【レビュー】Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』—100W×急速充電=大艦巨砲主義な充電器

【レビュー】Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』—100W×急速充電=大艦巨砲主義な充電器
4
  • USB PD規格上最大出力の100Wに対応。
  • USB PD対応USB Type-Cポートを2つ搭載。
  • ゴム足があって置いてもズレにくい。
  • コイル鳴きが皆無。
  • 充電器としては価格が高価。
  • USB Type-C同士の間隔が狭い。
  • GaN(窒化ガリウム)技術は非採用。

100Wの衝撃!

USB PD対応で合計4ポート100W出力対応、Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』をレビュー。急速充電も可能で、単体100W出力できる…これは“最強”のUSB充電器確定かも!?

四条ねこ

ついに出た100W出力対応のUSB充電器〜♪

まの

まさかUSB PDの規格上限までいく充電器が出るとは…ですね。

四条ねこ

これなら、MacBook Pro 15インチも余裕で充電できるあーるっ!

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』とは?

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』。

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』。

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の特徴

  • USBポート数が合計4つ搭載。
  • USB PD対応のUSB Type-C端子を2つ搭載。
  • USB PDは規格上最上限の100W(20V/5A)に対応。
  • USB Type-Aは急速充電(PowerIQ)対応。

今回レビューするのは、Ankerが新たに発売したUSB PD規格対応の充電器『Anker PowerPort Atom PD 4』です。Ankerといえば、USB充電器という人も多いはず。

その中でも、Anker PowerPort Atom PD 4は、USB PD規格の最大出力である100Wに対応。また、USB Type-Cポートを2つ搭載。そんな“ハイエンド”なUSB充電器になっています。

四条ねこ

ノートPCを2台同時充電できるかの検証も、のちほど試してあるよー!

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の主なスペック
製品名 Anker PowerPort Atom PD 4
メーカー Anker
ポート数 USB Type-A ×2
USB Type-C ×2
USB Type-A 5V/2.4A
USB Type-C 5V/3A
9V/3A
15V/3A
20V/5A
最大出力 100W
急速充電 対応(PowerIQ)
サイズ 110×85×34mm
重量 387g(本体のみ)
457g(ケーブル含む)
まとめた。USB 3.0/3.1/3.2は『USB 3.2』・Thunderbolt 3は『USB 4』って…ややこしいぞ!

まとめた。USB 3.0/3.1/3.2は『USB 3.2』・Thunderbolt 3は『USB 4』って…ややこしいぞ!

2019年3月7日

外観レビュー

本体

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の上面。

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の上面。

こちら、Anker PowerPort Atom PD 4の上面。

サイズは、110×85×34mmとなっているので、USB充電器としては大きめ。iPhone XSと比較すると、長さはこちらが短く、横幅はこちらが大きい感じ。ただ、このサイズ感にUSB PDの最大出力の上限である100Wの回路が組み込まれていると考えると…エモい。

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の下面。

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の下面。

こちら、Anker PowerPort Atom PD 4の下面。

今までのAnkerのUSB充電器とは異なり、四隅に“ゴム足”がついている。おそらく、据え置きとして使ってねとのことでしょう。

四条ねこ

私はこれを持ち運ぶエクストリーマーだけどね〜♪

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の前面。

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の前面。

いよいよお出まし。Anker PowerPort Atom PD 4の前面。

左から、

  • 電源ランプ
  • USB Type-C ×2(USB PD対応)
  • USB Type-A ×2(PowerIQ対応)

となっています。

四条ねこ

詳しいUSB出力の仕様については、のちほど見ていくよー!

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の後面。

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の後面。

最後に、Anker PowerPort Atom PD 4の後面。

Anker PowerPort Atom PD 4はプラグ内蔵型ではないので、付属のACケーブルをこのメガネプラグに接続するタイプになっています。まぁ、このサイズですし、コンセント直付けはダメ(自重で端子が痛む)でしょう。

四条ねこ

お次は付属品を見ていくぞJOJO〜!

付属品

Anker PowerPort Atom PD 4の付属品一覧。

Anker PowerPort Atom PD 4の付属品一覧。

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』の付属品

  • ACケーブル
  • 説明書
  • 両面テープ
  • ベルクロテープ

Anker PowerPort Atom PD 4本体以外の内容物はこんな感じ。

右上の英語いっぱいな四角いものが両面テープです。これで本体を両面テープで貼るみたいですが…まぁ、やめておくべき(貼り跡がベタつくので)でしょう。あと、Ankerはなぜかベルクロテープが2つ(白・黒)ついています。謎 is 謎…。

まの

Anker製品には、毎回ロゴ入りのベルクロテープが付属してきますよね?

四条ねこ

そだねー。
だから、家には10個くらいこのベルクロテープあるよー!わーいわーいっ!?

詳細レビュー

USB PD規格上最大出力の100Wに対応

USBポート合計で最大100Wの出力に対応。

USBポート合計で最大100Wの出力に対応。

このAnker PowerPort Atom PD 4の最大のキモであるのが、USB PD(USB Power Delivery)の規格上最大出力である“100W”に対応していること。

USB USB Type-A USB Type-C
ポート数 2 2
最大出力 12W 100W

各USBポートの数と最大出力。

四条ねこ

ちなみに、各ポートのUSB出力はこんな感じになっているよー!
Anker PowerPort Atom PD 4合計で100Wで、単体で100W出力できるのはUSB Type-Cのほうだからねっ!

仕様を確認したところで、実際に充電をしてみます。

MacBook Pro 13インチを充電してみた

MacBook Pro 13インチをUSB Type-Cで充電。

MacBook Pro 13インチをUSB Type-Cで充電。

まずは、MacBook Pro 13インチ(61W)を、USB Type-Cポートから充電してみます。

これだけ見てもピンと来ないと思いますが、ルートアールのUSBチェッカーで測定すると、20Vで出力されていました。つまり、ちゃんとUSB PDが動作しているということ。なお、A(アンペア)数は、保護システムにより、充電完了が近づくと電流量を減らすようになっています。良き良き。

四条ねこ

あ、これは大きな注意点なんだけど、USB PDを使って100Wで充電したい場合は、USB PDの5A対応ケーブルを買わないとダメだよー!

▼USB PD対応5AケーブルのAnker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル。

《2019年版》USB PD対応『USB-Cケーブル』&『USB充電器』まとめ

《2019年版》USB PD対応『USB-Cケーブル』&『USB充電器』まとめ

2019年3月2日

iPhone XSを充電してみた

iPhone XSをUSB Type-Cで充電。

iPhone XSをUSB Type-Cで充電。

お次は、iPhone XSを、USB Type-Cポートから充電してみます。

iPhoneは付属のLightningケーブルでも充電可能だが、Anker PowerLine IIのようなUSB Type-C to Lightningケーブルだと、iPhoneを急速充電することが可能になっています。

ですので、早くiPhone・iPadを充電したいと思っている人は、USB Type-C to Lightningなケーブルを買うことをおすすめします。もちろん、MFI認証(Ankerのものは取得済)も購入時は要チェック。

▼Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブルだと、iPhoneを急速充電可能。

パソコン2台を同時充電できる能力

デバイスを4つ接続しても100W出力なら余裕。

デバイスを4つ接続しても100W出力なら余裕。

このAnker PowerPort Atom PD 4は、最大出力100Wなので、パソコンを2台USB Type-C(USB PD)から充電しても余裕で充電できます

特にMacBook Pro 15インチ(87W)のような大型ノートPCは、この手のUSB充電器で充電できないことが多いのですが、USB PDの最大出力である100Wに対応しているので、当然ですが余裕で充電ができます。かなり頼もしい。

四条ねこ

私は東芝のDynaBook V82(45W)とMacBook Pro 13インチ(61W)を同時充電してみたけど、どっちもちゃんと充電されていたよー!

Anker独自の多重保護システムで過充電防止

充電完了が近づくと、自動で電力供給量を下げる。

充電完了が近づくと、自動で電力供給量を下げる。

高出力充電器となれば、過充電が気になる人も多いはず。しかし、Anker PowerPort Atom PD 4には、Anker独自の保護回路が搭載されているので、その心配は不要。

どのUSB端子にも保護回路があり、デバイスの充電完了が近づくと、自動的に電力供給量を下げてくれるようになっていた。検証時には、充電完了状態で放置しておくと、電流量をほぼ0まで下げていました。これなら、挿しっぱなしでのバッテリーへたりも気にしなくてよさそうです。

四条ねこ

USB PDとPowerIQの2つの急速充電にも対応していて、さらに過充電防止もしてくれるから、“早くて安全”って感じですな〜。

GaN非対応と端子の距離が惜しい

USB Type-Cポート同士がちょっと近い気がする。

USB Type-Cポート同士がちょっと近い気がする。

ウィークポイントとしては、GaN(窒化ガリウム)の技術が使われていないことと、USB Type-Cポート同士の距離が近いことの2つ。

GaNを使えば、もう少し本体サイズを小さくできたはず。ただ、GaNが採用されると価格が1.5倍ぐらいになりそうなので、そこはトレードオフかも。
それよりも、USB Type-Cポートの距離が近いので、ケーブルによっては干渉しそうなのが懸念点かも…。

四条ねこ

Anker特有な“ポートの距離感”が近いのが玉に瑕だよねー。

他のUSB充電器と比較

最後に、サイズ感を見ている人にも分かってもらえるように、

と比較してみます。

Ankerの充電器3つを並べた高さ比較。

Ankerの充電器3つを並べた高さ比較。

ほかの2つが、60Wと40Wということを考えると、Anker PowerPort Atom PD 4が100Wなのに、びっくりするくらいサイズが変わらないです。

Ankerの充電器3つを重ねた面積比較。

Ankerの充電器3つを重ねた面積比較。

重ねてみると、さすがに40WでUSB PD非搭載のAnker PowerPort 4には負けますが、60WでUSB PD ×1のAnker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQとは、サイズ感がほぼ一緒でした。

四条ねこ

モバイル向けとまではいかないけど、100WでUSB Type-Cが2つって考えると、かなり小さいほうってことだねー!

こんな人にオススメ!

意味もなくたくさん接続したくなる感が満載。

意味もなくたくさん接続したくなる感が満載。

Anker『Anker PowerPort Atom PD 4』をオススメできる人

  • MacBook Proを充電したい人。
  • USB Type-Cが2ポートの充電器を探している人。
  • 100Wの衝撃を感じたい人。
  • 急速充電という言葉にエモさを感じる人。
四条ねこ

まさに、最強の大艦巨砲主義なUSB充電器って感じだぁああああ!

まの

はぁ…うるさいです。

四条ねこ

と、とにかく、USB-CでUSB PDで4ポートで急速充電で100Wっ!!

さたえり

むりやり詰め込んできたね…。

まとめ「君は100Wの衝撃に耐えられるか?まさに大艦巨砲主義なUSB充電器」

100Wなモノリス。それがAnker PowerPort Atom PD 4。

100Wなモノリス。それがAnker PowerPort Atom PD 4。

たかが充電器、されど充電器。そんなUSB充電器ですが、MacBook Pro 15インチのような高出力を求めるデバイスを使っている人なら、Anker PowerPort Atom PD 4は“されど”な充電器でしょう。

もちろん、USB PDにこだわらない人でも、iPhoneなどのデバイスを急速充電したいなら、この充電器は買ってよしだと思います。ちょっとお高いですが、これはベストセラーになるね…絶対!

四条ねこ

Anker PowerPort Atom PD 4で充電したいがために、100Wを求めるノートPCを買いたくなっちゃうっ!?

まの

それは却下。

《2019年版》Macに合うUSB-Cディスプレイまとめ&導入のすすめ

《2019年版》Macに合うUSB-Cディスプレイまとめ&導入のすすめ

2019年2月16日

おまけ

四条ねこ

すでにかなり売れていて、Amazonでも凄いことになってるねー!

まの

USB PD規格の最大出力100Wまで到達していますし、もうこれ以上のUSB充電器はしばらく出て来なさそうですものね。急速充電にも対応していますし。あとは、小型化・軽量化のみです。

四条ねこ

さすがは“大艦巨砲主義”だっ!
艦これならぬ、あんこれ(Ankerこれくしょん)だぞーー!

さたえり

…とりあえずはこれを買っておけ的なことが言いたいんやね。

おわり