【レビュー】RAVPower RP-PC144:PPSとQC両対応の30W充電器[PR]

【レビュー】RAVPower RP-PC144:PPSとQC両対応の30W充電器[PR]

この記事はSUNVALLEY JAPAN様よりレビュー用サンプルを頂いて記事を書いております。

記事のポイント
  • 小型で2ポート搭載でPPSとQC両対応の欲張りUSB PD充電器!
  • 30Wという最大出力は落ち運びに便利なベストな電力供給量だ!
  • USB PDからQCやSamsung AFCが内包されてるのが気になるかも!

貴重なPPS対応充電器。

最大30W出力のUSB PD充電器、RAVPower『RP-PC144』をレビュー。PPS対応でUSBが合計2ポート仕様って…結構珍しい気がするぞ!

二条ねこ

PPS対応のUSB PD充電器って、1ポート構成が多いんだよねー。

まの

でも、今回のRP-PC144は2ポート構成…と。

さたえり

たかが1ポート、されど1ポート、やね!

本日のレビュー:RP-PC144

RP-PC144 - RAVPower

RP-PC144 – RAVPower

RP-PC144ってなに?

Programmable Power Supply(PPS)に対応した、最大30W出力のUSB PD充電器。USBポートを2基搭載。

8
  • 小型だが2ポート搭載
  • USB PD PPS対応
  • Quick Charge対応
  • 使いやすいサイズ感
  • QC出力があるUSB-C
  • 2ポート利用時のPDO
RAVPower PD Pioneer 30W 2-Port Wall Charger
型番 RP-PC144
メーカー RAVPower
合計最大出力 30W
インターフェース USB Type-A ×1
USB Type-C ×1
急速充電 USB-A Quick Charge 3.0
USB-C USB PD 3.0
USB-A出力 Quick Charge 5V・3A
9V・2A
12V・1.5A
USB-C出力 USB PD
(PDO)
5V・3A
9V・2A
9V・2.22A
9V・2.77A
15V・2A
USB PD
(PPS)
3.3V–11V・3A
サイズ 49×49×29mm
質量 80g
備考 iSmart対応
PPS対応

RP-PC144のスペック

二条ねこ

PPSQuick Chargeのどっちも対応している点がまーるっ!
…Galaxy等のAndroidスマートフォンを使っているならアリな選択肢って感じだねー!

デザインビュー

本体:30W出力でベストなサイズ感

RP-PC144

RP-PC144

サイズ 49×49×29mm
質量 80g

RP-PC144のサイズと質量

RP-PC144のサイズは 49×49×29mm で、重さは80g
サイズ感としては、30W出力でUSBポートが2つ搭載されていることを考えれば、やや小ぶりな印象。質量感に関しては、窒化ガリウムパワー半導体を採用していないからか、劇的に軽量…という感じはありません。

■インターフェース

▼前面

  • LEDインジケーター
  • USB Type-C ×1
  • USB Type-A ×1

▼後面

  • ACプラグ

本体前面には、通電を通知するLEDインジケーター、USB PDに対応したUSB Type-Cが1ポート、iSmart(Quick Charge)に対応したUSB Type-Aが1ポート、をそれぞれ搭載。

比較的小型なサイズではあるが、USBポートはAとCで合計2ポートをしっかりと搭載。なお、USB Type-Cポートは『USB PD 3.0』に対応しており、かつ『Programmable Power Supply(PPS)』というダイレクトチャージにも対応しています。さらに、USB Type-AポートはRAVPower独自の『iSmart』対応で、Quick ChargeやApple 2.4A等に対応しています。

本体後面には、スイングプラグ方式のACプラグを搭載。

本体下面には、USBの仕様や各種認証関係が記載されています。

当然、PSEマークは認証済。USB PD充電器では頻繁に見かけることの多い、TÜV Rheinlandマークもありました。

おなじみ“RAVPOWER”のロゴタイプは、本体の左面にのみデボス加工で搭載。凄くどうでもいいことですが、RAVPowerの充電器でロゴがプリントではなく、デボス加工になっているのは結構珍しいイメージがします。

さたえり

本当にどうでもいいことやね……。

USBポート

RP-PC144

USBポート部分

  USB Type-A USB Type-C
合計最大出力 30W
最大出力 18W 30W
ポート数 1 1

RP-PC144のUSBポート数・最大出力

RP-PC144に搭載されている、USBポート各種の仕様については上表のとおり。

合計最大出力は30W。USB Type-Aの最大出力は18W。USB Type-Cの最大出力は30W。複数のUSBポートを同時利用すると、各USBポートの最大出力が変化する仕様になっています。複数のUSBポート利用時の挙動については、本レビュー記事の最後に補足としてまとめております。

付属品:おなじみのカード

RP-PC144

付属品

■付属品一覧

  • 取扱説明書

RP-PC144の付属品は、取扱説明書のみ。もちろん、RAVPowerおなじみのカードもあります。

取扱説明書を見ると、『RP-PC144』は型番であって、『RAVPower PD Pioneer 30W 2-Port Wall Charger』が製品名になるようです。

測ってみた

二条ねこ

USB PD充電器の選び方については、こちらの記事からどぞー。

Vbus Hot

テスターで確認したところ、シンク(デバイス)未接続時にはソース(RP-PC144)から電圧がかかっていないことが確認できました。なので、こちらはVbus Hotではありませんでした。

Bridged CCs

USB-IF認証済のeMarkerチップ搭載の5Aケーブル(Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル)を接続したところ、RP-PC144で接続が検出され、充電が開始されていました。

PDO

Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・2A
9V・2.22A
9V・2.77A
15V・2A

RP-PC144のPDO

RP-PC144のPDOは上表のとおり。USB PDのRevisionは『Power Delivery 3.0』でした。

テスターで測定したところ、出力されたPDOは本体裏面に記載されているものと差異はありませんでした。また、5V出力時にはしっかりと3A出力されていることも確認できました。

二条ねこ

まずは、おけまるであーるっ!

PPS

Revision Power Delivery 3.0
PPS 3.3V–11V・3A

RP-PC144のPPS

RP-PC144のPPSは上表のとおり。

メーカー公式サイト(米国サイト含む)や取扱説明書には詳しく記載されていなかったのですが、RP-PC144のPPSは11Vまで昇圧するようです。PPSの最小電圧は3.3Aとなっており、PPSの電圧範囲内との結果でした。

二条ねこ

USB PD PPS 9V Prog…かなー!?

さたえり

なに…それ……!?

急速充電規格

USB Type-Aポートは、iSmartに対応しています。
テスターで測定したところ、独自急速充電規格は『Apple 2.4A』・『Quick Charge 3.0』・『Samsung AFC』・『HUAWEI FCP』の合計4つが検出されました。

USB Type-Cポートは、USB PD 3.0対応。
テスターで測定したところ、独自急速充電規格は『Apple 2.4A』・『Quick Charge 3.0』・『Samsung AFC』・『HUAWEI FCP』の合計4つが検出されました。

二条ねこ

USB PDからQuick Chargeが出力される系なのね……。

まの

この規格違反を許容できるかですわね。

使ってみた

小型でUSB 2ポート構成は便利

RP-PC144

USB PD充電器界隈もかなり熟れてきて、規格最大値の100W出力対応のものや、パワー半導体にGaNを採用したコンパクトモデルまで登場。まさにバリエーションが充電器とは思えないほどに豊富になった。

今回のRP-PC144は、合計最大出力30WとUSB PD充電器の中ではとりわけ高出力というほどでもない。パワー半導体にGaNを採用したという触れ込みもないので、おそらくは普通のSiだろう。

RP-PC144

…では、RP-PC144がダメなのかと聞かれたらそんなことはない。飛び抜けた出力やテクノロジーこそないもの、30W出力で2ポートのUSB、そしてこのサイズ感。このすべてがちょうどいい感じだったりするのです。

PPSとQuick Chargeの両対応

RP-PC144

このRP-PC144を勝手に“スマホに合う充電器”と思っているのですが、その理由が『PPS』と『Quick Charge』と『Apple 2.4A』にまるっと対応しているため。

RP-PC144

Androidスマートフォンは独自の急速充電規格として、Quick Chargeを採用していることが多い。Samsung Galaxyなら、それに加えて、USB PDの拡張機能であるProgrammable Power Supply(PPS)にも対応していたりする。

今回のRP-PC144は、そのどちらにも対応。この網羅的な感じが大変好ましいわけなのです。これなら、対応の充電器をその都度、別途用意する必要も格段に減るでしょう。

RP-PC144

また、iPhone向けの急速充電規格Apple 2.4Aにも対応しており、Androidユーザーだけでなく、iPhoneユーザーへの配慮も抜かりなし。

最近では、すべてUSB PDで賄ってしまうことも多くなりましたが、まだまだQuick Chargeの採用例は多く、USB PD充電器側が対応していると便利だったりします。

30Wというジャスト出力

RP-PC144

同じくRAVPowerからは、もっと高出力なUSB PD充電器がリリースされているが、意外とRP-PC144の最大30W出力というのが一番便利だと感じています。

RP-PC144

USB PD充電器は大は小を兼ねるものなので、高出力に越したことはありません。ただ、そうなると必然的に充電器はデカ重に……。もちろん、窒化ガリウムパワー半導体を採用すれば幾分かはコンパクトになるのですが、それでも物理的な大きさは感じてしまうところ。

そう考えていくと、この30W出力というのは結構ちょうどいい感じ。MacBook AirやMacBook Pro 13インチぐらいなら充電できるので、これらを使っているなら出力に不満は出てきませんし、大きすぎないので可搬性も良好。低消費電力のモバイルラップトップを使っているなら、RP-PC144のような30W前後がジャスト出力と言えるかもしれません。

USB PDにQC内包は賛否両論

RP-PC144

ちょっと気になる点としては、USB PDからその他の独自急速充電規格が出力されてしまっているところ。これは人によっては解せぬ…と思ってしまうかも。

RP-PC144

正直、USB PDと急速充電規格の兼ね合いについては、ユーザーがどこまで許容できるかに懸かっているでしょう。確かに、本来なら規格違反になるのですが、これでどこまで実害があるかと言われると難しいところですし、逆にQuick Charge等が出ていることを便利と思う人だっているかもしれません。

補足

複数USBポート利用時の電力供給量

RP-PC144のポート構成

RP-PC144のポート構成

RP-PC144は前述のとおり、同時利用するポート数に応じて最大出力が異なってきます。メーカーサイトには特に出力の制限について記載がなかったので、利用パターン別に分けて各USBポートの最大出力を調べてみました。

  利用ポート
USB Type-A USB Type-C
最大出力 18W 30W

1ポート利用時の最大出力

  利用ポート
USB Type-A

USB Type-C
最大出力 USB-A:18W
USB-C:22W

2ポート利用時の最大出力

まとめ「スマホ時代にジャストなUSB PD充電器」

RP-PC144

そういうわけで、今回のRAVPower『RP-PC144』のレビューを総括すると…

  • 珍しいUSB PD PPS対応充電器
  • Quick Charge・Apple 2.4Aを網羅
  • 30W出力でUSB 2ポート構成がちょうどいい
  • USB PDにQuick Charge内包なのは賛否両論

という感じ。

USB PDにQuick Charge等の独自急速充電規格が入ってしまっている点が、人によっては気になってしまうかもしれません。ただ、それ以外の欠点要素は少ない印象。PPS対応でUSBが2ポートある充電器は珍しいので、そこはストロングポイントでしょう。

PPS、Quick Charge、Apple 2.4A、Samsung AFC、HUAWEI FCP…とスマートフォンで使いそうな急速充電規格は網羅されているので、スマホ時代に向いたUSB PD充電器と言えるかもしれません。

二条ねこ

USB PDの仕様に厳格にならないなら、遊べる感じのUSB PD充電器って感じであーる!

▽クーポンコード▽

PC1448VI
2,299円 → 1,839円
商品ページのチェックボックスクーポンと併用可能

RP-PC144販売ページ

※有効期限:2021年02月22日〜2021年02月24日

【レビュー】RAVPower『RP-PC136』:GaNで65Wなピュア仕様USB PD充電器[PR]

【レビュー】RAVPower『RP-PC136』:GaNで65Wなピュア仕様USB PD充電器[PR]

2020年11月10日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

あとはデバイス側のPPS対応が増えるのを待つだけっ!

まの

有名な採用例がGalaxyシリーズぐらいですものね。

さたえり

PPSの仕様は良く出来てるから、もっと普及してもよさそうやのにね。

おわり