終焉という宿命|週刊モノコトバ Vol.21

終焉という宿命|週刊モノコトバ Vol.21

始まりがあるものには、全て終わりがある。

がじぇっと部が気になるTech系ネタを紹介するこの企画。今回は、“終わってしまうもの”特集です。

まの
な…なんだか悲しいですね…。
四条ねこ
いつかは終わってしまうってことだねー。
さたえり
永く続けたい気持ちはあっても、時流に乗れなかったら終わるんやもんね…。

『四条ねこ』の気になる“モノ”

四条ねこ
私が気になるのは、東芝のPCブランド『dynabook』だよ〜!

東芝からSHARPの『dynabook』になっちゃう

東芝からSHARPの『dynabook』になっちゃう

東芝 → 東芝クライアントソリューション → SHARPです。

東芝がPC事業を“分社化”して早2年半。東芝クライアントソリューションとして新たな船出をしたのもつかの間。今度は、分社化どころかSHARP傘下になってしまいました。

四条ねこ
大航海時代…そして、沈没だ〜。
さたえり
それは言い過ぎやって!
我らが東芝は、ずっとラップトップの先駆者だった。

我らが東芝は、ずっとラップトップの先駆者だった。

東芝といえば、ノートパソコンのパイオニア的存在。

世界初のノートパソコン『DynaBook J-3100SS』の発売を皮切りに、日本ないし世界のノートパソコンを牽引してきました。

非常にややこしくなった、東芝クライアントソリューション。

非常にややこしくなった、東芝クライアントソリューション。

その東芝が分社化し、そして外資企業と化したSHARPに買収されるとは…東芝としては悪夢でしょう。

四条ねこ
特に『dynabook V82』は、日本メーカーとしての“意地”を見せてくれる、素敵なノートパソコンなのになー。
まの
死に体な日本メーカーの中では、かなりギーク心をくすぐるPCを出し続けているのですがね…。

▼純東芝の“最後”の最強ノート『dynabook V82』を確保しようず!

『まの』の気になる“コト”

まの
私は気になるのは、古参Webサービス『Yahoo!ジオシティーズ』が、ついに終了することです。

『Yahoo!ジオシティーズ』が21年の歴史に幕を閉じる

『Yahoo!ジオシティーズ』が21年の歴史に幕を閉じる

感慨深いものがありますね…。

Yahoo!が同社のWebページ作成サービス『Yahoo!ジオシティーズ』を、2019年3月末で終了することを発表した。

まの
アメリカで産声を上げて、来日して、Yahoo!になって…Web黎明期を支えた、素敵なサービスでしたね。
『Yahoo!ジオシティーズ』は、2019年3月末で終了する。

『Yahoo!ジオシティーズ』は、2019年3月末で終了する。

日本では21年アメリカでは24年の歴史を持つ『Yahoo!ジオシティーズ』が終了するとあって、当時を懐かしむ人も多いはず。

最初期の頃のWebページといったら、HTMLペチャ貼りで、テキスト主体なサイトでしたよね。今でこそCSSやJavaScriptで、装飾したりアニメーションを加えたりしますが、当時はテキスト“そのまんま”でした。

四条ねこ
装飾っていう装飾じゃなかったしねー!色も原色チカチカなのが多かったし!
まの
時代って怖いですね…。

『さたえり』の気になる“バショ”

さたえり
うちが気になるんは、SHARPの国内工場がどんどん“消滅”していくことやよ!

“世界の亀山”に次いで、八尾も栃木も工場閉鎖へ

“世界の亀山”に次いで、八尾も栃木も工場閉鎖へ

SHARPはやっぱり“外資”なんだね。

SHARPが鴻海傘下になって、すっかり久しい。
当初はどうなるかと思っていたが、業績はV字回復している模様。スマホも家電も、戴正呉氏の手腕が光り絶好調です。

さたえり
やけども…亀山工場は閉まるし、八尾工場も、栃木工場も閉鎖ってねぇ…。
まの
日本国内では生産中心ではなく、先端技術の開発を行う方針のようですね。

良くも悪くもグローバル化した、と言ったところでしょうか。

日本人としては、“Made in Japan”にこだわって欲しい部分もありますが、母体は台湾ですし、良くも悪くも日本にはこだわらないのでしょう。

四条ねこ
実際、それで経営状態が回復しているから、SHARPにとっては幸せだったのかもだねー。
さたえり
複雑っちゃ複雑やけど、いろんな事情があるやと思うしねぇ。

▼SHARPのこの空気清浄機は、除湿と加湿の両方が可能。

今週のがじぇぶ|編集後記

東芝もSHARPもこうなるとは…ですよね。

四条ねこ
SHARPはともかく、東芝は大丈夫なのかなー?
まの
黄色信号は、既に点灯していますよね…。
さたえり
SHARPは鴻海に買収されたのが、案外“救い”やったんかもやね。
四条ねこ
うーむ…。

とりあえず、今週のピックアップ記事だー!

Panasonicもフルサイズ参戦!—LUMIX S1/S1Rは化物・3社協業・キャノニコは眼中にない?

2018.09.26

世はフルサイズ戦国時代。東芝はこんな感じですが、PanasonicやSonyは好調のようですね。

四条ねこ
Panasonicのミラーレス…ヤバいかもっ!?
まの
フルサイズミラーレスカメラ市場は、PanasonicのSonyの“一騎打ち”っぽいですね!

おまけ

四条ねこ
毎週更新と言いながら、Vol.21は遅れてしまった事実がーーー。
まの
読者さん、すいません。
さたえり
なかなか予定通りに進まんのよねぇ…。
四条ねこ
こ…これじゃダメだっ!
夕日に向かってダッシュするぞぉおおおおお!!!
まの
え…。
さたえり
うん、拒否やね。

おわり