【レビュー】楽天モバイル『Rakuten UN-LIMIT 2.0』—データ無制限・かけ放題が偉大なMNO

【レビュー】楽天モバイル『Rakuten UN-LIMIT 2.0』—データ無制限・かけ放題が偉大なMNO
記事のポイント
  • 自社回線(MNO)の楽天モバイルは超高速!
  • データ無制限・電話かけ放題・SMSし放題は強力!
  • エリア拡大とiPhone対応すれば最強かも!

第4のMNOは…凄かった!

自社回線(MNO)としてスタートした、楽天モバイルRakuten UN-LIMIT 2.0』をレビュー。バージョンが“2.0”になって、ちょっぴりパワーアップ。楽天回線エリアなら無制限。auローミングエリアでも5GB/月。…これは、かなり良いぞ!

二条ねこ

ギガ無制限+かけ放題
…この威力はエモいっ!

あとは、iPhone対応とエリア拡充ですなー。

さたえり

完全体じゃないけど、有用って感じやね!

まの

契約する価値はありそうですよね。

楽天モバイル『Rakuten UN-LIMIT 2.0』って?

楽天モバイル『Rakuten UN-LIMIT 2.0』イメージ画像。

楽天モバイル『Rakuten UN-LIMIT 2.0』イメージ画像。

Rakuten UN-LIMIT 2.0ってなに?

自社回線(MNO)としてスタートした『楽天モバイル』唯一のプラン。データ使い放題&電話かけ放題というスペシャルな仕様。

8
  • 楽天回線の通信速度はかなり快適。
  • 楽天市場での買い物が得になる。
  • ブラッシュアップされたアプリ。
  • 現時点ではiPhone非対応。
  • 楽天回線エリアはまだ狭い。
二条ねこ

万人におすすめ…とまではいかないけど、1年無料のキャンペーン込みで契約する価値はありっ!

料金プラン

プラン名 Rakuten UN-LIMIT 2.0
月額料金 3,278円/月
契約事務手数料 3,300円
備考 楽天スーパーポイントアッププログラム+1倍
最低利用期間なし
契約解除料なし

楽天モバイル『Rakuten UN-LIMIT 2.0』料金プラン。
※価格はすべて税込表記。

自社回線(MNO)の楽天モバイルでは、『Rakuten UN-LIMIT 2.0』の1プランのみ提供されています。

2020年4月8日より、Rakuten UN-LIMITのバージョンが2.0にアップグレードされており、パートナー回線エリア(auローミングエリア)でのデータ容量やデータ容量超過後の通信速度が底上げされています。これらについては後述。

キャンペーン概要
先着でRakuten UN-LIMITのキャンペーンを開催中。

先着でRakuten UN-LIMITのキャンペーンを開催中。

■Rakuten UN-LIMITキャンペーン

  • 月額料金:3,278円/月 → 0円/月(1年間)
  • 契約事務手数料:3,300円相当分全額ポイント還元
  • その他
    • オンライン契約:3,000ポイントプレゼント
    • 端末セット購入:最大14,500ポイントプレゼント

現在、楽天モバイルでは、上記のRakuten UN-LIMITに関するキャンペーンを開催しております。

先着300万名まで月額料金が無料(1年間)になっており、契約事務手数料についても、全額楽天スーパーポイントで還元されるようになっております。なので、Rakuten UN-LIMITキャンペーンを適用すると、事実上の“ノーコスト”で楽天モバイルが運用できるようになっています。

基本仕様

データ通信・通話・SMS

  国内 海外
楽天回線エリア auローミングエリア
データ通信 データ容量 無制限 5GB/月 2GB/月
超過後速度 最大1Mbps 最大128kbps
通話 Rakuten Link同士 0円 0円 0円
Rakuten Link利用 0円 0円 0円¹
Rakuten Link未利用 20円/30秒 20円/30秒
SMS Rakuten Link同士 0円 0円 0円
Rakuten Link利用 0円 0円 0円³
Rakuten Link未利用 3円/70文字(全角) 3円/70文字(全角) 100円/70文字(全角)²

楽天モバイル(MNO・自社回線)のデータ通信・電話・SMS料金表。
¹海外指定66カ国で海外から日本への通話。その他の場合は地域別従量課金制。
²通常の電話を利用した発着信とSMSの送受信不可。
³指定外のその他の海外については100円/70文字(全角)。

Rakuten UN-LIMIT 2.0のデータ通信・電話・SMSについては、上表のとおり。

なお、楽天回線はデータ通信無制限ですが、公式サイトによると過度なデータ通信を行うと、その利用日において速度制限が行われるとのこと。また、電話やSMSについての無料というのは、楽天モバイルが提供している『Rakuten Link』アプリ利用時の場合です。

対応バンド

  700MHz帯 800MHz帯 900MHz帯 1.5GHz帯 1.7GHz帯 2GHz帯 2.5GHz帯 3.4GHz帯 3.5GHz帯 3.7GHz帯 4.5GHz帯 28GHz帯
方式 FDD FDD FDD FDD FDD FDD TDD TDD TDD TDD TDD TDD
対応 × △¹ × ×
(40MHz)
× × × ×
(100MHz)

(400MHz)
備考 5G
(Sub6)
5G
(Sub6)
5G
(ミリ波)

楽天モバイル(MNO・自社回線)の対応周波数帯表。
※2019年10月時点。
¹auローミング。

楽天モバイル(MNO・自社回線)で、利用可能なバンドは上表のとおり。

パートナーエリアで利用されるauローミング回線ですが、すべてのauのバンドが使われるわけではなく、800MHz帯(Band 18)のみ利用可能という点に注意が必要。自分でSIMフリー端末を用意する場合は、対応バンドに注目しておきましょう。

楽天モバイル(MNO・自社回線)プラン・料金・エリア・対応機種まとめ

楽天モバイル(MNO・自社回線)プラン・料金・エリア・対応機種まとめ

2020年3月8日

同梱物

Rakuten UN-LIMIT 2.0同梱物。

Rakuten UN-LIMIT 2.0同梱物。

  • スタートガイド
  • マルチSIMカード

MVNO時代の楽天モバイルの“楽天カラー”とは異なり、Rakuten UN-LIMIT 2.0のパッケージングはショッキングピンク。個人的には、こういうビビットな色のほうが、次世代感があって好み。

SIMカードはマルチSIM。

SIMカードはマルチSIM。

Rakuten UN-LIMIT 2.0で提供されているSIMカードは『マルチSIM』となっており、SIMカードのサイズの制約はありません。物理SIMとは別にeSIMも提供されていますが、基本的にはこの物理SIMがメインになってくるはずです。

注目ポイント

■Rakuten UN-LIMIT 2.0のポイント概要

  • データ使い放題:容量無制限の喜び
  • 電話かけ放題:携帯電話も無制限

データ使い放題:容量無制限の喜び

Rakuten UN-LIMIT 2.0は、楽天回線とauローミング回線を利用。

Rakuten UN-LIMIT 2.0は、楽天回線とauローミング回線を利用。

  国内 海外
楽天回線エリア auローミングエリア
データ通信 データ容量 無制限 5GB/月 2GB/月
超過後速度 最大1Mbps 最大128kbps

Rakuten UN-LIMIT 2.0のデータ容量概要。

自社回線(MNO)の楽天モバイルで一番注目されているであることの1つが、この“データ使い放題”という点。

楽天エリアがまだ広くないことから、パートナーエリア(auローミング回線)との併用となっているRakuten UN-LIMIT 2.0。なので、上表のようなデータ容量になっていることは注意しておきたいところ。

『パートナー回線』は5GB/月のデータ容量。

『パートナー回線』は5GB/月のデータ容量。

データ使い放題にあたるのは、この中でも『楽天回線』。つまり、楽天が自社で電波塔を持っている回線のほう。楽天回線エリア外では、『パートナー回線』としてauローミング回線が使われており、こちらは5GB/月という容量を持っている。

ただ、パートナー回線が5GB使い果たしてしまったとしても、最大1Mbpsの通信速度で利用可能。なので、下手すると混雑が激しいMVNOの高速回線よりも出る可能性もアリ。これらの通信速度の測定結果については、のちほど。

二条ねこ

2.0にバージョンアップして、より実用的になった感じですなー。

電話かけ放題:携帯電話も無制限

電話かけ放題にするには、同社の『Rakuten Link』アプリを利用。

電話かけ放題にするには、同社の『Rakuten Link』アプリを利用。

そして、Rakuten UN-LIMIT 2.0のもう1つの目玉が、“電話かけ放題”という点。

  Rakuten Link利用 通常利用
通話 無料 20円/30秒
SMS 無料 3円/70文字(全角)

Rakuten UN-LIMIT 2.0の通常料金・SMS料金。

この電話かけ放題というのは、楽天モバイルが提供している『Rakuten Link』にのみ適用される。なので、間違ってもRakuten Linkを使わずに電話をしてしまったり、SMSをしないように注意したいところ。

ベンチマーク

■測定環境

  • 測定エリア:大阪府大阪市内(楽天エリア内)
  • 測定端末:Galaxy Note10+(楽天モバイル版)
端末は楽天モバイル版Galaxy Note10+を使用。

端末は楽天モバイル版Galaxy Note10+を使用。

二条ねこ

楽天モバイル版Galaxy Note10+(SM-N975C)で試したあーるっ!

通信速度

Speedtest.net

  上り 下り ping
10時台 29.8Mbps 84.1Mbps 45ms
14時台 48.2Mbps 87.6Mbps 48ms
16時台 31.3Mbps 75.8Mbps 41ms
18時台 50.2Mbps 88.4Mbps 50ms
20時台 41.6Mbps 60.0Mbps 48ms

楽天エリアでの通信速度測定結果。

楽天エリアでも差があるそうなのですが、大阪市内だと上表のような通信速度の測定結果に。

下りでは70Mbps〜80Mbps上りでは30Mbps〜50Mbps。かなり高速な通信速度を出してくれており、手元にあるUQ mobileやFUJI Wifiよりも高速な結果となってくれました。

ping値がちょっと大きいのが気になるところですが、これだけの高速モバイルブロードバンドなら、テザリング用途としてもバッチリ使えそうです。もちろん、地域差はあると思うので、あくまで大阪市内での一例です。その点はご留意を。

  上り 下り ping
14時台 11.3Mbps 32.4Mbps 34ms

パートナーエリアでの通信速度測定結果。

大阪市内はほぼ楽天エリアになっているので、測定しづらかったのですが、大阪メトロの駅でパートナーエリアになっている場所があったので、そちらで測定した結果が上表になります。

前掲のとおり、パートナーエリアはauローミングを使っているので、MVNOよりは高速という感じでした。測定した場所が地下という点を考慮しても、パートナーエリアでもまずまず使えるといった印象。

ここがすき!

ネットも電話も無制限

自社回線なので、キャリアも“Rakuten”表記。

自社回線なので、キャリアも“Rakuten”表記。

やはり、このRakuten UN-LIMIT 2.0最大の魅力は、楽天が自社回線を持つようになったことによる、ネットと電話の無制限が実現したということ。

これまで話してきたように、楽天エリア内であれば高速かつ無制限で利用可能なのは、かなりのメリット。テザリングも可能なので、この自社回線(MNO)の楽天モバイルを、モバイルWi-Fiルーター代わりに使っても良さげな感じがします。

MNOというのは、サービス展開においてやはり強み。

MNOというのは、サービス展開においてやはり強み。

電話に関しても、Rakuten Linkアプリを挟む必要があるという面倒さはあるにしても、やはりLINE電話よりも通話の品質が良好なのは高評価。特に、LINE電話が使えない状況(企業や病院への電話)では、このかけ放題の効力が大きいはずです。

Rakuten Linkアプリは悪くない出来

Rakuten LinkアプリのUI。

Rakuten LinkアプリのUI。

ネット上ではあまり評価が芳しくない『Rakuten Link』アプリですが、個人的にはUIも悪くなく、しっかりとアップデートでブラッシュアップされれば、使いやすくなってくれると思っています。

楽天自身が『RCS(Rich Communication Service)』のスーパーコミュニケーションアプリと謳っているとおり、電話とSMSが1つのアプリでかつ、タブの切り替えでできるのは普通に便利。あとは個人的には、アプリのロゴをもうちょっとだけ洗練してくれると嬉しいかな…。

二条ねこ

まだまだ、改良の余地はいっぱいあるけど…将来性に期待ということでっ!

ここがうーん?

iPhone非対応

早急にiOS版Rakuten Linkアプリのリリースを望む。

早急にiOS版Rakuten Linkアプリのリリースを望む。

やはり、最大のネックなのが、日本でもっともユーザーの多いiPhoneに対応していないということ。おそらく、近いうちにiPhone対応にもなると思うのですが、それまでは事実上Android専用ということになります。

二条ねこ

一応、iPhoneでも通信できるけど、Rakuten LinkアプリがiOS向けにリリースされてないから、旨味があまりないんだよねー。

Rakuten UN-LIMIT 2.0対応機種

■富士通

  • arrows RX

■Huawei

  • HUAWEI nova 5T
  • HUAWEI P30 lite
  • HUAWEI nova lite 3

■OPPO

  • OPPO Reno A 128GB
  • OPPO A5 2020
  • Reno 10x Zoom
  • AX7
  • R17 Pro
  • FInd X

■Samsung

  • Galaxy A7
  • Galaxy S10
  • Galaxy Note10+

■SHARP

  • AQUOS sense3 lite SH-RM12
  • AQUOS sense3 plus SH-RM11
  • AQUOS sense3 SH-M12
  • AQUOS sense3 plus SH-M11
  • AQUOS zero SH-M10
  • AQUOS R2 compact SH-M09
  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS sense lite SH-M05

■Sony

  • Xperia Ace

楽天エリアはまだ狭い

少しずつ、楽天エリアは拡大しつつあるのですが、それでもまだまだ狭いというのが現実。

全国の楽天エリアの対応状況については、楽天モバイル(サービスエリア)を見るのがベスト。

2020年4月26日時点の関西の楽天エリア。

2020年4月26日時点の関西の楽天エリア。

関西の楽天エリアでいうと、

  • 京都府:京都市内
  • 大阪府:大阪市内・吹田市・守口市・八尾市・東大阪市など
  • 兵庫県:神戸市・芦屋市

という感じ(2020年4月26日現在)と狭め。

なので、楽天エリアに入っている人ならば、文句なしでRakuten UN-LIMIT 2.0を契約してもよいと思うのですが、パートナーエリアの人は要検討となるかもしれません。もちろん、かけ放題目的ならば、どのエリアでも検討してみる余地はあるでしょう。

まとめ「ネット無制限・かけ放題の威力絶大」

未完成だけど、現時点でもポテンシャルは高い。

未完成だけど、現時点でもポテンシャルは高い。

今回の楽天モバイル『Rakuten UN-LIMIT 2.0』のレビューを総括すると…

  • ネット・電話・SMSの無制限は強い
  • 楽天エリア内ならかなり高速通信が可能
  • iPhoneはアプリの対応待ち
  • 楽天エリアの早期拡大を望む

という感じです。

いろいろ穴はあるにしても、ネット・電話・SMSのし放題というコンボはとにかく強い。しかも、キャンペーン中なら、ユーザー側の負担は端末のみなので、とりあえずお試しで1年間契約してみるのも充分アリだと思います。

二条ねこ

まだ圧倒的サブ回線だけど、これから最強メイン回線に…なるのかっ!?

▼紹介コード▼
2020031802025

上記の紹介コードを入力すると、2,000ポイントの楽天スーパーポイントが手に入ります。(キャンペーン詳細:こちら

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

約1か月使ってみたけど、特に不満らしい不満はなかったかなー。

まの

参入当初はいろいろトラブル続きなイメージでしたが、いざスタートしてみると良さそうですわね。

二条ねこ

まぁ、楽天エリアが狭いのはネックだけどねー。私は行動範囲が狭いからなーんともだけど……。

さたえり

ねこさんって、基本的に大阪・京都・神戸の行き来しかしないもんね…。

おわり