャンペーンを解説しております。また、セール前の便乗値上げとその対策についても紹介します。

二条ねこ

キャンペーンを制する者は、ブラックフライデーを制すのでござる。

まの

ござる!?

さたえり

……謎の忍者感。

『Amazonブラックフライデー』の開催期間

タイトル
Amazonブラックフライデー
  • セール開始:2022年11月25日(金)00:00
  • セール終了:2022年12月1日(木)23:59

『Amazonブラックフライデー (2022)』狙い目ガジェットまとめ

【更新中】『Amazonブラックフライデー (2022)』狙い目ガジェットまとめ

2022年11月24日

『Amazonブラックフライデー』のキャンペーン

ポイントアップキャンペーン

タイトル
最大10,000ポイント還元 ポイントアップキャンペーン
キャンペーン概要
  • エントリー必須
  • 購入金額に応じてAmazonポイント還元
  • 期間内に合計10,000円以上の買い物が必要
  • 条件を満たせば還元率は最大11%
  • Amazonギフト券・Amazonコイン・予約商品は還元対象外

Amazonセール恒例のキャンペーン、『最大10,000ポイント還元 ポイントアップキャンペーン』。こちらは、購入金額に応じて、Amazonポイントが還元される施策です。

大前提として、キャンペーンにエントリー必須。そして、セール期間中に合計10,000円以上の買い物をしなければなりません。

あまり知られていませんが、予約商品についてはセール期間内に購入しても、Amazonポイントの還元対象とはなりません。ただし、発売日がセール期間と重なっていれば、商品発売後に注文することで還元対象となります。

Image:Amazon
Amazonポイントの還元率

『Amazonブラックフライデー』のポイントアップキャンペーンによる、Amazonポイントの還元率は上画像を参照。公式サイト内のポイント早見表から確認できます。

プライムスタンプラリー

タイトル
プライムスタンプラリー
キャンペーン概要
  • Amazonプライム会員であることが参加要件
  • 10人に1人の確率で最大50,000ポイント当選
  • キャンペーン期間は 11月18日 〜 12月16日

プライムスタンプラリー』とは、期間内にスタンプを5つ集めることにより、最大50,000ポイントが抽選で当たる施策。

こちらは、Amazonプライム会員でないと参加できません。

Image:Amazon
スタンプラリーの条件

スタンプラリーの条件は非常に緩く、Amazonプライム会員であれば、簡単に5つともクリアできるでしょう。なお、スタンプを1つしか集めなくても、Amazonデバイスが当たるキャンペーンには参加可能です。

Kindle Unlimitedが最初の3か月99円

タイトル
Kindle Unlimited 今だけ3か月99円で読み放題
キャンペーン概要
  • 『Kindle Unlimited』3か月分のサブスク料金が ¥2,940 → ¥99
  • サブスク料金の割引は加入してから最初の3か月が対象

Kindle Unlimited 今だけ3か月99円で読み放題』とは、Amazonブラックフライデー中にKindle Unlimitedへ加入すると、加入して最初の3か月のサブスクリプション料金が“合計99円”に割引される施策。

このキャンペーンはセールに直接的な関連はないので、『Kindle Unlimited』に興味があれば加入する、ぐらいのスタンスで問題ありません。

Amazonネットスーパーで最大50%OFFセール

タイトル
Amazonネットスーパーで最大50%OFFセール
キャンペーン概要
  • Amazonネットスーパーの各ストアがブラックフライデーセール
  • Amazonプライム会員向け『Amazonフレッシュ』が対象
  • Amazon内の『ライフ』『バロー』『成城石井』ネットスーパーも対象

Amazonネットスーパーで最大50%OFFセール』とは、Amazon内のネットスーパーでもセールを行うという施策。

セール対象は、『Amazonフレッシュ(対応地域:東京・神奈川・千葉)』と、Amazon内の『ライフ(対応地域:東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫)』『バロー(対応地域:愛知)』『成城石井(対応地域:東京・神奈川)』。

クレジットカードギフト券チャージ

タイトル
クレジットカードギフト券チャージで0.5%ポイント貯まる
キャンペーン概要
  • クレカ → アマギフ チャージでAmazonポイント0.5%還元
  • 1回につきクレジットカードで5,000円以上のチャージが条件

クレジットカードギフト券チャージで0.5%ポイント貯まる』とは、クレジットカードからAmazonギフト券にチャージすると、ポイントが0.5%分獲得できるという施策。

なお、1回あたり5,000円以上チャージするのが条件。また、最初のお買物から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは、本キャンペーンの対象外となります。

ゲーミングスタンプカード

タイトル
ゲーミングスタンプカード
キャンペーン概要
  • ゲーミング機器(合計6,000円以上)の注文1回につき1スタンプ獲得
  • 3スタンプで1,000円オフクーポン獲得
  • 6スタンプで1,000円オフクーポン獲得

ゲーミングスタンプカード』とは、ゲーミング機器に使えるクーポンを獲得できるスタンプラリー施策。

スタンプラリー対象となるのは、商品詳細ページ内に「スタンプカード」の表記があるゲーミング機器で、Amazon.co.jpが販売・発送する商品。

対象商品を1回につき合計6,000円以上お買い物することで、スタンプを1つ獲得。3スタンプ集めると、1,000円オフクーポン獲得。6スタンプで集めると、さらに1,000円オフクーポン獲得。

価格チェッカー『Keepa』の導入と注意

これはAmazonに限ったことではないのですが、セール中にいわゆる価格の“便乗値上げ”と“騙し下げ”が散見されます。

この“便乗値上げ”と“騙し下げ”とは、セール前に価格を通常よりも値上げしておき、セール開始と同時に値下げをすることで、その差額からお得度を演出するというトラップのようなもの。

余談ですが、アマゾンジャパンは2021年に、景品表示法における不当な二重価格表示で、消費者庁から措置命令が下されております。

その価格の“便乗値上げ”と“騙し下げ”対策で有効なのが、Chrome拡張機能『Keepa』。

Keepaを利用すると、Amazon内の販売ページに、当該商品の価格推移がチャートとして表示されるようになります。これで、正当な割引価格を確認できるというわけです。

しかしながら、最近ではKeepa対策がされることが多くなり、Keepaに表示されないセール価格というものが生まれてしまいました。なので、Keepaに表示される価格が絶対ではありません。その点は注意が必要です。

Keepaに表示されないセール価格の例としては、クーポンによる割引(Keepa対策にて増加傾向)、プライム限定価格での販売(シークレット価格での販売)、などがあります。

まとめ「Amazonキャンペーンを駆使セヨ」

2022年12月1日まで開催中の『Amazonブラックフライデー』では、複数のキャンペーンが実施されているので、上手に活用してみてください。

そうそう、価格の“便乗値上げ”と“騙し下げ”ではありませんが、送料をぼったくるマーケットプレイスもあるので、そちらも併せて注意しましょう。

二条ねこ

それでは、良きショッピングになることを祈る!
では諸君!サラダバー!!

ぼったくり!Amazonの“送料詐欺”に注意!!

ぼったくり!Amazonの“送料詐欺”に注意!!

2022年10月18日
記事に登場したガジェット

-

おまけ

さたえり

唐突な『クッキー☆』ネタ。

二条ねこ

記憶を風化させないために、こまめにネタを仕込まねばっ!

まの

……いえ、結構ですわ。

おわり