Super Fast Chargingとは?—中身はUSB PD PPSでSamsung AFCとは異なる

Super Fast Chargingとは?—中身はUSB PD PPSでSamsung AFCとは異なる
記事のポイント
  • Super Fast Charging = PPS だった!
  • Adaptive Fast Chargingとはまるで違う!
  • Galaxyシリーズは基本的にPPS対応!

USB PD『PPS』のブランディング名だった。

最近のSamsung Galaxyシリーズは、『Super Fast Charging』という急速充電に対応しているのですが、この規格が何かついてと、W数別での対応機種を調べてみました。

二条ねこ

普通のPPSだった!…終わりっ!!

まの

独自の急速充電規格“風”というわけですわね。

さたえり

下手に独自規格よりは、こっちのほうがいいやんね。

『Super Fast Charging』とは?

Super Fast Charging

■Super Fast Chargingの概要

  • 最大45W(PPS的には最大100W)。
  • 中身はUSB PD 3.0の『PPS』と同様。
  • PPSのパワールールの準じる。
  • 最近のGalaxyはSuper Fast Charging(PPS)対応。

今回の『Super Fast Charging』とは、Samsungの急速充電規格で、USB PD 3.0 PPSのブランディング名のことです。つまり、中身はPPSそのもの

まの

つまり、細かい仕様はPPSを見ればよいというわけですわね?

二条ねこ

そういうことであーる。
実際、Super Fast Charging対応充電器の仕様には、しっかり「PPS」って明記されているからねー。

Super Fast Chargingの種類

■Super Fast Chargingの種類

  • Super Fast Charging:最大25W
  • Super Fast Charging 2.0:最大45W

なお、Samsungの公式サイト(What is Super Fast Charging?)を見ると、上記のようなバージョンによる最大出力の差異がある模様。とはいえ、中身はただのUSB PD 3.0 PPSなので、今後の展開次第ではPPSの最大出力である100Wまで、最大出力を上げることはできなくもないでしょう。

二条ねこ

対応デバイスや対応充電器からの“建前的仕様”って感じかなー!?

とどのつまり、Super Fast Charging対応のUSB PD充電器(45W Travel Adapterなど)は、一般的なPPS対応のデバイスの充電に利用可能ですし、Super Fast Charging対応のGalaxyシリーズは、一般的なPPS対応のUSB PD充電器でも急速充電が可能というわけです。名前が違うだけなので、当たり前のことですが、しっかりと互換性があるということになります。

Super Fast Charging(PPS)対応Galaxyシリーズ

45W 25W 15W
Galaxy Note10+
Galaxy S20 Ultra
Galaxy Z Fold 2
Galaxy S20
Galaxy S20+
Galaxy Note20
Galaxy Note20 Ultra
Galaxy Note10
Galaxy Z Flip
Galaxy Fold
Galaxy S10
Galaxy S10+
Galaxy Note9
Galaxy S9
Galaxy S9+
Galaxy Note8
Galaxy S8
Galaxy S8+
Galaxy Feel
Galaxy A30
Galaxy A20

Super Fast Charging(PPS)対応Galaxyシリーズ一覧表

Super Fast Charging(PPS)対応のGalaxyシリーズは、上表のとおり。

PPSをブランディング化していることからも、SamsungはデバイスのPPS対応に非常に熱心な印象を受けます。

二条ねこ

ほかのメーカーも、PPSに熱心になってほしいあーる。

Super Fast Charging(PPS)対応USB充電器

  45W Travel Adapter 25W Wall Charger
最大出力 45W 25W
備考 Super Fast Charging 2.0 Super Fast Charging

Super Fast Charging(PPS)対応USB充電器一覧表

Samsungが純正品として販売している、Super Fast Charging(PPS)対応のUSB充電器は上表のとおり。

このうち日本では、『45W Travel Adapter』しか販売されておらず、Samsung純正のPPS対応USB充電器を購入するのであれば、事実上一択となっています。

【レビュー】Samsung『45W Travel Adapter』—PPS対応!USB PD充電器の隠れ名機

【レビュー】Samsung『45W Travel Adapter』—PPS対応!USB PD充電器の隠れ名機

2020年9月3日

補足

USB PD(PPS)のパワールール

W数
(PDP)
A数
(3.3V〜5.9V)
A数
(3.3V〜11V)
A数
(3.3V〜16V)
A数
(3.3V〜21V)
0.5W以上・15W未満 PDP/5A
15W 3A
15W超過・27W未満 3A PDP/9A
27W 3A
27W超過・45W未満 3A PDP/15A
45W 3A
45W超過・60W 3A PDP/20A
60W 3A
60W超過・100W未満 PDP/20A*1
100W 5A*1

USB PD(PPS)のパワールール表
*15A対応のUSB-C to USB-C ケーブル(E-Markedケーブル)必須。

話してきたように、 Super Fast Charging = USB PD 3.0 PPS なので、参考としてPPSのパワールールを上表にまとめてみました。

Samsung SFC vs Samsung AFC

  Super Fast Charging Adaptive Fast Charging
ベース PPS
(USB PD 3.0)
Quick Charge
(Quick Charge 2.0)
最大出力 45W*1 15W

Super Fast ChargingとAdaptive Fast Chargingの比較表
*1USB PD 3.0 PPSで考えると、最大100W出力可能。

ちなみに、Samsungには独自規格『Adaptive Fast Charging』というものが別にありますが、上表のとおり、ベースになっている急速充電規格が異なる別物。

Adaptive Fast ChargingはQuick Charge 2.0ベースなので、USB-IF的にはUSB PDとは共存不可。なので、SamsungもAdaptive Fast Charging対応USB充電器としては、USB Type-Aタイプのものを販売しております。なので推測ですが、これからはUSB Type-C(USB PD)ベースのSuper Fast Chargingに切り替えていくのではないかと考えられます。

まとめ「Super Fast Charging = PPS」

まとめ「Super Fast Charging = PPS」

とどのつまり、
Super Fast Charging = PPS
という話だった、というわけです。

現状、USB PD 3.0 PPSは普及していない(特にデバイス側)ので、単純に“PPS対応”と謳うと、訴求力に欠けるので『Super Fast Charging』なる大層なブランディング名を与えたのでしょう。

とはいえ、USB-IF様のご機嫌を損ねないごくごく普通の急速充電規格となっている、Super Fast Charging。独自規格ではないため、他社製品への使い回しも容易なので、Super Fast Charging対応充電器は持っておいても損はないかもしれません。

二条ねこ

結局、Galaxy以外でどこまでPPS対応デバイスが増えるかが問題だっ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

PPS対応のデバイス、増えるとよいのですがね。

さたえり

あまりPPS対応スマホとか聞かないやんね。各社、独自規格ばっかりやし……。

二条ねこ

5Aケーブルの有無も含めて、まだややこしい感じがするから、普及するとしてももうちょっと先かもだねー。

おわり

■Reference
Samsung(1, 2, 3