Macカレンダーのイベント重複の対処法《Apple Calendar》

Macカレンダーのイベント重複の対処法《Apple Calendar》
記事のポイント
  • Mac純正カレンダーのイベント重複バグに対処する!
  • 重複してるイベントを消すと両方消える可能性アリ!
  • 重複してる場合はiCloud Calendarから操作すべし!

“バグがあればiCloudを確認”

本稿では、Mac純正カレンダー(Apple Calendar)で、イベントの重複が生じた場合の対処方法について解説します。

二条ねこ
  • 重複イベントは消しちゃダメ
  • Apple Calendarでは弄らない
  • iCloud Calendarからバグ直す

…というのがコツあーるっ!

さたえり

ふむふむ!

まの

慌てないことですね。

概要

Macカレンダーのイベント重複の対処法

本来1つのイベントが2つに重複(枠内)

Mac純正カレンダー(Apple Calendar)をローカルではなく、クラウド(iCloud)で同期して利用していると、まれに本来1つしかないイベントが重複して表示されることがあります。

このイベント重複の原因、iCloudの同期エラー(クラウドとクライアントの同期がうまくいっていない)の可能性が高い。なので、ユーザー側で根本的な解決はできず、逐一対処をしていかなければなりません。

しかも、適切に対処をしないと、重複したイベント自体だけでなく、元のイベントまで消えてしまうことも多々あります。

方法

手順

Macカレンダーのイベント重複の対処法
  1. Macのカレンダーアプリ(Apple Calendar)を起動
  2. 重複イベントを確認

重複したイベントを確認し、念のためにカレンダーの更新(R)をしておきます。(これで重複が直れば終わり)

Macカレンダーのイベント重複の対処法
  1. iCloud』にアクセス
  2. 『iCloud Calendar』を起動
  3. 重複イベントを確認

Macのカレンダーアプリで重複イベントを操作するとおかしくなるので、ここからの操作はiCloud上の『iCloud Calendar』で行います。

iCloud Calendar上で、Macのカレンダーアプリで重複していたイベントの箇所を確認し、もし重複していない状態(イベントが1つしかない正常な状態)であれば、iCloudが同期エラーを起こしているので、そのままiCloud Calendarで対処していきます。

Macカレンダーのイベント重複の対処法
  1. 重複イベントを他時間に移動

Macのカレンダーアプリで重複していたイベントを、iCloud Calendar上で別の時間に移動させます。

Macカレンダーのイベント重複の対処法
  1. 重複イベントを元時間に移動
  2. 『iCloud Calendar』を終了

別の時間に移動させたイベントを、元の時間に移動させて戻します。

Macカレンダーのイベント重複の対処法
  1. Macのカレンダーアプリ(Apple Calendar)を起動
  2. 重複イベントの解消を確認

Macのカレンダーアプリ(Apple Calendar)を起動し、重複イベントが修正されていれば完了です。念のためにカレンダーの更新(R)をしておくと、さらによいでしょう。

二条ねこ

うん、直ったあーる!

まとめ「iCloud Calendarを要チェック」

iCloud Calendarを要チェック

macOSやiOSのカレンダー(どちらも『Apple Calendar』)と『iCloud Calendar』の同期がうまくいかないことは結構あるので、何かあればiCloud Calendar側をチェックしておくと安心です。

二条ねこ

Google Calendarのほうが安定してますな。

この記事で紹介したガジェット

-

おまけ

二条ねこ

iCloudって安定しないよねー。

まの

Dropboxぐらい安定してほしいのですがね。

さたえり

選択型同期もないやんね。

おわり